« これがノトイスズミか | トップページ | 足の速い絶品魚? グチ »

2016年4月25日 (月)

よく似た魚の見分け方 バラハタ

Mcimg3767私が33年間投稿を続けた「関西のつり」が休刊になったので、過去に書いた原稿を整理しました。すると、30年近く前に送った原稿の中に「よく似た魚の見分け方」がありました。

Mcimg3789当時、この知識は図鑑の中に断片的に書いているだけで、体系的に整理したものがなかったのです。その後10年近くたち、1998年に相次いで魚の見分け方を整理した書籍が2冊発行されました。

その意味では、私は先駆者だと思っています。ただ、私が整理したのは比較的釣れる魚に限定しての見分け方でした。だから、専門書のようによく似た魚を網羅的に整理したものではありません。

しかし、私が30年前に書いた原稿は今見てもよく出来ています。そこで、それを一つずつ紹介したいと思います。きっと、皆さんの役に立つと思います。ふふ。

つづく・・・。

ちょっと前に東京築地で毒があるといわれているバラハタが誤って売られ、ニュースで何度も流れました。よく似たスジアラと間違ったとのこと。

Lcimg3791_2だが、バラハタとスジアラは全体的にはよく似ているが、尾ビレの端が鮮やかな黄色であればバラハタ、スジアラには黄色がないので、このことだけを知っておればすぐに見分けがつきます。

いろんな特徴をだらだらいうよりも、端的に違いを提示することが大事だと思っています。端的なだけに、全てのよく似た魚を見分けることはできなくても、めったに釣れない魚までも含めることでややこしくなることを避けることが出来ます。

この「よく似た魚の見分け方」をシリーズ化して書いていきたいと思います。特徴を表す簡単な図は私の手書きなので、ちょっと雑なのはお許しください。

4月 25, 2016 よく似た魚の見分け方 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/63492763

この記事へのトラックバック一覧です: よく似た魚の見分け方 バラハタ:

コメント

コメントを書く