« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

この時期の脈釣りは楽しい(2)

Dlcimg3077脈釣りで釣れた24センチのウミタナゴを塩焼きにすると、期待通りの味でした。旨い。そこで再び同じ場所に脈釣りにいきました。ふふ。

Dlcimg3078ウミタナゴが釣れた場所はここだったな、と仕掛けを振り込むと5秒もしないうちに向こう合わせでウミタナゴが釣れたのにはびっくりぽんです。サイズは前回より少し小さめの22センチ。それでもうれしいわい。

アタリは前回よりも頻繁にあります。メバルがよく釣れるがどれもリリースサイズばっかりです。そこで5メートルほど移動しました。

Dlcimg3084すると、22センチのメバル。脈釣りで久しぶりに20センチオーバーのメバル。ふふ。釣れた場所を覚えるように確認しました。20センチ超えのメバルポイントはこれまでの経験だとすごく狭いピンポイントのことが多いからです。

Dlcimg3088同じ場所でメバルよりも引きが強いと思ったが、タイでしたが、これはリリース。

Dlcimg3092続いて21センチのメバル。なんやかんやで1時間半でメバル10匹、ウミタナゴ1匹、タケノコメバル1匹、マダイ1匹で、キープしたのはウミタナゴとメバル2匹でした。

11月 30, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月29日 (日)

魚市場の市民開放がありました

Dkcimg3104土曜日、いつものように早朝にファミレスに行ってその帰り道にある高松市中央卸売市場をを通ると、市民開放の日でした。そこで寄って見ました。朝早いのに、多くの人で賑わっています。

Dkcimg3110ざっと見て回ると、この時期に捕れる魚と値段が分かります。目だったのはスズキです。60センチくらいのが1匹1000円。高いのか安いのかが分かりません。

Dkcimg3109続いて目立ったのがタチウオ。その値段がすごく安い。20センチ程度の切り身が10個で500円。切り身にしているのは、値段が安い理由があるのかもしれません。ふふ。

Dkcimg3112魚売り場では買う気になるものがなくて、隣の棟でやっている野菜と果物売り場に行ってみました。そこで「紅マドンナ」があります。1個250円。

これも安いのか高いのかが分からないが、一度は食べてみたいと思っていた品種なので2個買いました。「山ノ神」の分も買っておかないといけません。ふふ。

11月 29, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

忘年会でお魚グッズをいただきました

Dkcimg3102昨日、以前いた会社の情報部門のリタイア、現役の忘年会がありました。その前日は会社の同期の忘年会があったので、2日続きとなりました。ふふ。

昨日の忘年会で幹事役をしてくれている兵頭さんからお魚グッズの箸置きをいただきました。毎年この忘年会で手作りの箸置きをくれている阿部さんから預かったとのことです。

阿部さんが出席できなかったので、兵頭さんがもってきてくれました。ふふ。

Dkcimg3103今回くれたのはナマズの形。味わいのある顔をしているナマズです。見ていてホッコリとした気分になります。

Djcimg1243m阿部さんから去年もらったのは、イワナとマダイでした。今年も事前に兵頭さんからメールで箸置きを預かっているとの連絡があったので、何の魚かを楽しみにしていました。ふふ。

11月 28, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

電気ウキのチェック

Dpcimg2962そろそろ本格的なアオリイカ釣りシーズンになります。そこでイカ釣りに使う電気ウキを全部出して、電気が付くかどうかのチェックをしました。

Dqcimg28961個を除いて全て健全だったが、中の電池を取り出すのを忘れていたのがあり、電池が錆びて電気ウキも付かなくなっていたのがありました。残念。これは廃棄です。

この電気ウキは1300円以上しました。しゃーないです。自己責任なんですから。ふふ。電池もチェックして、100円ショップで5個買ってきました。

釣りには電池を使うものが結構あります。ヘッドランプ、照明ランプ、重量計などです。これらの電池を取り出すのを忘れて長い間放置していると、こういう状態になってしまいます。

そのたびに新しいのを買わなくてはなりません。ま、日本経済のためには消費増になります。

11月 27, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

60センチの玉網の枠を買いました

Docimg3002宇和海で11月始めにイカ釣りをしていたとき、玉網が柄から何度もすっぽ抜けて使い物にならなくなりました。「困ったときの赤澤名工」なので、修理できるかどうか、持って行ってみてもらいました。

Docimg3003赤澤名工は見てすぐ「これは玉網の枠がアルミ製なので電気が起きてちびている」との判断。確かに、ねじが細くなってねじ山が低くなっています。

そういえば、昔学校でアルミは他の金属と接触していると電食が起こると習ったことを思い出しました。ふふ。早速、帰り道の釣具屋にいきました。

これまでにつけていたサイズと同じ60センチの枠を探します。網付きと枠だけのものの両方があります。網は現在使っているものが使えるので、買うのは枠だけにしました。

枠だけだとすごく安い。最も安いのは税込みで1814円。高いのだと4000円以上します。もちろん安いのにしました。安くても軽そうだし、メーカー品でないけど、これで十分です。

ヨッさんとイカ釣りにいってイカをすくうとき、玉網がすぐに回ってしまいすくいにくかったのは、これが原因だったみたい。ふふ。これで解決。

11月 26, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

この時期の脈釣りは楽しい

Dmcimg3061近くの港に脈釣りにいきました。今回は手前から先端までじっくりと攻めるつもりです。仕掛けを振り込むと、すぐにアタリがあって、釣れたのはミニミニミニサイズのメバルちゃん。

この後も仕掛けを振り込むたびにアタリがあるが、なかなかハリに掛かりません。釣れてもとてもじゃないがキープサイズに及びません。そこでちょっと場所を移動。

Dmcimg3064すると向こう合わせで釣れたのが24センチのウミタナゴ。いい型です。ふふ。この魚の塩焼きは私の大好物。

Dmcimg3066さらに場所を少しずつ移動。釣れたのがカサゴ。これは味噌汁にするとホントにいいダシがでて旨いのでキープ。さらにもう1匹。ところが、家に帰ってからよーく見ると、カサゴでなくてタケノコメバルでした。

Dmcimg3075アタリは確実にあるし、風もなく寒くもなく、楽しい釣りです。1時間半でメバル6匹、ウミタナゴ1匹、カサゴ1匹、タケノコメバル2匹でした。

11月 25, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

キリンアナハゼの記録更新

Zfxtbxlhmトラフグなどの香川県記録をもつ加藤さんから、息子さんが釣った魚の香川県記録申請がありました。魚種はキリンアナハゼです。

この魚は私と同じ釣りクラブの石塚さんが9月に初めて香川県記録として申請した魚種ですが、そのサイズは16.3センチ。今回のサイズは20.7センチと大幅な更新です。

香川県大物ギネスを作り始めて随分年数がたちましたが、初めて登録された魚が同じ年に更新されるのは珍しいこと。

今回申請の記録データ

魚種 キリンアナハゼ釣り人 加藤人さん
釣り場 坂出市沙弥島
釣り日 平成27年11月21日
サイズ 20.7センチ

今回の息子さんの申請は、今年になってギンポに続いて2匹目の申請になりました。加藤さん、おめでとうございます。
赤澤名工が香川ギネスのホームページの更新を終えてくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

11月 24, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

ハゼ科の魚だが、なんじゃろう

Docimg3008マハゼを釣りに近くの川で脈釣りをしたとき、小さな魚が釣れました。ハリにゴミが付いているのかと思ったくらい小さい。腹に吸盤状のヒレがあるのでハゼ科の魚であることは間違いない。

Docimg3006とりあえず写真だけを撮ってリリース。家に帰ってから魚種を調べようと思い、アップの写真も撮りました。マハゼではないことは確かです。

家に帰ってから調べました。特徴は2本の黒い縦縞です。他の特徴も見て、この魚はシモフリシマハゼと判断しました。ただ、ヒレの部分がキチンと写真に撮れていないのでちょっと不安もあります。魚には申し訳ないが、リリースせずに持って帰ればよかった。ふふ。

少なくとも、私にとっては初めて釣れた新魚種であることに間違いはない。ところが、サイズを計測するのも忘れていました。残念。

そこで、手のひらに乗せた写真からサイズを推測すると9.0センチあるので、少なくとも8センチは超えています。そこで自己記録としては8.0センチとすることにしました。

これが香川県記録だと、こんないい加減なことではいけないが、自分の記録なのでテキトーでいいのです。ふふ。

11月 23, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

ハゼがいる場所

Dpcimg2988同じクラブの西脇さん、菅野さんと近くの川尻に夜釣りにいったとき、菅野さんが良型のハゼを釣りました。夜にハゼが釣れたことにびっくり。

その直後に私にもハゼが釣れました。この場所にはよほどハゼが多いという感触でした。このときに使ったゴカイがまだ冷蔵庫に入っています。

そこで、昼間にハゼが釣れるかどうか試しにいきました。釣り方は夜釣りのときと同じ釣り方の脈釣りです。

Docimg3004_2すぐに釣れたのがフグ。これは仕方がないこと。ハゼがいないかと丁寧に探ります。しかし釣れてくるのはフグばっかり。夜釣りで釣れたハゼが来ません。

もっとも、脈釣りなので探れるのは岸からせいぜい5メートル程度まで。潮が高かったので、もっと深いところにいるのかもしれません。天気がいいので、ゴカイがなくなるまでやったが、ハゼは1匹も釣れませんでした。ふふ。まあ、そんなもんやろうなあ。

11月 22, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

3日間に思えた長い1日釣行(3)

Dncimg3041活きアジを20匹使ってしまったので、30分来た道を戻って追加購入し、再度南下して高知県宿毛市経由でイカ釣り場に到着が午後1時半。無風で海面が鏡のように静かです。ふふ。

Dncimg3043釣り始めて1時間後にアタリ。掛けて近くまで寄せたが、海面でバラシ。小型でした。30分後、アタリで掛けたが、またまたバラシ。その30分後、またまたまたバラシ。

Dncimg3046午後4時半になってやっと1匹目が釣れました。500グラム。小さいが、うれしいわい。ヨッさんとオカテッちゃんから電話があったので、状況報告。

Dncimg3042このままでの釣果で終わるかと思っていました。バラシが多いのはイカが小さいからだと思ったが、アジに歯形が付いて上がってきました。ひょっとしたら、イカ以外の魚がいるのかもしれません。

Dncimg3048たいしたことがない状況だったが、うす暗くなってきたときとんでもないことになりました。2本の竿を出していたが、1本目にアタリがあって、イカを掛け、寄せて網ですくっているともう1本の竿にアタリ。自分でイカにライトを当てながら網ですくうのは大変です。

網ですくったイカをシメてクーラーに放り込んでアタリがあった竿でイカを寄せて、網ですくっていると、今投げたばかりのウキにアタリ。これが何度も続きます。

Dncimg3056ホントに頭が混乱するくらいのメチャ食いです。30分間で取り込んだイカが4匹。バラシが3回。取り込んだイカもだんだんと大きくなって1453グラムもいます。写真を撮ることもできません。

これをどうにか慎重に寄せて網で何度もすくっている時に、だれかから電話。とても出られません。電話に出るなら早くイカを取り込んで仕掛けを投げなくてはいけません。ふふ。

しかし、30分がたつとアタリがぴたりとなくなりました。まだまだ釣れる気がしましたが、午後6時半に釣りをやめました。欲を出してはいけません。電話はオカテッちゃんからでした。

自宅に到着は途中のSAで2回寝たので午前2時半になっていました。長い長い日帰り釣行になりました。

11月 21, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

3日間に思えた長い1日釣行(2)

Dncimg3031_2愛媛県深浦湾でアオリイカ釣りをしています。釣り始めてヤエン釣りで釣れたのが小型の350グラム。小さいが、うれしい。ふふ。

そのイカの写真を撮って、仕掛けを投げて糸ふけをとつていると、もうイカが抱いています。ウキ釣りにはアタリが2時間以上もなかったのにヤエン釣りでアジを泳がせにすると、アタリが2度続けて出ました。

今度のイカは大きいようです。大分近くまで時間を掛けてイカを寄せました。ヤエンを道糸に引っ掛けて落とします。だが、途中で引っかかってなかなか下りません。

そこで何度も竿をしゃくってヤエンを下ろそうとするがすぐに止まってしまいます。これを何度もやっていると、強烈な引きで道糸が切れ、ヤエンもなくなりました。しゃーないなあ。

泳がせバリをアジに付けていたすぐ上で道糸が切れていたので、ハリがイカに掛かって、そこを噛み切ったのかもしれません。残念。

Dncimg3035_2その1時間後アタリがあったのはやはりヤエン釣りの方です。頭がかじられてバラシ。ウキ釣りの竿を2本出しているのに、アタリがあるのは1本だけのヤエンの泳がせ釣りです。

この時点で既に活きアジを20匹使っています。そこで、再度来た道を戻ってアジを買いに行くことにしました。高知県の活きアジ店に電話を掛けて聞いたが、どこも「今年はまだやっていない」の答えなので、来た道を30分掛けて戻ることにしました。

竿を仕舞っていると、最後にしまったウキ釣りのアジの頭をかじられています。道具を仕舞っていたので、アタリに気が付きませんでした。残念。それにしても今回はバラシが多い。

明日に続く。

11月 20, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

3日間に思えた長い1日釣行

Dncimg3030正午前、自宅で次の釣りは何にしようかと考えている時に、古川さんから電話。午前7時から釣りをしていて、10回アタリで6匹釣ったとのこと。アオリイカの話です。ふふ。

天気予報によると雨の日が続くようで、晴れは翌日だけ。これまでだと、2日間晴れないと釣りに行く気がしません。どうしようかと迷うこと丸1日。私の過去の釣り日記を見ると、数がたくさん釣れているのはこの時期です。

そこで、「日帰りで行けばいいや」と思いました。さて、ヨッさんとオカテッちゃんに声を掛けるかどうか、何度も携帯電話を出して迷ったが、高知県まで日帰りのイカ釣りじゃ、誘えないと思いました。

その結果、一人で行くと決めて、イカ釣りの道具を準備したのは出発の前の日の午後4時。今回の釣りはイカ釣りだけと決めたので、準備が楽。

午後7時半からベッドに入り、目が覚めたのが午前0時丁度。睡眠時間が短いが途中のSAで寝ればいいと、バタバタと準備。午前1時に出発して、途中で30分ほど寝てから、宇和島南部にある24時間営業の活きアジ店に到着したのが5時。

まず、午前中は古川さんが半日で6匹を釣ったという愛媛県深浦湾の港で釣りをして、午後の夕まずめは高知県西部の港で竿を出す計画です。

Dncimg3029午前6時に釣り開始。2投目でウキにアタリがあったが、バラシ。2投目でアタリがあったので、じゃんじゃん釣れると思ったが、それ以降アタリがありません。

Dncimg3031そこで2時間後に、ウキ釣りの竿2本に加え、ヤエン釣りの竿を1本追加しました。すると、すぐにアタリがあり、ヤエンもスムーズに下りて、小さいが釣れました。350グラムと小さいがヤエン釣りで釣れたことがうれしい。

午前0時に目が覚めてすぐに行動したので、まだ午前9時なのにすでに1日が過ぎた感じがします。ふふ。

明日に続く。

11月 19, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

コロダイの自己記録更新

Dqcimg2934高知県の足摺岬に近い磯場の樫ノ浦で、イシダイ狙いをしたときコロダイが釣れました。磯の上で測ると60.4センチ。魚拓にすると62センチにはなると思いました。ふふ。

これまでの私のコロダイ自己記録は5年前に足摺岬の磯で釣った58.9センチ。これは確実に超えています。ま、自己記録更新です。

Dqcimg2960家に帰ってから魚拓にしました。そしてサイズ計測。60.5センチ。実寸より1ミリしか大きくなっていません。しゃーないなあ。

釣ったコロダイはクーラーに入れて、氷をたっぷりと入れて持ち帰りました。氷で縮んでしまったに違いありません。このサイズで実寸と魚拓寸で1ミリしか違わないとは・・・。とほほほ、です。

この魚拓は四国磯連の大会審査のために送付しました。たいていの大会の場合、80センチ近く無いと入賞はできないが、ま、ひょっとしたら・・・、のスケベ根性です。ふふ。

11月 18, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

クマノミの自己記録更新。ふふ

Dscimg284810月下旬に愛媛県愛南町の波止でのんびりと竿を出していたとき、クマノミが釣れました。この場所に来た理由のひとつが、このクマノミを釣ることだったので、うふふのふ、です。

Dscimg2850今年の魚種数を増やすために、昨年ここで釣れたのでそれを期待していました。だが、クマノミはそう簡単には釣れる魚ではありません。釣れたらラッキーの感じ。

クマノミがハリに掛かったとき、エサトリにしては引きが強いように感じました。てっきりベラだとおもったので、上がってきた時にカラフルなクマノミに感動です。

このクマノミは去年釣ったのより随分大きそうだったので尺を当てて計測。15.5センチ。去年にここで釣った自己記録14.1センチよりも大幅アップです。

2年前に初めてクマノミを釣ったが、それまでクマノミが釣れる魚とは思っていませんでした。あくまでも鑑賞用の熱帯魚のイメージしかありませんでした。

11月 17, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

3人で脈釣り(2)

Dpcimg2974同じクラブの西脇さん、菅野さんと3人で夜釣りです。場所は高松市西部の弦打木材港。小さいメバルがよく釣れるがリリースが多い。そんな中、電気ウキ釣りをしていた西脇さんがチヌ。リリースです。

なんやかんやと3時間。私が釣ったのはメバル15匹、カサゴ4匹、フグ2匹。ま、楽しめました。あまりにも小さい魚ばかりなので、場所変えを提案。すぐ近くを流れる郷東川尻です。

そこは2歳物のチヌがよく釣れるはずです。私が一人で行ったときには仕掛けを振り込むとすぐにアタリがあって簡単に釣れました。ふふ。

Dpcimg2988ところが、なかなかアタリがありません。少し離れたところで釣っていた菅野さんがチヌとハゼのダブル。チヌは以前、私が釣ったのより小さいが、ここにチヌとハゼがいることは証明されました。それにしても夜釣りでハゼが釣れるとは知りませんでした。

Dpcimg2990私も場所を移動してやると、すぐにハゼ。そして当歳もののチヌ。ここで30分。天気予報どおり雨が降り出したので納竿となりました。

Dpcimg2999私がこの日にキープしたのはカサゴ3匹とメバル2匹でした。キープしたと言ってもぎりぎりサイズのキープでした。ふふ。

11月 16, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

3人で脈釣り

Dpcimg2965同じクラブの菅野さん、西脇さんと3人で、夜釣りにいきました。私と菅野さんは脈釣り、西脇さんは活きエビでの電気ウキ釣りです。菅野さんは前回脈釣りをしてから、「脈釣りはオレに合う釣り」と張り切っています。

Dpcimg2963そして、最初に釣ったのは菅野さん。リリースサイズのメバルです。私にも小さくてかわいらしいカサゴ。最初のキープサイズは菅野さんがウミタナゴ。この魚を初めて釣ったようで、興奮しています。

大の男が女性じゃなくてウミタナゴで興奮できるのだから、安上がりです。ふふ。西脇さんは仕事の関係で30分遅れの到着で釣り開始です。

Dpcimg2968小さいメバルはたくさん釣れるが、リリースサイズばっかり。私にようやくキープできる魚が釣れたのはカサゴ。やっぱりうれしい。

Dpcimg2969そして釣り始めたばかりの西脇さんがまあまあサイズのメバル。逃がそうかどうか迷っていたが、私と菅野さんが声をそろえて「立派なもんや」といったので、キープ。静かな夜釣りも3人でやるとにぎやかになります。

Dpcimg2973アタリは頻繁にあるが、メバルが小さいためかハリ掛かりする確率が低い。ようやく釣れてもリリースサイズ。そんな中、久しぶりに私にもキープサイズのメバルが釣れました。

明日に続く。

11月 15, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

中国敦煌の壁画

Dzcimg2746上海に在住していた寺戸さんが帰国する前にお魚グッズを送ってくれたが、その中にお魚が描かれた入場券が入っていました。不思議な絵です。

これは古墳の壁画の一部で、そこへの入場券だそうです。この魚には足と翼があります。寺戸さんが入ったときにいたガイドによると、「作者は魚を見たことがないから、足と翼をつけたのだろう」とのこと。

ここは砂漠地帯らしくて魚が簡単には見られないということは分かるが、それにしても雑な説明に聞こえるのは私だけか。ふふ。

この場所は、敦煌市から空港に行く途中にある「敦煌西晋壁画墓」というところで、昨年から一般公開されているとのことです。西晋は西暦265年から316年の中国王朝時代。

この時代と言えば、日本で言えば弥生時代後期。そりゃあ、砂漠にいる人が魚を見たことがないのも仕方ないか。

11月 14, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

秋ヤンのクラブが新しいブログを立ち上げました

Zoitukami秋ヤンが会長の「四国九絵勇心会」が新しいブログを立ち上げました。このクラブは名前の通り、メインターゲットをクエにしています。

ブログのアドレスは以下なので、一度覗いてみてください。
http://yuusinkai.cocolog-nifty.com/blog/kue.html
その中のフォトギャラリーを見ると、その巨大な魚に圧倒されます。ふふ。

いずれもクラブ員が釣ったクエの写真ですが、昔のことではなく、比較的最近に釣った写真ばかり。それでもこのサイズですから、四国がいかに恵まれているかがわかります。

秋ヤンは今年も120センチのクエを釣っています。磯釣り団体の構成員が減少している中にあって、このクラブだけは元気さが伝わってきます。

秋ヤンとは約束があります。クエを釣ったら2キロの身をもらうという約束です。ふふ。これを私のクラブ員で食べることになっています。忘れてはいないよなあ、秋ヤン。ふふ。

11月 13, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月12日 (木)

イシダイ狙いと、ついでのアオリイカ(5)

Dqcimg2931イシダイ狙いではコロダイが釣れただけで、イシダイのアタリは全くありませんでした。まだまだ実力不足と言うことでしょうか。ふふ。

そこで、残っていた活きアジをもって近くの波止で、アオリイカ狙いです。釣り場に着いたのは午後1時45分。磯に渡船が迎えに来てから45分後には到着したことになります。効率のいい移動です。ふふ。

午後2時半、釣り開始。風もなく、いいイカ釣り日和です。活きアジはたくさんあるので夕方まではゆったりと釣りをするつもりです。

Dqcimg2946釣り始めて2投目。まだ15分もたっていないのにウキが沈みます。イカが食っている気配があります。ハリ掛かりしました。寄せてくるのは慎重にします。

実は困ったことがありました。前日にウニを取っていたとき、玉網の柄から網が抜けてしまい、何度ねじ込んでもすぐに抜けてしまいます。そこで玉網は使えないのです。

そのため、そのままイカを上げないといけないがバラす危険性があります。とりあえずイカを掛けた証拠だけでもと思い、海面にいるイカの写真を撮ります。ふふ。

Dqcimg2948そして道糸をつかんでそろそろと引きずり上げると成功です。重さを測ると745グラム。ま、800グラム弱といいたい。ふふ。

この調子ならもっと釣れると思ったが、それから2時間アタリがありません。夕方になって時合いがよくなってきている感じがしたが、体力限界。午後4時半にギブアップしました。

途中のSAで寝たので自宅に到着は午後11時でした。

11月 12, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

イシダイ狙いと、ついでのアオリイカ(4)

Dqcimg2925渡船が見回りに来てくれて、ポイントの詳しい説明をしてくれるが、そのポイントではアタリがないので思い切って遠投して見ます。すると、しばらくしてガクーンと竿先が海に突き刺さりました。ふふ。

Dqcimg2940引きが結構強い。これがイシダイであってくれと願ったが、そう簡単にはイシダイは釣れてくれません。上がってきたのはコロダイ。しゃーないなあ。

それでも60センチは超えています。この日初めての釣果なので、うれしいわい。コロダイはまずい魚と思っているので、食べる楽しみはないが、強い引きが楽しめました。

渡船が午後1時に迎えに来てくれました。ウニがたくさん余ったが、そのままそこにいるはずのイシダイに無料プレゼントしました。ふふ。おそらくエサトリが勝手に無断食するでしょうけど。

Dqcimg2945港に戻って、浸けていた活きアジを確認すると、3匹は死んでいたが他の14匹は元気です。その活きアジをもって近くの波止に行きました。

Dqcimg2944_2そこで、今年買ったキャリーカートの初使用です。この場所は、車を止めるところから釣り場まで距離があります。イカ釣り用具は多いのでいつも2往復していましたが、このキャリーカートだと全部の荷物が積めるので、一度ですみました。

威力発揮です。それに移動が軽い。車輪が大きいので、ちょっとした段差も軽々と進みます。これでイカが釣れれば文句はないのだが・・・。

明日に続く。

11月 11, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

イシダイ狙いと、ついでのアオリイカ(3)

Dqcimg2915翌日のウニの予約ができたので、宿毛市まで来てファミレスで昼食をとったが、まだ午後2時。ウニ屋さんの港に到着が午後2時半。3時までにしておくと言っていた、ウニの用意はまだしていません。

そこでウニ屋が来るまで、港の中でチョイ投げ釣りをして見ます。結構引きが強い魚が掛かったので、てっきりハタの仲間が来たのかと思ったが、良型のキタマクラ。キタマクラに良型の表現は変か。変でしょうなあ。

Dqcimg2917午後3時半になって、ウニ屋が海から取ってきたウニを積んだ船が帰ってきました。60個を予約していたが、おまけで10個をくれたので70個になりました。ふふ。

そのウニを樫ノ浦の渡船場まで、浸けに行きます。ついでに活きアジも10数匹残っているので、同じ場所に浸けてホテルに向かいました。チェックインが午後5時。ちょっと早いが、今回の釣行のメインはイシダイ狙いです。

Dqcimg2920ホテルに向かう途中、夕日が沈みます。海に沈む夕日を見ると、ついカメラに収めたくなります。癒されますわ。

Dqcimg2922ホテル「ベルリーフ大月」の部屋は、今回初めて和室になりましたが、いい感じです。泊まるだけなので、これで十分です。

Dqcimg2923_2翌日はいよいよイシダイ釣りです。ホテルから渡船の港まで約2キロなので3分で到着です。ふふ。渡船の出港は予定通りの午前6時。私が上がったのはタカバエ。真正面が太平洋と言うのは、磯釣り師にとって気分が最高です。

よく晴れて暑くもなく、寒くもなく・・・。アタリはエサトリのアタリだけです。1時間、2時間、3時間とエサトリばかり。そして4時間半がたったとき、ちょっとだけの前触れの後、竿先がガクンと海に突き刺さりました。ひゃーーー。初めての食い込みです。

明日に続く。

11月 10, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

イシダイ狙いと、ついでのアオリイカ(2)

Dqcimg2904_2イシダイ用のウニを取るために、宇和海の深浦湾の波止に来ると、以前見た通りに無数と言っていいほどのウニがいます。ざっと数えただけで数千個はいます。ふふ。

Dqcimg2906これなら100個は簡単に取れるはずです。ウニを取る道具は同じクラブの宮ちゃんが手作りしたものをくれていまた。何年も前にもらったが、私はまだ一度も使っていませんでした。

この波止はアオリイカが釣れるポイントでもあるので、イカ狙いの竿を1本だけ出しました。

Dqcimg2907ウニは簡単に取れると思ったが、ウニはピターッとくっついて、なかなかはがれません。それでも何度か試してみて、どうにか取れました。

Dqcimg2908ふと、イカ狙いのウキを探すと見えません。リールを巻いてきいてみると、イカがついています。ふふ。だが、途中ではずれてしまいました。アジの頭だけでなく、相当部分が食われています。

Dqcimg2907sウニ取りに戻ったが、ウニの形が気になります。いつも使っているガンガゼのように棘が長くありません。これでもエサにできるのかどうか、自信がありません。そこでウニは買うことにして、いつものウニ屋に予約の電話を入れました。

電話に出ません。ウニが無くては翌日のイシダイ釣りができません。あせります。別の店に予約を入れようとも思ったが、しばらくしてもう一度電話を入れることにして、イカ釣りに専念。

Dqcimg2913すると、アタリがあって久しぶりにイカをゲット。500グラム弱と小さいがキープサイズです。

しばらくして、ウニ屋から折り返しの電話があって、予約が出来ました。午後3時までには用意しておくとのこと。これで一安心です。ふふ。

明日に続く。

11月 9, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

イシダイ狙いと、ついでのアオリイカ

Dqcimg290110月25日にあった四国磯連の大会が悪天候になったため、1ヶ月間に釣った魚拓で審査する魚拓大会になりました。1日だけの大会だと小さめの魚でも入賞の可能性があるが、1ヶ月間だと相当大きい魚でないと入賞できません。

そこでイシダイ狙いで高知県の樫ノ浦の磯を予約しました。ただ、それだけだと物足りないので、イシダイ狙いの前後にアオリイカを狙うことにしました。

まず、前日の早朝に行ったのが、アオリイカのエサにするアジを釣るために宇和海の波止。以前、ここで10分程度で10匹のアジが釣れたところです。着いたときが丁度夜明けで、いい時間帯です。

波止の近くに車を止めると、いきなり声を掛けてきたオッサンがいます。「何を釣るんや」。イカ釣り用エサのアジだと答えると、「最近、アジは釣れとらんぞ」といきなりの先制パンチ。

それでも車からサビキ釣り道具を下ろしていると、波止に行っていたオッサンが「アジが釣れとるー」と大声で教えてくれます。見に行くと、先客がウキ釣りでアジを狙っていて、クーラーに数匹入っています。

ウキで釣れるのなら、サビキ釣りしたらジャンジャン釣れるはずです。ふふ。

Dqcimg2898ところが、サビキ仕掛けにはさっぱり釣れません。ウキ釣り師は波止際を狙って、そこそこアジを釣り上げています。サビキ仕掛けに釣れるのは、スズメダイと20センチ弱のグレ。これではイカのエサになりません。ならないことはないが、この魚ではイカが釣れる気がしません。

そこで、アジを釣るのをギブアップ。活きアジは行く途中で買うことにしました。30分間でグレ3匹、スズメダイ6匹。しゃーないなあ。

Dqcimg2904宇和島市南部にある24時間営業の店で活きアジを買った後、目指したのは翌日のイシダイ釣りに使うウニがたくさんいる場所です。

愛媛県南部の深浦湾にある波止でチヌ狙いをしていたとき、無数と言えるほどのウニがいるのを見ました。そこで1時間程度で100個のウニを確保するつもりです。

明日に続く。

11月 8, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

釣りクラブの飲み会に4人

Dqcimg2955釣りクラブの飲み会は1ヶ月に一度。今回は4人と少なめでした。片ちゃんは宝山さんに約束のイイダコを持ってきていたが、宝山さんは欠席。

Dqcimg2956そこで、そのイイダコは西脇さんがもらうことになって、西脇さんにとっては棚からボタ餅。ふふ。イイダコとは別に30センチ近いメバルも2匹入っていて、西脇さんの笑いが止まりません。

人数が少ないので、話題が集中します。人数が多いと、あちらこちらでテキトーにグループができるが、この日は全員が一緒の話題。この被害をこうむったのが若手の西脇さん。

釣り師にアルコールが入ると、昔の自慢話になるのは必然。猪子ちゃんが男女群島の話で盛り上げます。昔の話なので魚もでかいので、聞き役の西脇さんは感心仕切り。

欠席していた菅野さんから電話。欠席の理由がスマホを買ったら、そのインストールなどで3時間もかかって来れなくなったとのこと。しゃーないなあ。近いうちに天候と潮を見て、西脇さんも一緒に脈釣りに行くことになりました。

11月 7, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

片ちゃんから約束のイイダコ

Dqcimg2953_2片ちゃんから電話。「港に着いている。取りに来て」とのこと。先月の釣りクラブで飲んだとき、片ちゃんからイイダコ30匹をくれる約束になっていました。

Dqcimg2952港まで車で3分。行くと、片ちゃんと船頭の佐々木さんが待ってくれています。バケツの中にイイダコがはいっています。「その中から10匹を残して、全部持って帰っていい」。

10匹は、これも先月に約束した宝山さんにあげる予定らしい。そこで、私は約束の30匹だけをもらって、残りの25匹を宝山さん用に残しました。ふふ。宝山さんにはこの日の夜にあるクラブの集まりで渡すとのこと。

もらったイイダコ30匹の半分は近くにいる石塚さんにお裾分けしました。わが夫婦には15匹あれば十分です。早速「山の神」が煮付けにしましたが、柔らかくて旨い。

タコは煮すぎると固くなります。生煮え程度に軽く煮付けるのが柔らかくするコツです。そのとおりにおいしく煮付けています。ふふ。

片ちゃんには我が家の冷蔵庫に入れていたアオリイカを1匹進呈。すごく喜んでくれました。イイダコは現在、スーパーで1匹80円から100円程度の値段。30匹で2500円程度。

11月 6, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

もうかった。

Ncimg2489病院のロビーを歩いていると、本棚があります。どうせ病気関係かと思ったら、一般の書籍で自由に借りていいと書いています。その中に「水族館の通になる」というのがありました。買わなくていいので、もうかった。

そこでこれを借りて読むとおもしろい。作者は巨大水族館ブームのさきがけとなった新鳥羽水族館をプロデュースした中村元さんで、水族館の裏事情を書いています。

例えば、水族館の水が透明なのはろ過していることによるというのは知っていたが、その透明度は世界中の自然界のどこにもないものだということや、水槽内の岩は全て作り物と書いています。

興味深い内容ですが、魚に関することよりもアシカ、イルカ、アザラシなどの動物の内容が圧倒的に多いのが残念。それでも、ラッコのエサ代は1年間で500万円、ジュゴンだと1年間で2000万円ものエサ代が掛かるとのこと。水族館の入場料が高いはずです。

この本の中で最も私にとっての有益情報は東海大学出版が出している「日本産魚類大図鑑」には3400種の魚が掲載されているとのこと。これまで、私が読んだ本に書かれているので日本にいる魚種の最大は3000と覚えていました。

香川の大物釣魚ギネスはまだまだいくらでも魚種を増やすことが出来ます。ふふ。

11月 5, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

脈釣り用の竿を購入です

Dxcimg2769脈釣り用の竿が折れたので、新しく買うことにして釣具店に取り寄せを依頼していたのが届きました。7メートルで手元がズームできるようになっているので、6メートルとしても使えます。

定価だと税込みで3万円を越えるが、23800円でした。年金生活者としてはちょっと高いというか、大いに高いが、しゃーないです。ふふ。

すぐさま竿を延ばして振ってみます。いい感じです。部屋の中なので、そんなに大きく振ることはできないが、それでも十分に感触は分かります。

今後の私の釣りスタイルを考えると、磯釣りは好きだが、これから10年間も今の状態で続けることは出来なくなると思います。となると、どういう釣りがいいか。

近場で、手軽にいける釣りとしては、脈釣りが最も魅力がある釣りです。そのための投資として考えたら、この竿の値段にも納得できます。

11月 4, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

困った。ササノハベラが旨い

Lcimg25369月に宇和海の深浦湾でグレ釣りをしたとき、ヒブダイをフライ用にキープしました。その後、25センチを越える大きなササノハベラが釣れました。

Lcimg2542_2ササノハベラをもって帰ったことは釣り初心者のときを除いてこの30年間はないが、ヒブダイをフライにする時についでにこれもフライにして食べてみることを思いついて、キープしました。ササノハベラはたくさん釣れたが、キープしたのはこの1匹だけ。ふふ。

フライ用の魚はウロコを取って頭を落として冷凍庫に入れてあります。いよいよ食べ比べをする日がやってきました。実は、ササノハベラを内臓を取るときに、驚くほど脂が乗っていて手がべとべとになって、おいしいのではないかという予感がありました。

Gcimg2654ヒブダイ2匹とササノハベラをフライにしました。そして、じっくりと味わうために、ササノハベラのフライ2個とヒブダイのフライ1個を皿に取って交互に食べました。

Gcimg2656すると、ササノハベラの方が明らかにおいしい。ホントなんです。ササノハベラが大きかったので脂が乗っていたせいかもしれないが、それにしても身に旨みがあります。

困りましたわ。いくらササノハベラが旨いからといって、クーラーにササノハベラがいっぱい入っているのは、ちょっと磯釣り師として恥ずかしいわ。エーカッコシーだが、これまでササノハベラはすべて逃がしてきたのに・・・。

11月 3, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

タチウオの香川県記録申請、135センチ

Z7lkba1t5s前香川県磯釣り連盟事務局長の前川さんから、知人が釣ったタチウオの香川県記録申請がありました。そのサイズが135.0cm。

Znit817lfsドラゴン級の真のドラゴンサイズです。120センチ前後のドラゴンサイズは雑誌などでよく見るが、135センチもあるのは見たことがない。迫力があります。ふふ。

釣った人は香川県三豊市在住の松宮孝秀さん。10月18日に山口県屋代島沖の船釣りで釣ったとのことです。屋代島は日本で淡路島、小豆島に次いで3番目に大きい周防大島の正式名らしい。今回調べて知りました。ふふ。

ネット版の香川ギネスには、既に赤澤名工がデータを入れてくれているのでご確認ください。

タチウオの香川県記録は、船釣りの部と陸釣りの部に別れていて、今回の申請は船釣りの部です。ちなみに、陸釣りの記録は私が持っていて109.9センチ。

これは宇和海でアオリイカを釣っていたとき、掛けバリがタチウオの顔に引っかかって釣れたもの。運の悪いタチウオです。ふふ。

11月 2, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

上物用のリールの道糸チェック

Ecimg2693上物釣り用のリールをたくさん持っているが、それらは上物磯釣りバッグ、小物釣り用バッグ、イカ釣り用バッグ、そして私の部屋の中の釣り道具ケースにと、分散しています。

そして釣行のたびにテキトーに入れ替えしてもって行くので、ちょっと混乱しています。そこでイカ釣りシーズンが始まる前に、とりあえず現在よく使うリールだけを集めてチェックしました。

道糸が適量以下になっていないか、ウキ止めがちゃんと付いているか、をチェックしました。すると、2つのリールで、道糸が減っています。

Ecimg2691そこで、その二つのリールの道糸を巻き直しました。色んな釣り糸がケースいっぱいにあります。その中にあった磯釣り用の道糸の新しいのもあったので、買わなくて済みました。

ケースの中には安物のロビンに巻いたものもたくさんあって、投げ釣りをしていたときに買ったものだが、現在は全く使うことがありません。捨てればいいのだが、もったいなくて捨てれません。ふふ。

11月 1, 2015 釣り具 | | コメント (1) | トラックバック (0)