« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

また、脈釣りに

Gcimg1813再び、脈釣りに行きました。前回行った西浜港では小さいメバルしか釣れなかったので、別の場所に行くことにしました。熊ちゃんが「釣れるはず」と言っていた港で昔、木材を浮かべていた弦打木材港です。今でもコンクリートの杭がたくさんありますが、木材はありません。

たくさんの釣り人が来ているので、釣れているのかもしれません。全員が波止のほうにいるので、私はその前の岸壁で竿を出すことにします。

あまり釣れないだろうという気がしていましたが、1投目から小さなメバル。うれしいが、これでは西浜港と同じです。だが、足場がいいのでもう少し頑張ります。ふふ。

Gcimg1818小さなメバルやガシラがポツリ、ポツリと釣れます。すべてリリース。少し場所を移動して振り込むと、ググッという小さなアタリ。合わせるとグーンと引きます。

Gcimg1821上がったきたのは21センチのガシラです。このサイズならキープできます。続いて20センチ足らずのガシラ。これもキープ。これは調子がいいと思ったが、アタリが遠のきます。

Gcimg1828やっと釣れたのがミニミニサイズのメバル。これを見て、納竿にしました。釣りをしていた時間は丁度1時間でした。

4月 30, 2015 脈釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

20センチオーバーのメバルを狙って(2)

Hcimg1799_2高松中央卸売市場前にある西浜漁港に脈釣りに行きました。1投目から必ずアタリが出て入れ食い状態だが、型が小さい。すべてリリースです。

Hcimg18071投目からメバルが12センチ、14センチ、14センチと続いてハオコゼ。場所を変えようかと思いました。続いて13センチ。その後は8センチとますます小さくなります。

そのとき見物人。釣り場が暗いので顔がよく見えませんが、親しそうに話しかけてくるので、対応していたら釣りに集中できなくなって、アタリがなかなか取れません。

そして、その見物人が私の横にくっついてなかなか帰りません。30分近くいて、その間に2匹のリリースメバルを釣ったが、場所を変えることにします。竿を納めたら、やっと帰っていきました。ふふ。

Hcimg1809そして次に行ったのが、西浜港から西に数百メートルの小さな川尻です。そこも20センチオーバーのメバルが狙えるポイントがあります。そこでの1投目が14センチと同じサイズ。

それでも辛抱していると、車が近づいてきて止まります。嫌な予感がしたと思ったら、最初の釣り場での見物人です。よほど暇なのか、そこでもいつまでも離れません。

そこで3匹小さいのを釣った後、竿が大きくガクーンと引っ張られる感じであわせたが、根に潜られてしまいました。それでやっと見物人がいなくなったが、私も戦意喪失。

結局、この日は2つの釣り場で10匹のメバルを釣ったが、全部リリース。今度は違う場所でやってみることにします。ふふ。

4月 29, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

20センチオーバーのメバルを狙って

Hcimg1797夕方に満潮になって脈釣りにはいい潮なので、我が家に近くの西浜港に行きました。道糸につけるケミホタルとエサのゴカイを買って釣り場に着いたのは7時過ぎ。

行く途中で夕焼けがきれいだったので、写真。釣り場は引き潮のときにこれまで20センチ以上のメバルが入れ食いになったことが2度あったポイントです。

Hcimg17981投目、直ぐにアタリがあったが、12センチ。しゃーないなあ。もちろんリリース。2投目14センチ。これもリリース。

おかしい。20センチ以上が釣れるはずなのに・・・。小潮のせいか、潮がどんどん流れません。それでもアタリは仕掛けを投げ込めば必ずあります。

3投目、14センチ。入れ食いには違いないが・・・。そして、4投目にはミニガシラ。手でつかもうとしたが、念のためにヘッドランプで照らしてみます。

Hcimg1800やっぱり・・・。ハオコゼです。手でつかんでいたら、大変なことになります。つかまなくてよかったあ。

明日に続く・・・。

4月 28, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

「魚と人の知恵くらべ」展を見に行きました

Kcimg1737新聞の文化欄に、瀬戸内海歴史民俗資料館で「魚と人の知恵くらべ」という特別展示をしているということが書いていたので見に行きました。

この資料館は高松市西部にある五色台という山の山上にあるので、これまでにも一度しか行ったことがありません。石造りの立派な建物なので、入館料は高いと思ったが無料でした。ふふ。

Kcimg1742中に入ると、漁に使う様々な船がたくさん並んでいます。捕る魚にあわせて船に様々な工夫があるのが分かります。

Kcimg1738そして、陳列ケースの中に恵比寿様がいました。もちろん脇にお魚を抱えています。ふふ。資料館に陳列されている恵比寿様は初めて見ました。説明書きがあります。

香川県多度津町沖の高見島で収集したもので、明治時代に作られ昭和10年ごろまで島の中の神棚に安置されていたもの、と書いています。そんなに古いものでもないようですが、ガラスケースの中にあるので、なんとなく貴重なものに見えてきました。

4月 27, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

川を覗いたら

Hcimg1791今朝、いつものようにファミレスで時間を過ごした後7時半ごろに家に帰る途中、「ひょっとしたら、いるかも」と家の近くにある川を覗いてみました。

ふふ。いました。30センチ強のチヌがウヨウヨいます。例年、この時期になると見えるのでそれを楽しみにしています。このブログでも毎年書いています。

Hcimg1792しばらく見とれた後、10メートルほど移動すると1匹だけ大きなチヌがいます。50センチはとてもないが、40センチは超えているサイズです。チヌも大きくなると、群れじゃなくて1匹だけで泳いでいるみたいです。

Hcimg1795さらに少し移動すると、「ヒャ~、60cmのチヌがいる」と腰が抜けそうになったが、よくみるとボラでした。でしょうなあ。いくらなんでもこんなところに60cmオーバーのチヌがいないわなあ。

ゆったりと泳ぐボラを見ながら、「あれを釣るとボラの自己記録更新にできる」と思ってしまいました。ふふ。

4月 26, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

昨日は香川県釣り団体協議会の総代会(2)

Icimg1784香川釣り協の総代会に珍しい人が参加してくれました。私の前会長だった松原剛さん。最近は体調を崩して全く釣りにも行っていないとのこと。

それでも高校時代の仲間と定期的に飲む会があって、参加する女性のことを「あの娘(こ)」と言っていたのには笑ってしまいました。78歳の同級生でも娘なんですかねえ。ふふ。

松原さんは私を現在の釣りクラブに誘ってくれた人です。そのお陰で私の釣り人生も随分と楽しいものになりました。感謝です。

Icimg1777香川磯連前事務局長の前川さんが実寸54センチをチヌを釣って、魚拓を持ってきていました。うらやましい。やっぱり釣りは行かないといけません。

前川さんからは知り合いが釣ったマアジ記録のギネス認定証を作ってくれとの依頼がありました。さっそく作成に取り掛かります。

4月 25, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

昨日は香川県釣り団体協議会の総代会

Icimg1770昨日は、香川県釣り団体協議会の総代会が、高松美山ホテルでありました。参加者は構成団体の香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川県バス釣り連盟、瀬戸内遊漁船釣り団体協議会からの18人。

Icimg1772この日をもって私は会長を退き、後任の会長には私より7歳若い全日本サーフ香川協会会長の青木さんが務めてくれることになりました。事前に喫茶店でお願いしたときは、「自分はその器でない」と固辞されたけど・・・。ふふ。

事務局長は全日本サーフの大川さんがしてくれることになり、猪子さんは監事兼任の副会長になりました。私は「香川の釣りギネス担当の名誉会長」にさせてもらいました。会計は従来どおり磯連所属の藤森さんにお願いしました。藤森さんは電話で「しゃーないなあ」。

Icimg1775その後はいつもどおり宴会です。香川県内全域から来ているので、運転手役はアルコールを飲まないことが完全に定着しています。ふふ。以前はちょっとだけならということもありましたが・・・。

Icimg1781料理はサワラとイカの刺身、しゃぶしゃぶ、ステーキの豪華版。量が多いのでいつもあまってしまいます。最後の締めは当然のさぬきうどん。このホテルで作っているので旨さが倍増です。

Icimg1788いくつかの記念撮影。左から新会長の青木さん、香川県バス釣り連盟会長の村橋さん、私です。

Icimg1789さらに、左から香川磯連事務局長の秋和さん、前事務局長の前川さん、香川釣り協会計担当の藤森さん、香川磯連会長の古川さん。古川さんからは最近行ったばかりのイカ釣りの話をたっぷりと聞きました。

4月 24, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

チヌ釣り用の撒き餌を買いました

Mcimg1713ちょっとだけだが、あせっています。というのはそろそろ宇和海でチヌの大物シーズンが始まっているはずです。昨年に53センチのチヌを釣ったのが4月の8日。

ということは既に今年は過ぎています。昨年に比べて今年は水温が低めに推移しているとはいえ、そろそろ宇和海に行かなくてはいけません。

というわけで、とりあえずオキアミに混ぜる配合剤を買いに行きました。写真の2種類です。たくさんの配合剤がある中でどうしてもこれがいいと選んだということではありません。

1個が600円少しの、まあ安めのもの2種類を選びました。なにやらマル秘剤を入れているからと値段が1000円以上するのがたくさんあったが、そういうのは信じないことにしています。ふふ。

選んだのは配合剤から刺し餌としてコーンが拾えるものと、白く濁るものの2種類です。以前は3キロのオキアミに配合剤1種類だけにしていましたが、最近は1.5キロのオキアミに配合剤1袋を混ぜて使うようにしています。理由はない。なんとなく、ですわ。

4月 23, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

ギンポの香川記録申請

Zpcgg237is高松市在住の加藤さんからメールでギンポの香川県記録申請がありました。加藤さんは、109.6センチのオオニベ、58.5センチのトラフグの香川県記録を持っています。

今回申請があったのは息子さんが釣ったもの。26.0センチで、これまでの24.5センチを越えているので、もちろん受け付けました。

息子さんはすでにクジメの香川県記録28.0センチを持っています。親子で4魚種の記録を持っているのも珍しい。親子で記録を楽しんでくれているのも管理者としてうれしいことです。

今回申請の記録データ

釣り人 加藤人さん
釣り場 高松市生島町
釣り日 平成27年4月19日
サイズ 26.0センチ

今回の申請は平成27年版「香川の大物釣魚ギネス」を作成後、初めての申請になります。加藤さん、おめでとうございます。

4月 22, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

メナダの初自己記録

Kcimg1730坂出市の王越の波止にコノシロを釣りに行って、サビキ仕掛けでボラが釣れました。横にいたチヌ釣り師がアカメやと教えてくれます。

Kcimg1732確かにボラと違って目が赤い。こちらではアカメとよんでいるメナダです。私はボラは60センチを越えるのを釣っていますが、メナダを釣ったのは初めてです。ふふ。

早速メジャーを当てて、写真撮影。初めての魚なのでサイズに関係なく自己記録になります。本来の狙いのコノシロは釣れなかったが、これで十分に満足です。

サイズは50.8センチ。写真では52センチを越えているように写っていますが、これは魚の真ん中から写したために、頭が地面より浮いているのがその理由。

自分で確認したのは50.8センチ。50センチを越えればなんとなく気分がいい。ふふ。

4月 21, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

コノシロを狙って(2)

Kcimg1729坂出市の王越の波止でコノシロ狙い。先客のチヌ狙いの人と並んでウキを流します。そのとき、私のコノシロ狙いの大きな玉子ウキがゴボッと沈みました。

コノシロの引きではありません。強烈です。ハリスは1号のサビキ仕掛けなので無理はできません。私が心配したのは。これがチヌだったら、チヌ釣り師に申し訳ないと言うこと。ふふ。

上がってきたのはボラでした。何度が強い締め込みがありましたが、どうにか浮かせました。ごぼう抜きはハリスが1号なので出来ません。

チヌ釣り師が「赤目や」というので、目を見ると確かに赤い。メナダです。私には初めての魚です。

メジャーを当てて写真を撮らないといけないので、車まで取りに戻りました。すると、チヌ釣り師が意外なことを言います。「アンタが車に戻っている間にタイが釣れた」。タイはスカリに入れていると言います。

Kcimg1736そこでスカリをあげて写真を撮らせてもらいました。30センチ弱です。それにしてもチヌ釣り師が「もう少しすると潮が良くなる」といったが、その通りになりました。同じ釣り場に通うことの大切さです。

コノシロは釣れる気がしないので私は納竿することにしました。この波止で2時間半。楽しい時間が過ごせました。

4月 20, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

コノシロを狙って

Kcimg1726昨日、久しぶりに釣りに行こうと思った。天気は翌日から崩れる予報だし、「行くなら今日」と思いました。何を釣りにどこに行くかを決めるために自分の釣り日誌をめくって見た。

すると平成21年の4月4日に坂出市の王越の波止で31.8センチをはじめとして大きなコノシロがたくさん釣れている。このコノシロは香川県記録になっています。「これだ」と思いましたわ。ふふ。

ここはサヨリ釣りのポイントでもあるので、アミエビとアミ刺しを買って、サヨリ釣り仕掛けとコノシロ狙いのサビキ仕掛けを持っていくと、波止の先端と真ん中あたりに釣り人がいます。

真ん中あたりの人はサヨリ狙いのようなので釣果を聞くと「小さいのが2匹」ともう一つの感じ。だが、2匹でも釣れているのなら、希望が持てます。だが、サヨリ狙いの人は私が竿を出す前に帰っていきました。

波止の先端の人は長ウキでチヌ狙いです。声をかけると気兼ねない感じです。この波止がホームグラウンドでよく来ていると言います。コノシロはチヌ釣りの撒き餌にも集まるので丁度いい。

そこですぐ横で竿を出させてもらいます。30分くらいやったが、アタリはありません。チヌ狙いも同じです。チヌ釣り師は「まだ、潮が悪い。もうしばらくするとよくなる」と、ここによく来ている人らしいコメント。

アタリがないのでサヨリ釣りをするために竿と仕掛けを車に取りに行きました。そのときチヌ釣り師が「香川の大物釣魚ギネス」を見たことがないと言っていたので、それも持っていってあげると喜んでくれます。

Kcimg1728サヨリ釣りを30分。アタリがありません。そこで再びサビキ仕掛けでコノシロ狙いに戻ります。チヌ釣り師が「潮が良くなってきた」と言います。私の大きな玉子ウキとチヌ狙いの長ウキが並んで沖に流れて行きます。その時、ウキにアタリが・・・。

明日に続く・・・。

4月 19, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

菜の花が咲いて

Lcimg1715毎日のように通る小さな川沿いを歩いていて、菜の花がたくさん咲いているのに気が付いて、思い出したことがあります。毎年、この時期はたくさんのコイが集まるはずです。

Lcimg1716そこでいつもコイが集まる場所に行ってみました。すると、いる、いる。たくさんのコイが集まっています。それに冬には全く見なかった亀もたくさんいます。

集まっているコイを数えると20匹以上います。だが、例年ならもっともっと集まるはずです。去年は150匹くらい集まっていました。

もうしばらくすると、コイの産卵が始まるはずです。自然は毎年季節とともに繰り返されて過ぎて行きます。ということは、宇和海の大型チヌもシーズンインしているはずです。

そしてもうじき孫が里帰りしてくることになっていますが、ヒブダイのフライが好きなので、これも釣りに行かないといけません。ふふ。

4月 18, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

ヨッさんと・・・

Lcimg1719昨日の昼前、ヨッさんと会いました。これから仕事だと言います。ふふ。ヨッさんもオカテッちゃんがイカ釣りに宇和海に行っていることを知っていて、「どうしょんかなあ」といいます。

そこで、オカテッちゃんに電話をすると、前日に600グラムと1キロを釣った後はさっぱりで500グラムを追加しただけと言います。そして釣りを止めたところとのこと。二晩で3匹ではなあ。

オカテッちゃんのことだから、釣れないときには色んな場所をいろいろと変わったらしい。最後に竿を出したのは内海村の波止とのこと。

そして「これからふろにはいってから、もう帰る」とのこと。近くの温泉に入ろうと考えているらしい。家に帰ってからメールを見るとオカテッちゃんからメールが届いています。

Z2qiuhezgsそして温泉の写真付きです。国道56号線にある有名にところです。私だったら、一人で風呂に入る気はせんなあ。ふふ。

4月 17, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

オカテッちゃんからイカ釣りの報告メール

一昨日の昼過ぎ、オカテッちゃんから電話があって「これからイカ釣りに出発する」といいます。天気予報ではその日の翌朝から厳しい寒気がやってきて雷雨になると繰り返し言っています。

そのことを言うと「えーっ、知らなかった」といい、インターネットで確認しているようで、「雨かあ」とつぶやいています。なので、出発はてっきり断念したと思ったら、昨日の昼前にメールが届きました。

そのときの写真がこれです。ふふ。どこの景色やらさっぱり分からないが、600グラムと1キロを釣ったとのこと。そこで・・・。

Zhjim96njsメールを返信して、「釣ったイカの写真を送って」とおねがいしました。で、届いたのがこの写真。背景の空はよく晴れているようだが、風が強いとのこと。ふふ。

だろうなあ。だが、釣りキチは「行くぞ」と決心したら天気がどうであろうと突っ走ってしまうものだと、つくづく思いました。ま、頑張ってください。

4月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

驚いたあ、残念

Mcimg1703先週、こちらの地方紙の四国新聞に「イリコの箸置きが道の駅で売り出される」という記事が掲載されて、そのことをこのブログで書きました。

先週土曜日の11日から発売されて、販売個数は400個の限定と書いていたが、こんな商品を買う人はそんなにいないだろうとゆっくりと構えていました。

そして昨日の昼過ぎに買いに行くつもりで、念のために発売予定場所の道の駅に電話をして、実際に発売を開始したのかどうかの確認をしました。すると・・・。

なんと「発売開始の当日にすべて完売した」との答え。びっくりです。私は発売の確認を取ろうと電話をしたのに、「もう商品はありません」にびっくり、がっくり。

箸置きって、そんなに人気があるものなのか、いまだに信じられません。不思議。ふふ。

4月 15, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

ブログのコメントにうれしい

Cimg5721今朝、自分のブログを見てちょっとびっくりで驚きました。コメントに「おもしろ釣り道場」を買ってやると、書いてくれています。ふふ。

「買ってやる」とエラソーな表現は私が「この本を欲しいという人はいないと思うが、ひょっとしておられたら、『買ってやる』とコメントに書いて欲しい」と書いているから・・・。

早速、メールで申し込み方法を書いてメールで送りました。この本が売れたのは確か3年ぶりです。ふふ。

以前に申し込んでくれた人も、このブログを見て直接「買いたい」と申し込んでくれました。ブログも役に立つなあ。だが、ブログを書く労力と比較すると・・・。

とにかく自費出版の本が売れてよかった。出来ればもうひとつの「おもしろ釣り問答」も買ってくれたらうれしい。ふふ。

4月 14, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

カメラでの自撮り棒を買いました

Ucimg1459テレビのバラエティ番組で「自撮り棒」というのがあると知って買いに行きました。カメラ屋さんに行くと見つかりません。そこでDIYに行くとありました。861円。安い。

これは伸縮できる棒の先にカメラをつけて写真が撮れるというもの。このブログの写真の多くは左手にカメラを持って手を伸ばして撮ったものです。

だから左斜め前から撮ったものばかりになります。釣った魚が大きくてちゃんとした写真をとりたいときは簡易三脚をセットして撮っています。こういうとき自撮り棒を使えば正面から写すことが出来ます。

Ucimg1461_2早速自撮り棒を使って、部屋の中で自分を写してみました。間抜けな顔に写りましたが、そういう問題じゃなくて、ちゃんと写ったので満足です。ふふ。

ただ、タイマーをセットして写真を撮るので、時間が掛かります。ま、今後釣り場で使ってみるつもりです。これを使うと、3人で一緒に行ったときもきれいに撮れるはずです。 

4月 13, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

さかな君のアマゾン

Mcimg1706数多くあるテレビのバラエティ番組の中で好きなひとつに「アイ・アム・冒険少年」があります。MCはナイナイの岡村さん、ココリコの田中さんなどですが、とにかくおもしろい。

無人島からナイフ一つで食料も自分で調達して3日間をかけて脱出するとか、雪深い山中から何の装備もなく脱出するのを、食料のほか様々なフル装備をもらった素人の女性と速さを競ったりする。

最近の番組はさかな君がアマゾンに行くと言うので何を冒険するのかと楽しみにしていました。ふふ。

Mcimg1708すると、さかな君は養殖場にいる大きなピラルクをビビリながらようやく抱いたり、物干し竿のような棒の先にハリをつけずに小魚を結びつけて水中に垂らすとピラルクが強力に引っ張るという映像。

もちろんハリがないのでハリ掛かりせずに単に引っ張るだけ。ちょっと期待はずれだったかなあ。さかな君は「ピラルクが暴れたら肋骨が折れる」とつぶやいたのが印象的でした。

確かに芸人が無謀に色んなことをする映像に慣れてしまっている自分にちょっと反省。

4月 12, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

香川県に新たな水族館構想

Cimg8803s高松市にある新屋島水族館は今年中に閉館することになっています。この水族館は高松市の観光名所の屋島山上にあって日本一標高が高い場所にある水族館でしたが、その後箱根に標高700メートルを越えるところに水族館が出来て一番でなくなっていたました。ふふ。

そして昨年から今年にかけて香川県内に新たな水族館構想が2件出て来ています。一つは県西部の三豊市が水族館建設のために造船所跡地を購入することを決定したとのこと。広さは2万平米を越えていて非常に広い。

もう一つの水族館構想は県中央部にある宇多津町に民間主導で進められています。その広さは5500平米で三豊市構想に比べると4分の1の広さ。

香川県には水族館に欠かせないアクリル板の世界一シェアを持っている会社、日プラがあるので心強いのです。新屋島水族館の経営にもかかわっています。

さて、今後2件ある水族館構想がどうなるのか私には全く分かりませんが楽しくて集客力の高い水族館ができることを願っています。

水族館では魚がエサを食いつくところを見て釣りの参考に出来るかも・・・。ふふ。

4月 11, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

竿と一緒にお風呂

Ycimg1370産まれて初めて竿と一緒にお風呂に入りました。グレ竿、カゴ釣り竿、イシダイ竿、それに玉網の7本とです。私も裸になっているところの写真でもいいが、読者皆さんのお気持ちを考えて写真は竿だけにしました。

ガイドに付いている塩分をお湯で丁寧に流します。釣りに行く都度ちゃんとしておけばいいのだが、ついつい洗わないでそのままにしておいてしまいます。

だから塩が固まってこびりついているところもあります。しゃーないなあ。丁寧に洗うと塩がなくなりましたが、金属のガイドが痛んでいます。

風呂から上がって水分を拭いて乾かせます。竿が「さっぱりしたなあ」と言ってくれます。そりゃあ、竿を買ってから3年も4年も入れてなかったからなあ。

竿がきれいになると、今までどんだけ不潔な竿と付き合っていたのかと、自分勝手。

4月 10, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

いりこのお魚グッズ

Mcimg1703今朝の四国新聞に写真のような記事がありました。香川県西部にある伊吹島は良質イリコの産地で全国的にも有名です。

そのイリコの形をした箸置きを高松市にある道の駅で売り出すという内容です。これは何が何でも買いに行かないといけません。限定400個と言うのも気になります。ふふ。

だが、限定と言っても、この商品を買う人が400人以上いるのかと考えたら、そんなにあせらなくても大丈夫な気がします。ふふ。発売開始は今月の11日ということなので・・・。

Cim0104そういえば、よく似たお魚グッズを上海在住の寺戸さんがくれたような記憶があったので、このブログで探してみました。すると6年前に送ってくれたサンマを焼いたお魚グッズでした。

だが、他にもイリコのお魚グッズがあったような気がしてならないが、気のせいなのかなあ。ふふ。

4月 9, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

釣り大好き人とお会いしました

Mcimg1702昨日、岡山、香川両県をエリアとしている山陽放送に行き、池田四国支社長とお会いしました。先週香川トヨペットの灘波社長から「すごい釣り好きがいるので紹介するわ」と電話があっての約束でした。

灘波社長はマサバの香川県記録をもっていて、毎年発行の香川ギネスを楽しみにしてくれています。そこで、この日も出来たばかりの平成27年版を持っていきました。

山陽放送の会社の中で釣りクラブを立ち上げたという池田支社長もすごく興味があるらしく、長い間ずーっとギネスの記録表を見つめています。ふふ。

Zfullsizerendersそしてスマホの中の写真を出して私に見せます。松山市沖で釣ったというドラゴン級のタチウオです。これは岡山市在住のときに釣ったものなので、香川県記録にはなりません。

そして「香川ギネスの記録を超える可能性があるのはタチウオやな」とやる気満々です。他の魚種も見て「セトダイも可能性があるかな」と、この香川ギネスの話題で大いに盛り上がりました。

4月 8, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

竿の固着解除を再掲載

Dlcimg1225先日、オカテッちゃんがイカ釣りに行ったとき竿を固着して、その方法を以前にこのブログに書いた方法が参考になったようです。こういうのはブログ作者としてはうれしい。

そして、その後オカテッちゃんから「以前の固着記事は2006年5
月と10年前なので、見つけるのに時間が掛かった。再度ブログ書いたら助かる人がいるかも・・・」とのこと。

そこで、振り出し竿固着のマル秘はずし方を再度書くことにしました。ふふ。

①トップガイドなどを、熱して取りはずし、入らなくなった竿の部分を、竿尻から抜く

Cimg1984_2②取り出した竿部品の底に、セロテープ、もしくはビニールテープを2重に貼る。(底をコンクリートにたたきつけたときに、竿が割れないようにするため)

Cimg1982_2③入らなくなったつなぎ目に、ロウをたっぷりと塗る
④ロウを塗った部分を、火で丁寧にあぶる(少なくとも1分以上)

⑤ロウが溶けて、ファ~~と、白い煙のようなものが、入らなくなった継ぎ目から出てくる。継ぎ目から空気が出る隙間が出来た証拠。そのまま10秒以上、白い煙を出させる。これで、準備OK

⑥10分間以上の時間をかけて、熱したところを冷ます(熱を下げないと、絶対にダメ)
⑦コンクリートに新聞紙などを置いて、そこに思いっきり、ストンと、竿をぶつける。

そんな面倒臭いこと、やってられないという人、良い方法があります。これまで他人に教えたことのないマル秘の方法です。あなたにこっそりと教えますから、決して、他人にしゃべらないでください。いいですか? その方法は、「さっさと竿を折って、新しいのを買うことです」 こんなに簡単で、面倒臭くない方法は、他にはないと思います。

4月 7, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

今朝の霧を見て思い出した

Mcimg1700我が家は海から200メートルくらいのところにあります。今朝、新聞を取りに家を出ると、すごい霧が出ています。海の近くなので、春には時々あります。

直ぐ近くの海も霧で全く見えません。ふふ。この霧をみて、思い出したことがあります。

もう30年以上昔のことですが、愛媛県宇和島市の渡船で沖にある御五神の磯を目指しましたが、ものすごい霧です。だが、船頭は慣れているのか、港を出ると一直線に真っ白い霧の中に突っ込んでスピードを上げます。

当時の渡船はスピードが遅いので磯場まで1時間近く掛かります。船頭の見込みでは港の地形から見て方角を決めて走れば島が見えるはずと確信していたようです。

ところが1時間走っても周りは霧で覆われていて島影が見えません。自信をなくした船頭は左に舵を切ってさらに20分間全速力で走ります。

だが、それでも霧の中で自分がいる場所の手ががりになる島が全く見えません。それからやたら滅多ら走ること1時間。やっと後方に御五神島の頂上がわずかに見え、その方向に走ると見慣れた島がありました。磯場に渡ったのは予定よりも3時間近く遅くなっていました。

その間、私達釣り人も不安で、九州まで連れて行かれるのかと本心から心配しました。ふふ。

4月 6, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

宝山さんに・・・

Mcimg1697宝山さんと会ったとき、私のブログを本にしたものを贈呈しました。ふふ。ブログは半年ごとに本にしていますが、贈呈したのは平成21年の7月から12月までの下期分です。

過去のブログ本10数冊の中から、宝山さんの写真が最も掲載されているものを探して、この本にしました。宝山さんが「欲しい」と言ったわけではありません。

私は最近ブログネタに困っているので、「本をあげるからブログネタにするのを了解して・・・」とお願いしました。ふふ。

平成21年と言えば、私が6月に会社をリタイアした年で、その直後からのブログと言うことになります。当然毎日が日曜日になった幸せが最高のときです。

宝山さんはこの翌日から孫に会うためにしばらく家を留守にするということで、いいタイミングでした。

4月 5, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

30年以上前の本を読んで・・・

Qcimg1559書斎の本棚に「イシダイの島を訪ねて」を見つけて読みました。もちろん買った時に読んでいるはずだが、ほとんど忘れてしまっています。

発行年は1982年なので買ったのは30年以上前です。著者は橋 與司男さんで出版社はアテネ書房。すごく値段が高くて買うかどうか迷ったことを記憶としてはっきりと残っていて、1800円。30年以上前の1800円だから迷うはずです。

最初に写真があるが、釣り場の写真のがトップに私がよく行く愛媛県御五神のピラミッド。そこで、260ページの中で御五神の釣行記を最初に読んでみました。昭和40年のことなので50年以上前の話です。

当時は渡船システムもきちんと整備されておらず、島まで3時間もかかったと書いています。今はゆっくり走って1時間少し、最高速で走ると30分です。3時間も掛けていくとはすごい情熱。ふふ。

磯では潮が引くのを待って、麻のメリケン袋4袋に撒き餌にするフジツボやカメノテを取り、刺し餌にする大型フジツボを2袋取ったと書いています。1袋がすべて30キロです。

3日間頑張って著者は1.5キロのイシガキダイ1匹のみ。当時の御五神はとんでもない離島感覚だったようで、現在の安直簡便な磯釣りにどっぷりと浸かっている自分をちょっとだけ反省しました。ふふ。

4月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

オカテッちゃんから感謝

Mcimg1696オカテッちゃんは今週始めに宇和海にイカ釣りに行っていました。ゴムボートでの釣りです。最初に電話がかかってきた時には1匹しか釣れてないとのことだった。

その後、会いに行くと、7匹を釣ったとのこと。その中には2キロもいるとのことで、その話しを聞いて私の釣り虫もウジウジしました。だが、オカテッちゃんとしてはゴムボートで20時間も釣りをしての匹数なので、不満らしい。

オカテッちゃんはこの釣行で竿の固着があって、私がこのブログに書いた固着を直す方法を知りたいとのことでした。ふふ。

随分昔に書いた記事なので、なかなかその記事が見つかりませんでしたが、ようやく見つけてオカテッちゃんに電話をすると、既にその記事を見つけていて、その方法を試したらしい。

そして固着から開放。私が書いた方法はこれまでも試してみた読者から感謝のコメントが書かれているので、お役に立ててうれしい。私が考えた方法ではなくて、赤澤名工と一緒に行った釣具店で教えてくれた方法だけど・・・ふふ。

4月 4, 2015 釣り具 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

平成27年版の香川ギネスが印刷できました

Mcimg1694今年の香川県魚種別大物記録の通称「香川ギネス」の印刷ができました。毎年このデザインは私と同じクラブのイノちゃんにボランティアでお願いしていて、今年も迫力のあるデザインになりました。

印刷物は全日本サーフ香川協会会長の青木さんが受け取っていてくれて、高松市内の主要釣具店には既に配布しているとのことです。ふふ。

香川県西部の釣具店にはまだ届いていないようなので、香川磯連事務局長の秋和さんを通じて、丸亀市坂出市は香川磯連の藤森さん、観音寺地区には古川さんにお願いしました。

香川ギネスは今年で24年目になります。意外と歴史があるのです。ふふ。最初の年は香川磯連、全日本サーフ香川協会などの記録の中から30魚種程度で始めました。

それが現在は海水魚163魚種、淡水魚15魚種の合計178魚種にまでなりました。日本にはまだまだ多くの魚種がいます。例えばメダカはまだ登録されていません。ふふ。

4月 3, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

「Rがつかない月の牡蠣」

Cimg3821一昨日、私が毎月投稿している「関西のつり」の池田編集長から電話がありました。この雑誌にはエッセイのほか、クロスワードパズルも釣り人向けと奥様向けの2つを投稿しています。

池田編集長からの電話は4月10日に発売される5月号に掲載予定のパズルのヒントについてです。発売までに1週間程度しかないはず。そんな時期に電話をしてくるのは余程のこと。

内容は答えが「牡蠣」のヒントを「rがつかない月は食べない」としていたのが納得できないということでした。ふふ。確かに夏牡蠣もあります。

外国のことわざに「Rがつかない月は牡蠣を食べない」ということわざがあり、これをヒントにしていました。英語でRがつかない月の5月から8月までは牡蠣の身は痩せていて、食中毒にもかかりやすいという内容です。「r 月 牡蠣」で検索すると300万件がヒットして、ことわざが出てきます。

だが、考えてみると外国のことわざなので、ヒントとしては不適切だったようで・・・。日本でもすっかりポピュラーなことわざだと思いこんでいました。ふふ。反省。

4月 2, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

神戸の野上さんからお魚グッズ

Mcimg1686神戸在住の野上さんからA4サイズが入るレターパックが届きました。品名欄に「お魚グッズ」と書いているのでえらくバカでかいお魚グッズを送ってくれたのかと思いました。

中にあったのはマグネット。イタリアのシチリアのタオルミーナという街で2月4日に買ったとのこと。3ユーロ。シチリアに行っていたとはうらやましい。

Mcimg1688なんで大きな封筒で送ってくれたのかと思ったら、絵葉書が入っていて、それが買った街の風景でした。

こういう絵葉書のような風景を見ると、「ここだとどんな魚が釣れるのか」と考えてしまいます。熱帯魚はいない感じですな。どちらかと言うと日本と似た感じの魚が・・・。

ま、外国の観光地で釣り仕掛けを振り回していたら逮捕されるかもしれないので気をつけないといけません・・・。

4月 1, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)