« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

今年2度目のハゼ釣り

Hcimg2635_2天気がいいので、気になっていた釣りに行きました。9月始めにハゼ釣りに行ったが、ハゼが1匹も釣れませんでした。いつもはいる鵜が全く見えなかったので、ハゼが食い尽くされたのかと心配。

いつものハゼ釣りポイントの香川県営球場近くの港に行くと、やっぱり鵜がいません。鵜がいると腹が立つが、いないと心配になる。ふふ。

以前にハゼを300匹以上を釣ったことがあるポイントで竿を出すが、全くアタリがありません。10回くらい投げてやっと釣れたのがフグ。フグは鵜も食べないせいだろうか。

やっぱりハゼは食い尽くされたのかと思ったが、少し遠投して、仕掛けを引くスピードを遅くすると、ギューンと強い引き。1メートルくらい引っ張るのでてっきり小チヌと思いました。

Hcimg2636だが、釣れたのは良型のハゼです。ハゼはいないわけではないようです。このハゼを逃がすかどうか迷いました。これだけ釣れないのでは、数は出ないはず。

しかし、唐揚げ用の豆アジが我が家の冷凍庫に入っています。ハゼが少なくてもその豆アジを空揚げにする時に一緒すればいいと思い、クーラーに入れました。ふふ。まずはハゼ1匹です。しゃーないなあ。

明日に続く。

9月 30, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

赤澤名工から50個以上のウキ

Hcimg2631赤澤名工が手作りしたウキを断捨離するために、大量のウキをもってきました。全部で100個以上あります。それを近くに住む石塚さんと分けました。ふふ。

色んなオモリ負荷のウキがありますが、最も多いのは3号以上の大きいウキです。これは私が作ってもらったものと同じ形を、赤澤名工がインターネットで販売するために作ったものです。

ウキとは別にスダチのおすそ分けもありました。徳島県の友人からもらったものと言います。

もらった大量のウキは私が一生使っても使い切れません。そこで、今度クラブの飲み会にもっていって、クラブ員でこのウキがいる人があれば分けてあげたいと思います。

クラブ員の人は、今度の飲み会は大変お得ですぞ。ふふ。楽しみにしていてください。

9月 29, 2015 赤澤名工シリーズ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

いい釣り場ポイントを見つけた(3)

Icimg2622_3家の近くを流れる郷東川で脈釣りをすると、全く期待していなかったのに2才のチヌが釣れました。思った以上の引きだったので、ちょっとうれしい。リリース。

Icimg2623どうせ、まぐれだからこれで終わりと思ったが、その後奇跡の3連発。以前散歩していた時にみたチヌよりも小さいが、群れでいるようです。ハリを掛けた後、一気に沖に走るのがおもしろい。

ここで竿を出しのは20分。これでここがよく釣れることが分かりました。西脇さん、菅野さんと一緒に竿を出すのにいい場所と分かったので、釣りを終了。ふふ。

Icimg2625もって帰ったのはウミタナゴ。この魚は身が柔らかく旨みがあるので大好き。早速翌日の朝食に塩焼きにしました。どうだあ、のおいしさ。

これまで朝食にはイシダイを毎日塩焼きにしていたが、それも脂が乗ってもちろん旨いが、久しぶりに食べるウミタナゴはイシダイと違ったおいしさです。

9月 28, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

いい釣り場ポイントを見つけた(2)

Icimg2614_2高松市西部の弦打(つるうち)木材港の波止の先端で探り釣りをしています。ウミタナゴが釣れた後、グンとはっきりしたアタリに合わせると、根掛かり。脈釣りにある程度の根掛かりは仕方ありません。

Icimg2628魚はまだついているはずだと、ちょっと強めに竿をしゃくるとパキーンと音がして竿が折れてしまいました。先端部分が飛んで、海に落ちたのを拾い上げたが・・・。

大事にしていた竿なので、がっくりです。これでは釣りはできません。おそらく以前に砂が詰まったとき、強引に引っ張ったので、竿に傷が付いていたせいと思います。

ウミタナゴ1匹だけをもってとぼとぼと車まで戻ってきました。車には、予備の竿と仕掛けを積んでいます。

車を走らせて家に帰る途中、我が家の近くに流れる郷東川があります。この川に沿って散歩をしているとき、30センチくらいのチヌがたくさんいたのを思い出しました。

予備の竿を出して釣りするかどうか、車の中でしばらく考えました。この場所で釣りをしている人を見たことがない、どうってことのない場所です。

竿を出してみることにします。仕掛けを振り込むこと2回。アタリがありません。そう簡単には釣れるはずがないわなあ。

Icimg2622その次にアタリ。すぐに合わせてしまいました。チヌのときはしばらく待たないといけません。そこですぐ振り込むと再びアタリ。竿先を少し下げて送り込んでから合わせると、グーンと魚が一気に沖に向かって走ります。小さいがチヌです。

明日に続く。

9月 27, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

いい釣り場ポイントを見つけた

Icimg2613昨日の夕方、潮を調べると満潮時刻が午後9時。私の脈釣りは浅いところでするので、潮が低いと出来ません。午後の9時満潮ならOK。翌日には満潮が午後10時なるので、私の就寝時刻になってしまいます。

そこであわててゴカイを買いに行きました。同じクラブの西脇さんと菅野さんと脈釣りを一緒にする新しいポイントを見つけることも目標なので、高松市西部の弦打(つるうち)木材港の長い波止を先端から順に探って行くことにしました。

Icimg2618まずは波止の先端で探ってみます。3投目で小さいメバル。魚がいることいるようです。沖に振り込んでもアタリがないので波止の際を探ると小さなフグ。しゃーないなあ。

アタリがそこそこあるので、場所を移動できません。ふふ。丁寧に探っていると、メバルとは違うモゾモゾとしたアタリ。合わせると脈釣り竿がグーンと一気に曲がって驚き。

Icimg2614釣れたのは21センチのウミタナゴ。私はこの魚が大好きで、もちろんキープ。ウミタナゴは私にとって今年初めてです。ふふ。

Icimg2620波止の先端から徐々に移動するつもりだったがアタリがあるのでできません。小さなカサゴが釣れました。かわいい。

風が少し出てきました。釣りを続けるかどうか迷いましたが、そのまま波止の際に仕掛けを流していると、グンとアタリ。合わせると・・・。

明日に続く。

9月 26, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

熊ちゃんから箸置き。感謝

Ncimg2470木曜日に釣りクラブの集まりがあったとき、会場の割烹「友釣」に行くと、宝山さんだけがカウンターにいます。しばらくして菅野さんがやってきました。

Ncimg2479座ると、小さくて赤いものを取り出して、「熊ちゃんから・・・」。善通寺市に住んでいる菅野さんはちょっと早めに高松市に着いて、熊ちゃんの店でお好み焼きを食べてきたとのこと。ふふ。

赤いものはかわいらしい箸置きです。ありがたくいただきました。ふふ。ガラス製品で、これだけ色が鮮明に模様になっているのは、高価なはずです。おそらくだが、いつものようにリサイクルショップで買ってくれたものらしい

9月 25, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

珍魚の香川ギネス申請

Kcimg2581私と同じクラブの石塚さんから珍しい魚の香川県記録申請がありました。キリンアナハゼという魚です。

Kcimg2579メールで写真を送ってくれていて、彼はキリンアナハゼと言います。しかし、私が持っている図鑑の3冊を調べた中にはその名前がありません。

直ぐ近くに住んでいる彼が我が家にやって来て、写真と図鑑をにらめっこです。確かに、アナハゼとは違う感じですが、確信が持てません。あーやこーやと言っていてもらちがあきません。ふふ。

そこで彼は「自分が持っている図鑑には掲載されている」といって家に一旦帰ったが、再度戻ってきた時には図鑑と一緒にゴミ袋から取り出した現物をもってきています。ふふ。

Kcimg2578確かに、彼が持ってきた図鑑には掲載されています。その図鑑は私も持っているもの。魚の特徴は側線の上に黒い破線状の点が並んでいること。

サイズは16.3センチ。14日に高松市沖の女木島の港で釣ったとのこと。早速赤澤名工にメールしてネット上の香川ギネスに魚種追加をしてもらいました。

9月 24, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

高松黒潮クラブと観音寺目示奈会のチヌ釣り大会(2)

Jcimg259520日に、高松黒潮クラブと観音寺目示奈会のチヌ釣り大会。私はフグばっかり13匹。でも、怠けずに頑張った結果なので、「悔いは無し」といいたいけど、やっぱりなあ。

すぐ近くの磯に上がっていた目示奈会の古川会長も「フグばっかり」と言っていたので、私が釣れなかったのはあながちウデのせいではなかったということにしてください。ふふ。

Jcimg2600ケーソンに上がっていた人たちが港に最後に帰ってきます。40センチを釣った人がいるらしい。

Jcimg260140センチを釣っていたのは熊ちゃん。去年の大会も優勝しています。それも、波止の上で寝ていてむっくりと起きた後に釣ったというのも、昨年と一緒。ここのチヌは寝てからでないと釣れないらしい。

Jcimg2598_2磯に上がっていた人もチヌを釣っていた人がいたが、ケーソンのほうが方が型がいい。結果的に優勝は熊ちゃん。3位、4位も斉藤さん、ヨッさんと高松黒潮クラブでケーソンに上がっていた人が、今回の賞金占めに近い。

9月 23, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

高松黒潮クラブと観音寺目示奈会のチヌ釣り大会

Jcimg2582_2シルバーウィーク真っ盛りの20日に、高松黒潮クラブと観音寺目示奈会の2クラブチヌ釣り大会が、香川県西部の三豊市仁尾でありました。

ここには港を出て直ぐの大きなケーソンと蔦島周辺にたくさんの磯があります。私はいつもこの大会ではケーソンに上がるが、今回は磯で釣りをすることにしました。

Jcimg2586下りた磯は「マメ」。太平洋や宇和海の磯のような荒々しさはないが、磯の雰囲気はなかなかいい感じ。この周辺で磯に下りたのは初めてなので、写真を撮りまくりました。ふふ。

Jcimg2587アタリはあるが、すぐに餌がとられます。よーく見ると、スズメダイの大群です。いろいろやってやっと釣れたのがフグ。しゃーないなあ。

Jcimg2591その後も、フグ、フグ、フグ。釣れたらフグ。ふふふのフグ。水汲みバケツに入れます。しばらくたって逃がそうとつかんだら、指の皮を噛みきられて血が出てきます。フグにとっては当たり前の行動。怒るわけにはいきませんわ。

フグでも釣れたら、数を数えます。どうしようもない性分。昼前に丁度10匹。10匹と釣り日誌に書いたらテキトーに10匹と思うかもしれないのでせめて11匹にしたい。

Jcimg2589そう思っていると11匹目が釣れたので、記念撮影。フグも記念魚になったのがうれしそうに暴れます。

9月 22, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

久しぶりの磯釣りになった(4)

Lcimg2571_2久しぶりの底物釣り。私の後ろにいる上物釣り師は入れ食いです。40センチ以上を既に4匹上げています。シマアジも釣りました。早朝は30センチの丸々と太ったマアジを入れ食いでした。

「しゃーないなあ」とあきらめていたが、しばらくして本命のガツン、ガツンのアタリが出始めました。竿が舞い込むのを待って合わせると、バッチリ。

Lcimg2556_2釣れたのは33センチのイシガキダイ。小さいが1匹が釣れたので、ちょっだけ一安心です。それからはアタリが良く出るようになりました。ウニの撒き餌がきいてきたようです。

Lcimg2558またまた、ブダイが釣れました。ブダイの1匹目はフライ用にキープしたが、それよりも大きい2匹目のブダイはリリース。フライ用にそんなにいりません。ふふ。

Lcimg2564それからの2時間は入れ食い状態。イシダイ、イシガキダイ、イラが次から次に釣れます。

Lcimg2568_2迎えの渡船が来る1時間前の正午に納竿。この日のキープはイシダイ2匹、イシガキダイ4匹、ブダイ1匹、イラ1匹でした。これだけ釣れれば満足です。ふふふのふ。

9月 21, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

久しぶりの磯釣りになった(3)

Lcimg2547愛媛県南部の深浦湾での磯から戻ってきて、古川さんと近くのファミレスでお茶タイムにしました。寂しい釣果になることを覚悟していたが、楽しい釣りになったので話も弾みます。

Lcimg2546その後、古川さんは宇和島市にある家が台風で傷んだのを修理に向かい、私は翌日のイシダイ狙いにホテルにチェックイン。

Lcimg2551最近の釣行でホテルに泊まるときは、夕食を近くの市場や道の駅で地元食材を買ってホテルで食べることにしています。この日、ビールのつまみに買ったのはさつま揚げの5品。宇和島市はジャコ天が有名で、買ったのもどれも旨い。

翌日も快晴でした。渡船で渡ると、別の船で来た上物釣り師がいます。私は底物釣りです。2時間以上エサトリのアタリばっかり。この日はイシダイが釣れないとあきらめましたわ。ふふ。

Lcimg2552_2上物釣り師は良型のグレをカゴ釣りで入れ食い状態。そりゃあ、あせります。初めて私の竿がガクーンと舞い込んで釣れたのは40センチのブダイです。どうなんかなあ。

Lcimg2571その後も本命のアタリがないが、私の直ぐ後ろで竿を出している上物釣り師は絶好調。松山市から来たといい、撒き餌も刺し餌もペレットだが、それぞれ違うものを研究してちょっとだけ加工しているとおしえてくれました。

上物釣り師は釣果絶好調、私は焦りまくりです。ま、底物釣りは釣れなくても言い訳が出来るので、その点は楽ですが・・・。このまま、ちょっと早めに渡船を呼ぼうかと思いました。

明日に続く。

9月 20, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

久しぶりの磯釣りになった(2)

Lcimg2534愛媛県南部の深浦湾の磯で竿を出しています。木っ葉のグレがよく釣れるがキープサイズが釣れません。そこで思い切ってタナを1ヒロ深くしてちょっとだけ遠投。

Lcimg2532すると、29センチ。ふふ。狙いが当たるとうれしい。しかし、あとが続きません。やっぱり木っ葉ばかりで、リリースです。そのとき近くの磯に上がっている古川さんから電話。

「木っ葉ばっかりや」というと、「全部、キープしてくれ。甥が飼っているカニの餌にいるんじゃあ」。
そうなると、木っ葉グレでもちょっとだけ意義がある釣果になりました。ふふ。

その後、25センチ以上をキープ。24センチ以下をカニ餌用に確保。カニ餌用は直ぐに10匹になったので、それ以降はリリース。グレ以外にもヒブダイの30センチが釣れました。

Lcimg2543この日のキープはグレ4匹、カニ餌グレ10匹、ヒブダイ1匹。午後2時に渡船が迎えに来る予定なので1時前には釣りをやめてゆっくりと道具を洗って仕舞います。

Lcimg2541港には古川さんと戻ります。彼もグレは同じような釣果だったらしいが、チヌの45センチ級を2匹釣っていました。さすがです。

明日に続く。

9月 19, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

久しぶりの磯釣りになった

Lcimg2520久しぶりに宇和島市方面の磯に行くことにしました。出発の前日に近くの釣具店にエサを買いに行くと、陳列棚の影からニュッと顔を出したのは同じクラブの西脇さん。

これから夜釣りに行くためにシラサエビを買いに来たと言います。パラパラと撒きながらメバル、チヌを狙うらしい。

そのときに、私が以前貸していた脈釣り用の竿を車に積んでいたので返してくれました。菅野さんと一緒の脈釣りにいくときに貸す予定だったので、丁度よかった。ふふ。

釣りの出発は早朝の予定なので早めに寝る準備をしていると、香川磯連会長の古川さんから電話。今月に予定している古川さんのクラブと私のクラブでおこなうチヌ釣り大会の打ち合わせだったが、私が愛媛県南部の深浦湾に行くというと、「休日が2日間とれたので、自分も行く」とのこと。

私はてっきり古川さんは別の磯に行くと思っていたが、結果的には同じ磯場に行くことだったらしい。

午前1時に起きて2時出発。渡船場近くまで来たとき、古川さんから電話があって、「近くまで来ている」といわれて、同じ磯なんだと気が付きました。ふふ。

Lcimg2535渡船で磯に上がったのが午前7時半。釣りの準備をしていると、古川さんから「近くの磯に上がっている」と電話。この日の渡船の客は二人だけ。贅沢ですわ。

Lcimg2524久しぶりの磯なので、釣れるかどうか心配。1投目は21センチのグレ。リリースです。小さいが釣れただけで満足。

明日に続く。

9月 18, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

香川磯連の会長会

Kcimg2573昨日の夜、香川磯釣り連盟の会長会が、いつもの会場の高松美山ホテルでありました。参加者は20名と多い。

Kcimg2574この日の議題は、チヌ釣り大会、香川磯連大会、四国磯連大会、西日本磯協大会など釣り大会の結果報告。春に行われたチヌ釣り大会に私は参加できなかったが、50センチ以上のチヌを二人も釣っていたのは驚き。

香川磯連の大会でイシダイの部優勝は62.4センチを釣った秋ヤン。このイシダイで同日に行われた西日本磯協の大会でも2位に入賞。うらやましい。

年間大物の中間報告もありました。四国磯連の現在の1位は73.0センチを釣った人が二人います。そして65センチでは10位にもなれない激戦です。いつもながら四国の磯のすばらしい実績が出ています。

香川磯連の年間大物の1位は、イシダイの部小田智章さんの69.2センチ、クエは川田洋一さんの145.8センチ、マダイは津谷浩剛さんの74.2センチ、イサギでは大河正和さんの46.7センチ、チヌは植田正さんの55.8センチといずれも大物が並んでいます。

私に唯一入賞の可能性がある魚種のチヌは、今年は既に55センチ以上が3人いて、とてもじゃないが今年の入賞は無理なようです。ふふ。

9月 17, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

イシガキダイの毒

Ncimg2495バラエティ番組「ザ・世界仰天ニュース」を見いてると、食中毒の内容です。どうせ、フグの話だろと思っていたら、イシガキダイでした。

割烹料理店で出されたイシガキダイを食べた後、激痛と激しいかゆみにおそわれたが、長い間その原因が分からずに苦しんだとのこと。その毒はシガテラ毒。

料理店に損害賠償訴訟を起こして賠償が認められたらしいのだが、イシガキダイで苦しむのなら、これからその魚を釣りにいこうと思っている私には大問題。

そう思っていたら、番組でのその話しの最後のほうになって、シガテラ毒をもっているのはクチジロの大物だけで、小さいのは問題ないとのこと。

シガテラ毒は食べ物で徐々に蓄積されて行くので、小さいのは大丈夫ということらしい。ふふ。どんどん釣ってどんどん食べるぞ。

9月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

久しぶりの釣り本購入

Rcimg2374_2久しぶりに高松市にある宮脇書店の大型店舗に行きました。ここは以前、本の大型展示場で大量の本を並べているだけで売ってくれず、ここで見つけた本も本屋に届けてもらってから購入する必要がありました。

理由はよく分からないが、店舗としての許可を取ってなかったらしい。その後、正式の本屋になったので、ここで購入することができるようになりました。

Rcimg2373_2店舗の上には観覧車があって、地方の本屋としては異質。そしてここがいいのは、3階に地方出版の本が並んでいること。北海道から沖縄県まで都道府県別に書棚があり、その県での地方出版が並んでいます。

Rcimg2381その沖縄県のコーナーで釣り本を見つけて購入しました。「つりと海 今昔物語」。出版は那覇出版社なので、普通の本屋にはまず並ばない本です。ふふ。

他の県も全部見て回ったが、ローカルの釣り場写真集などはあったが、エッセイは全て購入済みのものばっかり。結局見つけたのは1冊だけでした。

9月 15, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

釣り番組を観て、たじろいだ

Ncimg2481テレビの釣り番組のいくつかは録画して、朝食の時に見ることにしています。今朝、見たのは波止からのサヨリ釣りです。ま、一般的なシモリウキを使っています。

釣り上げたサヨリは小さかったり、30センチ近かったりしていい感じで映像が流れます。そのうち、ウキが流れているところがアップになりました。

それを見て、思わず食事の箸が止まりました。海の色が褐色です。空は薄曇りと言うか、どちらかと言えば晴れの感じなので、この色は海そのものの色です。

サヨリ釣りには多くの子供が来ていて楽しそうに釣りをしています。だが、この海の色に泳ぐ魚って臭くないのだろうか。香川県の海でも、雨が降ったあとは濁ることがあるが、こういう色とは少し違う。

そういえば、大阪湾でのボート釣りでセイゴ狙いをしている番組のときも同じ色の海でびっくりしました。釣り人も、魚は臭いので逃がすと言っていました。

兵庫県でのロケですが、せめてもっときれいなところで釣りを楽しむ番組にしてもらいたい。そうでないと、釣りのイメージが悪くなるわ。

9月 14, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

チヌの居着きと回遊の体色ー続き

Ocimg2443以前にチヌの体色に黒色と銀色の2種類がいて、これは居着きと回遊の違いという見解が多く、また、居着きが黒い原因としては浅場にいることが多いので、日焼けが原因という見解が多いと書きました。

Ocimg2450こんなことはどうでもいいや、と思っていたが、その後も気になっていて、何度も「ホントかいな」の疑問が湧いてきます。先日、寝ていてふと気が付いたことがあります。

近くの川で見かけたチヌははっきりした黒色か、はっきりした銀色のどちらかで、その中間の色がいませんでした。もし、日焼けによるものであれば、養殖鯛の黒色化が色んな段階の魚がいるので、これは変です。

そこで思いついたのが、ひょっとしたらこれは別種ではないかということ。だって、メバルにも色が3種類いて、従来は同じ魚と考えられていたが、アカメバル、クロメバル、シロメバルと別の種類になりました。

チヌについても、徹底的に追求してひょっとしてヒレの棘や軟条の数の違いに法則が見つかったら、論文して魚博士になれるかも知れません。ふふ。やっぱ、面倒くさいわ。

9月 13, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

大変です。イシダイリールが壊れた

Mcimg2510毎年釣りに行っているこの時期においしいイシダイ狙いに行く準備をしていました。3日前から腰痛が出て腰が伸びません。それでも何とかなるだろうと楽観的。

イシダイ釣りは久しぶりなので、道具を一つ一つチェックします。小物の道具をチェックして、最後に念のためにリールのハンドルを回して見ます。

ヒャァ~~~。ハンドルは回るがリールの軸が回転しません。ONとOFFの切り替えを何度やっても回転しません。なんとかしなくては・・・。

ちょっとだけ分解してみようかと思ったが、以前グレ釣り用のリールのネジをいくつかはずしたら、元通りならなくなって捨ててしまいました。ふふ。不器用者の私はどうしようもありません。

そこで今回はさっさと釣具店に修理の依頼に出すことにしました。そして新しいリールも釣具店に見に行くつもり。よければ購入です。修理に時間が掛かるだろうし、予備が必要です。

私がイシダイ釣りを始めた数年前に先輩達からもらったリールが2個ありますが、カウンターがついてないので使いにくい。

9月 12, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

ハゼ釣りに行きました

Mcimg2503毎年、この時期に一度はハゼ釣りに行きます。思いついたときが丁度干潮時刻だったが、何とかなると思い切って出かけました。場所はいつもどおり香川県営野球場裏の港。

潮が低くて濁っています。正面、左、右と2回ずつチョイ投げしたが、アタリがまったくありません。そこで20メートルほど移動して投げると、やっとアタリです。

ハゼにしてはキュンキュンと引くと思ったら、小チヌでした。ま、なんでもいいから魚が釣れればうれしい。しかし、この場所でもそれ以降アタリがありません。

Mcimg2504そこでさらに20メートル移動。何投目かにアタリ。やっと釣れたのが、1匹目よりさらに小さいチヌ。どうです。このチヌで、このうれしそうな顔。ふふ。

ハゼが全くいません。気になるのは去年までたくさんいた鵜が全くいないこと。鵜がいなくなるほどハゼを食い尽くした可能性もあります。例年ならハゼ釣りは年に1回ですが、今年は潮が高いときにもう一度来てみたい。

1時間でこの日の釣りを終了です。またまた、たくさんのゴカイが余ってしまい、冷蔵庫行きになりました。ふふ。

9月 11, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

赤澤名工からウキをいただきました

Ocimg2435赤澤名工からウキを3本いただきました。形は写真の通りで、いかにも感度が良さそうです。オモリ負荷は0とBの2種類。

この形だと遠くまで流しても、どんぐり型よりもよく見えるはずです。それに、このウキを見た時に「あそこで使ってみよう」と思いついた場所があります。

それは去年53センチのチヌを釣ったところ。愛媛県宇和海の深浦湾の磯です。ポイントは足元ですが、潮がゆっくりと流れるので、このウキが使えそうです。ふふ。

最近は磯の上物釣りにあまり行かなくなりました。イシダイのシーズンはイシダイ釣りのほうが楽しいからで、グレ釣りが嫌いになったわけではありません。

歳をとると、立ちっぱなしが基本のグレ狙いはちょっとしんどく感じるようになりました。ふふ。しゃーないです。

9月 10, 2015 赤澤名工シリーズ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

祝ブログ開始、10年

Oitukm6555このブログを書き始めたのは2005年6月1日。すっかり忘れていたが、10年が過ぎていました。ふふ。10年目にあたる今年の6月1日に祝賀会をやっておけばよかった。

ブログを書き始めたときは、まだサラリーマン現役のときでした。出張も多く、結構忙しい毎日の中で書くことの難しさを感じたが、釣りだけでなく、魚の料理や値段、釣り本、お魚グッズなどジャンルを増やして、何とか続けることができています。

書き始めて最初のころは毎日書いてなかったが、アクセス数が伸びず、アクセス数を増やすには毎日書くことが大事と気がついて、翌年の1月3日から連続して書き続けています。ふふ。

そして現在までの連続執筆日数を数えてみました。すると3500日を越えています。3500日と言ったら、自分で言うのもおかしいがなかなかのものです。

連続で毎日書くのは、海外旅行や家族の不幸など、長期間書けないこともあるので、結構色んな準備が必要です。続けることができたのは、やはり毎日見てくれる読者のお陰です。

ひょっとしたら、釣りと魚に関するブログとしては日本一連続日数になるんじゃないでしょうか。ま、想像ですけど・・・。ふふ。

9月 9, 2015 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

マンホールコレクションが大きく新聞に

Ncimg2493私のマンホールコレクションが6日付の高知新聞に大きく掲載されました。そのスペースはこれまでに取り上げてくれた新聞の中で最大。

高知新聞なので高知県内のマンホール写真が6枚と、それ以外の3県は1枚ずつのマンホール写真が載っています。私の顔写真も・・・。ふふ。

Cimg6641その中で魚の写真も選んでくれました。私にとってはこれがうれしい。マンホールなんだから、どの写真でもいいはずだが、魚マンホールだと気分がもっと盛り上がります。

これで、四国4県の地方紙で愛媛県だけを除いて、香川県、徳島県、高知県の地方紙が、どれも個人の趣味としては大きくスペースを使って取り上げてくれました。

会社をリタイアして時間をさいてマンホール探しをした苦労が報われました。そのせいで、ヨッさんをはじめ一緒に釣りに行くのに別行動をするために別々の車で行くなど迷惑をかけました。

今後もマンホールに続く別のことで四国内のコレクションを始めたので、引き続いて迷惑をかけると思います。ふふ。

9月 8, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

シリアからドイツへの難民写真を見て

Ckcimg4408今朝の新聞に、シリアからの難民8500人がドイツに到着して、笑顔があふれる写真が掲載されています。ハンガリー、オーストリアを経由する長距離を経てやっとたどり着いた安堵感があふれています。

今年1年間でドイツは80万人の難民を受け入れることになるらしい。ドイツはすごいと思う。だが、今後こうした難民がドイツ社会の中でどのような生活が出来るのか、ちょっと心配。

ドイツに入った難民は、最初は戦争のない生活だけで十分に満足できるが、年数が経つうちに差別感を味わうことがないのだろうか。人間の満足感は環境によってどんどん変化していくから・・・。

私はこれまで何度も病気で入院したことがある。入院しているときは退院して普通の生活が出来ることがどれだけ幸せなことかと、しみじみと思う。ところが退院してしばらくすると、近場の釣りに行き始める。

それが慣れると、遠くの磯釣りに行く。磯釣りに慣れると、もっと大物が釣れないかと思い始め、あちらこちらと体力を消耗してでも走り回る。

病気で入院していた時に思っていた「普通の生活できるだけで十分満足」の想いはどこへやら。
今朝の新聞を見て、こんなことを考えてしまいました。

9月 7, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

メジャーを買いました。

Pcimg2431_2最近の釣り雑誌の広告で目立っているのが第一精工のノギスケールです。釣った魚のサイズを測る時に、これまでは普通の巻き取りメジャーを使っていました。

だが、メジャーの幅が1センチ程度と狭いので魚に当てて測ろうとすると下が斜めになっていたりすると、メジャーを正確に当てるのに苦労します。ノギスケールは幅が広いのでうまくできそうです。

そこでちょっと高いけど、エイヤッとかいました。メーカーの小売希望価格は2600円だが、釣具屋の値札は2080円。それに消費税で2246円でした。

Pcimg2432このメジャーがいいのは、もっと他に理由があります。魚の下にメジャーを敷くと、魚の頭が上に浮いているので写真を撮ると実寸よりも長く写ります。

Pcimg2433このメジャーは赤い線がメジャーから出るようになっているので、底に魚を置いて測れば正確にはかれます。ま、それでも頭が上に浮いていると長く写ることに変わりはないので、悪意のある人にはどうしょうもないけど・・・。ふふ。

試しにペットボトルを測ったときの写真を撮ってみました。底も栓のところも赤線にあわせていますが、写真に撮ると、すごく長く写ります。私の魚種別自己記録を正確に測るにはいい。

9月 6, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

来年からクラブの会長を交代

Ncimg2473_3Ncimg2474_2
木曜日にあったクラブの集まりで、私は会長を退くことを皆に伝えました。私は今年、70才。磯釣りには限界年齢です。もちろん今後もどんどん磯に行くつもりです。

しかし、私の体力不足でクラブ員に迷惑をかけることは出来ません。いろいろあったが、最終的に猪子ちゃんが会長をして、三好さんが将来の会長就任含みで事務局長を務めてくれることになりました。

役員の中でもう一つ大事な役割の会計は片ちゃんが引き続いてやってくれることになり、これも一安心です。ふふ。

香川県磯釣り連盟のクラブの中で、高松黒潮クラブは最大人数のクラブです。今後もクラブだけでなく、香川県の磯釣りクラブ全体、他県の磯釣り団体との連携なども大切な役割です。これも、今後の新体制にお願いすることになります。

私は会長を10年間したが、クラブ員がずっと支えてくれました。感謝です。今後ともわがクラブをよろしくお願いします。

9月 5, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

クラブの10人が集合(平成27年9月)

Ncimg2473_2Ncimg2474Ncimg2476昨日、高松黒潮クラブがいつもの割烹「友釣」に集合。その人数が10人と、最近にしては大人数になりました。ふふ。来れる人は全員が揃った感じです。

宝山さんがいると、どうしてもサヨリ釣りの話しになります。今年になってからまだ一度もサヨリ釣りに行っていないとのこと。行っても、鉛筆サヨリサイズしかいないとのこと。

それを聞いた店主の勇ちゃんが、「鉛筆サヨリはタチウオのエサにいいので、釣ってきてよー。冷凍しておくから」。宝山さんは鉛筆サヨリは釣りに行く気がせんなあ、とつれない返事。ふふ。

Ncimg2472宝山さんが持ってきたどぶろくが、どんどん飲まれていきます。アルコール度数17度と私には高めだが、甘みがあっておいしい。

西脇さん、菅野さんとは脈釣りの話。三人全員が行く気が満々なのだが、私の事情でちょっと待ってもらうことになりました。しょーがないです。

途中で、香川磯連会長の古川さんから電話。20日に予定している2つのクラブのチヌ釣り大会の進め方。いつも古川さんのクラブ、観音寺目示奈会におんぶに抱っこの感じになっています。ふふ。

9月 4, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

寺戸さんからお魚グッズが郵送

Pcimg2422またまた、上海在住の寺戸さんからお魚グッズを送ってくれました。寺戸さんのメモによると今年の5月3日にシルクロードの街、敦煌で買ったとのこと。

だが、買った店がちょっと不思議です。「敦煌市鳴月夜光杯工場内の売店」とメモにあるが、工場の売店にこういうものが売っているのが不思議です。ふふ。

購入金額は80元。交渉して値切ったとは書いていないのも、この店がそういうところでないことをあらわしています。

素材は象牙か牛の角のような感じですが、私にはそれを判断する知識を残念ながら持っていません。魚のウロコやヒレまで丁寧に彫刻がされています。

Pcimg2423頭が蓋のようになっていて、胴体には穴が開いていて何かを入れるようになっています。寺戸さんのメモには「ラクダの大将がぶら下げていたのでしょうかね」と書いてくれてます。

この但し書きを見ただけで、このお魚グッズの背景が一気にパーッと広がっていきました。

9月 3, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

カツオ造形が消えた?

Pcimg24218月上旬のテレビ東京の番組、「ローカル線で始発から終電まで! ご一緒してもいいですか」を見ていました。ローカル線で出会った人との交流をロケしたものです。

最初に、土佐黒潮鉄道が出てきます。釣りでよく行く地域なので興味津々。土佐佐賀駅での話しになりました。場所が場所だけに当然、カツオに絡んだ交流です。

番組のスタッフがそこで知り合った人と佐賀駅で別れるシーンを見て、私は普通の人とは違うところに目が釘付けになってしまいました。ふふ。

それは駅のプラットホームにある佐賀駅表示の看板です。この看板の上には大きなカツオの造形が乗っているはずです。ところがテレビの映像にはカツオがありません。

ひょっとしたら、カツオがなんらかの理由で除去されたのでしょうか。残念。今度この駅の横を走っている国道56号線を走る時に確認しなくちゃあ。ふふ。

9月 2, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

チヌの居着きと回遊の体色

Ocimg2443我が家の近くを散歩していて、川沿いに歩いていると30センチ強のチヌがたくさんいます。ふふ。見ていて楽しいわい。

Ocimg2450中にはグレと同じくらい黒いのもいれば、よーく見ないと分からないくらい色が薄くて銀色がいます。不思議なのは中間色は全くおらず、黒色か、銀色かのどちらかです。

ま、一般的には居着きのチヌは黒くて、回遊してきたチヌは銀色といわれていて、私もそうかなと思っていました。居着きは浅場でうろうろしているだけなので、日焼けして黒くなっているといわれて納得していました。だが・・・。

その知識を言ってる人も根拠は「他人から教えてもらった」と言う人が多く、学術的な説明がありません。そこでインターネットで本当かどうか調べてみました。

ところが、どうも分かりません。「黒色は居着きと決め付けないほうがいい」という意見も結構あるし、日焼けの理由にしてもあくまでも推測です。
分かんねえなあ。ま、どうでもいいか。ふふ。

9月 1, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)