« 今朝の霧を見て思い出した | トップページ | 釣り大好き人とお会いしました »

2015年4月 7日 (火)

竿の固着解除を再掲載

Dlcimg1225先日、オカテッちゃんがイカ釣りに行ったとき竿を固着して、その方法を以前にこのブログに書いた方法が参考になったようです。こういうのはブログ作者としてはうれしい。

そして、その後オカテッちゃんから「以前の固着記事は2006年5
月と10年前なので、見つけるのに時間が掛かった。再度ブログ書いたら助かる人がいるかも・・・」とのこと。

そこで、振り出し竿固着のマル秘はずし方を再度書くことにしました。ふふ。

①トップガイドなどを、熱して取りはずし、入らなくなった竿の部分を、竿尻から抜く

Cimg1984_2②取り出した竿部品の底に、セロテープ、もしくはビニールテープを2重に貼る。(底をコンクリートにたたきつけたときに、竿が割れないようにするため)

Cimg1982_2③入らなくなったつなぎ目に、ロウをたっぷりと塗る
④ロウを塗った部分を、火で丁寧にあぶる(少なくとも1分以上)

⑤ロウが溶けて、ファ~~と、白い煙のようなものが、入らなくなった継ぎ目から出てくる。継ぎ目から空気が出る隙間が出来た証拠。そのまま10秒以上、白い煙を出させる。これで、準備OK

⑥10分間以上の時間をかけて、熱したところを冷ます(熱を下げないと、絶対にダメ)
⑦コンクリートに新聞紙などを置いて、そこに思いっきり、ストンと、竿をぶつける。

そんな面倒臭いこと、やってられないという人、良い方法があります。これまで他人に教えたことのないマル秘の方法です。あなたにこっそりと教えますから、決して、他人にしゃべらないでください。いいですか? その方法は、「さっさと竿を折って、新しいのを買うことです」 こんなに簡単で、面倒臭くない方法は、他にはないと思います。

4月 7, 2015 釣り具 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/61402452

この記事へのトラックバック一覧です: 竿の固着解除を再掲載:

コメント

コメントを書く