« 竿先がポキン | トップページ | 「関西のつり」の休刊号 »

2016年4月10日 (日)

もっと情けない話

Ncimg3761昨日、竿先が折れたことを書きましたが、実はもっと情けない話があります。竿先を折った後竿を変えて釣り始めると、すぐにいい感じのアタリ。

しばらく待ってから強烈な合わせをしました。と同時に、自立ウキが私のほうに向かって一直線。あわてて頭をかわすと、横に立てていた竿がピキッという音を立てて竿の一部が海に飛んでいきました。

一瞬何が起こったのかがわかりません。竿は2番が折れています。どうも、自立ウキに埋め込んだオモリが竿に直撃して、その当たり方が悪かったらしい。

この釣行にグレ竿を3本持って行っていました。普段なら2本しかもって行かないのだが、3本をバンドで縛っていたのでそのままを持っていったのだが、3本のうち2本が折れるという情けない話しになりました。

つづく・・・。

近くの釣具店に修理を出しました。竿はダイコー製品なので修理ができないかと思ったが、「部品はある」とのこと。だが、驚いたのはその値段。

なんと9400円に税を入れて1万円以上。そういえば、この竿は私が唯一奮発して買った一番高価な竿でした。しゃーないです。

4月 10, 2016 釣り具 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/63464166

この記事へのトラックバック一覧です: もっと情けない話:

コメント

コメントを書く