« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

再びサヨリ釣り

Drcimg2889あまりに天気がいいので、家にいるより釣りをしていたほうがいいと思い、香川県営球場近くの波止に、再びサヨリ釣りに行きました。

先客がいたので声をかけると、「9時から来ているが、1匹も釣れてない」とのこと。既に11時なので、2時間も釣れてないとのこと。ま、そんなことを言われても帰る気はありません。

1時間半、全くアタリがありません。先客はあきらめて帰りました。仕掛けを手前に寄せる時にモタモタしていて釣れたスズメダイが唯一の釣果。しゃーないなあ。

Drcimg2890やっと釣れたのは1時間半後の12時半。ちょっと小さいと思ったが、測ると28センチ。立派なものです。ふふ。そしてすぐに29センチ。これならバンバン釣れるはず。

Drcimg2891ところがそこで再びアタリがピタリとなくなりました。午後1時半に納竿。サヨリ釣りもなかなか入れ食いにはなってくれませんわ。ふふ。

10月 31, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

「イシダイを食べる会」を今年も開催

Dscimg2879イシダイとイシガキダイを3匹釣った翌日、これを食べる会をクラブ員で開催しました。会場は釣った魚を調理してくれる割烹「川照」。急だったが、7人が集まりました。

Dscimg2880イシダイ、イシガキダイ、カンパチの刺身、アラの煮付け。2匹のカワハギは煮付けてくれました。釣り人としては、釣った魚を「旨い」と言ってくれるのがうれしい。

Dscimg2875宝山さんは「普通の人はこんなに旨い魚があることを知らないんや。クラブに入ってよかったわ」と参加者の中で一番喜んでいる割りには箸が進みません。ホントかどうか分からないが「遠慮しとるんや」とのこと。ふふ。

Dscimg2876しばらくして片ちゃんが船で釣ってきたというフグのてんぷらが出てきます。これがまた旨い。フグのてんぷらが食べ放題というのも、このクラブでないと食べられませんわ。

片ちゃんに今年のイイダコについて聞くと、「今年はよく釣れる」というので、今度釣ったときに30匹をお願いしました。ふふ。港まで取りに行くつもりです。

Dcimg1915私の横に座ったヨッさんは最近釣りに行ってないようだが、「クエを釣りたい」と意欲はあるようです。今年の5月に波止からクエの子供を釣ったことが忘れられないみたい。

ま、クエは無理としてもイカ釣りのシーズンになってきました。久しぶりに飲み会に出てきたオカテッちゃんとも相談して行く予定。ふふ。

10月 30, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

四国磯連の大会参加(4)

Dscimg2866_2午前10時までに小さいがイシガキダイ2匹とイシダイ1匹が釣れたが、このサイズでは大会の入賞は無理。何とか頑張ろうと思ったが、餌がなくなりません。

それから2時間。やっとエサトリのアタリが出始めたが、本命のアタリはありません。4匹以上釣れたら翌日にクラブ員が集まって宴会予約をするつもりだったが、まだ3匹。

Dscimg2863そこで、ズボ釣りをしてみます。エサトリの正体も確かめたい。すぐに釣れたのがカワハギが2匹。しゃーないなあ。このまま納竿時刻が来ました。

Dscimg28723匹しか釣れなかったので、クラブ員との宴会をどうしようかと思っていたら、渡船のおばちゃんがカンパチをクーラーに放り込んでくれました。天の恵み。

これで宴会ができます。早速宴会場の割烹「川照」の大将に電話を入れて予約しました。ふふ。

三好君から電話があって、日振島に行って45センチのグレを釣ったとうれしそうです。このサイズなら大会入賞の可能性があります。宴会の話をすると「それならグレを持っていこうか」といってくれたが、彼は勤務日。魚を事前に持ってくることができないので断念。

結局、私は魚拓にするサイズは釣れませんでした。ま、実力どおりです。ただ、この日御五神で底物をした人は、私が釣ったのより小さいイシガキが1匹だけだったので、気分的にはすくわれました。ふふ。

10月 29, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

四国磯連の大会参加(3)

Dscimg2853愛媛県宇和海の西海町の波止で竿を出したが、ここでの釣果は木っ葉グレ2匹、熱帯魚のクマノミ1匹、スズメダイ多数とキタマクラ1匹。どうしょうもありませんわ。そこで早めの午後2時半に釣りをやめて宇和島市のビジネスホテルに直行です。ふふ。

ホテルで風呂から出ると古川さんから電話で、高知県に波浪注意報が出ているので、四国磯連の大会が中止になって1ヶ月間の魚拓大会になったという連絡。それを同じクラブから参加している三好さんに連絡。三好さんは宇和島の三浦半島で竿を出すとのこと。

私が行く予定にしている御五神方面は出港する予定です。午前4時に渡船場に着くと、港まで強い風が吹いています。予定通り、午前5時半に出港。多くは近くの地磯に下り、私ともう一人が一文字波止、そして3人が御五神にいきました。

Dscimg2861強風が吹いているが後ろからなので、釣りはできます。ふふ。そして1投目からいきなりイシガキダイ。小さいがうれしいと思っていたら、2投目もイシガキダイ。

竿を出してからまだ15分しかたっていません。この調子なら30匹は釣れると思いましたわ。ところがそれからピタリとアタリがエサトリだけになってしまい、本命のアタリはゼロ。釣りってこういうもんなんだよなあ。

Dscimg28663時間辛抱してやっとイシダイ。これからバンバン釣れると思ったが、それ以降はエサトリのアタリもなくなってしまい、ウニがそのままの状態で上がってきます。まだ10時前です。

明日に続く。

10月 28, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

四国磯連の大会参加(2)

Dscimg283925日の四国磯連の大会前日に、古川さんが教えてくれた「チヌがウヨウヨ」のポイントで竿を出しました。古川さんから「10メートル先から急に深くなっていて、そこがポイント」と聞きました。

ところが、急に深くなっているのは10メートル以上、少なくても15メートル以上沖です。残念ながら、私が買ってきた撒き餌は遠投用でないので、ひしゃくで投げても途中でばらけて沖まで届きません。

どうにか届いてもわんさかとスズメダイがいるし、釣れるのはササノハベラ。30分頑張ったけど、ギブアップです。「さて、どうするか」。

そこで思い出したのが、ここから近くの西海町の波止。そこでは色んな小物の魚種が釣れるので、のんびりと竿を出すにはいいところです。今年の目標の魚種数50に近づけるかもしれません。ふふ。

Dscimg2848この波止での釣り始めは午前11時。ここでもエサトリが多い。海面近くはイワシのような小魚、その下にはボラ、さらに下にはスズメダイの大群。どうにか釣れたのが熱帯魚のクマノミ。これで今年の1魚種追加です。ふふ。

Dscimg2853エサトリが多いので、ねり餌を買っていたことを思い出して、これでやってみると23センチのグレ。この方法でもう1匹。でも、エサトリの圧倒する数にたじたじです。

Dscimg2856キタマクラも釣れて納竿。このキタマクラも今年は初めてなので1魚種追加。キタマクラを釣ってこんなにうれしそうな顔をしてるって、普通の釣り人には理解できないでしょうなあ。

明日に続く。

10月 27, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

四国磯連の大会参加

Dscimg2825昨日の25日は四国磯連の大会でした。先週前半から2個の台風が北上していて、四国にも強風と波浪の注意報が発令。その影響で大会は中止になって1ヶ月間の魚拓で競う魚拓大会になる可能性がありました。

とりあえず、私は中止になっても、どこか釣りができるところを考え、その前日はいつものように宇和海の深浦湾の磯で竿を出すつもりでした。ところが、船頭に電話をすると、「うねりが高くてこの10日ほど渡船していない。24日も出せない」との返事。

そこで、どこかの波止で遊ぶつもりにしていると、古川さんから電話。「それなら、チヌがウヨウヨいたところを教えてやる」ということで、深浦湾にあるその波止を目指しました。

Dscimg283024日の午前1時に起きて、途中高知県の太平洋岸では大きなうねりが押し寄せてきているのが見えたが、高知県西部の土佐佐賀から宿毛市にかけて、何十キロも霧で覆われていて風はないようです。

Dscimg2831古川さんが教えてくれた波止に行く前にイカ釣りポイントがあるので、そこで餌木釣りをやってみました。釣り道具入れを探したら、餌木が4個出てきました。

1個は800円の値札。3個は100円ショップで買ったもの。何年前に買ったか思い出せないほど昔のものです。

まずは、奮発して800円の餌木を使いました。3回投げたら根掛かりでパー。それから10分もしないうちに100円の餌木2個がパー。これはやってられません。場所にもよると思うが手前が浅い岩場だと、餌木釣りは、なかなか難しい。舐めていました。ふふ。

Dscimg2834そこで餌木釣りをあきらめて、古川さんが教えてくれた「チヌがウヨウヨ」の場所に行きました。言われた通り手前が1メートルもない水深で、その向こうが急に深くなっています。そこにチヌがウヨウヨいるらしい。ふふ。

明日に続く。

10月 26, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

上海からのお魚グッズです

Dzcimg2743中国上海在住の寺戸さんから、中国最後のお魚グッズが送られてきた中の一つです。寺戸さんは10月の始めに中国勤務を終えて帰国したと手紙にありました。

今回送ってくれたのは、動物の角で作られたもので、大変珍しいものです。買ったのは「敦煌夜市」市場で、今年の9月3日とのメモがありました。

25元を値切って20元で買ったとのこと。ありがたいことです。ふふ。感謝。

Dzcimg2744二つに分かれるようになっていて、中には琵琶を弾く飛天が彫られています。それも両方に違うデザインです。こういうところがいかにも中国らしい。

ところで、これは何に使うものなのか、さっぱり想像できません。昔の日本で使われていた根付みたいなものなんでしょうか。折角送ってくれたが、「ブタに真珠」ですかね。

10月 25, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

キャリーカートを試してみました

Jcimg2603キャリーカートを買ったが、まだ一度も使っていません。買った時に店で折りたたんでくれたので、それを使える状態にしたことがありません。

Jcimg2604そこで実際に使えるのかどうか心配になってきたので、車庫の中でやってみました。カバーをはずして中の紐を引っ張るとすぐにカート状態。ふふ。

5秒も掛からずにできました。これなら簡単に釣り場でも使えることが分かって一安心です。ただ、ちょっと心配なこともありました。

それはこのカート自体がすごく重いこと。カート状態にしてしまえば引っ張るのも軽いが、車からの上げ下ろしが、この重さだと結構大変な気がします。

それでも、車から降ろしてしまえば簡単。それにこのカートが有効な場所が私が行く釣り場で4箇所あることに気が付きました。宇和島市津島の大浜の波止他です。ふふ。

10月 24, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

サヨリがウヨウヨか

Ducimg2792前回サヨリ釣りに行って、入れ食いになりました。30センチ級が50分間で11匹。そして一夜干しを油で焼いたところ、これが私の好み味。これならもっとたくさん釣っておけばよかったと思いました。

そこで、再びサヨリ釣りに行きました。天気が良くて対岸の岡山県が近くに見えます。サヨリはすぐに釣れると思ったが、アタリが全くありません。刺し餌がなくなりません。

それでも潮がよくなれば釣れるだろうと辛抱すること、1時間45分。全くアタリなし。釣っていた場所は前回釣っていたところより少し手前の足場が良いところ。ズボラしても釣れるだろうと思っていました。

Ducimg2794あまりにアタリがないので、場所を前回釣った場所に移動。20メートルも離れていません。すると刺し餌がなくなります。そして29センチ。サヨリのポイントは意外と狭いことを勉強。

それでもアタリが続きません。1時間少しで27センチと25センチを追加。正午丁度から釣り始めて3時間。

Ducimg2797この日の釣果は3匹。サヨリ釣りは天気がよすぎると良くないみたい。でも天気がいい日に竿を出すのは気分がいいので、後悔はない。ふふ。

10月 23, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

餌箱をまた買いました

Lcimg2523愛媛県南部の深浦湾に上物釣りに行くとき、餌箱をもって行くのを忘れてしまい、オキアミを買うついでに買いました。これで、多分餌箱は3個ぐらいあるはずです。

932円。100円ショップの値段感覚からいうと、ちょっと高い気がするがしゃーないです。忘れた自分が悪いのだから・・・。

もっと言うと、餌箱がなくても釣りは出来ます。オキアミをテキトーにレジ袋に入れておけばいいわけで、餌箱に入れてなくてもちょっと不便なだけです。

釣具屋にはもっと値段が高いものもたくさんありました。1500円以上するのもあったが、これで十分です。バッカンに引っ掛けることができるだけでいい。

と言いつつ、この餌箱は気に入っています。赤色がいい。年寄りになると、なぜか派手な色が好きになってきたように気がします。なんででしょうかねえ。ふふ。

10月 22, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

百田尚樹さんの「大放言」

Ncimg2490新聞広告に百田尚樹さんの「大放言」(新潮新書)をみて、買いに行きました。とにかく面白くてうなづくことばかりです。百田さんは何度も放言で朝日新聞などでたたかれていますが、それへの反論にも納得です。

この中で、差別用語に対する自主規制についても書いています。タイガースファンをあらわす「虎キチ」と言う言葉はマスコミでは「キチ」が使えないらしい。しかし、英語のマッドとかクレージーはOKというのも変と書いています。納得。

そういえば「釣りキチ」という言葉も使えなくなっています。私が投稿している釣り雑誌でもつい「釣りキチ」と原稿を送ると、「釣り好き」などに修正されます。

以前ラジオ番組の生放送で「釣りキチ」としゃべった後、アナウンサーから「不適切な発言があり、お詫びします」と言われました。その後は「釣りファンと言うようにしてください」との要望。

「釣りキチ」と「釣りファン」とはニュアンスが全然違います。それ以来「釣りがものすごく好きな人」など、もって回った言い方にしました。「釣りキチ」がいけないのなら「釣りキチ三平」はどうなんかなあ。

百田さんは何もかにも自主規制し過ぎといっています。例えば、現在はスイカ割りや福笑いはテレビでは放映できないらしい。目を見えなくするのがダメらしい。

マスコミが言葉尻だけをとらえることにも反論。石田純一さんの「不倫は文化」と言うのも実際はそういう言い方ではなかったしい。「文化や芸術が不倫から生まれることもある」と川島なお美さんから前日に聴いた言葉としてそのまま発言しただけらしい。百田さんへのバッシングもすべてこういうものらしい。

10月 21, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

イシダイリールが修理できました

Dzcimg2739釣具店から電話で「修理に出していたイシダイリールが送ってきている」と言うので取りにいきました。消費税込みで3240円。

Dzcimg2740リールのハンドルを回して見ると、軽い。イシダイリールのハンドルって、本来はこんなに軽いものなのかと感嘆しましたわ。ふふ。ま、どれだけ手入れを怠っていたかということ。

3240円の内訳は交換した部品のベアリング代が700円。手数料が2300円。それに消費税ということ。こんなになるんだったら、新品を買うこともなかった気がします。ふふ。

メーカーからの修理明細書に、「内部点検したところ、ピニオン(一対の歯車のうち歯数の少ないほうの歯車のこと)の一部に固着があり、メンテナンス修理をしました。これにてお使いください。ベアリング錆・固着のため、部品交換をし、調整、注油いたしました。」と書いています。

そして、但し書きに「メンテナンスについて、釣行後速やかに外観部の汚れを流水下で洗い流し、その後よく水を切って陰干しして下さるようお願いいたします」。

私の手入れがよほど悪かったみたいで、申し訳ない気になりましたわ。

10月 20, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

今年秋の3度目のサヨリ釣り(2)

Dwcimg2774今年秋の3度目のサヨリ釣りで、1時間もしないうちに30センチ前後が10匹釣れました。そのうち4匹は33センチと立派サイズ。

サヨリばかりそんなに要らないので、考えていたことを実行に移すことにしました。それはコノシロ狙い。香川県内の釣り情報であちらこちらで30センチ近いのが釣れています。

Dwcimg2778この場所でコノシロを釣ったことがないが、サビキ仕掛けでやってみます。まず、釣れたのがウルメイワシ。まあまあのサイズですが、リリース。

Dwcimg2779この後、アタリがないが、仕掛けを投げた周辺で撒けたアミエビに良型のサヨリが跳ねるので、たくさんいるようです。岸から近くに投げるとスズメダイ。これはいけません。30分でコノシロ狙いをあきらめました。

Dwcimg2780結局、この日はサヨリが11匹。全ていいサイズです。「11匹とは変やないか、写真は10匹やで」と気づいた人はさすがです。釣ったのは11匹で1匹はクーラーから出すときに手が滑って海に落ちてしまいました。

Dwcimg2783家に帰ってから、いつものように一夜干しにしました。そして翌日の朝食に食べるとき、一夜干しを試しに油で炒めてみました。これが思った以上に旨い。

Dwcimg2785カリッとして塩味がきいていて、一夜干しの淡白さが若者向き料理になりました。私は若者なんかなあ。単に油ものが好きということか。ふふ。

10月 19, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

今年秋の3度目のサヨリ釣り

Ecimg2730サヨリ釣り名人の宝山さんと一緒に釣りをしたとき、刺し餌はオキアミ生のSがいいと教えてくれて、それを分けてくれました。確かに私が買ってきたアミサシは中身がスカスカでおいしそうにありません。

Dxcimg2765_2今年の秋は西脇さんが教えてくれた場所に、2回サヨリ釣りに行っていますが、2時間釣りをして、1回目は5匹、2回目は2匹と芳しくありません。刺し餌にオキアミ生を使って、西脇さんが「30センチ級がウヨウヨいた」と言っていたのを、再度確かめることにしました。

1時間内に30センチ級が10匹釣れれば「ウヨウヨいる」ことにし、2時間内に10匹なら「そこそこ、いる」ことになり、10匹を釣るのにそれ以上の時間が掛かるのなら「もうひとつ」という基準を作って出かけました。ふふ。

Dwcimg2772釣り始めて5回は撒き餌のつもりで投げるつもりだったが、なんと3投目で33センチ。そしてもっと驚いたのはそれから5匹連続で釣れました。全て30センチ前後と大きいので、グレ竿2号でも大きく曲がります。ふふ。

釣り場に着いたのが、私には丁度昼食時の11時を過ぎていたので空腹を我慢して釣っていたが、5匹釣れたので昼食です。

そして10匹が釣れたのは、昼食を食べる時間を入れても1時間以内の50分後でした。ここには30センチ級のサヨリが「ウヨウヨいる場所」として私的に認定しました。ふふ。

明日に続く。

10月 18, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

中国の寺戸さんからお魚グッズ

Dzcimg2742中国上海在住の寺戸さんから、またお魚グッズを送ってくれました。ありがたい。今回の品は栓抜きのようです。「ようです」と推測で書いたのは、中国のことだから、日本人には予想を超える使い方があるかもしれないからです。ふふ。

それにしてもきれいな栓抜きです。日本ではこんなに装飾をした栓抜きは見たことがありません。さすが4000年の歴史ということでしょうか。

寺戸さんから送ってくれた添付のメモによると、買ったのは2015年9月3日に、「敦煌夜市」市場だということ。「夜市」ということは、夜に開かれるマーケットなんでしょうか。ふふ。

値段は15元というのを、手持ちの金が13元だったので、2元値切って13元で買ったとのこと。

それにしても、寺戸さんからは中国のお魚グッズをたくさん送っていただきました。その寺戸さんも10月始めに中国勤務を終えて日本に帰国したと、手紙に書いていて、このお魚グッズが中国ファイナルとのこと。たくさんのお魚グッズを、本当にありがとうございました。

10月 17, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ノギスケールを使ってみました

Lcimg25549月始めに買ったノギスケールを釣り場で初めて使ってみました。これまでは100円ショップで売っているメジャーを使っていたが、幅が狭いのですぐにひっくり返ったりしてうまくはかれませんでした。

ノギスケールは幅が広いので、その点は大丈夫です。それにメジャーから赤い線を引いたものが横に出てくるようになっているので、きっちりと測ることができます。

ただ、磯釣り団体が使っている検寸台のように、魚の頭を当てる垂直に立った板がないので少し神経を使います。

赤い線に頭を合わせて写真を撮ったが、魚の頭が地面から浮いているので、赤い線よりも前に出ているように写ります。これはしゃーないことです。

観音寺目示奈会とのチヌ釣り大会で、古川さんが検寸台を忘れたと行って、このノギスケールを使いました。十分に役割を果たせたようです。ふふ。

10月 16, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

虫エサがあったので・・・(2)

Dycimg2759強風でメバル釣りをあきらめて帰る途中、以前に2才もののチヌが4匹続いて釣れた場所があります。そこは川の西岸なので後ろからの風になります。

こんな日でもチヌが釣れるのか確かめることにしました。仕掛けを振り込んで海底に着くと同時にアタリ。軽く合わせると、いきなり沖に向かって5メートル以上走ったので、竿がのされそうになりました。ふふ。

釣れたのは24センチのチヌ。リリースしようと思ったが、チヌの臭いを確かめると磯臭さがないので、試しに食べてみる気になりました。

その後2回仕掛けを振り込んだが、2回ともチヌらしきアタリがありました。だが、これで十分に満足したので、釣りをやめました。ここで竿を出したのは10分間くらい。この場所はチヌの魚影が濃いのは間違いない。

Dycimg2762翌朝、このチヌを塩焼きにしました。釣った日にハラワタを出した後、何度も丁寧に洗ったこともあって、チヌ独特の磯臭さは全くありません。

十分に食べることが出来て、合格点というより、むしろおいしい。ま、おいしさでいうと、上の下ということでしょうか。今後もこの時期に釣ったチヌはもって帰ることになりそうです。ふふ。

10月 15, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

虫エサがあったので・・・

Dycimg2749宝山さんとサヨリ釣りをしたとき、帰り際に宝山さんより青ゴカイをくれました。「もらったものだ」と言います。冷蔵庫には、西脇さん、菅野さんと釣りをしたときに余ったゴカイも入っています。

夕食の後、気になったので、その虫の状態をチェックすると、ホンマの「虫の息」。これは早く使わないといけません。そこで、エイヤッと準備して弦打港に行きました。釣具店に注文した新しい竿はまだ届いていませんが、仕方ない。
この日は寒そうだったので、この秋初めての防寒着スタイルです。

Dycimg2751強風です。持っている竿が風で持っていかれそうになります。これでは楽しくないが、とりあえず仕掛けを振り込むとすぐにアタリらしきもの。風が強くて竿先に来るアタリがよく分かりません。それでも小さなメバルが釣れました。ふふ。

Dycimg2752その後に釣れた小さなフグはアタリが全く分からなかったのだが、ハリにエサがついているかどうかをチェックをしていると、ハリにこのフグが付いていました。風が無い日だと、どんなに小さくても魚が釣れれば分かりますが、この風ではどうしようもありません。

Dycimg2757しばらくして明確に分かるアタリで釣れたのが19.8センチのメバル。これくらい大きいとアタリも分かります。ふふ。キープサイズだが、この後は釣れそうにないのでリリース。

釣り始めて30分。風に根負けして、納竿です。ま、こういう日に釣りに来たのが悪いのだが、行くと思いついた日が釣り日和なんだから、しゃーないわ。

10月 14, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

イシダイリールを買いました

Lcimg2550イシダイ釣り用のリールが壊れて釣具店に修理に出しました。こういうのは修理がいつ終わるか分かりません。そこで買うことにして高松市内の釣具店をいくつか回りました。

どこの釣具店にも置いてなくて、「取り寄せになります」という答え。今時、イシダイリールは売れないらしい。私の周辺を見回してもこれからイシダイ釣りを始めるという人はいません。しゃーないなあ。

そこで宇和島方面に釣りに行く途中の釣具店に電話をして在庫があるかを聞きました。私は午前1時とか、2時に家を出るので、24時間営業の店でないといけません。

松山市内の24時間営業の釣具店には在庫がありませんでした。そこで宇和島市内の24時間営業の店に問い合わせると「あります」の答え。

その店で取り置きをしてもらい、店に寄ったのは午前6時前。24時間営業の店でよかった。ふふ。これまで私が使っていたリールと全く同じものを買いました。ダイワのシーライン40です。遠投用もありましたが、今回買ったのは普通のもの。

28700円。ちょっと私には高いがイシダイ釣りを続けるには仕方ありません。ふふ。その後、家からもってきたイシダイ糸を車内で巻いて綱渡りのリール確保でした。ふふ。

10月 13, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

中国からのお魚グッズ

Dzcimg2741中国上海の寺戸さんから、またまたお魚グッズが送られてきました。感謝。2匹の魚の形をしたぬいぐるみです。最初は中に物を入れる小物バッグかと思ったが、そうではないようです。

手紙には、今年の9月20日に上海の七宝で買ったと書いていて、その値段は12元。そして「店頭表示のまま購入」の但し書き。寺戸さんが中国で値切らないのが珍しい。ふふ。

形も色具合もいかにも中国らしいものです。テレビで中国の小さな子供が肩からこういうものをぶら下げているのを観たことがあるような気がします。

この形の2匹の魚は「子孫繁栄」の意味があるらしく、私が中国に旅行したときも、こういう形をしたものを何度か見たことがあります。

日本でもお寺にある仏像の足の裏に文様として、今回送ってくれた形の2匹の魚があるのを見たことがあって、この意味を調べたときに分かったことです。

ま、私にとって、今更、子孫繁栄の行動をとることはできないので、そっと飾っておきますかねえ。

10月 12, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

宝山さんとサヨリ釣り(2)

Ecimg2731宝山さんと高松市西部の港でサヨリ釣りをしました。最初の30分で30センチ前後を2匹ずつ釣ったが、その後は1時間半もアタリがないので、場所を変えることにしました。

高松市西部から高松市東部の旧庵治町の港に移動です。45分で到着。最初の釣り場では私が案内して釣れなかったので、宝山さんからの圧力感。

今度の釣り場は宝山さんの案内なので、「ホントに釣れるやろな」と圧力を掛けます。ふふ。ところが、私の1投目に30センチを越えるサヨリ。これなら入れ食いになると思いましたわ。

しかし、その後はアタリがありません。しばらくして私が1匹を追加。最初に行った釣り場と同じ展開です。この釣り場に精通しているはずの宝山さんは私に釣られてあせっています。

その後はイワシの群れが邪魔をしてサヨリのアタリがありません。イワシは宝山さんが生姜煮にするということなので釣れたら献上します。

Ecimg2736宝山さんがやっとサヨリを釣りました。そしてもう1匹。私がまず2匹を釣った後に宝山さんが2匹を釣るというパターンは最初の釣り場と全く同じで笑ってしまいます。

Ecimg2737私は「山の神」から「早く帰ってきて」の要望のため、午後1時半に釣りをやめました。結果、この日の私の釣果は良型のサヨリ4匹でした。

10月 11, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

宝山さんとサヨリ釣り

Ecimg2726_23人で夜釣りに行った翌日、宝山(ほうざん)さんと、高松市西部の垂水(たるみ)港にサヨリ釣りに行きました。先日私がここで30センチ前後を5匹釣った場所です。

私が案内したので、ちょっと責任と不安があります。宝山さんが「30センチがウヨウヨいるんだろ」と圧力を掛けてくるので、ますます不安です。ふふ。

しかし、2投目で私に33センチの良型が釣れたので、宝山さんは「これなら30センチが40匹は固い」の発言が飛び出します。私も、そこそこ釣れると思いましたわ。

ところが、その後はアタリがさっぱりありません。30分後にやっと私が1匹を追加。自称、他称サヨリ釣り名人の宝山さんは、ちょっとだがあせっているのが分かります。

Ecimg2728しかし、やっと宝山さんにも33センチが釣れたので、ここに良型のサヨリがいるということは納得してくれました。ただ、「ウヨウヨ」はいませんん。

それから1時間半、二人とも全くアタリがありません。そこで、先日宝山さんが小型だが43匹を釣った場所に移動することにしました。

さて、そこでは釣れたのでしょうか。

明日に続く。

10月 10, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

3人で夜釣りに行きました(2)

Ecimg2707同じ釣りクラブの菅野さんと高松市西部の港で脈釣りをしています。菅野さんは始めての脈釣りで、小さいがメバルを釣りました。

私にもポツリ、ポツリとメバルが釣れるが、全てリリースサイズ。しばらくして菅野さんから「釣れた」と言うので見に行くと、21センチの良型メバルです。菅野さんは興奮しています。

Ecimg2710「なかなか上がらなかった」。脈釣り用の竿なので、当然です。写真を撮ると、「もっと大きいイメージで撮って」というので、再度撮り直してメバルが大きく写るようにしました。ふふ。

Ecimg2714その後、西脇さんが合流です。活きエビを使っての電気ウキ釣りです。なかなか釣れなかったが、港の外で釣ったとメバルを見せてくれます。これで、3人に釣れてちょっとほっとしました。

風はますます強くなってきました。菅野さんは午後10時の電車に乗らないといけないので、9時過ぎに納竿です。

私は全部でミニサイズを入れて10匹のメバル、菅野さんも数匹、遅れてきた西脇さんも3匹。この日の最大メバルは菅野さんが釣った21センチ。

菅野さんが「ビギナーズラックでしょうか」と聞いてきたので「もちろん」と答えてしまいました。「アンタのウデじゃあ」と言ってあげればよかった。

10月 9, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

3人で夜釣りに行きました

Ecimg2725同じ釣りクラブの西脇さん、菅野さんと3人で夜釣りに行くことになりました。まず、弘法大師が生まれた善通寺市から電車で1時間を掛けてやってくる菅野さんを高松駅まで迎えに行きました。

釣り場に行く途中に西脇さんに電話すると、「まだ、会社」。サラリーマンはご苦労様です。ふふ。そこで、菅野さんと2人だけで、高松市西部の弦打(つるうち)港に行きました。

風がビュービューと吹いています。予想外の展開です。今日の目標はとりあえず、脈釣りが初めての菅野さんに1匹を釣ってもらうこと。この風では、私自身が自信なし。

Ecimg2703_2当初予定していた場所は、風で竿を出せそうにないので、波止の先端にある灯台の影で竿を出しました。すぐにリリースサイズですが、メバルが釣れました。

こんな強風の中でメバルが釣れたことが不思議。「メバル凪」の格言に反しています。ま、何事も例外のないものは無しと言うことでしょうか。

Ecimg2707しばらくして私にキープサイズ。菅野さんに献上します。しばらくして、私と少し離れて竿を出していた菅野さんから「釣れたあ」の声。見に行くと小さいメバルを釣っています。

菅野さんにとっては、小さいが初めての脈釣り釣果です。「魚は小さいが、竿が柔らかいので引きが予想以上だった」とちょっと興奮気味に話します。

明日に続く。

10月 8, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

釣り人の写真

Lcimg2560「釣りにはよく行くけど、釣りの写真はない」という人がほとんどである。もともと釣りにカメラをもって行く人が少ないのだからしゃーない。

私はこのブログを書くようになってカメラは釣行に欠かせないものになっている。ふふ。ブログに写真がないと面白みや楽しさが全然違ってくる。

釣りにカメラを持っていったとしても、釣った魚の写真や釣り場からの景色を撮るのが精一杯。だが、釣り人がホントに欲しい写真は・・・。

釣り人が欲しい写真は自分が魚を掛けて大きく竿が曲がっている写真。釣り雑誌のグラビアではよく見るが、これは雑誌社のカメラマンがいるから撮れる写真である。

最初の写真は松山から来たという人が40センチのグレを掛けてすくっているところ。こういう写真は自分ではとれません。メールアドレスとブログ名をお教えしているので、もし、本人がこれを見て、写真が欲しいとコメントしていただければメールで送ります。ふふ。

10月 7, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

撒き餌ミキサーに落下防止策

Icimg2605今朝の私の机の上はゴッチャゴチャ。念のためにいうと、いつものはこんなに汚くない。ふふ。こういう風にきたないときは、むしろ私の気力が充実しているとき。

何かをしてやろうと言う気がある時です。いろいろとやった後、赤澤名工からもらった撒き餌ミキサーを、磯で落としそうになったことを思い出しました。

磯の際に引っかかって海に落ちるのは免れたが、これをくれた時に赤澤名工からのびるストラップをつけて落下防止をしたらいいと言っていたことを思い出しました。

Icimg2606_2そこで100円ショップで買ってきて取り付けました。ま、カッコイーとは言えませんが、不器用な私としてはよくできた方です。ふふ。

赤澤名工から以前にもらったのも、こういうストラップを付けてなかったので、磯から落としてしまいました。ま、雑な人間なんですかねえ。

10月 6, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

34センチのサヨリが釣れた(2)

Fcimg2680_2香川県営球場近くでサヨリ釣りです。釣り始めに31センチが釣れた後、アタリが出ないがエサは確実になくなります。色々やって1時間後にやっと25センチ。これじゃあなあ。

それから30分後に釣れたのが34センチ。最近私が釣った中でも大きいほうです。ふふ。しばらくして同じくらいの大きさが掛かったので、慎重に寄せてきて放り上げます。

ハリからはずれたら石積みの中に入って行くので、早くバッカンに入れようとしたらバッカンにあたって石積みの穴の中。サヨリが暴れている音はするが姿は見えず。残念。

その後、29センチを追加。結局2時間半で5匹釣って、1匹を石積みの穴に。3時になったので止めようとしたら、沖で大きなサヨリがジャンプ。それをみてもう1回だけ投げたが、仕掛けがお祭り騒ぎになって納竿。

Fcimg2686近くで釣りをしていたエギ釣り師が寄ってきてしばらく話します。小さいのを釣っています。私はサヨリのウロコを取って内臓を出して一夜干しの準備。

Fcimg2687エギ釣り師が寄ってきて釣っていた小さなイカを「あげる」。私にはリリースするサイズだが、断るのもどうかと思い「ありがとう」。このイカを調理している時に包丁が滑って海の中に。いらんことしたなあ。

この釣り場は上手な釣り方さえ分かればよく釣れるかもしれません。私にはウデが不足です。

10月 5, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

34センチのサヨリが釣れた

Fcimg2680先日あったクラブの飲み会で、西脇さんから「30センチ級のサヨリがウヨウヨいた」という釣り場に行ってみました。香川県営球場近くです。風があるが、サヨリ釣りには少しくらい風があったほうがいいはずです。

1投目、2投目とアタリはないがエサをとられています。ウキ下が25センチなのでサヨリに違いありません。3投目で釣れたのが31センチのサヨリ。ふふ。

この調子なら30センチ級のサヨリがじゃんじゃん釣れるはずです。ふふふのふ。これは「今年は全く釣れん」とぼやいていた宝山さんに場所を教えてあげる価値があると思いました。

Fcimg2682ところが、それ以降全く釣れません。ウキにアタリが出ません。しかしエサは取られます。ハリスの太さを変え、長さを変え、ウキを変え、ウキ下を変えて1時間。やっと釣れたのは25センチの小さいもの。

風が強いのでウキが流され、カゴウキとアタリウキの位置変化が風の影響なのか、アタリなのかが分からないので、やたらめったら合わせますが、ハリ掛かりしません。

Fcimg2684この日は対岸の岡山県が初めて見るほど近くに見えます。遠くを通るLNG船もくっきりです。

明日に続く。

10月 4, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

脈釣り用の竿を取り寄せ注文

Icimg2628高松市西部の弦打(つるうち)木材港で脈釣りをしていて、竿が折れました。とりあえず自分で修理して何とか使える状態にはなりました。

それを海で試しに使ってみました。持ったときにどうもバランスが悪い。何が悪いかは説明できないが、感触が良くない。そこで釣具屋で新しいのを買うことにしました。

店に7メートルの脈釣り竿があったが、今まで使っていたズームでありません。岸壁近くを探るとき、7メートルのままで使うよりも縮めて6メートルにして使えるズーム竿のほうが便利です。

そこで、釣具屋でカタログをもらってきて、これまで使っていたものと同じようにズームができるのを注文しました。定価だと税込みで3万円以上します。しゃーないなあ。

折れた竿のほうも部品交換が出来れば部品交換をしてもらおうと思ったが、「この竿のメーカーは分からないな」と言う冷たい返事。確か、この店で買ったはずだが。

仕方ないので、折れた竿は私が修理したままで置いておくことにしました。こういう竿はさっさと捨てたほうがいいのかも・・・。釣り具は愛着があって、なかなか断捨離ができません。ふふ。

10月 3, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

黒潮クラブの飲み会に9人集合

Gcimg2660いつものようにクラブの飲み会の会場、割烹「友釣」に行くと、宝山さんが既にカウンターでビールを飲んでいます。店主の勇(いさ)チャンが、私に見せたいものがあるとのこと。

Gcimg2664ラップで包んで冷凍している小さめのサヨリを取り出して、皿の上に乗せて見せてくれます。先月の飲み会の時に「小さいサヨリが釣れたらタチウオのエサにするから持ってきてくれ」と勇ちゃんが言っていたので、宝山さんが持ってきたとのこと。ふふ。

Gcimg2673今日は勇ちゃんを入れて9人が参加して、いつもより多い人数が集まりました。宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、三好さん、私、片ちゃん、西脇さん、菅野さん、勇ちゃんです。

Gcimg2661今日の話題の中心が、赤澤名工がくれた大量のウキ。テーブルに広げて早い者勝ちで取って行きます。三好さんは小さいウキを中心に取り、菅野さんは「部屋に飾ってもきれい」と色んなオモリ負荷をチョイス。

Gcimg2675ちょっと遅れて来た西脇さんに残っていた20個あまりを全部渡すと、「ええんですかあ」と大喜び。だが、ほとんどがオモリ負荷が3号以上の大きいウキです。何の釣りに使ったらいいのかと考えています。ふふ。

Gcimg2677西脇さんから、私が教えてあげたアコウのポイントで小さいが2匹釣れたと写真を見せてくれます。その釣り場で30センチ級のサヨリがウヨウヨいたというので、今度試しに釣りに行くつもり。

サヨリ釣り名人の宝山さんが「今年は全然釣れん」とぼやいていたので、釣れれば場所を教えてあげることになりました。クラブの飲み会はいつも釣り情報が飛び交います。

10月 2, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

今年2度目のハゼ釣り(2)

Hcimg2638いつものハゼ釣りポイントで竿を出しています。9月始めに行ったときハゼが全く釣れなかったので、もうこのポイントにはハゼがいないかどうかを確かめるためです。

竿を出してから30分間で釣れたハゼは1匹。そのハゼが釣れたちょっと遠めに投げるとポツリ、ポツリと釣れだしました。以前は足元で釣れるので、効率がよかったが仕方ありません。

1時間で9匹。ハゼ釣りの匹数ではありません。それでもどれも良型なので引きが結構強い。掛けるたびに小チヌと間違う強い引きです。ふふ。

Hcimg2640その後も釣れてハゼが全部で12匹。そして小さなアタリに合わせるとハゼとは違う引き。セイゴです。セイゴというより、セイゴの子。ま、スズキの孫です。

Hcimg2646これで釣りを終了。近くでハゼのウロコを取って頭から切り落とします。これだけしておくとそのまま冷凍庫に放り込めばいい。

Hcimg2647この作業をしている時に、仕掛けを放り込んでいたが、それにハゼが釣れています。ハゼは少ないがいるようです。釣れたハゼもウロコを落として追加。この日の釣果はハゼ13匹、セイゴ1匹。

10月 1, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)