« ネズミゴチは簡単に釣れるはずだったが・・・ | トップページ | 数字で語呂合わせ »

2016年7月12日 (火)

「世の中は澄むと濁るの違いにて・・・」(2)

Cimg0774_2
「世の中は澄むと濁るの違いにて、福に徳あり、フグに毒あり」。
「世の中は澄むと濁るの違いにて、人は茶を飲み、蛇(じゃ)は人をのむ」。

私も魚で作ってみました。第2弾。

「世の中は澄むと濁るの違いにて、ボラは臭いからイヤ、ホラは愚妻からイヤ」。
我が家のことではありません。念のため。

つづく・・・。

「世の中は澄むと濁るの違いにて、キスはパールで魅了、傷(きず)は貼るで治療」。
ま、こういうこともあるでしょう。

「世の中は澄むと濁るの違いにて、イシガギダイは豪快なり、医師が期待は公害無し」。
これを作るのに、なんと5時間。ホントなんです。ふふ。

「世の中は澄むと濁るの違いにて、ベラは砂岸、ヘラは左官」。
これは作るのに1時間。

7月 12, 2016 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/63780313

この記事へのトラックバック一覧です: 「世の中は澄むと濁るの違いにて・・・」(2):

コメント

コメントを書く