« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

釣り名刺を新しくしました

Zimg122私の釣り名刺には肩書きを3個並べています。香川県釣り団体協議会、香川県磯釣り連盟、高松黒潮クラブに関する役職ですです。

いずれも会長職をしていましたが、昨年から今年の1月にかけてすべて会長職を退きました。そして名誉会長という名誉らしくない肩書きをいただきました。ふふ。

そこで、この3つの肩書きを新しくした名刺をイノちゃんに作ってもらいました。これ以上肩書きが変更することはないと思ったので、一生分として300枚を作成しました。

つづく・・・。

イノちゃんから「できた」とメールが入ったので取りにいきました。よく出来ています。と言ってもデザインはこれまでどおりのイシダイです。何度見てもカッコイー。

私が新しく印刷するというので、同じクラブの三好さんも一緒にグレのデザインで新しく作ってもらうことになっています。

私の名刺の裏には、ブログ名などとあわせて自費出版本の紹介も書いています。ところがここに最も新しい「四国の中のマンホールをコレクション」を追加するのをすっかり忘れていました。しゃーないなあ。

2月 29, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

ウニといえば・・・

Ucimg3497Ucimg3498「ガイアの夜明け」という番組を観ていると、全国各地の地域特産品を集めて売り出す店の話がありました。まあ、内容としては、そんなに新しいことではない。

ただ、その中に熊本県浅草の特産品としてウニが出てきました。ウニは寒い地域の特産と思っていたので、どんなウニかと思ったら、ガンガゼウニです。

ガンガゼウニはイシダイのエサとしていつも使っている種類ですが、食べるウニではないと勝手に考えていたので、ちょっとびっくりです。ふふ。

つづく・・・。

テレビではそのガンガゼウニから生殖巣を取り出しています。私はウニが好きでないのです。というのはウニが溶けないようにミョウバンにつけるらしいが、それが変な味がするからです。

だから、ウニの産地に行ったら、そこでは食べてみようと考えていました。それがガンガゼウニが食べられるのであれば、今度イシダイ釣りに行ったとき、食べてみる楽しみが出来ましたわ。ふふ。

2月 28, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

アオリイカの型

Scimg3579Scimg3580毎週録画して観ている「今ちゃんの実は・・・」と言う番組。2月中旬に芸人のミサイルマンが和歌山県でアオリイカを狙う番組がありました。

「和歌山県のこの時期にだけやってくるレッドモンスター」といういかにも仰々しいタイトルはバラエティ番組としては仕方ないことだが、それがアオリイカとは想像ができませんでした。

その中で、アオリイカにはクワイカ型、シロイカ型、アカイカ型の3種があることを初めて知りました。この中でアカイカ型は巨大になるといい、番組の始めに観た魚拓がおもしろい。

つづく・・・。

アカイカ型は本来熱帯性で深いところにいるらしく、四国で釣れるのはほとんどイロイカ型らしい。だが、徳島水産試験場のブログにアカイカ型が取れたという記事があったので、四国での可能性は皆無ではないようです。

そういえば黒潮が直接当たる高知県西部の古満目港で4キロ級が毎年のように釣れたと、釣った地元の釣り人本人から聞いたことがあるがひょっとしたらアカイカ型だったのかもしれません。想像ですけど・・・。

2月 27, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

タコのメモ、イカのメモ

Xcimg3411以前、タコの絵が入ったメモ用紙を買ったことを、このブログに書きました。それを帰ってから使ってみると抜群の書き良さ。

そこで、別の用事でイオンに行ったとき、他のデザインのがあったので、それを買いました。今度はイカのデザインで値段はタコと同じ88円。ふふ。

デザインのイカがアオリイカでないのがちょっとだけ残念だけど、使いやすさで買うので文句はありません。デザインだけで買うなら文句を言いますが・・・。

つづく・・・。

このメモは小さいので、使う用途は限られます。現在使っているのは、「四国の中の世界一・日本一」の場所に関することをチョコッとメモするときです。

博物館などに行くときに、車のカーナビで目的地をセットするための住所、電話番号などのメモです。

2月 26, 2016 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

クエ釣り漁師

Tcimg3551和歌山県はクエで有名です。日高町にはクエの祭りがあり、本物のクエを担いで神社に奉納する祭りをテレビで見たことがあります。

クエの造形もあって、機会があれば私もその祭りを見たいと思っていたが、今回の話題はそこでのクエ専門の漁師のこと、和歌山県で唯一のクエ一本釣り師だそうです。

これを見たのは、テレビの「たけしのニッポンのミカタ」という番組です。実際に漁師の船に乗って撮影ですが、海が荒れた日は釣れないので出漁せず、何日もチャンスを待ちます。

つづく・・・。

Tcimg3553


6日間待ってやっと釣り上げたのが8.5キロ。地元の民宿にキロ当たり8000円で売って、6万8000円の収入。だが、エサは活きアジを使って釣るアオリイカなので、イカが釣れないとクエ釣りができないとのこと。

こんな厳しい釣りの漁師をやっている人がいることに、尊敬の念をこめて驚きました。それにクエ釣りに最高のエサは活きたアオリイカということも知りました。

こんどアオリイカが釣れたら、それをエサにして仕掛けをぶっこんでみますかねえ。ちょっともったいないなあ。

2月 25, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

釣行のガソリン代

Vcimg1452昨年は愛媛県の宇和海や高知県西部にアオリイカ狙いで行くことが多かった。高松の自宅を出て帰るまでの走行距離はだいたい700キロ程度になります。

私の車だと、市内だけだとリッター当たり7キロ程度だが、長距離を走ると平均的にリッター当たり10キロ程度なので1回の釣行で70リットルのガソリンが必要です。これが1年だと10回いくとしたら約700リットルということになります。ふふ。

最近、ガソリンが値下がりしています。都会では100円を切っているところがあるようだが、高松市だと現在110円程度です。

つづく・・・。

700リットルの110円だと7万7000円。昨年の平成27年1年間のガソリン代に使ったお金は25万円弱。その1年前の平成26年は40万円弱でした。

昨年当初のガソリンは1リットル当たり、最も高いときで164円。今年は100円程度になるとしたらもっと少なくてすみそうです。政府は物価上昇が起こらないと心配しているが、年金生活者にはありがたことですわ。ふふ。

2月 24, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

まだまだ知らない釣りがある

Zucimg3493外国にはとんでもない超々大型の釣り魚がいることは随分知られてきました。開高健さんのオーパや松坂實さんの大型ナマズ釣行記などの本が出てからのことです。

その多くはビラルクなどアマゾン流域やタイ、ラオスなどのメコン川での大型ナマズや淡水エイ、アラスカのオヒョウ、キングサーモンなどで、これらの魚の釣りはなんどかテレビで観たことがあります。

ところが1月の末に観た「大陸横断アドベンチャー 巨大危険生物を捕獲せよ」という番組でこれまで見たことがない巨大魚の釣りがありました。

つづく・・・。

それがカナダ西岸で狙うチョウザメです。チョウザメと言えば卵がキャビアで、テレビで観る採卵の大きさはせいぜい1メートルちょっとと言う感じでした。

それが今回狙うのは3メートル級のチョウザメというタイトルだったので驚きました。この番組で釣り上げたのは2メートル42センチ。チョウザメがこんなに大きくなる魚とは知らなかったし、ましてや釣りの対象魚になるとは全く知りませんでした。

世の中にはまだまだ私が知らない釣りがあるようです。

2月 23, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

夜釣りでの自撮りテクニック

Tcimg3071私にとって夜釣りで困ることがありました。このブログ用の写真を自撮りすると、カメラの焦点が全く合わないのです。デジカメが狙う私とか魚が真っ暗なので仕方ありません。

このため何度撮ってもピンボケばかり。もちろん努力をしました。ヘッドランプをカメラのレンズに当てればいいのではないか。それは全くダメでした。

次に試したのがヘッドランプのライトをカメラのレンズに直接当てずにちょっとだけずらしたら焦点が合うのではないかと・・・。これもダメ。何度も何度もシャッターを押してその中から比較的ボケが少ないものを縮小して、このブログにアップしていました。ところが大発見。ふふ。

つづく・・・。

Tcimg3523簡単なことです。釣った魚を手に持って、そこにヘッドランプを当て、デジカメのシャッターを半押しすると、焦点の距離がが合った合図のピッと言う音が出ます。

そのままヘッドランプを消すなり、方向をカメラ以外に向けてシャッターを押すとバッチリ。なんでこんな簡単なことに今まで気が付かなかったのか。ふふ。

2月 22, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

再び外来魚問題

Zbluegill_lepomis_macrochirus1月28日付のヤフーニュースに「世界最大級の淡水魚、在来種襲う」というタイトルがありました。

その内容は「アリケーターガーなどの大型外来魚が日本固有の在来魚を食い荒らす被害が深刻化している」ということで、ペットとして飼われていたのが放流されたらしい。

ワニのような大きな口と鋭い歯を持ったアリゲータガーはペットショップで売られているのは15センチだが、1年で50センチ、成魚になると最大3メートルになるとのこと。これじゃあ、家で飼えませんわ。

つづく・・・。

かといって、放流せずに殺せるかと言うと、かわいそうなので近くの川に逃がすということになるものと思う。買う前にこの事態が予想できるはずだが・・・。

ブラックバスのときは大騒ぎしたが、このガーについても環境省は輸入と飼育を禁止する方針を固めたらしい。もっと早く決めろや。環境省は後追いばかりの政策になってませんか。ま、この魚がブームになったときは環境省はまだなかったか。ふふ。

2月 21, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

ブダイを朝食に

Ycimg3378冷凍庫にはアオリイカと、イシダイ、ブダイ、豆アジが入っています。豆アジは空揚げ用なので朝作る食事にはむきません。ふふ。

イシダイを食べる楽しみはもう少し後に置いていたいので、ブダイを食べることにしました。ブダイはフライ用に置いていたのですが、以前にヒブダイを塩焼きにしたとき、意外においしかったのを思い出しのです。

1匹から6切れの切り身ができたので、このうち3切れを塩焼き用に、残りを一夜干しにしてみました。すると意外な結果になりました。

つづく・・・。

Ycimg3380塩焼きと一夜干しの両方を食べたのですが、食べる前は一夜干しのほうがおいしいと思っていたのに、塩焼きのほうがおいしい。私が塩味を好きなのが原因のようです。ふふ。

味はヒブダイのほうがおいしい感じですが、ブダイもホクホクの白身で上品な味です。これからはヒブダイだけでなくブダイも持ち帰ることにします。

2月 20, 2016 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

川遊びの新しい発見

Xcimg3414Xcimg3415テレビの衛星放送で映画「釣りバカ日誌」が放映されています。その映画が始まる前に釣りバカ日誌とは関係のないちょっとした前段があります。

シリーズ3の放映前にあったのが、俳優の中本賢さんの川遊びがありました。長い間この遊びをやっているらしく、手馴れた感じでやっています。

川を上っていきながら、浅くても小魚を捕らえます。それを小さな水槽に入れて魚を横から見て観察。それも楽しそうです。孫が里帰りしてきた時に楽しめそうです。ふふ。

つづく・・・。

そのやり方は流れに網を突っ込んで、網の上流側の小石を足でガサガサと掻き出すと、小魚が網に入るという簡単な方法。中本さんはこれを「ガサガサ」といっています。

水深はなくても良さそうなので、我が家の近くにある川でも楽しめそうです。これまでは川に入らないで石をひっくり返すことはしていたが、川の中に入ればもっと楽しめるかもしれません。ちょっと大変かな。

2月 19, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

「辛~い」

Gcimg2658ヒブダイをフライにするために3枚におろしたとき、さばき方がヘタなので、中骨に身がいっぱい付いています。中骨はたいていは捨てるが、もったいないほど身がついています。

そこでそのまま冷凍庫に入れていました。朝の朝食用におろしている魚が少なくなってきたので、これを解凍して塩をふって食べることにしました。

フライがおいしかったので、この中骨にも期待しました。ふふ。焼き具合もいい感じで朝食のおかずができました。たくさんの中骨があったが、その中から3切れだけです。

つづく・・・。

大いに期待して口に入れたが、「からーーーい」と声が出てしまいました。塩の量が多過ぎたみたいです。以前は塩タラのように塩からいのが好きだったが、「山の神」の減塩料理に自然に慣れていたのか、塩辛い。

イシダイのように脂が乗っていると、塩が少し大目でも脂の旨みが塩味と溶け合っておいしいイメージができるが、今回の魚はヒブダイで脂が少ない身だったので、余計に塩辛く感じた気がします。勉強になりました。

2月 18, 2016 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

色コイの戦略か

Ycimg3388毎日のように通る小さな川にコイがたくさんいることは、これまでに何回か書きました。その中に真っ白い錦ゴイがいるのを時々確認していました。

しかし、それを見るのは1ヶ月に一度程度なので不思議に思っていました。というのは、コイがいるのはせいぜい2畳程度に少しだけ深くなっているところに集まっています。

その場所の上流下流ともすごく浅くて、雨の後で水量が多くなった時にしかコイは移動できません。それなのに雨が降らなくてもいたりいなくなったりしていました。

つづく・・・。

Ycimg3389そして、発見。たくさんのコイがいる深みの暗いところにひっそりといます。たくさんの黒いコイは上流から流れ込んでくるところに集まっているが、この錦ゴイは反対側のよどんだところでジーッとしています。

色が目立つので生き延びるための戦略なのでしょうか。なぜかかわいそうになりました。このコイは飼われていたのが放流されたのか、それとも逃げ出したのか。黒いコイは丸々と太っているのに、白いコイは痩せているようにも見えます。ふふ。

2月 17, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

タコのメモ

Xcimg3410私は筆記具にそれなりのこだわりがあります。それも書く対象によって筆記具を使い分けています。その中の一つ、太字の水性ペンがなくなったのでイオンに行きました。

私が最もよく使う三菱鉛筆のユニボールeyeはイオンにはないので遠くの文具専門店で1ダースずつを買ってきますが、太字ペンはイオンに置いています。

ここの売り場にあった3個全てをレジにもって行き、「これ以外に在庫のないのか」と聞くと、「ない」。しゃーないので3個だけ買いました。ふふ。そして、帰る途中にメモ帳があります。

つづく・・・。

Xcimg3412メモ用紙は自分で作っているので必要ないが、タコの絵柄に目が引き寄せられました。ふふ。中を見るとすべてのページに表紙と同じ図柄が印刷されていて楽しそうです。

それに安い。88円。試しに1個買いました。こんなものかって、使うのか、自分でも疑問ですけど・・・。良いんじゃないでしょうか。ふふ。

2月 16, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

メーカーからの協賛品がどっさり

Ycimg3351釣り具メーカーのダイワの四国事務所が昨年なくなり、大阪の事務所に統合されてしまいました。その後、大阪の事務所と何度もやり取りをしました。

そして、たくさんの釣り大会用の景品を送ってもらえることになりました。昨年暮れのことです。送ってくれた品が写真です。大きな段ボール箱にいっぱい入っていました。

私の交渉努力の結果です。ふふ。香川県釣り団体協議会として送っていただいたので、これを今後構成団体と分けたいと考えています。

つづく・・・。

これを分けるのは毎年4月から5月に開催している香川県釣り団体協議会の総会で行ないたいと思います。その間、我が家の書斎に置いていますが、正直ちょっと邪魔な感じです。

香川県釣り団体協議会の皆さん、総会を楽しみにしていてください。ただ、むやみに配るのはだめで、ダイワさんにも活用結果を報告したほうがいいので、今後どうするか考えたいと思います。

2月 15, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

今日は何の日

Tcimg3550今日、2月14日はバレンタインデー。リタイアする前は職場の女性からの義理チョコがそれなりにあったが、リタイアした後は「山の神」のみ。ふふ。

ところが今年は「山ノ神」のおふくろさんからもくれたので2個のチョコ。よほど私が哀れに思ったのかもしれません。
娘が近くにおれば孫からも本命チョコの作りそこないの義理チョコがあるかもしれないが、それもない。ふふ。

ところが2月14日はバレンタインデーだけでなく、魚に関する日でもあるのです。知っている人は知ってるし、知らない人は知らない。当然です。

つづく・・・。

2月14日は「煮干しの日」。単なる語呂合わせだが、1が「ぼ」は、1を「棒」とみてのこと。ちょっと無理があるような気がするが、いいんじゃないですか。

全国煮干協会が作った日ですが、私にはこんな協会があることに驚きましたわ。香川県の讃岐うどんの出しに煮干は欠かせません。香川県民にとって煮干は身近な存在です。

2月 14, 2016 魚介の記念日 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

寺戸さんから珍しい写真

Zimg117Zimg118東京いる寺戸さんが奥さんと一緒に行った熊本県宇城市三角町の港にある物産館の写真です。その屋根の上にある風見鶏ですが、魚の形をしています。

風見鶏と言えば当然鶏の形のはず。地方に行くとこういう面白いものが見つかるのが楽しいのです。寺戸さんも分かっているようです。ふふ。

寺戸さんは長い間中国の上海で勤務していたが、昨年帰国したと聞いていたが、それがリタイアだったと手紙に書いています。

つづく・・・。

日本全国には色んな用途のいろんな魚の形をしたものが結構あるはずです。読者の皆さんもみつけたら写真を送ってくれたらうれしい。ふふ。

ところで今回写真を送ってくれた三角といえば、50年前に私が学生のとき当時流行ったカニ族としてリュックを背負って九州一周の一人旅をした時に、長崎県島原から船で渡ったところだったという記憶があります。最近のことはすぐ忘れるのに50年前のことをいつまでも覚えているという老人特有のことなんですかねえ。

2月 13, 2016 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

今年初めての脈釣り

Tcimg3522昨日、急遽思い立って脈釣りに行きました。場所はいつもの弦打(つるうち)木材港です。最初は波止の手前でやって見たが、アタリがありません。

そこで水深がある波止の先端に行くと、ウキ釣りの先客がいます。声をかけると釣れてないようです。そうは言われてもそのまま帰るわけにはいきません。風がなくてむしろ暖かい。

2投目でミニサイズのメバル。もちろんリリースですが、釣れただけで十分にうれしい。しゃーないなあ。続けてもう1匹。これもリリースサイズ。

つづく・・・。

Tcimg3523アタリがなくなったので、港の外側に振り込んでみます。すると、ちょっとだけ大きなアタリが出て、最初の2匹とは違う引きです。ふふ。上がってきたのは18センチ。

これはキープです。このサイズはキープするかどうか迷うが、この日はキープ。ま、釣られたメバルにとっては運が悪かったと思ってもらうことにしました。

続いて16センチ。これもついでにキープ。このサイズでキープされてもっと運が悪いメバルでした。

結局、この日は5匹釣れて2匹をキープ。塩焼きにして食べるぞー。

2月 12, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

平成27年の釣行総括です

Ducimg2795平成27年の1年間での釣りをした日数が47日、釣った魚種が40、釣った魚が453匹、釣っていた時間は167時間で、そこそこの釣りをしたことが分かります。そこで、毎年行っている統計分析をしました。

釣行1回当たりの匹数は9.6匹で、ここ数年で初めて10匹を下回りました。だが、これは匹数を稼げる豆アジ釣りとハゼ釣りに行ったのが1回だけだったことによるものなので、どうってことないこと。

1時間当たりの匹数では2.7匹で、これは26年の2.2匹よりも多い。釣行1回当たりに釣りをしていた時間数では3.6時間で、26年の4.9時間に比べると少なくなっています。ふふ。

つづく・・・。

昨年1年間に買ったエサ代は6万9500円で、ここ数年では最も少なくなりました。26年は9万5000円でした。これは磯に渡船した回数が減ったことと関連しているように思います。渡船回数は昨年は9回で、前年の26年の17回の約半分です。

この結果、釣行1回当たりのエサ代は1479円で、26年の2165円に比べて随分安上がりの釣行になりました。ふふ。

これだけ数字を並べると、自分でも何がなんやら分からなくなってきましたが、全体的に見ると、総じて安、近、短の1年間だったようです。

2月 11, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

「四国の中の世界一・日本一」の名刺受け取り

Xcimg3419四国にあるさまざまな世界一や日本一をこれまで300個以上集めていて、現在その確認作業に没頭しています。これが大変なんです。

新聞に掲載されていても、既に閉館されていたり、そのものがなくなってしまっているのもたくさんあります。その確認はもちろんネットでしますが、写真を撮りに現場に行くと「ありません」というのも・・・。

現場に行って写真撮影の許可を得ようとすると、不審者扱いの目にあいます。そこでマンホールコレクションの時にも役に立ったように名刺の作成をイノちゃんにお願いしました。ふふ。

つづく・・・。

名刺は2種類です。
1つは誰でもが知っている世界一の写真を4県一つずつで、世界一狭い海峡の土淵海峡、世界一大きい狸の像の金長たぬき、世界で唯一鍾乳石と同化している土器の「神の壺」、世界初の三連吊り橋の来島大橋です。

もう一つはあまり知られていない日本一の写真で、日本一深い井戸がある丸亀城、日本最大のコンクリートアーチ橋のへそっ湖大橋、日本一高い銅像の竜馬像、宇和島市にある日本一大きい石造りの鳥居です。

Cimg9449本当は日本一大きいカサゴの石像の写真を入れたいと思ったが、公認でないのでもうちょっと調査が必要なので、残念ながら今回は入れないことにしました。ふふ。

2月 10, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

古川さんのイカ釣行報告

Ucimg3437日曜日にあった四国磯連の役員会で、会議が始まる前に古川さんが寄ってきて、「この会議が終わったら宇和島に走るんや」といいます。香川磯連の新年総会の時にも聞いていました。ふふ。

イカ釣りに行くというので、結果を電話で知らせてとお願いしていました。四国磯連の会議の時に「これが今度で試す仕掛けや」と渡してくれます。

Ucimg3510私が考えた仕掛けでないので、写真でお見せすることができません。ふふ。仕掛けにはハリスを結んでいてすぐに使えるようになっています。入れている紙の袋は手作りで、これもいいアイデアです。

つづく・・・。

そして、月曜後の午後、古川さんから釣果報告の電話がありました。宇和海の磯に渡って、アタリが6回、そのうち2匹をゲット、とのこと。500グラムくらいのイカ。水温が低いせいか、抱きついてから寄せる間にエサのアジを放してしまうとのこと。

渡船の船頭が20センチくらいのイワシをわんさかとくれたので、「これからそれを調理せないかん」と焦り気味です。

宇和海の水温は急激に下がっているので釣れないかもと思っていたが、釣れただけでよかったじゃん。

2月 9, 2016 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

四国磯連報告平成28年2月

Ucimg3508_2Ucimg3509昨日の日曜日、四国磯連の役員会がいつもの場所の三好市池田で12時からありました。参加者は四国全体から26人。

事業報告、事業計画、会計報告、予算は例年通りなので、ここでの記載は省略。変わっていることと言えば、平成28年の第1回常任理事会は4月3日に武者泊での釣り大会を兼ねて開催することになりました。

予算について言えば、平成28年の会員数が27年に比べて50名以上の減少になっています。残念だが、減少傾向に歯止めが掛かりません。

つづく・・・。

平成27年の年間大物賞が決定しました。

イシダイの部 田原誠さん(愛媛)と和渕誉貴さん(徳島)73.0センチで同寸1位、井津禎文さん(高知)と小田智章さん(香川)が69.2センチで同寸3位。

グレの部は55センチ以上の申請がなし

マダイの部は1位上村恭弘さん(愛媛)の87.9センチ

イサキ・アイゴの部は1位松岡孝さん(愛媛)48.4センチ、2位大河正和さん(香川)46.7センチ

ヒラマサ・ブリの部 1位清水岩男さん(愛媛)94.2センチ、2位鎌田初雄さん(愛媛)92.4センチ

チヌの部 1位 松岡孝さん(愛媛)57.8センチ、2位菅野康志さん(愛媛)57.7センチ、3位氏師敏夫さん(徳島)56.0センチ

クエの部 1位川田洋一さん145.8センチ、2位秋山登さん123.6センチ

なお、クエの部1位の145.8センチは四国磯連の記録更新なので、1位の賞とは別に記録更新認定証が授与されることになりました。

2月 8, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

平成27年に自己記録を更新した魚たち

Dscimg2850昨年の私の自己記録更新はよくありませんでした。新しい魚種を釣ったのは2魚種、サイズを更新したのが4魚種しかありませんでした。

その内訳は、新魚種はボラに似たメナダの50.8センチと、近くの川で脈釣りをしていて釣れたが、ゴミのように見えたシモフリシマハゼの8.0センチ。

サイズの更新は、クマノミの15.5センチ、コロダイの60.8センチ、オトメベラの26.7センチ、タケノコメバルの29.7センチの4魚種でした。

つづく・・・。

1年前の平成26年の記録更新は12魚種だったので、昨年はその半分でした。記録の更新は狙って出来る場合もあるが、ほとんどはたまたま釣れることが多い。

今年も「たまたま、偶然、何とか、幸運」を狙って釣行しますかねぇ。私にとって記録の更新ほどうれしいものはないのです。ふふ。

2月 7, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

残念、クエの記録

Wcimg3421香川磯連の新年総会で、四国九絵勇心会の川田さんが釣った145.8センチのクエが西日本磯釣り協議会の新記録と報告がありました。

そのときは何げなく聞き流していましたが、家に帰ってから西日本の新記録ならば当然香川県記録と思い、香川ギネスをチェックしました。

すると、クエの部の記録は四国内と四国外に分けていて、四国外は146.5センチだが、四国内は142.0センチなので、鵜来島で釣った川田さんの記録は上回っています。

つづく・・・。

そこで九絵勇心会会長の秋ヤンに写真をお願いすると、「川田さんは徳島県人や」とのこと。香川磯連所属のクラブだが、メンバーは香川県人だけでないことを思い出しました。ふふ。

久しぶりの大物香川県記録更新と思ったが、徳島県人の記録では認められません。残念。

2月 6, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

クラブの飲み会に外道とエサトリ(平成28年2月)

Ucimg3500Ucimg3502昨日は、高松黒潮クラブの飲み会でした。約束どおり讃州石鯛会の藤森さんと讃岐磯友会の秋和さんが参加してくれました。写真で私の左が藤森さん、右が秋和さんです。

本来のクラブ員でないので「アンタらは釣りで例えると外道や」というと、藤森さんが「私はエサトリ」というので、秋和さんは外道で藤森さんはエサトリと言うことになりました。ふふ。

このブログを毎日見ているせいで、クラブ員の名前もよく知ってくれています。藤森さんが「宝山さんって、本名か」と聞くので、宝山さんに名刺を上げるようにお願いしました。

いつもよりも人数が多くて、二人が入ってくれたことで話題が豊富になって大いに盛り上がりました。菅野さんが「毎月来てよ」とムチャ振りしています。

秋和さんが「今年は1年間で100魚種を釣るぞ」というので、「それは無理やろ」というと、「今年は1回の釣行で10魚種を釣った」と言いながらスマホで釣った魚の写真を見せてくれます。

そのスマホには磯での動画も入っていてイシダイ竿がガクーンと一気に舞い込むところが写っています。釣れたのは、この日秋和さんに名付けたとおりの外道でしたけど・・・。ふふ。

Ucimg3503この日は大いに盛り上がっていつもよりも1時間近く長くいました。カウンター席には小野ちゃんと飼い犬のベッキーが来ています。「不倫はしてないんか」と言ったら、小野ちゃんが「潔癖や」。何のことなんでしょうか。

2月 5, 2016 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

日本一の絵馬にお願いを書いた

Vcimg3447香川県東かがわ市の白鳥神社に、毎年日本最大の絵馬が奉納されます。地元の人によるもので、高さ5.5メートル、幅7.5メートルです。

今年も奉納されたと新聞に掲載されたが、1年中置いているわけはありません。「四国の中の日本一」の写真が撮りたいので、神社にいつまで置いているのかを電話で聞きました。

すると、この日曜日7日の午前中になくなるということなので、急遽写真を撮りに行きました。予想していた以上に大きい。私を入れて写真を撮ったのでその大きさが分かると思います。ふふ。

つづく・・・。

この絵馬には自由に願いを書き込めるので、絵馬全体にびっしりと願い事が書き込まれています。受験合格とか、家内安全などが圧倒的に多い。中には「お金」と不謹慎なものも。

Vcimg3445私も願い事を書くことにしました。「大物チヌ、大物グレ、大物イシダイ まとめてお願いします」。ふふ。絵馬が大きいので、欲張ってお願いしました。

2月 4, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

香川磯連総会で・・・(2)

Vcimg1486香川磯連の新年総会で前事務局長の前川さんが寄ってきて、「香川ギネス・・・」と言うので、てっきり今年作るものの話かと思ったら、昨年作ったギネスのことでした。

彼の友人がやっている飲食店に置いてくれているらしいのだが、なくなってしまい楽しみにしている人がいるので余ってないか、とのこと。ふふ。

まだ余部があるので、郵送することにしました。今年のギネス作成にそろそろ取り掛かろうと思っています。昨年の記録更新は少ないのでどうしますかねえ。

つづく・・・。

Vcimg3442とりあえず総会の翌日、郵便局に行って30部くらいを送ってきました。ゆうパックだと、配達追跡も出来るし簡単です。送れる厚さが3センチ以内と言うことで、郵便局員が3センチをあけた木枠に通します。

余裕があったので、「追加しますか」といってくれて余分に入れて送ることができました。前川さんは「そんなにたくさんはいらん」と言っていたけど・・。ふふ。

2月 3, 2016 釣り記録 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

香川磯連総会で・・・

Wcimg3428香川磯連の総会は多くのクラブから参加するので、1年に一度だけ会う人も結構いて楽しい。だが、たいてい横の席に座る人は知っている人が多い。ふふ。

この日私の右横に座ったのは、藤森さん。宴たけなわになった頃、藤森さんが私の高松黒潮クラブの飲み会に参加したいと言っています。「なんで、またあ」というと、「以前から言っているのに相手にしてくれん」とのこと。ふふ。

そして、この4日の割烹「友釣」でのクラブ飲み会に参加するとのこと。そして、私の前に座っていた香川磯連事務局長の秋和さんにも「参加しようよ」と誘っています。

Wcimg3437Wcimg3436どうしてこれほどの気持ちになったのかを聞くと、「このブログを見ていると楽しそうだから・・・」とのこと。ふふふのふ、です。

つづく・・・。

私の左横には香川磯連会長の古川さん。7日に予定されている四国磯連の役員会の後、そのまま宇和海に走ってイカを釣りに行くと言います。

そこで、釣果を電話で知らせるようにお願いしました。古川さんは別の新しい仕掛けを作ったと自慢していたので、その結果も知りたい。ふふ。

2月 2, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

香川磯連報告 平成28年NO2

Wcimg3441香川磯連の新年総会が昨日の午前11時から、高松市の美山ホテルでありました。平成27年の事業報告、決算報告、役員改選、28年事業計画、予算が承認されました。参加人数は28名でした。

Zimg115Zimg116そのうち、役員改選と平成28年の事業計画だけをスキャンしたので、見づらいが興味がある方は見てください。

Wcimg3420正午からはいつものように宴会です。乾杯の音頭は年間イシダイの部で69.2センチを釣って1位になった小田さんです。

つづく・・・。

Wcimg3422Wcimg3423Wcimg3438ここでの宴会の楽しみは豪華なメニューです。その内容は写真を見ての通り、ブタとフグの鍋、ハマチとサケの刺身、ステーキの焼肉などなどです。

Wcimg3435宴会の途中で、昨年に「讃岐磯釣名人」になった多田利行さん、植田正さん、小田智章さん、香川俊雄さんに盾が授与されました。

2月 1, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)