« 釣り川柳 脈釣り | トップページ | 竿を束ねるバンド »

2016年6月30日 (木)

よく似た魚の見分け方 コトヒキ

Mcimg3767よく似た魚に、コトヒキとシマイサキがいます。主に投げ釣りで釣れるので、サーフのクラブ員はよく分かっているが、投げ釣りをしない人の中には混同している人が結構います。

Mcimg3775見分け方は簡単です。頭から尾ビレに向かってある黒い筋がまっすぐなのがシマイサキ、湾曲して筋の後ろが背ビレのほうに到達しているのがコトヒキです。

尾ビレの色も全然違うので、これでも簡単に見分けることができます。はっきりした縞模様があるのがコトヒキです。

つづく・・・。

実は私も釣りを始めた頃、この2種を混同していました。というのは、シマイサキは大きくて、コトヒキはそれよりも小さいと思い込んでしまっていたことが原因。

昭和60年に愛媛県の由良半島で投げ釣りで、35.2センチを釣ったときその大きさから、てっきりシマイサキと思い込んでいました。何年か後に写真をよく見てコトヒキだったので驚きました。思い込みはいけません。

6月 30, 2016 よく似た魚の見分け方 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/63510820

この記事へのトラックバック一覧です: よく似た魚の見分け方 コトヒキ:

コメント

コメントを書く