« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

孫達と高知に小旅行

Clcimg2141_2孫も、日本の学校とは時期がずれている夏休みが終わりに近づき、アメリカに帰る前に高知に1泊旅行に行きました。今回は私達夫婦に、アメリカから急遽やってきた孫のパパを加えて総勢6人。

まず、龍河洞。高知旅行には欠かせません。そして桂浜の龍馬像。その後、孫のユーキ、ショーエイは水族館に行きたいと言うので私にはラッキー。その間、パパとママは水族館の上にある龍馬記念館に行き、私の「山の神」は土産店に・・・。ふふ。

Clcimg2150_2水族館には高知県らしくアカメが目玉になっていて、たくさんのアカメがいる水槽があります。「目が赤いからアカメという」との説明に孫も納得。

Clcimg2146水族館に入って直ぐにアカメの木彫り造形があります。一人のときはこの造形だけを写していますが、今回はユーキがシャッターを押してくれて私には記念になる1枚になりました。

水族館には様々なお魚造形がありますが、その地にふさわしい造形物があると特にうれしい。アカメの造形はサイコー。ふふ。

6月 30, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

リールの保証書

Ecimg18535月の中旬にリールを買いました。それから1ヶ月がたって、空箱を整理しようとして保証書を探しました。ありません。そこで釣具屋に電話をしました。

すると、「保証書は竿にはあるが、リールにはない」とのこと。買ってから1ヶ月もたって電話するのもどうかとも思ったが、明確な答えにすっきり。ふふ。

だが、何故リールに保証書がないのかをインターネットで調べると同じ疑問を持った人がたくさんいるようで、ちゃんとした答えが見つかりました。

リールは何年たっても部品はメーカーの責任として無償で修理してくれるとのこと。そういえば、以前リールの修理を赤澤名工にお願いしたとき、修理代がいらないものがあった記憶があります。

だとすると、今回壊れたので新しいのを買ったが、壊れたのを釣具屋にもって行くと修理してもらえたのかも・・・。残念。無知はお金の無駄使いがあるってことか。

6月 29, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

アメリカ土産のお魚グッズ

Cvcimg19645月の下旬にアメリカアリゾナ州から娘と孫のユーキとシェーエイが帰省してきました。学校の夏休みが日本より早いので、毎年この時期になります。

そのときのお土産のひとつにお魚の形をしたピックがありました。ふふ。日本では見たことがないので特にうれしい。

娘に値段を聞くと3ドルくらいで買ったけど、多分正式の値段だとその倍はするとのこと。ケースに記載しているホームページで見たらいいと教えてくれました。

Zstix_hvrsそこでホームページをインターネットで検索すると、簡単に製作会社のホームページが出てきました。オリーブなどを食べる時に使うと書いていて、その写真があります。

値段を調べると8ドル。娘は相当安く買ったみたい。我が家ではオリーブを食べないので使うことはまずない。ふふ。

6月 28, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

デジカメの予備を買いました

Crcimg1984デジカメのバッテリーが充電してからの消耗が早い気がします。現在バッテリーは予備を含めて3個ありますが、すべてがそんな感じになっています。

そこでバッテリーの新しいのを買う気でいたが、これが結構高価。以前買ったとき4000円近くしました。そこで同じバッテリーの型のデジカメの安売りを探していました。

すると8000円で同じバッテリーを使うデジカメが売り出されていたので、買いに行きました。店頭ではさらに安くなっていて税込みで8000円くらいになっていました。ふふ。

ま、バッテリーが4000円だとしたら、4000円で新しいデジカメを買えたと思えば安い買い物です。

Crcimg1986_2家に帰ってから試し撮りをしようとしたらSDカードがないことに気が付いて翌日買いに行きました。8Gでいいのですが、2000円と1500円と1000円の3種類があります。

店員に聞くと2000円と1500円の差はメーカーの違い。1500円と1000円はデータ伝送の速さの違いということらしいので、1500円を買いました。メカに弱いと店員さんに聞くしかありませんわ。ふふ。

6月 27, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

孫と3度目の釣り

Cmcimg2114昨日の天気予報は雨だったが、雨が降る時刻がどんどんずれて朝は快晴でした。そこで孫のユーキ、ショーエイと3度目の釣りに行きました。誰もいない砂浜にパラソルを立てて釣りをスタート。

Cmcimg2106_3前回はユーキが好調でしたが、今回はショーエイは1投目、2投目と続いて釣り、好調です。ユーキもしばらくしてキスを釣りました。

Cmcimg2111ユーキは脈釣り用の7メートル竿でやっています。アタリは直ぐにあるようだが、ハリ掛かりしないと首をひねっています。そしてを私にもやってみてと言います。ふふ。

Cmcimg2112そこで「ここはウデの見せ所」と仕掛けを振り込むと直ぐアタリがあり、キスが釣れました。「こんなもんだい」と思ったが、後が続きません。ユーキが言うようにアタリは直ぐにあるのに早合わせも遅合わせも魚が掛かりません。

Cmcimg2116なんやかんやで2時間少しの釣りを楽しみました。1回目の釣りはアイナメがたくさん釣れ、2回目はベラが釣れたが、今回はキスとコチだけでした。それも全部で12匹と少なめでした。だが、天気はいいし、気分がいい。

6月 26, 2015 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

私の新魚種かも・・・

Fcimg1846先月、コノシロを釣りに行ったが、まったく釣れませんでした。竿をしまおうと仕掛けを上げると小さな魚がハリに掛かっています。ウキにはアタリが出ませんでした。

アイナメです。一応リリースする前に記念撮影。ふふ。単に私の記録のためです。なんでも写真に撮るので、このブログに掲載するのはその中の一部です。ふふ。

Fcimg1846s家に帰ってから、写真をパソコンに取り込みました。すると最後に釣れたアイナメの背びれに、くっきりとした黒班があります。アイナメにこんなものはなかったはず。

よく似た魚がこういうもので区別されることがあります。私が釣ったマハタとマハタモドキは体にあるいくつかある黒い横帯の中の1本がちょっと違うだけでした。だから、今回もアイナメモドキという魚種だと思いましたわ。

図鑑で調べるとほとんどの図鑑には載っていませんでしたが、一部の図鑑に「幼魚は背びれの黒班がくっきりとしている」と書いています。なんじゃあ、単に幼魚だっただけかあ。残念。勉強になるなあ。ふふ。

6月 25, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

孫と水族館

Cncimg2078昨日、孫のユーキ、ショーエイと高松市西部にある新屋島山上水族館にいきました。私もこの水族館に来るのは久しぶりなので、入り口に近いところにある大水槽のビラルクーを楽しみにしていました。

Cncimg2065_2ところが以前は大物のビラルクがたくさん泳いでいたが、2匹いるだけです。それも依然いたのにくらべると小さ目が2匹。残念。その代わり大きなアメリカマナティが別の水槽に2匹いました。

Cncimg2069タッチプールに黒いナマコがいます。孫はなかなか触ろうとしません。私が摘み上げてやっと手にのせます。ふふ。

Cncimg2083その後はショーを見ました。観客は私たち3人だけかと思ったが、時間が迫ると10人くらいになりました。イルカショーでは前列にいた私達は尾ビレで水を掛けられてしまいました。ふふ。

Cncimg2088その後は亀にエサをやったり、アザラシのショーとエサやりをしたり。規模は小さいが、職員の頑張っている感じが伝わってきます。来年には閉館するとのマスコミ発表があっただけに、その感を強くしました。

6月 24, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

サヨリの一夜干しとグレの塩焼き

Cycimg1945サヨリを一夜干しにしていたので、グレの塩焼きとともに朝食に食べました。期待ワクワク気分です。だって、サヨリの一夜干しは久しぶりだから・・・。

残念です。サヨリの身がパサパサ感で旨みがあまりありません。もともとサヨリは脂があることはないが、それにしてもあっさりとし過ぎです。

一夜干しにする前に塩水につけた時間はバッチリだったようで、塩味はいい調子で付いています。だのに、身に旨みがないのでは・・・。この時期のサヨリはこうなのかなあ。

サヨリにくらべてグレの味はバッチリです。適度に脂が乗っていて塩味も利いて、身にも旨みが感じられます。木っ葉グレだけど、十分においしい。

サヨリは場所を選べばたくさん釣れる気がするが、この味ではあまり行く気がせんなあ。ふふ。

6月 23, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

このブログへの地域別アクセス数の怪

Ckcimg4408ブログのアクセス数についてはブログ管理会社が色んな分析をしてくれています。今年の始めにその内容ががらりと変わったので、私には見づらくなりました。

そこでほとんど見ることもなかったのですが、最近見て驚きました。それはこのブログへの県別アクセス数分析。

先月1ヶ月の分析だと、一番多いのは香川県からのアクセスで25パーセントと全体の4分の一を占めています。次に多いのが東京都で11パーセント。分析方法が変わる前は東京のほうが多いときもあったが、新しくなってからはこの程度。

そして驚いたのがその次に多い県が意外なんです。驚きます。どうして・・・。

アクセス数が多い順に香川県、東京都、そして3位がなんと熊本県の9パーセント。1日だけとか1週間だけだと特定の人がよく見てくれるとこういうこともあると思うが、1ヶ月間なので恒常的に熊本の人が見てくれていると言うことになります。

熊本から見てくれている人に感謝。でもなんででしょうか。理由がさっぱり分かりません。熊本県で釣りをしたことがないし、熊本県の釣り話題について書いた覚えもない。不思議ですわ。

熊本県に次いでアクセスが多いのは大阪府で8パーセント、その次が高知県の6パーセントとなっています。

なお、全国47都道府県のうち先月の1ヶ月でアクセスがなかったのは青森、秋田、山形、山梨、奈良、島根の6県だけで、あとの41都道府県からは見に来てくれています。感謝。

6月 22, 2015 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

50センチのチヌが入れ食い

Cpcimg2062先週オカテッちゃんから電話。「今夜、50センチのチヌがバンバン釣れる釣り番組があるぞー」とのこと。私が50センチ以上のチヌにこだわっていることを知っての電話です。

Cpcimg2064その日に録画していたのを、昨日見ました。釣り場は長崎県の五島列島。確かに50センチ超のチヌを二人で二日間かけて数匹釣っていましたが、それなりに苦労したことが分かりました。

五島列島は大型チヌのイメージではなくて、グレのイメージだったので、ちょっと意外な感じでした。

オカテッちゃんの情報はありがたいが、いくらなんでも長崎県、それも五島列島まではなかなかいけませんわ。それに行けば必ず釣れるということでもなさそうです。ふふ。

同じ労力をかけるなら宇和海に数回通うほうがずーっといいような気がします。歳がいくとイヤになると直ぐに家に帰ることが出来る状況がいい。ふふ。

6月 21, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

コチの名前

Cqcimg2053孫のユーキ、ショーエイと釣りに行った時に釣れたコチの正式名を調べました。私の釣り日誌に記録するためです。ネズッポ科の区別は大変難しい。

区別の方法は第一背びれの模様、顔の斑紋模様、腹びれの色と模様、など色々ありますが、それもオスとメスで違うので、このことがややこしくしています。

色々と調べて今回釣れたのはトビヌメリと分かりました。写真はトビヌメリのオスの顔です。私もこの魚釣ったので今年の魚種に追加記入しました。ふふ。

ところが私が釣ったトビヌメリのサイズ計測をすっかり忘れていました。これまでの私の記録は13.0センチなので、今回釣ったほうが絶対に大きかったはず。

今度行ったときはちゃんと計測して自己記録更新をするぞ。エイエイオー。ふふ。

6月 20, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

「関西のつり」の今月号

Cpcimg2060雑誌「関西のつり」に毎月エッセイを投稿しています。現在本屋で売られている7月号に書いたのは、「香川の大物釣魚ギネス」についてです。

Cpcimg2061_2このブログを毎日読んでくれている読者はよく知ってくれていると思いますが、香川県在住者の魚種別記録一覧のことで、こういう地域別の釣り記録を整理しているのは全国的に見ても大変珍しく、また、意義あることだと思っているので、今回取り上げました。

内容的には魚種の認定は大変難しい作業になること。そのため外国で釣った魚の魚種を正確に知ることが不可能なので記録一覧から除外したことなどを中心に書いています。

こういう記録に、「関西の釣り」の読者にどれだけ興味があるのかを知るためにちょっとした仕掛けを文章に入れました。ふふ。

この「香川の大物ギネス」に興味がある人は200円の切手を同封して送ってくださいと書いて、私の住所を書いておきました。少しは反応があるとの期待です。

発売してから約十日。何の反応もありません。関西の釣り人には四国の香川県人の記録には興味がないらしい。残念。記録一覧を見たらすごい記録に驚くと思うのだが・・・。しゃーないなあ。

6月 19, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

高橋治さんのこと

Cpcimg2059_36月16日の各新聞に直木賞作家の高橋治さんの訃報記事が掲載されていました。直木賞は「秘伝」で受賞したもので、私もこの本をすぐに買いに行きました。

「秘伝」は長崎県の漁師二人が2メートルを越えるイシナギという巨魚を釣りあげる話で、釣りをテーマにした小説で直木賞を受賞したのは、私が知っている限りこの小説しかありません。

昭和59年に出版されているので、私はまだ39歳。磯釣りを始めてまだ間がない頃です。昨日、この本を30年ぶりに読み返しました。すると・・・。

前回読んだときとは全く違う感慨。二人の漁師が力を合わせて巨魚に挑み何度も糸をぶち切られながら、釣り上げるまでの何年もかけた話です。

最後に魚を釣り上げて海面まで浮かせたとき口に手を突っ込みハリをのけ、口から大きく膨らんだ浮き袋に穴を開けて逃すという感動的な場面で終わります。

そのやり取りの心境が磯釣りを長い間やってきてよく分かりました。39歳の時に読んだときとは全く違う小説を読んだようでした。

この本にはもう一つの小説「赤い海」が入っていて、こちらは私がいる香川県のハマチ養殖が赤潮で大量に死んで行く内容で、こちらも読み直して新たな感動がありました。

6月 18, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

アカマンボウ

Zimg109毎日新聞を見る時に気になるのは魚や海に関する記事です。先月、「アカマンボウは温血魚」というタイトルの記事がありました。

学校で学んだのは哺乳類や鳥類は温血動物で、魚類は周りの水温で体温が変化する変温動物と言うこと。しかし、この記事はアカマンボウは魚なのに温血動物と言う内容。

何事も例外のないものはないという英作文の宿題がありましたが、魚で温血となると、なんかややこしい。ふふ。

つづく・・・。

Zcay28v22_2アカマンボウという魚を知ったのは、平成24年に香川の大物釣魚ギネスに申請が合ったからです。坂出市在住の佐々木理生さんが高知県室戸沖の船釣りで釣った127.3センチです。

こんなへんてこで真っ赤な魚を申請の写真でみたときはすごく驚きました。海の中にはまだまだ私が知らない大きな魚がいることを教えてくれました。

6月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

クーラーボックスの保冷カバー

Ycimg1373クーラーの保冷を高めるために保温シートを切ってクーラーに入れています。このお陰かどうか分かりませんが、コンビニで買った氷は2日たってもまだ残っています。

Ycimg1374現在使っているマットは数年前に作ったものでカビが生えています。見た目にも不潔ですが、保冷には関係ないのでそのまま使っていました。

このたび、100円ショップをぶらぶらしていてマットをみて思い出したので、買ってきました。

Ycimg1375_2クーラーのサイズに合わせてハサミでチョキチョキと切るだけで出来上がり。こんなに簡単に出来るのであれば、もっと早く作っておけばよかった。ふふ。

釣った魚を入れる大きいクーラーと、車内で食料を入れておく小さいクーラーの二つとも作り直しました。気分がいい。

6月 16, 2015 釣り具 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

香川の県道にくっきりマダイ

Dycimg1053高松市の栗林町から西部の牟礼町に抜ける県道を走っていて、民家の塀に恵比寿様を見つけました。この道路は初めて通る道だったので、恵比寿様がないか気をつけて走っていました。ふふ。

Dycimg1054抱えているマダイの大きさに笑ってしまいました。恵比寿様の顔はいかにも恵比寿様らしい王道の顔をしています。そしてタイも正確に作られています。

しかし、その大きさは恵比寿様の身長とほとんど同じ長さです。恵比寿様の身長がいくらなのか知りませんが、それにしても大きすぎます。

きっとマダイを正確を作ろうとしたら、これ位の大きさにしないといけなかったのじゃないかと、勝手に想像。民家の塀の上にある恵比須様は個性にあふれています。

恵比須様らしくない顔であったり、抱えているタイがコイのように細長かったりと色々。その中で今回見つけた恵比寿様は顔、タイともに大変よく出来ています。

6月 15, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

再び孫と釣りしました

Cqcimg2022_3昨日、アメリカから帰省している孫達と再びチョイ投げ釣りにいきました。前回はユーキが好調だったが、今回はショーエイが絶好調。

Cqcimg20301投目から「釣れたあ」と叫び、2投目も「釣れたあ」。ユーキにはアタリはあるようだが、なかなか釣れません。しばらくしてやっと釣れたのはフグ。

フグでも釣れれば楽しい。孫はキスでもフグでも魚としては一緒。フグだから残念がることはしません。釣りは釣れれば楽しいのです。私は娘のミホ、孫のユーキ、ショーエイの3人分の仕掛けにゴカイを付けるのに忙しいったらありゃしない。

この日は干潮時刻が午後2時過ぎで潮がどんどん引いて行きます。なので、あまり釣れないかと思っていたが、波がないのがいいのかどんどん釣れます。

Cqcimg2032そのたびに魚を仕掛けから取り外してゴカイをつけないといけないので、私は釣りをする暇がない。わずかな隙で竿を出すとキスが釣れました。

Cqcimg2047広い海水浴場にテントを張ったが、私達の独占。こんな天国があるのが四国。ふふ。

Cqcimg2057午前10時半から釣り始めて午後2時までの3時間半でキス15匹、コチ8匹、ベラ4匹、アイナメ1匹、カレイ1匹、それにフグが11匹。この日も大漁でした。フグと小さいカレイはは釣り場で放流しました。

6月 14, 2015 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

釣り風景のはがきコレクション

Oitukm65555月下旬の日経新聞文化蘭に「水辺の風景 釣り上げる」のタイトルで釣り絵葉書600枚をコレクションをしている金森さんの文章がありました。

金森さんは釣り本の日本一コレクターでもあります。今回の記事はなぜか絵葉書だけのコレクションのことしか書いてないが、もっとすごいのは釣り本コレクションなんです。

なんで釣り本について書かなかったのかは知らないが、以前に釣り本については既に書いているのかもしれません。

それにしても金森さんは釣りに関するものは何でもコレクションをしていると言うことを知っていましたが、釣り風景の絵葉書だけで600枚と言うのは素直にすごいとしか言いようがない。

最後の文章に「収集品の始末をどうつけるかを考えなければならない年齢になってきた」と書いています。どういうものであってもコレクター共通の悩みです。「コレクションをして困らないのはお金だけ」と金森さんもいっています。ふふ。

6月 13, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

知らなかったなあ

Cxcimg1946家の近くを自転車でぶらぶらしていると、郷東(ごうとう)川の川尻で工事をいているようなので見に行きました。すると、川尻の地形が様変わりしています。

護岸改修のようだが、既に川の中央に向かって10メートルほどが埋め立てられています。今後どういう風になるのかは分かりませんが、この場所は色んな釣りのポイントです。

「聞いてないよー」と叫びたい気持ちですわ。おそらく漁業者には補償があるのでしょうけど、釣り人には何の補償もなし。どうなんだろうかなあ。

ま、埋め立てられてもっと釣れるようになることが皆無ではない。それを期待するしか、釣り人としてはない。捕らぬ狸の皮算用。

県の工事のようなので、釣り人代表として押しかけて行って、釣りの楽しみを金額換算して補償せよと言いに行っても相手にしてくれないだろうし・・。

6月 12, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

熊ちゃんからまたまたお魚グッズ

Ctcimg1988釣りクラブの飲み会で開始時刻より早く会場の割烹「友釣」に着いたのでカウンター席に座って生ビールを飲んでいると、ちょっと遅れて片ちゃんがやってきました。

私の横に座るなり、カバンをゴソゴソと探って、赤いものつまんで私にそれを突き出します。「熊ちゃんからのプレゼント」といいながら・・・。ふふ。

キンギョの箸置きのようです。片ちゃんが「150円や」と教えてくれます。私がお魚グッズの整理するときに値段も記録しているのを知っていて、買ったときの値段を教えてくれたのです。

釣りクラブの飲み会は木曜日で、割烹をしている熊ちゃんは参加することが出来ないので、いつも片ちゃんにことづけてくれます。片ちゃんと熊ちゃんは二人でリサイクルショップによく行っているらしいのです。

お魚グッズの整理簿には入手経路も記載しているので、今度たくさんある熊ちゃんからのお魚グッズがどれだけあるのか数えてみることにします。ふふ。

6月 11, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

アオサギは知っている

Cycimg1935香川県西部の三豊市でサヨリ釣りをしていたとき、私の背後にアオサギが来ました。釣れたエサトリのスズメダイをポーンと投げてやるとタッタッと寄ってきて飲み込みました。

その後、しばらく私の背後から離れません。「もっと、くれー」と言っています。言葉では発しないけど、間違いなく「くれー」といっていました。ふふ。

ところがその後仕掛けが絡んでハリスが短くなってしまったが、面倒くさいのでそのままやっていると、ハリスが10センチではさすがにスズメダイも浮き上がってきません。ところが・・・。

Cycimg1938大量に群れを成して泳いでいたフグが食いつきました。後ろを見るとまだアオサギが「くれー」と待っています。さて、どうするか迷いました。

フグを投げて食べてしまったらとんでもないことになると思うが、実際に食べるかどうか試してみたい気もします。足元には他の人が釣って干からびたフグが何匹もころがっています。

ということは、鳥はフグに毒があると知っていて食べない証拠。それでももし私が投げたフグを間違ってアオサギが飲み込んだら目覚めが悪くなります。そこでそのままフグは海にリリース。ふふ。

6月 10, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

「トラフグよりうまいショウサイフグ」って・・・

Czcimg1925テレビ番組「今ちゃんの「実は・・・」」と言う番組で、5月中旬に放映された中に、ショウサイフグがトラフグよりうまいということで、芸人が釣に行くという内容のものがありました。

Czcimg1926ショウサイフグは私も釣ったことがあるはずだと、魚種別の自己記録を見るとこの魚の記録がありません。これだけ鮮明に魚の名前を覚えているのに・・・。

そこで図鑑を出してみていると、よく似た魚でコモンフグがいます。そして私の自己記録に愛媛県佐田岬の磯で釣ったコモンフグ24.6センチの記録がありました。ふふ。

ショウサイフグの名前が記憶にあるのは、コモンフグを釣った時にショウサイフグと比べて、どちらの魚なのかを詳細に考えたので、それが記憶に残っていたらしい。

体の斑紋もよく似ているが、腹びれの色がショウサイフグは白色で、コモンフグは黄色ということで判別していました。しかし、図鑑で調べると、コモンフグの全長は15センチとなっていて、私の記録の24.6センチは巨大なコモンフグということになります。ホントかなあ。

6月 9, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

もう一つの自己記録

Dcimg1895愛媛県の宇和海でチヌ狙いをしていたとき、仕掛けを上げるとハリに小さなものが付いています。藻かと思ったが、魚です。ウキにはアタリがないままハリ掛かり。ふふ。

魚種はクロホシイシモチ。ネンブツダイと似ているが下あごの先が黒いのでクロホシイシモチと分かります。小さくてかわいらしい。いとおしくなります。

犬や猫はもちろんライオンやトラでも子供のときはかわいらしく見えます。魚でも同じで稚魚はかわいいのです。ふふ。

こういう稚魚を釣ると、いつも魚種別最小自己記録を整理しようかという誘惑にとらわれます。魚種別最大の自己記録は私が釣りを始めてから40年間以上続けていて、それが楽しみになっています。

なので最小記録もおもしろいかもと思ってしまいます。しかし、その手間を考えて、また、その記録を釣友に見せたときのあきれた顔が浮かんできて自分の衝動を抑えました。ふふ。

6月 8, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

今年も孫と釣り

Cscimg1996孫がアメリカから帰省しているので、昨日東かがわ市の海水浴場にチョイ投げ釣りに行きました。1本の竿をセットしてユーキに渡し、ショーエイのための竿をセットしていると「釣れたあ」と言う声。

ユーキがキスを釣っています。風が強くて波もあって海が濁っていたのでほとんど釣れないだろうと思っていたので、一安心です。

Cscimg1997その後、ショーエイにも釣れました。小さなカレイです。逃そうと思ったが、「空揚げにすると食べられる」と言うと「もって帰る」。そこで、これもキープです。

Cscimg2002その後は孫のママも釣りに加わって次々に釣り上げます。私は3人の仕掛けにゴカイを付けるのに忙しくて竿が出せません。ふふ。しゃーないなあ。

Cscimg2005ユーキに釣った魚を前に突き出して写真を撮ると魚が大きく写ると教えると、魚をやたらと前に突き出します。

Cscimg2012最後にショーエイが20センチに近いキスを釣り、これは前に突き出さなくても大きさが分かります。

全部でアイナメ5匹、キス4匹、フグ3匹、ネズッポ3匹、カレイ2匹と大漁でした。お爺様の釣り腕のお陰です。

6月 7, 2015 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

釣り具のダイワさんに協力依頼

Ncimg1649釣り具のダイワさんが高松市にあった四国事業所をこの6月に撤退して大阪営業所の管轄になることになりました。

そこで香川県釣り団体協議会が発行している「香川の大物釣魚ギネス」がちょっと困ったことになりました。というのは、ダイワさんから広告という形の協賛金をいただいており、これで随分と助かっています。

事業所が大阪になることで、その協賛金がどうなるかわかりません。そこで、これまでの四国事業所長にお願いして大阪の所長さんを紹介してもらいました。

今年の印刷は終わっていて、既に協賛金をいただいています。なので問題となるのは来年以降のこと。ちょっと気が早い話ですが、とりあえず大阪営業所長さんにこれまでのギネスを同封した協力依頼文を発送しました。

会社に人事異動は必然なので、来年以降がどうなるかは分かりませんが、電話で話した感触ではいい感じでした。ふふ。

6月 6, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

高松黒潮クラブの6月飲み会

Ctcimg1989昨日、高松黒潮クラブのメンバー7人が集まりました。先月は4人しかいなかったので、ほぼ倍増。ふふ。

Ctcimg1991このブログをいつも見てくれている人のために、今回はメンバー紹介。写真の左から最若手の山本さん、昨年入会の菅野さん、デザイナーのイノちゃん、クラブ事務局長の斉藤さん、写真が代わって左から若手の三好さん、クラブ会計の片ちゃん、私です。

山本さんはイシダイを釣りたいと去年にクラブ加入して、2回目の釣行で小さいが念願のイシダイを釣って鼻高々です。クラブ員からは「2回目で釣らしたのは早すぎた」という声が多い。ふふ。

Ctcimg1994飲み会が始まる前にイサちゃんが毎週行っているサンポート高松港の釣況をきくと「さっぱり」とのこと。ときたまセイゴやハネが釣れているだけでメバルはさっぱりとのこと。

なので、メバルの時期は終わったのかと思っていたら、飲み会が始まって片ちゃんに聞くと「メバルが釣れ過ぎ。昨日も70匹は釣れた」と言います。船釣りでは最盛期のようです。

6月 5, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

葛西水族館のマグロ復活

Bxcimg57455月下旬の新聞に「マグロ群雄 復活なるか」の見出し記事がありました。東京にある葛西水族館の大型水槽でマグロが次々に死んだが、原因不明だった。この水族館には私も行ったことがあって、その大きさに驚きました

原因は分からないまま、再度マグロに近いスマを水槽に入れてマグロ群雄の復活を目指すという内容。このことについては舛添都知事のコメントまで掲載されています。

このことについては新聞、テレビで何度も取り上げられ、「あと10匹」、「あと3匹」など、詳しく報じられました。

私はこの記事を見るたびに苦々しく思っていました。というのは・・・。

このニュースが東京の水族館だからこそ、こんなに何度も全国に流されたが、もし地方の水族館で同じことが起きたとしたら、こんな風に何度も全国ニュースになったでしょうか。

マスコミの東京依存、地方マスコミの怠慢が透けて見える気がします。ま、年寄りになると、何事にもひがみたくなるのが原因だと思うが、東京の水族館にほとんど行く気がしない地方の人はこうした記事に、どうなんでしょうかねえ。あまり、気にしていないと思うけど・・・。気にして欲しいわ。

6月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

男女群島釣行報告

Znjz4y9hfs金沢市在住の内藤さんから月曜日に電話がありました。先週の金曜日から男女群島に広島の高橋さんと一緒に行っていて金沢市に帰る途中、とのこと。

そこでメールで写真を送ってくれるようにお願いしました。送ってくれたのが渡船の写真とカモメの写真だけ。「釣果の写真はないのか」とメールすると、「魚が写っている写真だけ何度やっても送れない」とのこと。

男女群島釣行報告なのに魚の写真がないという、なんかちょっと気が抜けた報告です。ふふ。釣果は・・・。

広島の高橋さんは夜釣りでクエを狙ったがボウズ。イシダイもダメだったらしい。内藤さんはイシダイの53センチとイシガキダイを8枚釣ったとのこと。

釣果の違いはエサとのことで、内藤さんは満足。なんでも釣れればうれしいわなあ。だが、イシダイの写真がないので真実は分かりません。ホントだと私は信じています。ふふふ。

6月 3, 2015 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

孫と干潟遊び

Cucimg1977先週、アメリカから孫のユーキとショーエイが夏休みで帰省してきました。さっそく干潮時刻をみて近くの川の干潟に行きました。カニと魚取りです。

Cucimg1979小さなカニが予想通りたくさんいます。いくらでも取れます。いくつかの種類がいます。去年買った干潟の生き物図鑑でしらべます。直ぐに名前が分かったのもいますが、2本の白い筋があるカニが図鑑にありません。

ひょっとして新発見のカニかと思ったが、そんなはずがないわなあ。ユーキはカニよりもゴカイを探しています。

Cucimg1980干潟に大きなタイヤがあるのをみつけて二人でひっくり返しました。こういうところに意外な生き物がいる可能性が高いことを孫は知っています。

Cucimg1981そのとおり、大きなモクズガニが2匹隠れていました。孫は「恐いので手でつかめない」というので、私がつかんで写真を撮りました。ふふ。

6月 2, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

プロフィール写真を変更しました

Cimg1932このブログの左上にプロフィール写真があります。これまで40センチぐらいのイシダイを釣った写真にしていましたが、これを変更しました。

だいたい半年ごとに変更しています。変更するときは出来るだけその時期に釣ったものの中から写真を選ぶことにしています。これまでの写真の40センチのイシダイは去年のもの。

そこでどの写真にするか考えたが、今年に入ってからほとんど記憶に残る釣果がありません。今年の釣りはボウズが続いています。ふふ。

そこでこの前の釣行で釣ったサヨリ釣りの写真しかありません。ま、いい感じで写っているのでこの写真をプロフィール写真に使うことにしました。

どうせ小物釣りの私ですからこれが丁度いい感じですわ。これから大きいのが釣れればその写真に変えたいと思います。いつになるか、分からんけど・・・。

6月 1, 2015 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)