« 宝山さんに・・・ | トップページ | 竿の固着解除を再掲載 »

2015年4月 6日 (月)

今朝の霧を見て思い出した

Mcimg1700我が家は海から200メートルくらいのところにあります。今朝、新聞を取りに家を出ると、すごい霧が出ています。海の近くなので、春には時々あります。

直ぐ近くの海も霧で全く見えません。ふふ。この霧をみて、思い出したことがあります。

もう30年以上昔のことですが、愛媛県宇和島市の渡船で沖にある御五神の磯を目指しましたが、ものすごい霧です。だが、船頭は慣れているのか、港を出ると一直線に真っ白い霧の中に突っ込んでスピードを上げます。

当時の渡船はスピードが遅いので磯場まで1時間近く掛かります。船頭の見込みでは港の地形から見て方角を決めて走れば島が見えるはずと確信していたようです。

ところが1時間走っても周りは霧で覆われていて島影が見えません。自信をなくした船頭は左に舵を切ってさらに20分間全速力で走ります。

だが、それでも霧の中で自分がいる場所の手ががりになる島が全く見えません。それからやたら滅多ら走ること1時間。やっと後方に御五神島の頂上がわずかに見え、その方向に走ると見慣れた島がありました。磯場に渡ったのは予定よりも3時間近く遅くなっていました。

その間、私達釣り人も不安で、九州まで連れて行かれるのかと本心から心配しました。ふふ。

4月 6, 2015 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の霧を見て思い出した:

コメント

コメントを書く