« 釣り名刺を新しくしました | トップページ | 新しい脈釣り場を見つけました »

2016年3月 1日 (火)

困ったときの言葉遊び 回文

Cimg9141寒いので、釣りに行かない。釣りに行かないのでブログネタがない。そうなると、困る。困るから一生懸命に考える。考えた結果が釣りと魚の言葉遊びです。

今回は回文。回文というのは「しんぶんし」のように上から読んでもしたから読んでも同じになる言葉のこと。古からの言葉遊びなので、ルールがあります。そのひとつが「静音、半濁音、濁音は同じとみなします」。例えば、「は」と「ば」と「ぱ」は同じとみなします。

さて今回はイカシリーズの回文です。

「イカ、意外」
タコを狙っていてイカが釣れたら、この回文をつぶやいてくださいね。ふふ。

「何だ、イカかい、旦那」
あんたが魚屋さんで、お客さんから「イカをくれ」といわれたときの回文です。

つづく・・・。

「良いアジ抱いたイカがいたいた、時合いよ」
アオリイカで大事なのは、活きが良いアジと時合いです。この回文は私としては秀逸作品です。

「イカ釣り師、お尻使い」
なんか、意味が分からんが回文です。

「アカイカ、赤いかあ」
アオリイカの仲間に大きくなるアカイカ型がいるのだそうだ。そういうのが釣れたら、この回文を叫んでください。

3月 1, 2016 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/63251594

この記事へのトラックバック一覧です: 困ったときの言葉遊び 回文:

コメント

コメントを書く