« 平成27年釣果のなんでも1番 | トップページ | 日本一大きいアカメ像? »

2016年1月15日 (金)

香川磯連報告 平成28年NO1

Ycimg3372Ycimg3373昨日の夜、香川磯連の第1回会長会がありました。私は高松黒潮クラブの会長を退いたので、もう出席しないでいいと思っていました。

ところが、2日前に事務局長の秋和さんから電話があって「あんたは会計監査人やから参加せんといかん」。会計監査になっていることをすっかり忘れていました。ふふ。

この日で会長会はいよいよ出席しなくていいと思っていたら、従来秋ヤンがしていた広報委員を来年度から私にせよとのことで、このブログで香川磯連のことを広報することになりました。

なので、この日のタイトルがややか堅苦しいものになっています。今後は香川磯連についてちょっとだけ従来よりも忠実に書いて行くことにします。

このブログの読者にとっては、香川磯連と全く関係がない人がほとんどですが、これを読んでいただけると、近年における磯釣り団体の悩みなどがお分かりいただけるかもしれません。ふふ。

つづく・・・。

この日の議題
①西日本釣り団体協議会の釣り保険について
  会員全員の早急申し込みと、1月20日までに保険金の振込みが必要です

②香川磯連の新年総会
  1月31日(日)に受付開始は午前10時半、午前11時より総会、12時ごろから宴会。
  会場は高松美山ホテル、会費7000円

③役員改選
  高松黒潮クラブ、高松磯釣クラブ、丸亀磯釣クラブの会長交代に伴う変更、がありましたが、基本的には昨年どおり。

④四国磯連常任理事
  クラブの会長変更に伴う常任理事の変更。高松荒磯親和会の和泉さん、高松フィッシングクラブの丸尾さんが追加。

⑤香川磯連の秋季磯釣り大会
  昨年の大会は26人と前年に比べてほぼ半減。渡船場を一つにしての集中方式の大会にするか、好きな磯場で釣りをして審査場に集合するスタイルの分散方式にするかの議論がありました。
 参加者の減少は基本的には会員数の減少によるものだとの指摘が秋ヤンからあって、4月に対応をきめることに。

なお、会計監査は会計担当の山崎さんが作ってきた報告書をみて押印しました。ただ、預金通帳を忘れたというので、この残高確認だけは後日することになりました。

1月 15, 2016 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/63069704

この記事へのトラックバック一覧です: 香川磯連報告 平成28年NO1:

コメント

コメントを書く