« アコウの香川県記録の保留 | トップページ | イラのフライと腹身の塩焼き »

2015年7月 5日 (日)

釣りで「あるある」

Cimg1255釣りで「あるある」を考えてみました。

初心者に釣り方とコツを丁寧に教えた日に、初心者に釣果で負ける。「あるある」。
初心者は天狗になり、教えたほうは「ま、そういう日もあるさ」となぐさめる。

釣れない理由はたくさんあるが、自分のウデが理由になることはまずない。「あるある」。
釣れない理由で最も多いのが水温。そう言っておけばだれも傷つかない。船頭がよく使う手。

数で圧倒的に負けても、1匹でもサイズが勝ったのがあれば十分に納得。逆にサイズで負けていても数で勝っていれば納得。「あるある」。
数はウデの差、サイズはまぐれの差が基本だが、時と場合で自分が納得する理由になる。

釣り日和といわれる快晴、無風で釣れたことがない。「あるある」。
釣り日和は釣果よりも釣り人の気分の問題。

複数で釣りに行って一人だけボウズだと、帰りのその人の運転は暴走運転になる。「あるある」。
そりゃあ、そうでしょうなあ。

7月 5, 2015 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣りで「あるある」:

コメント

コメントを書く