« 脈釣りのいいところ | トップページ | 山陽放送のテレビ番組で・・・ »

2015年8月13日 (木)

脈釣りのいいところ(2)

Vcimg2300脈釣りのいいところは「手軽さとエサの安さ」と書きましたが、まだまだあります。

脈釣りの3番目にいいことは、気楽に釣りにいけるので、なかなか釣りにいけないときのストレスのガス抜きにいいのです。特にサラリーマン時代だと、天候との都合で磯釣りになかなかいけないとき、ちょっと空いた時間に近場で脈釣りすると、ストレスが解消します。

「釣りをしたーい」と思ってるのになかなか釣りにいけないのは釣り人にしか分からないストレス。ちょっとでも竿を握ることができれば、ストレスは霧消します。ふふ。

そして脈釣りの最もいいところと言うか、楽しいことは、脈釣りが徹底的に「攻めの釣り」ということ。釣りには「攻めの釣り」と「待ちの釣り」があるが、脈釣りは徹底的に「攻めの釣り」です。

アタリが無いと仕掛けを振り込む方向、距離を変え、探るタナとスピードを変える。これを電気ウキを使ってやろうとすると面倒くさくて出来ません。アタリの頻度もウキ釣りに比べて圧倒的に多い。

そして脈釣りの最大の醍醐味は、魚を掛けたときの重量感です。竿が柔らかいだけに握る手に伝わる引きの強さがすごくて、25センチの魚でも「ヒェーッ」となります。

そうかと言ってそこそこの型の魚でも釣り上げることが出来ます。50センチのセイゴ、40センチのチヌならこの脈釣りでも十分に上げることが出来ます。

8月 13, 2015 脈釣り |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脈釣りのいいところ(2):

コメント

コメントを書く