« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

脈釣りの竿を砂浜で使うときは・・・

Tcimg2327孫が帰ったあとで、久しぶりに脈釣りに行こうと延べ竿を試しに伸ばしてみたときのことです。すると、ガリガリという音がしてきれいに竿が出てきません。明らかに中に入った砂が噛んでいるようです。

そこで竿を立てて中の砂をゴミ箱の中に落とすと、びっくりするほどたくさん出てきました。ジャンジャン出たが、それでも竿を延ばそうとすると、ガリッ、ガリッと音がします。

Vcimg2291_2そこで徹底的に砂を出そうと、テーブルに立ててドンドンとやると、パラパラといつまでも出てきます。集めると結構な量です。どれだけの量の砂が入っていたのか。ふふ。

これは孫達と釣りに行ったときに、砂が入ったに違いありません。ユーキが「ここに置いていい?」と聞いたので、「いいよー」と答えました。延べ竿は砂浜に置いちゃあ、ダメです。ふふ。

そのときはこんなことになるとは想像していなかったが、小さな傷が竿に付いてしまいました。しゃーないなあ。今後、気をつけます。

7月 31, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

意外においしかったサバ

Xcimg2252徳島県鳴門市に小アジを釣りに行ったとき、サバが11匹釣れました。ほとんどが23センチ、大きくても25センチと小型のサバです。

Xcimg2264これくらいのサバはそれこそサバサバじゃなくてパサパサで、脂がなくて全くおいしくない。なので、全て逃がしていたが、あまりに釣れるので、25センチを1匹だけクーラーに入れました。

その翌日の朝食に塩焼きにしました。焼いていると、意外にもジュッ、ジュッと脂が落ちる音がします。

そして、このサイズとは思えないほど脂が乗っておいしい。もちろんスーパーで売っているノルウェー産ほどじゃないが、焼いている時に脂が落ちるのだから相当な脂です。正直、うまい。

これだったら逃がさないで11匹全部を持って帰ったらよかった。春に宇和海で釣った木っ葉グレも27センチ以下をたくさんリリースしたが、塩焼きにするとおいしかった。ちょっとリリースしすぎか。ふふ。

7月 30, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

小物釣りを楽しみました(6)

Xcimg2248鳴門市まで小アジ釣りに来たが釣れるのはスズメダイのオンパレード。投げる距離を間違えると2匹が釣れるのは当たり前、5連でスズメダイも釣れます。

Xcimg2247私の後ろにはいつものようにアオサギとゴイサギが何羽も待っています。スズメダイを投げると争って食べます。いつも勝つのはすばしっこいゴイサギ。100パーセント、ゴイサギが食べてしまいます。

Xcimg2254アジが釣れる気配は全くないが、アミエビがたっぷり。超遠投してもダメ。1時間が経過。午後6時前に奇跡のようにスズメダイとアジが連で釣れます。アジはいるらしい。

そこで遠投するがアジはいません。近くに投げるとスズメダイ。中間に投げるとスズメダイとアジが一緒にかかりますが、アジが少なく多く連れても2連までです。

Xcimg2260_2そのうちに投げていた大きなウキが横に走ります。釣れたのはサバ。25センチと小さいので逃がします。

結果的に1時間でアジ23匹、サバ11匹、スズメダイ58匹、ウミタナゴ1匹。サバは1匹だけクーラーに入れました。

7月 29, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

小物釣りを楽しみました(5)

Xcimg2232香川県東部の釣り場で釣りをしたり、見学をしたりして、午後3時になりました。これから鳴門市までいき、小アジ釣りの予定です。ただ、小アジの地合いは夕時なので、そこで釣りをしているとお腹がすきそうです。

そこでお湯を沸かして、宇和島に釣りに行った時に買って残っていたカップラーメンを食べたが、これが意外に旨い。ふふ。

Xcimg2240鳴門市は渦潮が有名で、この釣り場もいつもは急流の川のようにゴーゴーと流れています。ところが、この日は潮止まりのせいか、海が鏡のようです。こんなことは初めてです。潮が流れないときはスズメダイしか釣れません。さあて・・・。

Xcimg2242_2やっぱりです。スズメダイばかりです。いつもなら遠投して流れが急なところでアジが釣れるのだが、この日はずーーっと沖まで流れがほとんど止まっています。なので、沖に投げてもスズメダイ。

見物人がやってきました。少し遅れて孫を釣れた人も見に来ます。孫の女の子は釣りに興味があるらしく、「帰ろう」というおじいさんに、「おじいちゃん、もう少し見てもいい」とねだります。

そこであえて近くのポイントに投げると直ぐにスズメダイが釣れたので、それをハリからはずして女の子に渡そうとしたが、恐いらしくつかみません。おじいさんが受け取って女の子は恐る恐る触っています。

Xcimg2239そしてしばらくして見物人は帰っていきました。この調子ではアジが釣れそうにありません。時刻は午後5時。

明日に続く。

7月 28, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

小物釣りを楽しみました(4)

Xcimg2221_2私のサヨリ釣りポイントの一つ、香川県東部のしろとり海岸で本格的なキス釣りを見学。本人の説明どおりに釣ったのはちょっとびっくりしました。「アンタもここで釣りをしたらいい」と言ってくれたが、まさかチョイ投げ仕掛けでやるわけにはいきません。ふふ。

その後、孫といつも行く直ぐ近くの釣り場にも寄ってみました。というのは、ここに来る前に行った山田海岸ではキスは釣れたが、コチが釣れませんでした。なので、いつもコチが釣れる場所で釣れるのかどうかを確かめたかったのと、ネズッポ科の別の魚種が釣れるかどうかを確かめたかったのもあります。

チョイ投げをすると1投目からアタリがあり、コチが釣れます。ここはコチが多いようです。しかし釣れてくるのはいつも釣れるトビヌメリばっかりです。

Xcimg2227以前にもこのブログに書きましたが、顔の模様と第1背びれの模様で判別が出来ます。

Xcimg2231今回の釣りは確認だけなので釣った魚は全て逃がします。キスも逃がします。ふふ。

以前宇和島方面に釣りに行ったときに買ったノンアルコールの缶があったので、これをひと飲み。旨くはないが喉が潤います。

これまで4箇所の海岸で釣りをしたり、見物したりしてきたが、今回の釣りのもうひとつの目標地に移動することにします。それは鳴門市での小アジ釣りです。

明日に続く。

7月 27, 2015 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

小物釣りを楽しみました(3)

Xcimg2216香川県東かがわ市の山田海岸で小さいがキスが釣れました。釣りにやってきた家族にキスをあげて一旦駐車場まで来たが、車に積んでいた「香川ギネス」が目に付いたので、それをあげることにして、釣り場まで引き返しました。これも「香川ギネス」の広報活動です。

そのついでに家族の写真を取らせてもらいます。いい感じの写真になりました。名前を聞き忘れたので、もしこのブログを観て写真がお望みならその旨をコメントに書いてもらえば、プリントして郵送するか、メールで送ります。ふふ。

その後、車をさらに東に走らせると、以前にサヨリ釣りをした場所に通りかかったのでサヨリが釣れているかどうか見にいくことにしました。

Xcimg2218すると、駐車場から釣り場に行くところに禁止看板が並んでいます。「打ち上げ花火、バクチク禁止」、「バーベキュー禁止」、「水上バイクによる危険行為禁止」。よほど地元の人が困っているのが伝わってきます。

Xcimg2219海岸に出るとT字形の波止があります。手前のほうにいた釣り人に声をかけたが、「なんちゃ、釣れん」とぶっきらぼうな返事。ダンゴでチヌ狙いのようです。サヨリ釣りをしている人はいないようです。

Xcimg2221そこで先端で投げ釣りをしているところに行ってみました。本格的な竿とリールです。100メートル以上を投げてキスしか狙わないと言うので見せてもらうことにします。

オモリが飛んだ先が見えないほど遠くまで投げた後、竿を立てたままで竿先を見ないでそろりそろりとリールを巻きます。そして20センチ越えとそれよりは少し小さいキスを連で釣りあげました。さすがです。感心しました。

明日に続く。

7月 26, 2015 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

小物釣りを楽しみました(2)

Xcimg2203_2孫との新しい釣り場を探してさぬき市の砂浜に行ったが、ゴロタ石で藻が多いので東かがわ市の山田海岸にやってきました。砂浜の中央で直ぐに小さいがキスが釣れました。

フグも釣れます。フグは孫にも人気がある魚で、帰るときは逃すがその愛嬌は人気があります。なかなかいい釣り場ですが、ただ、アタリの頻度がちょっと少ない感じです。

30分間でキス3匹とフグ1匹。そこで、砂浜の端に見えるなだらかな坂になっている波止に移動してみました。今回はじっくりと釣りをするのではなく場所探しなので釣れた魚は逃がします。

Xcimg2211波止から直ぐ近くに見える丸亀島の方向に向けて投げると直ぐアタリがあってキスが釣れます。その後もほとんど入れ食いに近い感じで釣れます。連で釣れることも・・・。

この海岸に来たとき、「孫が来るのを待っている」という人と話しをしたが、その人が孫を連れてやってくるのが見えました。そこで逃していたキスを水汲みバケツに入れて、やってきた子供に見てもらいました。

その人たちが釣りの用意をしている間に3匹を追加。その家族に4匹をあげて、私のこの場所での釣りは終了しました。ふふ。

明日に続く。

7月 25, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

小物釣りを楽しみました

Xcimg2201孫はアメリカに帰りました。孫と釣りに行くのはいつも東かがわ市の海水浴場だが、もう少し近いところで釣れるところがないかと思い、探すことにしました。

まず、目指したのが高松市東部にあるさぬき市の青木海水浴場。カーナビを設定して行ったが、海水浴場に降りる道が見つかりません。そこで近くの海岸でも一緒だろうと車を走らせました。

直ぐ近くにいい感じの砂浜があり、道路のすぐ横にも空き地があって駐車が出来ます。孫と行く場所はこれも大切な要素です。そこで、早速砂浜に降りてチョイ投げをしてみます。胸がワクワクです。

Xcimg2199ところが切れ藻が多くて釣りになりません。それにちょっと沖にゴロタ石があって根掛かりします。これでは孫と一緒に釣りを楽しめません。

そこで15分でここでの場所をあきらめてさらに東に走ると、以前釣りクラブのキャンプをしたことがある山田海岸の看板があります。狭い道を下ると広い駐車場です。

Xcimg2203そこの砂浜の中央で投げてみます。小さなキスが釣れました。ふふ。

明日に続く。

7月 24, 2015 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

孫が釣ったキスを空揚げ

Tcimg23326月に孫が帰省している間に3回釣りに行きました。最初に行ったときの釣果はすぐに空揚げにして食べましたが、2回目、3回目の釣果は食べるチャンスがなくてそのまま冷凍していました。

それを夕食に空揚げにすることになりました。30匹以上あります。「山の神」との二人分だと十分な量です。

天ぷら、空揚げなど油を使う料理は、下処理は「山の神」がして油で揚げるのは私の役と、リタイアした後いつの間にか、役割分担が出来ました。ふふ。

Tcimg2336空揚げは3回くらい揚げます。それも魚の大きさや種類によって時間を変えます。これも慣れです。いわゆる慣らされたということか。ふふ。

アイナメは頭からかぶりつくようにじっくり、ベラはどうせ中骨は食べないのでそれよりは短め、そして小さいコチ、キスは中骨まで食べられるように色を見ながら時間を決めます。

この日の出来はサイコー。「山の神」もいつもよりパクパクと口に入れて「おいしー。ユーキとショーエイが怒らないかしら」。ふふ。

7月 23, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

ハマフエフキの産卵シーン

Scimg23457月19日の日曜日の朝、NHKテレビを何げなく見ていたら、ハマフエフキの産卵シーンを画像に撮ることに成功したとのこと。

Scimg2370メートル近いハマフエフキが数百匹も集まっている映像には迫力があります。私はこの魚の大型を釣ったことはないが、四国磯連では毎年大型が釣れています。

産卵はメスが垂直に上昇して産卵するとそれを追いかけていたオスが一斉に放精します。1匹だけでも魚拓で見ると大きさに圧倒されるのに、それが数百匹も集まるとは・・・。

メスは1回の産卵で数百万匹の卵を産み、その中で大きく成長できるのはせいぜい数匹とのこと。ま、1万匹のうち9999匹は他の魚に食べられてしまうということ。

こんなに小さい確率で大きくなった大型ハマフエフキをバンバン釣りに行くのは罪なことといえないこともない。ふふ。

7月 22, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

四国の海水温メモ

Scimg2347香川県の地方紙四国新聞に四国内主要地の海水温が毎日掲載されているのはありがたい。私は簡単なメモ日記をつけているが、その中に海水温も書いています。

私の日記は10年日記なので、同じ日の10年分が一度に見ることができるので、海水温の年度別推移がいつも見ることが出来ます。私がメモをしている地点は香川県の3地点。

それに高知県の足摺岬と室戸岬。これはイカ釣りにとってとても貴重な情報です。イカ釣行は海水温を睨みながらどこに行くかを決めることが多い。

Scimg2348ところが足摺岬と室戸岬は欠測になることが結構ある。一度欠測になると3ヶ月くらい欠測が続きます。大きな台風が来たあとに欠測になることが多いので、大きなうねりで機器が故障しているのが理由かと勝手に想像しています。四国に上陸した11号台風の後も欠測になりました。

足摺岬は欠測になることが多いが、宇和島南部の遊子(ゆす)は欠測になることがほとんどないので、最近はこの地点の水温も日記に記入することにしています。

この夏の時期はイカ釣りはできないので、高知県の水温は必要ないのだが、書き続けています。ふふ。

7月 21, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

3連休だったのか

Cimg5913今朝、いつものように早朝にファミレスに行くと、いつもとは客層が違います。旅行中らしいファミリーがいて、「月曜日なのに・・・」と不思議に思ったが、今日は3連休の最終日だったんですな。

サラリーマン時代で、この天気だったら1日は絶対に高知県か宇和海の磯釣りに行っていました。こういう連休のときは磯は混むと分かっていても、行くこと自体が目的になっていました。

「行けるときに行く」がサラリーマン時代の鉄則。そうでないと釣りにいけません。それに対して、現在はどうだ。

5月の連休のときもリタイア後は全く行っていません。磯が混むのもなんか損をした気分になるし、なによりも道路の交通渋滞がイライラします。宇和島市は高速道路が南に延伸して渋滞緩和しているが、それでも南方面からきて高速道路に乗るまでが渋滞します。

サラリーマン時代には「しゃーない」とあきらめていたが、リタイア後は「わざわざこんなときに釣りに行かなくても・・・」と思ってしまいます。「どうだ、贅沢だろ~」。ふふ。

7月 20, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

チンアナゴの看板

Clcimg2151孫と高知市桂浜の水族館に行ったとき、チンアナゴの看板がありました。ふふ。水族館からの出口を教える看板です。出口が売店になっていてちょっと分かり難いのです。

手作り感があって、おそらく水族館の職員が作ったのだと思いますが、ちょっとユーモア感があって楽しい。無機質な案内表示よりもずーーっといい。

このチンアナゴはこの水族館にも実際に展示されていて、これを見た孫のユーキが「かわいい」と水槽を見続けていました。

本からの知識だと、このチンアナゴは体の半分だけを穴から出してユラユラとしているが、臆病なので、ちょっとした音でも直ぐに穴に引っ込んでしまうとのこと。

多くの水族館で展示しているが、ここの水族館のは少し小さめでした。それだけに一層かわいく見えました。ふふ。

7月 19, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

「関西のつり」8月号にまたまた・・・

Wcimg2275現在本屋で売られている「関西のつり」8月号に、私が書いたエッセイにはまたまたヨッさんとイカ釣りに行った話です。

Wcimg2274エッセイはどうしても遠出の釣りのほうが話題が多くて書きやすいので、高知県西部や宇和海に行ったときはその話しを中心に書くことになります。

だから、アオリイカ釣りのシーズンはどうしてもヨッさんやオカテッちゃんと行った内容が多くなります。ふふ。

8月号にはヨッさんがイカ釣り仕掛けでクエを釣った話です。もちろん写真も掲載です。ヨッさんのことが掲載したときは「関西のつり」をヨッさんも購入しているようです。

これからはイカ釣りはないので、しばらくはイシダイ釣りや小物釣りの話になります。それはそれで私には楽しい釣りなので一生懸命に書いています。ふふ。

7月 18, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

今朝、まずしたこと

Tcimg2338今朝もいつものように午前4時半に目が覚めて、階下に行ってまずしたことは、車庫の中を確認したこと。濡れていません。安心。

とうのは、11年前の平成16年8月の台風16号による高潮被害はすごかったのです。海水がドンドン市街地に流れ込み、高松市中心部で水深2メートルにもなったところがあり、死者が3名も出ました。市の中心部で海水魚が泳いでいたという話も聞きました。

この時に我が家は海岸に近いところにあるが、決して低地ではないことが分かりました。しかし、高潮のために排水溝を流れる大量の雨水が近くの川に排水できずに道路にたまってしまい、その水が我が家の車庫にも入ってきました。

そのときは全くそんなことがあるとは思わず、朝に車庫に行くと靴が全て車庫のシャッター近くにありました。流れ込んだ雨水に浮いて流れたらしい。ふふ。

さて、今朝起きると台風はまだ香川県内にいることを知ってびっくり。こんなに遅いとは・・・。それでも雨、風はそんなに強くないのでいつものようにファミレスに行きました。

ところが閉店しています。24時間営業なのに・・・。ま、こんな天候の日に行くほうが変人か。ふふ。そうだろうなあ。そのままUターンして家に帰りましたわ。

7月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

台風が近づいています

Tcimg2331今朝、いつものように朝五時半に、ファミレスに行こうと家を出ると、強い風と雨に驚きました。まさか、こんなに早くから台風11号の影響があるとは思っていませんでした。

テレビのニュースでは足摺岬からの映像が何度か映ります。岬直下の磯に大きなうねりが砕けて磯全体を乗り越えて行きます。「ヒェーッ」。

磯釣りで渡ると大きな磯で、まさか磯の頂上にまで波が来るとは考えられない大きな磯です。繰り返し、ニュースでは今回の台風の大きさを伝えています。

台風が来るたびに思い出すことがあります。

釣りに最も熱中していた40歳代のとき、「雨の日は最大チャンスの釣り日」と思っていました。それは、晴れ日よりも雨の日がよく釣れるはずということと、何よりも雨の日のほうが釣り人が少なくて釣り場がの好ポイント空いているということ。今じゃあ、とても雨の日を選んで釣りに行くなくてバカらしくて考えられませんわ。ふふ。

そんなとき、台風ならもっと釣り人が少なくていいし、台風なら魚が避難する場所があるはずと思いつき、「なんで、こんないい考えを今まで思いつかなかったのだろう」と愛媛県宇和島市の筏に行きました。

湾の奥に設置されている筏なので、直接に台風の影響はないはずだし、狙いの大型チヌもうねりを避けて湾内のここにきているに違いないという読みです。

案の定、釣り人は私一人だけ。筏に意気揚々と渡りました。台風はまだ高知沖なので空は晴れています。

だが、筏に乗ってから30分でダウン。なぜかと言うと、船酔いならず、筏酔い。筏の不規則な揺れですっかり気分が悪くなって、とてもじゃないが釣りが出来ず、携帯電話もなかったので、筏の上で横になって船頭の迎えをただひたすら待つだけでした。ふふ。

7月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

一応、「師匠」と呼んでください(2)

Ucimg2314_2西脇さんと弦打木材港で脈釣りをしています。西脇さんには早く1匹を釣ってほしいと思っていたが、暗くなってから小さいがメバルを釣りました。よかった。

その後、私にはアタリがありません。西脇さんもアタリがなかったら楽しくないだろうなあと心配していたら、「入れ食いやあ」と意外な答え。「エーッ」。

Ucimg23165匹釣ったが、1匹だけキープしたとのこと。15センチくらいのメバルをレジ袋に入れています。そして、言葉の節々に脈釣りの楽しさが伝わってきます。.

Ucimg2318「向こうのほうは入れ食いです」と言うので、私も場所を移動します。すると、ホントに入れ食いです。8回仕掛けを振り込んで5匹が釣れました。

そのサイズはぎりぎりのキープではなく、ぎりぎりのリリースサイズ。これからの時間は脈釣りがもっと楽しくなるはず。

ところが30分ほど前からお腹が痛くなって釣りに集中できません。そこで私は残念ながらギブアップ。竿は西脇さんにしばらく使ってもらうことにして、私は帰ることにしました。

Ucimg2320そのことをいいに行くと、西脇さんは「いいのが釣れた」と見せてくれます。20センチ級のメバルを釣っていて、文句なしのキープサイズです。西脇さんは脈釣りの楽しさを知ったようです。

Ucimg2322その途中、花火が打ちあがっています。前日に上がると思っていたが、祭りは二日間あって、二日目に上がるらしい。

7月 15, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

一応、「師匠」と呼んでください

Ucimg2309一人で我が家から車で10分ほどの弦打(つるうち)木材港で脈釣りをしたとき、アタリがよくあったのでこれなら初めての人でも釣れると思い、翌日の日曜日に西脇さんに電話で誘いました。「行く」とのこと。ふふ。

今月の初めにクラブで飲み会があったときの約束です。一緒に行くことになっていた菅野さんは17日まで仕事の関係で「行けない」と聞いていたので、とりあえず西脇さんと二人で行きました。

午後7時集合。まだ、明るい。西脇さんには、私の7メートルのメバル竿と仕掛け一式を使ってもらうことにします。西脇さんは「5メートルのチヌ竿1号でする」と言っていたが、脈釣りは長い竿が圧倒的に有利です。

Ucimg2308メバルは暗くなってからが勝負です。それまでにはまだ1時間近くあります。釣れてもカサゴだろうと思っていたが、小さなメバルが釣れました。

脈釣りは実際に魚を掛けないとその醍醐味が分かりません。小さくてもいいから、早く西脇さんに釣ってほしい。そう思っていたら、すっかり暗くなってから西脇さんが近づいてきます。

Ucimg2314私には全然アタリがないので、「アタリがないなあ」と声をかけると、「釣れたあ」とのこと。小さいメバルを手に持っています。リリースサイズだが、1匹でも釣れてよかった。

明日に続く。

7月 14, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

涼しくて気分がいい脈釣り(2)

Vcimg2299脈釣りに出て、最初の場所は漁師の祭りで打ち上げられる花火時刻になったので、場所を移動して弦打(つるうち)木材港にやってきました。

すぐにアタリがあって、小さなメバルです。最初の場所で釣れたのよりは少し大きいがリリース。最近キープするサイズが少し大きくなっています。調理するのが面倒くさいだけのことです。ふふ。

少しずつ移動しながら探っていきます。すると、ゴッという明確なアタリに合わせると、強い引きです。小さなメバルではありません。

Vcimg2300上がってきたのは21センチのメバル。これくらいのサイズになると、柔らかい竿なので引きを楽しめます。同じ場所で今度は18センチ。この2匹はキープです。

Vcimg2302_2その場所ではアタリがなくなったので、場所を少しずつ移動します。あたりはあるが、なかなかハリに掛かりません。やっとつれると小さなメバル。

1時間で釣りをやめました。最近は根性がない。ふふ。結局ここではメバル6匹、フグ1匹の釣果。キープは2匹でした。

7月 13, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

涼しくて気分がいい脈釣り

Vcimg2296昨日の夕方、涼しくて気分がいいので、久しぶりに脈釣りに行きました。最初に行ったのは、いつものポイントです。我が家から直ぐ近くの潮入川の河口です。

Vcimg2293エサのゴカイを買いに行く途中、港の中の広場がにぎやかです。漁師の祭りのようです。祭りのときは午後8時から花火の打ち上げがあるので、そうなると魚が釣れません。

そこで最初の釣り場では花火が始まるまでと決めましたが、まだ明るいのでメバルは釣れないはずです。ところが釣りを始めて10分ほどで小さなメバル。

脈釣りに行って、明るいうちにメバルが釣れることはほとんどありません。今日は幸先がいいと思ったが、それ以降はアタリがありません。やっぱり、という感じ。

Vcimg2298しばらくして暗くなりかけてやっとアタリ。メバルかと思ったが、フグ。その後、小さいメバルが釣れたが、そろそろ花火が始まる時刻になったので、車で10分ほど走って場所を移動しました。

弦打(つるうち)木材港です。私が思っていたポイントには小さな子供がいる家族が投げ釣りをしています。そこで少し場所をずらして始めました。

花火打ち上げの時刻になったが、花火の音が聞こえません。距離が遠いからなのか、この日は花火がなかったのかは分かりません。ふふ。

明日に続く。

7月 12, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

招き猫がカツオを・・・

Clcimg2173高知市に観光に行ったとき、日曜市をぶらぶらと1時間かけて見た後、車を置いているホテルに帰る途中、娘の旦那のカツが「こんなところに魚がある」と教えてくれました。ふふ。

少々疲れて下向きに歩いていた私は全く気がつきませんでした。寿司屋らしい店の前に大きな招き猫があり、高知県の魚のカツオを抱えています。

カツオは左手で抱えていて、右手は「寿司」の提灯をぶら下げています。こういう看板を見たことがないので、うれしくて何枚も写真に撮りました。

店のオーナーのユーモアセンスがうかがえます。自分の店を宣伝し、高知県の魚のカツオも宣伝しています。見ているだけで楽しくなります。

猫が抱えているカツオはチョコンと手に載せているだけで簡単に取り外しが出来るような感じですが、ここは繁華街なので、そんな状態だったら、とっくにカツオはなくなっているかも・・・。それとも高知の酔っ払いは行儀がいいのか。

7月 11, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

高知市の日曜市で買ったもの

Clcimg2166孫達と高知市に行ったとき、宿泊の翌日は日曜市に行きました。7時過ぎに行ったが、すでにすごい人ごみです。日本最大の日曜市と言うだけのことはあります。

Ycimg2196_2「山の神」は柑橘類を探しています。購入は小夏と宿毛万柑の2種類。私の目はどうしても魚に向きます。そして購入したのはイワシの干物とチリメンジャコ。

イワシの干物は23センチもあってイワシとしては超大物。干物にすると縮むはずなので、干物にする前はどれだけのサイズだったのかと想像しました。ふふ。

Ycimg2197値段は7匹で1000円と、まあまあの値段でしたが帰ってから楽しみになる土産になりました。自宅に帰った翌日の朝食用に焼きました。

頭からボリボリと食べましたが、いい塩加減です。ただ、ちょっと焼きすぎたのか固い。今度焼くときは時間を少なめにしてして焼くつもりです。ふふ。一緒に食べたチリメンジャコはいい味でした。

7月 10, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

アジネットと水温計を買いました

Cvcimg1972細いロープがなくなったので100円ショップに行きました。久しぶりの100円ショップなので、他の売り場も回ってみます。ふふ。

すると釣りに関するもので欲しかったものがありました。一つはイカ釣りに使うアジをすくうネット。これまでは随分前にもらった赤澤名工の手作りを使っていました。

これの網が少し破れました。使えないことはないが、今回水槽用のネットを見つけたのでエイヤッと買いました。エイヤッといっても100円ですけど・・・。ふふ。

もう一つは水温計です。これも家で魚を飼う水槽用ですが、釣りに行った時に海水温を測るのにも使えそうです。これもエイヤッと100円で買いました。

なんか、たまたま見つけたので得した気分です。だが、イカ釣りシーズンはほとんど終わったし、使うのは数ヵ月後と言うことになります。ふふ。

7月 9, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

アコウの香川県記録更新

Ycimg2191今月の2日に、クラブの飲み会で花田さんがアコウの香川県記録申請に来ましたが、サイズ計測のため魚拓を作成することになりました。

Wcimg2265その魚拓が郵送で届きました。しわを丁寧に伸ばして測ります。花田さんからは「58センチを少し切る」とのメモが入っていましたが、57.6センチです。

これまでの記録は51.4cmなので大幅な記録更新です。なお、アコウの香川県記録は船釣りと陸からの記録と別れていますが、今回の記録更新は陸からのもので、船からの記録は59.5センチとなっています。

この記録はこれ以上更新されることはないような気がします。送ってくれた魚拓を見てあらためてその大きさに驚きました。写真だけで見るよりも実際のサイズには迫力があります。

花田さん、おめでとうございます。今回の記録更新で高松港がいかにすばらしい釣り場かということも証明されたような気がします。ふふ。

7月 8, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

珍しい魚種グッズ

Cmcimg2105孫と屋島水族館に行ったとき、記念に売店に寄りました。孫に「ほしいものがあれば買うよ」と行ったが、「いらない」と言います。私は迷いました。

水族館だけにお魚グッズがたくさんあります。その中で選んだのはウツボ。色んな魚種のお魚グッズを持っていますが、ウツボはまだ持っていません。

730円。ちょっと高い気がしますが、ま、いいでしょ。なんたって初めてのウツボグッズなんですから。ふふ。

売店にお魚グッズの商品が多いが、それよりも圧倒的に多いのがイルカグッズやアザラシグッズ。ま、子供たちにとってはかわいらしいイルカやアザラシのほうがいいのかも・・・。ふふ。

子供がウツボグッズを買うなんて考えられない。そういう商品があっただけいいと思いましたわ。

7月 7, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

イラのフライと腹身の塩焼き

Cocimg2021昨年の秋にイシダイ釣りの外道で釣れたイラを冷凍していました。孫が里帰りしてきたので、それをフライにしました。ふふ。

Kcimg0831ヒブダイはこれまでに何回もフライにして食べたが、イラをフライにしたのは初めてです。食べてびっくり。ヒブダイよりも脂がのっていてうまい。

朝食に前日に作ったフライの残りを暖め、それとは別にしてとっておいた、腹の身を塩焼きにしました。

すると、なんとなんと腹の身が絶品。焼いているときから脂が落ちてジュッ、ジュッと音がしていたので、期待していたが、期待以上です。ベラ科の魚はあっさりした味だと思っていたが、こんなに脂が乗っているとは・・・。

当然釣った季節にもよると思うが、イラがこんなにおいしい魚とは・・・。それまで釣れてもすべて逃していたのが残念。
ベラ科の魚はおいしいことが分かったので、今度はササノハベラにもチャレンジしてみますか。ふふ。

7月 6, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

釣りで「あるある」

Cimg1255釣りで「あるある」を考えてみました。

初心者に釣り方とコツを丁寧に教えた日に、初心者に釣果で負ける。「あるある」。
初心者は天狗になり、教えたほうは「ま、そういう日もあるさ」となぐさめる。

釣れない理由はたくさんあるが、自分のウデが理由になることはまずない。「あるある」。
釣れない理由で最も多いのが水温。そう言っておけばだれも傷つかない。船頭がよく使う手。

数で圧倒的に負けても、1匹でもサイズが勝ったのがあれば十分に納得。逆にサイズで負けていても数で勝っていれば納得。「あるある」。
数はウデの差、サイズはまぐれの差が基本だが、時と場合で自分が納得する理由になる。

釣り日和といわれる快晴、無風で釣れたことがない。「あるある」。
釣り日和は釣果よりも釣り人の気分の問題。

複数で釣りに行って一人だけボウズだと、帰りのその人の運転は暴走運転になる。「あるある」。
そりゃあ、そうでしょうなあ。

7月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

アコウの香川県記録の保留

Ycimg2193_2釣りクラブ員が集まる前日にサンポート高松港の主のような存在の花田さんから電話がありました。大きなアコウを釣ったので、香川県記録として申請したいとのこと。

Ycimg2191携帯で写真を撮ったが、パソコンに取り込みができないと言うことで、釣りクラブ員が集まる割烹「友釣」に、花田さんが携帯を持ってきて写真を見せてもらうことになりました。ふふ。

割烹に花田さんがやってきたので、早速写真を見せてもらいました。携帯の中にあるアコウを抱えている写真を私のカメラで写します。そして、サイズが分かる写真も見せてもらいます。

その写真を見ると尺が口のほうに曲がっていて口は5センチくらいの始まりになっています。「魚拓寸でもOKということなので、口の先を尺の0センチに合わせた」とのこと。

確かに魚拓をとったときのサイズはそういうことになります。しかし、現物の魚を測るときは実寸になり、そのときは尺を魚の下に敷いておかなくてはいけません。

魚拓寸でもいいと言うのは、魚拓にしたものを計測してもかまわないということです。テレビの釣り番組でも花田さんがしているように魚の口から魚の表面に沿って尺を当てているのもありますが、香川県記録としてはそれを認めていません。

花田さんは釣ったアコウをまだ調理していないと言い、「それなら魚拓にする」ということで納得してもらいました。

7月 4, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

釣りクラブ員の集合

Ycimg2186昨日、高松黒潮クラブのメンバーが、いつもの会場割烹「友釣」に集まりました。この日は人数が多くて、大将の勇ちゃんまで入れると全員で9人にもなりました。写真の左から菅野さん、宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、山本さん、片ちゃん、私、西脇さん。

Ycimg2189この日の話題は8月に予定しているビアガーデン。家族が参加するイベントです。とは言っても、楽しみは山本さんの家族。去年も参加して物怖じしない3歳の息子に私達は翻弄されました。今年も参加するとのこと。ふふ。

この写真を撮り終えると、片ちゃんはそそくさとカウンター席に移動します。当然理由があります。ふふ。

Ycimg2194カウンター席にいたのは、長い間私達のクラブと交流がある「姫」(写真では奥の女性)。片ちゃんはこのために宇和海で釣ったイサキを持ってきていて大将のイサちゃんに特別料理をお願いしていました。

菅野さんとの脈釣り約束が気になっていたので、その話しをしていると横にいた西脇さんも行きたいとのこと。潮と仕事と天気を見て調整して行くことになりました。

7月 3, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

高知県の鍾乳洞にサケがぶら下がっていました

Clcimg2121孫達と高知市に小旅行に行ったとき、まず行ったのが高速道路の南国ICから30分ほどの龍河洞(りゅうがどう)。日本三大鍾乳洞の一つです。ふふ。

Clcimg2130ms山口県の秋吉台にある秋芳洞に比べると中の通路が狭いので、冷や冷や感が一層増します。入る前から見るのを楽しみにしていた「神の壺」もありました。これはインターネットで調べると、考古学上 世界で唯一の石灰華に包まれた貴重な弥生式土器ということです。

「神の壺」以外にも、予想外の楽しいものがありました。「鮭の石」との説明書きがありました。

Clcimg2129_2真上に向かって長くて赤い矢印があり、その上に大きな口を開けた鮭がぶら下がっているような造形物があります。確かに、鮭に見えます。

だが、どうしてこんなに長い矢印があるのか不思議でしたが、家に帰ってからインターネットで調べていてその理由が分かりました。あるブログで「鮭の石」の説明でぶら下がっているものではなく、「鮭の石」と書いている説明書き直ぐ横の壁が鮭のうろこに似ていると書いているのがありました。それを読んだ龍河洞の人が親切にこの矢印を作ったに違いありません。ふふ。

7月 2, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

孫が桂浜の水族館で釣り

Clcimg2154孫のユーキ、ショーエイと高知市の桂浜水族館に行くと、「魚釣り」のコーナーがあります。館内を一応一回りした後、孫は魚釣りにコーナーに興奮です。

Clcimg21521回300円。エサはオキアミ3匹と1センチ近くの魚の切り身が3個。すでに大人も混じってたくさんの人が釣りをしているがなかなか釣れません。円形の水槽の中にはカサゴ、グレ、マダイがいます。

仕掛けを垂らすと魚が寄ってきますが、近くまで来て、プイッと横を向いて食いつきません。他の子供たちが時々釣るのはカサゴばっかりです。

ショーエイにやっとカサゴが釣れました。ユーキはグレを釣りたいと仕掛けを少し浮かせて待っています。だが、グレはすぐに寄ってくるが食いつきません。

ショーエイは2匹目のカサゴを釣ります。ユーキも辛抱が出来なくなってエサを底に付けるがカサゴは食いつきません。ペンギンショーが始まると言うので残ったエサを投げ込むと、グレがすばやく寄ってきて争ってパクリ、パクリ。

魚には仕掛けが見えていたということがわかりました。仕掛けの糸は太かったし、なぜか10センチおきに結び目があってハリスが見えやすくなっていたような・・・。ふふ。

Clcimg2155ペンギンショーに行きましたが、触るのは恐くて近くで見るだけ。

7月 1, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)