« 川を覗いたら | トップページ | 20センチオーバーのメバルを狙って »

2015年4月27日 (月)

「魚と人の知恵くらべ」展を見に行きました

Kcimg1737新聞の文化欄に、瀬戸内海歴史民俗資料館で「魚と人の知恵くらべ」という特別展示をしているということが書いていたので見に行きました。

この資料館は高松市西部にある五色台という山の山上にあるので、これまでにも一度しか行ったことがありません。石造りの立派な建物なので、入館料は高いと思ったが無料でした。ふふ。

Kcimg1742中に入ると、漁に使う様々な船がたくさん並んでいます。捕る魚にあわせて船に様々な工夫があるのが分かります。

Kcimg1738そして、陳列ケースの中に恵比寿様がいました。もちろん脇にお魚を抱えています。ふふ。資料館に陳列されている恵比寿様は初めて見ました。説明書きがあります。

香川県多度津町沖の高見島で収集したもので、明治時代に作られ昭和10年ごろまで島の中の神棚に安置されていたもの、と書いています。そんなに古いものでもないようですが、ガラスケースの中にあるので、なんとなく貴重なものに見えてきました。

4月 27, 2015 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「魚と人の知恵くらべ」展を見に行きました:

コメント

コメントを書く