« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

ヨッさんに「関西のつり」4月号を贈呈

Mcimg1671私が毎月投稿している「関西のつり」は出版社から毎月「掲載」として送ってくれます。4月号は「掲載」のほかに同じものが「贈呈」としておくってくれました。

4月号に掲載の私のエッセイはヨッさんが2キロのアオリイカをくれたことを書いてヨッさんの写真も掲載しています。そこで、ヨッさんとオカテッちゃんが遊びに来てくれたときにヨッさんに1冊あげました。

ヨッさんは「これでわしのことを書いた本が10冊近くなったわあ」と喜んでくれました。ふふ。

私が現在投稿しているエッセイ「なんだって釣れればうれしい」は書き始めて既に3年半になります。原稿料をもらっているので、出版社の役に立っているのかいつも気になっています。ふふ。

四国の本屋ではこの雑誌を置いている店が少なくなっている気がしますが、もし本屋で見つければ手に取って見ていただけるとうれしい。もちろん買ってほしい。ふふ。

3月 31, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

初めての脈釣り、思い出場所

Ecimg0998高松市西部の郷東町に昔あった貯木場に行って見ました。釣りが目的ではなく、なんとなくぶらぶら散歩です。港の右側に波止が出ていて白い灯台が見えます。

これを見たとき、いきなりのフラッシュバック。思い出したことがあります。おそらく30年近く前のことです。この波止の先端で初めての脈釣りをしました。

脈釣りという釣り方があると本で知って、自分なりの仕掛けを作って意気揚々と出かけました。竿は当時使っていたチヌ竿。その竿先に道糸を直結して2本バリだったと思います。

エサはゴカイ。竿がちょっと固い気がするが、それほど間違ったものではありません。

何度か振り込んだ後、ジーッと待っていてもアタリがありません。そのときは竿を少しずつ動かせて探るということはせずにただひたすらに「いつ、ガクッとアタリがくるのか」と、真っ暗い中を待ち続けて30分。

辛抱を切らして仕掛けを上げてみることにしました。すると竿を立てても仕掛けがつかめません。つかめないというより、仕掛けが竿先からぶら下がって無いのです。竿を横にして竿先まで手探りしていくと、なんと、竿先に仕掛けがぐちゃぐちゃに絡んでいます。

ということは仕掛けは海中になくて竿先に絡んだ仕掛けでジーッと待っていたってこと。釣り始めの頃竿をしゃくったときに、仕掛けが飛び上がって絡んだらしい。今ではちょっとした微妙な感触も分かりますが、初心者だったときは、まあ、こんなもんでしょう。ふふ。

3月 30, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

1匹23万円のマダイ

Zimg106先週の四国新聞にマダイが23万円で競り落とされたという記事が掲載されていました。香川県西部の観音寺地方卸売市場でのことです。

毎年タイ網漁の解禁があった後、3キロ以上のマダイがご祝儀相場で競り落とされるもので、今年の23万円は昨年よりも3万円アップだったとのこと。ふふ。

競り落とした料理旅館は採算がとれることはないのが分かっていると思うが、毎年この記事を見るたびに地方の料理店と漁師との結びつきにある種の感動を覚えます。

その4日後、観音寺市の隣にある三豊市でも初ダイがご祝儀相場の10万円で競り落とされたという記事が掲載されました。こういうご祝儀相場は全国であるのでしょうか。香川県でも西部だけのようなので、他の県ではないのでしょうか。

私の初釣りで釣った魚にご祝儀相場がついて、せめて「山の神」から「すごいじゃないの」というお言葉があればうれしいがとても期待できそうにありません。ふふ。

3月 29, 2015 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

最も高価なお魚グッズ

Zpn2014122601001409昨年暮れの新聞に金の恵比須像が売り出されたという記事がありました。その値段はなんと1億3000万円。こんな値段のものを買う人がいるのでしょうか。

投資として買う人がいるのでしょうかなあ。私には逆立ちを何回やっても手が出せないのは分かっています。だけど、もしこんなものが私のお魚グッズコレクションになったら、すごいですな。

新聞記事の最後のほうを読むと、ちょっと希望があることを書いています。ふふ。

「大中小サイズの純金えびす像(約15万~約140万円)も販売される」と書いています。一番小さい15万円なら、全く手がとどかいなということではありません。私が将来するつもりのお魚グッズ展覧会でドーンと飾ることも出来ます。

だが現在の金価格を調べると1グラムが5000円。ということはえびす像を造る経費を除いて考えても15万円はたったの30グラム。30グラムの恵比寿様じゃあ迫力は出ませんなあ。

3月 28, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

初めての磯釣り

Cimg9330釣りを始めてからずっと、釣り日誌をつけています。私の初めての磯釣りは釣りを始めてから2年目に、わらじを持って行った種子島の磯ですが、これは珍道中でホントの釣りになりませんでした。

ちゃんとした磯釣りでよく覚えているのは釣りを始めてから4年目の昭和51年4月17日に愛媛県西海の「ツルの首」だったことが、釣り日誌をめくってみて分かりました。

このときは急流のような流れで釣り方が全く分からず、当然そこでは何も釣れず、場所変えして行った「のこぎり」でサンノジの30センチと25センチを釣ったと記録しています。当然大事にクーラーに入れて持ち帰ったはずです。

このときの磯釣りに対する気合いが持っていったエサの量でわかります。この時代はまだオキアミが売ってなくて、アミエビ20キロ、撒き餌用の冷凍湖産エビ7枚、刺し餌用の冷凍湖産エビ2枚ととんでもない量です。

何故かアミエビの値段は書いていないが、湖産エビだけで3600円も買っています。給料がせいぜい3万円程度だったはずで、よくまあ・・・、と絶句です。

このときは「磯に行けばだれでも大きな魚がバンバン釣れる」と思っていたのが、ぶち壊されました。ふふ。まあ、釣りってそんなもんです。

3月 27, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

釣具店でフリーペーパー

Pcimg1592我が家の近くにある釣具店で見たことがないフリーペーパーを見つけたのでもらってきました。ま、フリーペーパーがあっても気が付かなかっただけでしょうけど。

フィッシングボートのフリーペーパーで、中には中国、四国の瀬戸内海に面する各県のボートの写真と値段が掲載されています。合計で150艇以上あります。

興味があるのはその値段。100万円以下のものもありますが、中にはなんと5820万円とか、3790万円とかのボートもあって、映画で見るようなボートなんだろうかといろいろエロエロ想像しました。

私はボートの免許を持っていません。負け惜しみになるけど、「免許をとってもほとんど利用することがない」と思ったからです。それに何よりも自分の雑な性格を知っているからです。

私と同じ釣りクラブでボートを持っている小野ちゃんの手入れのマメさを見ていると、とてもじゃないけど私には出来そうにありません。ボートできちんとしてなければ遭難してしまいますわ。ふふ。

3月 26, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

磯の長靴が2足

Qcimg1561釣り具を入れている倉庫を覗いてみると、磯の長靴が見えます。そこが磨り減ってずいぶん昔に使わなくなったものです。捨てなくてはなりません。

そこでもっと奥を探すと、別の長靴があります。これも何年も前に使わなくなったもの。こんなものをいつまでも置いていたことが自分でも不思議です。ふふ。

そこで捨てる前に現在使っている長靴も出して3足並べて記念撮影です。写真の一番右が現在使っているものです。左の2足を捨てなくてはなりません。

そういえば長靴でない夏用の磯靴もあるはずで、捨てた記憶がありません。これもちゃんと倉庫を整理するといくつか転がっているような気がします。

今は寒いので探す気がしないので、暖かくなったら本気で釣り具用倉庫の整理をしないといけません。毎年同じようにことを考えている気がするけど・・・。ふふ。

3月 25, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

タケノコメバルを食す

Pcimg1602脈釣りで釣れたタケノコメバルを「山の神」に見せると、「おいしそー」と言ってくれます。私が釣ってきた魚でそんなことを言ってくれるのは珍しい。ふふ。

Pcimg1612_2で、翌日の夕食に煮付けになりました。これまでも何度も書きましたが、「山の神」は「魚より断然肉」が口癖だが、魚の煮付けのウデはプロ級だと思います。

煮付けは味付けもあるが、要するにさっと煮て終わること。いつまでもぐつぐつ炊いておいしくなるはずがありません。釣ってくる魚は新鮮なんだからなおさらです。

おいしくいただきました。ただ、はっきり言ってメバルよりは若干味が落ちるのは仕方ありません。メバルよりも脂分が少ない感じです。あっさりです。

これは「山の神」の料理のウデのせいじゃありません。ふふ。1匹を半分にして二人で食べましたが、大きかったので十分なおかずになりました。

3月 24, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

タケノコメバルの自己記録更新

Pcimg1602_2高松市の亀水湾で脈釣りをして釣れたタケノコメバルを家に帰ってから正確に計測。29.7センチでした。もう少しで30センチに届いたがしゃーない。ふふ。

Pcimg1608これまでの記録は2年前に屋島マリーナで釣った23.1センチなので大幅な記録更新になりました。やっぱり記録は釣りに行かないとでません。

今回も全くアタリがなくて、全然期待がなかったのだが、いきなりこの大きいのがきました。釣りは辛抱ですな。

この波止場にはよく来たことがあるが、ここでタケノコメバルを釣ったことがなかったので、ちょっとびっくりです。海面に浮かせてヘッドランプで照らしたときもタケノコメバルとは思わないでてっきり大きなガシラだと思いました。

今年になってから釣りであまりいいことがなかったので、ラッキーな釣果になりました。バンザイです。

3月 23, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

久しぶりの探り釣り

Pcimg1598久しぶりにゴカイのエサで探り釣りをしに行った。まずは家の近くの小さな川の河口で竿を出したが、全くアタリがないので、見切りをつけて場所変えすることにした。

行ったのは亀水(たるみ)湾。行くとだれもいない。波止の中央で竿を振るがアタリがないので、波止の先端に行く。するといないと思っていた釣り人がいたのでちょっとびっくり。

その釣り人が以前同じ職場で働いていた井上誠一さんだったのはさらにびっくり。井上さんは疑似でのメバリングである。彼が釣り好きだったとは知らなかったなあ。ふふ。

Pcimg1602全くアタリがなかったが、しばらくしてはっきりしない重さを感じて合わせると、びっくりするほどの引きの強さ。井上さんに玉網ですくってもらいました。タケノコメバルです。ふふ。

その後小さなガシラ2匹が釣れたがリリース。午後8時に納竿とした。予想外のタケノコメバルが釣れてうれしー。

3月 22, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

四国磯連の魚種別歴代20位

Cimg1430ls四国4県の磯釣り団体で構成している四国磯連は魚種別に歴代大物ランク20位までを整理しています。このうちイシダイ・イシガキダイ、グレ、マダイについては以前このブログでも書きました。

他の魚種だと
チヌは1位63.0センチ、20位は60.2センチ
ヒラマサは1位114.7センチ、20位で96.1センチ
ブリは1位105.0センチ、20位90.0センチ
イサキは1位60.0センチ 20位は50.4センチ
アイゴは1位48.6センチ、 20位は45.3センチ
クエは1位144.8センチ、20位は121.0センチ
となっています。

いずれも特大サイズでそう簡単には釣れないものばかりです。ところがすべての記録をよーく見てみると・・・。

チヌ以外は近年に釣った魚で歴代20位に入った魚は非常に少ない。例えばヒラマサだと最も新しい記録は2004年に釣った100.7センチの10位だけで、2000年以降なのはこれだけ。

一方チヌの場合、最も新しい記録は昨年の2014年に62.1センチで6位にランクインしているし、その前の年の2013年にも8位の61.7センチと10位の61.1センチが釣れています。

それとチヌの場合1位と20位のサイズの差が小さくて1ミリ単位でランクが変わっています。
私にとっては60センチのチヌはなかなか難しいが不可能ではないような気がします。よーし、今後はチヌの20位以内ランクインを狙って頑張るぞ。

3月 21, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

じゃんじゃん釣ったつもりのイカだったが・・・

Ycimg9468昨年はアオリイカ釣りが例年以上にうまくいって、たくさん釣れた気がしていました。2.6キロの自己記録も釣れたので万々歳の年だった気がしていました。

ところが昨年の釣り日誌からアオリイカの釣果だけを抜き出して整理すると、とんでもない事実が分かりました。ふふ。昨年1年間にアオリイカ釣りをした日は13日。

そして釣った総匹数はたったの16匹。13日も釣りをして釣果がたったの16匹と分かって我ながら愕然としました。そしてもっと驚いたことが・・・。

なんと釣りをした16日のうちボウズの日が5日もあり、1匹と2匹の日が7日。ということは3匹以上釣れた日はたったの1日しかなかったということ。

不思議なくらい釣れていません。もっとじゃかすか釣ったつもりだったのに、なんでそう思ったのでしょうか。イカ釣りだけに行ったのではなくて、チヌ狙いやイシダイ狙いの磯釣りをする前後にしたので、イカ釣りでのボウズの痛みがなかったらしい。ふふ。今年は頑張らないと・・・。

3月 20, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

イカ釣り用のケースを買いました

Dncimg1173アオリイカ釣り用の小物道具や仕掛けを入れているケースがいっぱいになってウキが入らなくなっていました。これまで使っていたケースは100円ショップで買ったものなので小さい。

ま、我慢すれば使えないことはないがDIYの店に行ったとき、いろんな種類のクリアケースが並んでいたので、買いました。1316円。100円ショップのものの10倍以上の値段。ふふ。

これまでの小さいケースにあふれていた小物釣り具が余裕で全部入りました。それにまだまだ余白があります。

Dncimg1175これまでケースからあふれていた電気ウキも余裕で収納です。お陰で気分もすっきりです。これを見ているだけで釣りが上手になって、釣果が増えそうです。

ついでにイカ釣り用のバッカンも大きいのに買い換えようと思ったが、これはイカ釣りシーズンではオフシーズンになるイシダイ用のバッカンを使うことにしました。ふふ。

3月 19, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

肌荒れ防止用の手袋と紙やすり

Ucimg14581月の中旬に「海水で指先が荒れて大変」という記事を書いたら、「きゃるびこ」さんから、極薄の手袋が有効というコメントを書いてくれたので、買いに行きました。

店員に聞くと「これや」と言うので、それとついでに紙やすりを買いました。紙やすりは一度使ったイカ仕掛けの掛けバリを研ぐためです。

普通のハリだったら一度使ったら捨てますが、イカ仕掛けは作るのが大変なので、釣行から帰ったら水洗いして、釣行に行く前に紙やすりで丁寧に研ぐことにしています。

ヤスリで研いだあと、指先に当ててみるとその効果がよく分かります。一度使った掛けバリの先は折れ曲がっていたり、先が鈍くなって刺さりません。

ただ、気になるのがヤスリで研ぐと、もともと塗装していた赤色が剥げてキラキラします。イカが嫌いな色だとは知っていますが、だからと言って仕掛けを捨てる気にはなれません。ふふ。

3月 18, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

ヤエン釣り用にこんなものを作りました

Dicimg1300初めてヤエン釣りをしたとき、イカがアジを抱いてからジワジワと寄せてきた後、ヤエンを道糸に掛けるときになかなか思うように道糸がつかめませんでした。

インターネットで調べると、道糸に引っ掛けて寄せるための道具を自作している写真がありました。それをみて、私も考えました。するといいものがありました。

ワイシャツをクリーニングをした時にくれる針金。これをギューと曲げて伸ばすと写真のような形になります。我ながらいい考えです。ふふ。

これを使うと簡単に道糸がつかめるはずです。意気揚々とその後ヤエン釣りをするときにもっていき、ヤエンの横に置いて釣り開始。ふふ。

ところが実際にヤエンを掛ける時になると、これで道糸を引っ掛けるよりも竿を一旦置いてから道糸をつかむほうが簡単。釣り場が平らで広いところだと私のアイデアは役立たずでした。釣り場が狭いところだと使えるかも・・・。

3月 17, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

徳島県松茂町役場にマンタの像

Dtcimg1122昨年、NHKとマンホール探しのロケで徳島県松茂町の役場に行きました。NHKが役場にロケの了解をもらっている間、私は駐車場をうろうろしていました。

Dtcimg1123そしてマンタの像を発見。まさか役場にマンタの像があるとは全くの予想外。ふふ。カメラのシャッターを押しまくりました。マンタは美しい姿です。マンタの下には本物のテトラポッドがあり、色んな魚がいます。

この像には「製作意図」がある書いていました。「この像には二つのメッセージがこめられている」とのこと。

二つのメッセージとは「飛翔」と「共生」。マンタが飛ぶ姿は飛翔であり、消波ブロックにいるさまざまな魚は共生している、という新年にふさわしい内容。

分からないでもないが、マンタを飛翔と考えるのは、釣り人には無理。ダイビングの人にはいいが、釣り人にとってはエイはどうしようもないゲテモノ。さてさて・・・。

3月 16, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

昔の磯釣りガイド本から・・・

Xcimg1393久しぶりに本棚を眺めていて、私が磯釣りを始めたころに買った本を見つけて広げて見ました。「磯釣り」というタイトルで、著者は藤沢淳一郎さん。定価580円。

定価の安さが目立つが、発行年が昭和49年。当時の給料が3万円程度だったことを考えると結構高価だったといえます。これをパラパラと開いて、あらためて磯釣りの変化を考えさせられました。

まず、対象魚の最初はイシダイ釣り。これに60ページ。次いでクエ釣りでこれに40ページを費やしています。グレは・・・。

近年の磯釣りと言えば、イシダイ釣りよりもグレ釣りのほうが多い気がしますが、この本でグレのページは30ページ。それも「中小物の釣り方」の中で書かれていて、ブダイの次にやっと出てきます。グレはブダイよりもターゲットが下ということ。

そういえば、磯釣り創世記の人に「磯釣りと言えばイシダイ。グレは60センチがいくらでも簡単に釣れるので、おまけに釣るものだった」と聞いたことを思い出しました。

グレの釣り方でウキが熱海ウキや大きな棒ウキと書かれていて、私もそれを使っていたことを思い出しました。ふふ。

数年前から始めたイシダイ釣りですが、今のところ楽しい釣りです。磯釣りの原点に戻った気がします。

3月 15, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

去年に自己記録を更新した魚

Vcimg0448昨年に自己記録を更新した魚種は12魚種でした。このうち、昨年の私が初めて釣った魚種は3種。ムツ、トウゴロウイワシ、ミナミイソスズメダイです。

写真は宇和島市の一文字波止で釣ったムツ。そんなに珍しい魚ではないと思うが、27歳から釣りを始めて40年以上たって初めて釣りました。

私には縁が薄い魚なんでしょうなあ。トウゴロウイワシも初めて釣りました。もう一つのミナミイソスズメダイは今回魚類図鑑とにらめっこをしてやっと魚種が分かったもので、ひょっとしたら釣っていたがそのまま海にポーンと投げていたのかもしれません。ふふ。

サイズを更新した魚種はスズメダイが17.9センチ。ふふ。笑うでしょ。でも私にとってはうれしい。だって釣ったのは御五神の磯。このサイズはなかなか釣れないことが分かっているから・・・。

チヌの53.2センチの自己記録更新もうれしいが、それよりもうれしいのはアオリイカの胴長40.6センチ、重量2.6キロです。これは私がこれまでに釣ったイカとしてはダントツに大きいのです。

3月 14, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

「骨まで愛して」

Dhcimg1316一人で釣りに行くと、道の駅によく寄ります。他の人と一緒のときは、そんなことに興味がない人が多いので、私のほうから「寄る」と言ったことはありません。

高知県の西端に位置する大月町の道の駅にひとりで行ったとき、「山の神」から「高知県に行ったとき、あれば買ってきて」と言われていた生姜があったのでこれを買い、さらにストーブの上に小石を入れた鍋をかけて石焼芋を作っているので、芋を買いました。

ま、こういう積み重ねがあるから、多少釣りに行くことの苦言が減っているのだと思いますわ。ふふ。

そのついでにビールのつまみを探したら、珍しいものがありました。道の駅で探すときはその土地ならではの特産品を探します。今回見つけたのは「骨まで愛して 太刀っぷす」。

「骨まで愛して」は昭和41年に大ヒットした城卓矢の歌の題名。これを知っているということは、これを作った人もおそらく年配の人と想像しました。

賞品は太刀魚を骨付きで味付けして乾燥させたもの。おいしくて買った日に食べてしまいました。「太刀っぷす」も「チップ」のだじゃれか。

3月 13, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

魯山人の箸置き

Xcimg1377私は毎日午前4時半ごろに起きます。土曜日のこの時間にNHKで放送しているのが「鑑賞マニュアル 美の壺」という番組の再放送。

Xcimg1378今年の正月3日に放送されていたテーマが「箸置き」。箸置きの鑑賞方法を多面的に説明してくれます。箸置きにはお魚グッズが多いので面白く見ていました。

すると美食家で陶芸家の北大路魯山人が作った箸置きの話がでてきました。お魚の形をしたものや色んな形の箸置きが出てきました。ふふ。

私が集めているお魚グッズの箸置きは安価なものばかりなので、有名人が作った高価な箸置きは縁のないもの。だが、少し気になったので、どれくらいの値段がするものかとインターネットで検索してみました。

驚くなかれ。というより驚いちゃいました。オークションでは最も安いもので1個が5万円。だいたいが10万円前後もしています。こうなると、お魚グッズなんて言ってられません。やっぱり、私には縁がないもののようで・・・。

3月 12, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

魚本の誤り

Isidai1894ls30年以上前に買った本を何気なく読んでいて驚きました。「イシダイは塩焼きにすると身が固くなってまずい」とあります。作者は築地で60年いるとのこと。

イシダイがまずいとは、イシダイ釣り師が聞いたら目をむいて怒りそうです。いくら築地に長くいた人かしらないが、イシダイがまずいなんて聞いたことがない。

そこで気になって、昔に買った魚の本をいくつか見たが、どの本にも「イシダイがまずい」と書いた本はなかったので一安心です。ふふ。

この人は本当にイシダイをちゃんと焼いて食べたのでしょうか。どんな魚だってキンキンに焼くと身が固くなってしまいます。我が家の「山の神」には魚を焼いてもらわないのはこの理由です。ふふ。

それにこの本には「10センチくらいのアイナメをクジメという」と書いていたり、「ハタには種類が多いが、味がおちるのはキジハタ」と書いていたりで、驚くことばかり。

本に書くといつまでも残るので、気をつけないといけません。私の反省でもあります。

3月 11, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

もらったナマコを調理してみました

Pcimg1587_2チョイ投げ釣りをしに坂出市王越港に行ったときもらったナマコを調理してみました。初めての体験です。ナマコをくれた大林さんがやり方を簡単に説明してくれました。

Pcimg1589念のためインターネットで調べると教えてくれたことと全く同じことを書いてあります。まずナマコの頭と尻の両方を切って落とします。

Pcimg1590そして腹を割いて内臓をていねいに取り出します。そして水できれいに洗います。この時点ではまだ表面にヌメリがたくさんあります。

Pcimg1595ナマコのヌメリの取り方は「ザルをかぶせて博打場でサイコロを振る要領でザルを動かす」とのこと。こんなことは初めてですが、やってみるとうまくいきました。

Pcimg1593そして最後に薄切りにして適当に酢と醤油などで味付け。「山の神」は気持ち悪がって手をつけないのかと思ったら、パクパク、モグモグ。夕食のおかずの1品になりました。

3月 10, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

ゴカイを買って・・・(2)

Pcimg1575_2ゴカイのエサでチョイ投げをしたが、養殖ノリがべっとりと付いて釣りにならないので坂出の王越港にやってきました。この沖にはノリイカダがありません。

これなら釣りが出来ると思いました。だが釣りができるということと釣れるということは別の話。ふふ。まったくアタリがありません。アタリがないどころか、エサが全くなくなりません。

Pcimg1582しばらくすると、二人の見物人。ナマコを取りに来たと言いますが手ぶらです。しばらく話してから彼らが帰って行く途中で大きな声がします。ナマコを見つけたようなので、見に行きます。

Pcimg1583車から持ってきた短竿にイイダコ用のテンヤをつけて、それで引っ掛けます。簡単に掛かってきました。しばらくしてさらにもう1匹を見つけたらしいので再び見に行きました。

Pcimg15841匹目よりも格段に大きくて3倍以上あります。海面まで浮かせたが、海面を切る時にナマコの重さではずれます。それが2度、3度。海面まで浮かせてから網ですくってやっとゲット。

Pcimg1587そして別れ際に最初に釣ったナマコをくれました。ふふ。釣りにくればなんか楽しいことがあるものです。チョイ投げ釣りのほうは全くアタリがないので帰ってきました。ま、いいんじゃない。

3月 9, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

ゴカイを買って・・・

Pcimg1563急に思い立って「釣りに行こう」とゴカイを買いました。ちょこっと竿を出せば気分がおさまります。行ったところは香川県営球場の裏。

Pcimg1566昼食の菓子パンを一口かじって仕掛けを巻いてみるとハリ3本にべったりと細い海藻。これでは釣りになりません。違う方向に投げて見たが、状況は同じ。

Pcimg1569そこで場所変えを即決。ふふ。最初の場所では10分もいませんでした。場所を移動して2個目のパン。そして仕掛けを上げると最初の場所より藻が。もっと多い。

Pcimg1571沖を見るとノリ養殖の筏がびっしりと並んでいます。そして近くでノリの収穫をしています。この影響らしい。そこで沖にノリの養殖がない海域まで移動することに・・・。

Pcimg1575そして行ったのが坂出市の王越港。この沖にはノリ棚がありません。投げてみると全く藻が付いてきません。これなら釣りが出来そうです。ふふ。

明日に続く。

3月 8, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

去年の底物釣りの総括

Cocimg0215現在の私は晩秋から春に掛けてはアオリイカ、春から秋まではイシダイ釣りがメインになっています。そのうち、イシダイ釣りの実績を釣り日誌からまとめてみました。

一年間に底物をした日は8日間。このうち全く釣れなかったのは1日だけです。合計でイシダイとイシガキダイを合わせると27匹を釣りました。

だから1回あたりに換算すると3.4匹を釣ったことになります。ボウズの日を除いた7回で計算すると1回当たり3.9匹を釣ったことになります。

残念なのはそのサイズ、40センチをかろうじて越えたのは1匹のみで、それ以外はすべて40センチ以下でした。ま、イシダイ小物釣り師の典型ですな。

イシダイとイシガキダイの内訳は、イシダイが11匹、イシガキダイが16匹となっていてイシガキダイのほうが小物釣り師にとっては釣りやすいことを表しています。ふふ。

3月 7, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

今年の香川ギネスのデザイン完了

Ncimg1648デザイナーのイノちゃんにお願いしていた今年の「香川の大物釣魚ギネス」のデザインが終わったと言うので、取りに行きました。

メインの写真は今年の記録更新に大物がなかったので、秋ヤンにお願いして送ってもらった小田さんが昨年釣ったクエの写真になりました。

やっぱり大きな魚が表紙にドーンとくると迫力が違います。これなら見た人の目を引くはずです。原稿の校正が終わって、印刷発注をお願いしたので、3月中には釣具店で無料配布が出来るはずです。

Ncimg1649この資料は三つ折りになっていて最後のページにも写真が2個入っています。この中に私が釣ったヤマブキベラの写真も掲載になりました。

昨年は記録更新の魚が少ない上に、写真の添付が少なかったので、ま、無理やり私の写真を入れた感じになりました。しゃーないです。ふふ。

3月 6, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

お魚デザインのマンホール

Ycimg1019s昨年は四国のデザインマンホールの本を自費出版して新聞、テレビ、ラジオなど10を超えるマスコミで大きく取り上げてくれました。それを見た人から、いくつかの情報をいただきました。

その中で現在は今治市になっている関前村に私が見つけていないマンホールがあると言うので、写真を取りに行きました。橋で繋がっていないので、今治港からフェリーに乗りました。

そして見つけたのが写真のマンホールです。デザインにはタイと蝶とミカンが入っているので、その意味を調べました。

タイはこの島近くの限定した100メートルの範囲の「怒漁場」でとれるマダイに「怒鯛」というブランドで売っているものらしいことが分かりました。

ミカンの花は「村の花」、蝶はこの岡村島に生息するクロツバメシジミという蝶のことらしい。島には「チョウの島」という大きな看板があって、この蝶で島おこしをしているようです。

3月 5, 2015 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

四国磯連から魚拓用紙をいただきました

Ncimg1646この前の日曜日は高松市で西日本磯釣り協議会の総会がありました。私は出席できなかったので、先週にあった四国磯連のチヌの部の年間大物表彰4位の賞品を古川さんからイノちゃんに預かってもらいました。

イノちゃんから「預かった」という電話があったので取りにいきました。今年の賞品は四国磯連で作成している魚拓用紙でした。5枚です。結構な値段がする特注品ですので、大物の魚拓をするときにはありがたい品です。

魚拓に必要な年月日、場所、釣り人名が書けるように事前に印刷されています。ふふ。

何年か前にも50センチオーバーのチヌを釣って表彰されたときがありました。そのときの賞品は包丁でした。高知県は土佐刃物が有名で、その包丁です。

そのときにもらった包丁は今でも磯釣りのバッグ入れていますが、切れがよくて重宝しています。だから、今年も内心は包丁を期待していたのだが・・・。ふふ。

3月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

四国磯連の歴代大物ベスト20

Qcimg1560s_2古川さんが送ってくれた今年の四国磯連総会資料に、歴代大物の20位までが掲載されています。魚種はイシダイ・イシガキダイ、グレ、チヌ、ヒラマサ、ブリ、マダイ、イサキ、アイゴ、クエの9部門。

四国磯連が発足して以来の歴代なので、最も古いのは1979年、昭和54年の記録もあります。そのサイズは半端なく大きいのに驚きます。

イシダイ・イシガキダイでの歴代1位は88.0cm。第20位でも74.1センチと超大物。このサイズだと私が今後20位までの大物を釣るのはとてもじゃないが無理ですな。ふふ。

グレの部の歴代1位は71.9センチ。宇和海の御五神の寝床8番で2003年に釣ったもの。そして20位は67.0センチ。これもまた、これまでに50センチを越えるのはたった1匹しか釣ったことがない私には夢のまた夢のまた夢・・・と夢が10回ぐらい続かないといけません。

マダイの1位は100.5センチで、これもグレと同じく御五神のヒナダンで釣ったもの。マダイの20位は93.5センチ。やっぱりマダイも私には20位以内に入るサイズを釣るのは無理。

それ以外の魚種の20位はまた別の機会に書きます。

3月 3, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

サラリーマン川柳

Cimg8803s第一生命保険が毎年発表しているサラリーマン川柳で、先日入選作品100句が発表されました。これを元に投票で入選作品を決めることになっています。今年で28回目。

100句の中で私が面白かったのは次の3句。
定年後 アウェイとなった うちの家 (あんず)
長生きは オリンピックが 生きがいに (ふくだるま)
記念日に 「今日は何の日?」 「燃えるゴミ!!」 (FUTA)

今年の川柳で多かったのが老齢化社会の進展のせいか、若い現役の人よりもリタイアした人の目線のものが多かったような気がします。

私も、ゴミの日、オリンピック、定年後をテーマにして釣りで川柳を作ってみました。ふふ。

まず、「ゴミの日」については
・釣行は ゴミ捨て場が 出発地
 ほとんどが早朝出発になる釣行は、まず「山の神」が前日にまとめて玄関に置いているゴミを捨ててから

「オリンピック」を題材
・この歳で オリンピック後 磯は無理
 現在70歳。オリンピックのときは75歳。磯釣りは無理だろうなあというのが実感。寂しいなあ。

「定年後」を題材
・定年後 遠征増で 妻笑顔
定年後は遠征が格段に多くなりました。必然的に「山の神」は私の食事の手間が不要になるので、これ以上の女房孝行はないのです。ふふ。
 

3月 2, 2015 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

香川ギネスの平成27年版の作成を依頼

Zimg084そろそろ時期が来たので毎年発行している「香川の大物釣魚ギネス」の平成27年版を作らないといけません。写真は昨年版のもの。

データの整理ができたのと、広告掲載の了承も昨年どおりダイワさんがしてくれたので、イノちゃんにデザインと作成をお願いしてきました。ふふ。

ダイワさんの原稿はまだ出来ていないので、全日本サーフ香川協会会長の青木さんにお願いしてダイワさんからの原稿をイノちゃんに渡すように依頼しました。

今年は色を真っ白にしました。理由はありません。毎年私の気分で決めているのです。ふふ。印刷部数は3000部。

今年は新規魚種が3種類の追加、そしてサイズ更新が5魚種となっています。既に印刷依頼をしたので、今後の申請魚は来年の印刷になります。あしからず。

3月 1, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)