« 釣り学校 | トップページ | 赤澤名工から活きアジ用の網 »

2016年8月30日 (火)

赤澤名工から活きエビネット

Tcimg4399赤沢名工がネットを持ってきてくれました。そこで、近くに住んでいる石塚さんも一緒に3人で喫茶店にいきました。持ってきたネットは、てっきりイカ釣りに使う活きアジネットかと思って、「小さい」と言うと、エサのエビ用とのこと。

活きエビをエサにする釣りをしないので、どうしようかと迷っていると、赤澤名工が「石塚さんにあげたら・・・」といいます。

だけど、石塚さんも以前もらったものがあるが、全く使っていないと拒否。もらうのを拒否するというのもおかしな話だが・・・。ふふ。

つづく・・・。

ま、釣りバカが3人集まると釣りの話しになります。赤澤名工が淡路島沖でのタチウオ釣りの話。タナまで150メートル。道糸は2号。400メートルの道糸を巻いていても3回根掛かりで終わりとのこと。

釣れるタチウオはドラゴン級が多いらしいが、私はちょっと行く気がしない釣りです。電動のリールを使っても、それをやる体力がありません。ふふ。

8月 30, 2016 赤澤名工シリーズ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64111984

この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工から活きエビネット:

コメント

コメントを書く