« 「釣りバカ日誌」91巻 | トップページ | ナマズをウナギにする »

2015年8月20日 (木)

赤澤名工がアジネットを修理

Ocimg2439以前、このブログに書きましたが、イカ釣り用のアジネットが破れて、その修理を赤澤名工にお願いしていました。それを持ってきてくれました。

柄とネットの枠はそのままで、ネットが以前のものに比べて柔らかい素材になっていてアジが傷つきにくくなっています。ふふ。さらに工夫がされています。

Ocimg2440ネットの底の部分に不織布を張りつけています。アジをすくった後、その布の部分で握ればアジを柔らかく固定できるという趣向です。アユの友釣りに使うネットには既にそういう工夫がされているとのこと。

これまではネットでアジをすくった後、ネットからアジを取り出して握って掛けバリをつけていたけど、この網だとネットをすくえばそのまま掛けバリをつけることが出来ます。

さすが、赤澤名工です。私が名工と呼ぶにふさわしい工夫です。「この工夫はひょっとたらメーカーが特許を取っているかも知れないが、商品として利益を生むのでなければ特許侵害にならん」ということまで教えてくれました。

8月 20, 2015 赤澤名工シリーズ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/62118507

この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工がアジネットを修理:

コメント

コメントを書く