« タケノコメバルの自己記録更新 | トップページ | 磯の長靴が2足 »

2015年3月24日 (火)

タケノコメバルを食す

Pcimg1602脈釣りで釣れたタケノコメバルを「山の神」に見せると、「おいしそー」と言ってくれます。私が釣ってきた魚でそんなことを言ってくれるのは珍しい。ふふ。

Pcimg1612_2で、翌日の夕食に煮付けになりました。これまでも何度も書きましたが、「山の神」は「魚より断然肉」が口癖だが、魚の煮付けのウデはプロ級だと思います。

煮付けは味付けもあるが、要するにさっと煮て終わること。いつまでもぐつぐつ炊いておいしくなるはずがありません。釣ってくる魚は新鮮なんだからなおさらです。

おいしくいただきました。ただ、はっきり言ってメバルよりは若干味が落ちるのは仕方ありません。メバルよりも脂分が少ない感じです。あっさりです。

これは「山の神」の料理のウデのせいじゃありません。ふふ。1匹を半分にして二人で食べましたが、大きかったので十分なおかずになりました。

3月 24, 2015 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/61217681

この記事へのトラックバック一覧です: タケノコメバルを食す:

コメント

コメントを書く