« ハゼがいる場所 | トップページ | キリンアナハゼの記録更新 »

2015年11月23日 (月)

ハゼ科の魚だが、なんじゃろう

Docimg3008マハゼを釣りに近くの川で脈釣りをしたとき、小さな魚が釣れました。ハリにゴミが付いているのかと思ったくらい小さい。腹に吸盤状のヒレがあるのでハゼ科の魚であることは間違いない。

Docimg3006とりあえず写真だけを撮ってリリース。家に帰ってから魚種を調べようと思い、アップの写真も撮りました。マハゼではないことは確かです。

家に帰ってから調べました。特徴は2本の黒い縦縞です。他の特徴も見て、この魚はシモフリシマハゼと判断しました。ただ、ヒレの部分がキチンと写真に撮れていないのでちょっと不安もあります。魚には申し訳ないが、リリースせずに持って帰ればよかった。ふふ。

少なくとも、私にとっては初めて釣れた新魚種であることに間違いはない。ところが、サイズを計測するのも忘れていました。残念。

そこで、手のひらに乗せた写真からサイズを推測すると9.0センチあるので、少なくとも8センチは超えています。そこで自己記録としては8.0センチとすることにしました。

これが香川県記録だと、こんないい加減なことではいけないが、自分の記録なのでテキトーでいいのです。ふふ。

11月 23, 2015 釣り記録 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゼ科の魚だが、なんじゃろう:

コメント

コメントを書く