« 釣りで「あるある」 | トップページ | 珍しい魚種グッズ »

2015年7月 6日 (月)

イラのフライと腹身の塩焼き

Cocimg2021昨年の秋にイシダイ釣りの外道で釣れたイラを冷凍していました。孫が里帰りしてきたので、それをフライにしました。ふふ。

Kcimg0831ヒブダイはこれまでに何回もフライにして食べたが、イラをフライにしたのは初めてです。食べてびっくり。ヒブダイよりも脂がのっていてうまい。

朝食に前日に作ったフライの残りを暖め、それとは別にしてとっておいた、腹の身を塩焼きにしました。

すると、なんとなんと腹の身が絶品。焼いているときから脂が落ちてジュッ、ジュッと音がしていたので、期待していたが、期待以上です。ベラ科の魚はあっさりした味だと思っていたが、こんなに脂が乗っているとは・・・。

当然釣った季節にもよると思うが、イラがこんなにおいしい魚とは・・・。それまで釣れてもすべて逃していたのが残念。
ベラ科の魚はおいしいことが分かったので、今度はササノハベラにもチャレンジしてみますか。ふふ。

7月 6, 2015 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/61782613

この記事へのトラックバック一覧です: イラのフライと腹身の塩焼き:

コメント

コメントを書く