« 色コイの戦略か | トップページ | 川遊びの新しい発見 »

2016年2月18日 (木)

「辛~い」

Gcimg2658ヒブダイをフライにするために3枚におろしたとき、さばき方がヘタなので、中骨に身がいっぱい付いています。中骨はたいていは捨てるが、もったいないほど身がついています。

そこでそのまま冷凍庫に入れていました。朝の朝食用におろしている魚が少なくなってきたので、これを解凍して塩をふって食べることにしました。

フライがおいしかったので、この中骨にも期待しました。ふふ。焼き具合もいい感じで朝食のおかずができました。たくさんの中骨があったが、その中から3切れだけです。

つづく・・・。

大いに期待して口に入れたが、「からーーーい」と声が出てしまいました。塩の量が多過ぎたみたいです。以前は塩タラのように塩からいのが好きだったが、「山の神」の減塩料理に自然に慣れていたのか、塩辛い。

イシダイのように脂が乗っていると、塩が少し大目でも脂の旨みが塩味と溶け合っておいしいイメージができるが、今回の魚はヒブダイで脂が少ない身だったので、余計に塩辛く感じた気がします。勉強になりました。

2月 18, 2016 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/62393962

この記事へのトラックバック一覧です: 「辛~い」:

コメント

コメントを書く