« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

去年の釣行総括

Cocimg0220平成26年の釣り日誌の統計を取りました。総匹数は479匹。これには写真の魚のようなエサトリも含んでの話です。この匹数はその前年が752匹だったので極端に少ない年になりました。

釣りをした日数は44日。前年は54日、その1年前はもっと多くて65日だったので、昨年は釣りをした日数は残念ながら少ない年でした。

釣りをしていた時間は215時間。その前年は255時間釣りをしていたので、大分少なかったといえます。それだのに買ったエサの代金は95200円。前年に比べて4000円弱の増。

釣りをした日が少ないのにエサ代だけが増えています。何にそんなにたくさんのエサを買ったのでしょうかねえ。

結局、1回釣行当たり釣った匹数は10.9匹で、これも前年の13.9匹からガクーンと落ちました。1時間当たりの匹数だと、2.2匹で前年の2.9匹に比べて大分落ちました。ふふ。

ただ、釣行1回当たりの釣り時間数で見ると、4.9時間で、前年の4.7時間より増えているので、なまけていたわけではありません。ふふ。

2月 28, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

ヒラスズキの件

Y1cimg4701今朝、古川さんから電話。私が昨日書いたヒラスズキのことです。「あれは忘れて記載漏れになったんじゃない。高知の人がヒラスズキを釣った大物があるので、もっと調べてから掲載することになった」とのこと。ふふ。

実は私のヒラスズキの記録は81.7センチ。それ以前には平成21年に香川県連所属の吉田邦夫さんが80.1センチを釣って四国磯連の敢闘賞をもらっています。

そのサイズよりは私のほうが大きかったので、てっきり私のヒラスズキがこれまでで一番大きいと思ってしまいました。記載漏れじゃないということなので、お詫びです。今後調べてヒラスズキの記載をお願いします。もちろん私でなくても・・・。ふふ。

ついでに西日本磯釣り協議会の魚種別大物としてのヒラスズキの記録を調べてみました。平成1年に和歌山磯連の島 慶一郎さんが釣った92.3センチとなっています。

そのとき調べていて気になったのが、西日本の記録として地方名と標準和名とで同じ魚種が別々に記載されているものがあります。アイナメとアブラメ。ウミタナゴとタナゴ。

地方名だけで登録されているのが、コブダイをカンダイ。カサゴをガシラ、ブダイをイガミと3魚種でありました。

それ以外にもイサキが55.1センチとなっているが、四国磯連の記録の60センチより小さいのが掲載されていてこれも修正の必要性があります。

これらはおいおい修正されていくことになると思います。私も気が付かなかったなあ。ふふ。

2月 27, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

四国磯連の総会資料が届いた

Qcimg15552月22日の日曜日に四国磯連の総会が松山市であったが、私は出席できませんでした。資料の入手を古川さんにお願いしていたので送付してくれました。

Qcimg1560sこの資料で一番楽しみにしていたのは四国磯連の歴代大物記録表で、その中に他魚として私が釣ったヒラスズキが記載される約束になっていました。

残念。記載がありません。ふふ。ヒラスズキを釣ったときのメモを渡していたが、担当者が記載を忘れてしまったらしい。しゃーないなあ。

四国磯連の歴代の大物記録として1匹でもあると言うのは栄誉です。そこでヒラスズキの掲載がなかったので、総会に先立ってあった役員会で「ヒラスズキを入れてよ」とお願いして了承されました。

これで記録掲載は1年後になってしまいました。しつこく言わないと駄目なのかなあ。

2月 26, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

ガソリン代が下がったが・・・

Kiki6572ガソリンが昨年から比べると1リットル当たり30円以上値下がりしている。愛媛県南部や高知県西部への釣行が多い私にはうれしいこと。

そこで気になったので昨年一年間で使ったガソリン代を計算してみました。37万8000円でした。1ヶ月当たりだと3万1500円と予想以上の多さ。

今年の値下がりがこのまま1年間続くとしたら、30万円そこそこで済むはずです。ふふ。それにしてもエコじゃないなあ。

その一年前のガソリン代を集計してみると、1000円違いの37万7000円と、昨年とほぼ一緒でした。ま、それだけ私の釣行パターンが毎年同じということでしょうか。

アオリイカ釣りで高知県西部に行くとだいたい走行距離が750キロ程度になります。リットル10キロとして75リットル。やっぱりエコじゃないなあ。

2月 25, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

ヤエン2個

Ycimg1372新しい釣りを始めようとすると、やはり道具をそろえないといけません。今年はイカのヤエン釣りを勉強することにしているので、ヤエンが欠かせません。

ヤエン釣りを教えてくれた古川さんからもらった2個がありますが、たった2度の経験だけでもヤエンは消耗品だということがわかりました。

そこでもらった2個だけでは心細いので買いに行きました。しかし瀬戸内海はイカ釣りのシーズンがとっくに終わっているせいか、高松市内の釣具店では品揃えが貧弱です。

それでも分からないまま2個をテキトーにチョイスして買いました。2個で1500円弱。結構高い。でも必需品なので買いました。いいんじゃない、と自分に言い聞かせました。

2月上旬にヨッさんとイカ釣りに行ったときはアタリが全くなかったので、ヤエンの登場はありませんでした。どんどん使えるときが待ち遠しい。ふふ。

2月 24, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

去年の釣り日誌を見て驚いた

Ocimg9644昨年の釣り日誌を整理して、驚くことがありました。それは釣り場のこと。昨年は44日間釣りをしたが、それを香川県内、香川県以外に分けてみました。

すると香川県内で釣りをした日はたったの9日で、35日は香川県以外でした。徳島県で1回だけ豆アジ釣りにいきましたが、ほとんどが宇和海南部と高知県西部でした。

そりゃあ、疲れるはずです。金も掛かるはずです。ふふ。宇和海に行けば必ず釣れるというわけではもちろんありません。香川県内では楽しい釣りが出来ないということでもありません。

しかし、のんびりと竿を出すのは宇和海や高知県の磯が楽しいのです。そして滅多に釣れないが大きなチヌや大きなアオリイカの可能性があります。

ヨッさんはおそらく香川県内での釣りは全くしていない感じ。私もそれに近い感じ。今年はメバル釣り、サヨリ釣りで香川県内の釣りをもっと楽しむつもり・・・。つもり、ですけど。

2月 23, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

ダンゴウオ3種は同じ魚・・・

Cimg5739s今朝の新聞各紙に「ダンゴウオ3種は同種」という記事が掲載されています。なんか、化かされた感じ。ということで、この記事の写真は狸にしています。

というか、私はこれまでダンゴウオを水族館で見たことはあるが、釣ったことがないので写真がないので、仕方なくというのが本音です。ふふ。

これまで同じ魚と思っていた魚が実は別の魚だったということは何度かありました。最近では2008年にメバルがアカメバル、クロメバル、シロメバルの3種の違う魚に分けられました。

今朝の新聞記事ではこれまでダンゴウオ科の別種と考えられていたコンペイトウ、コブフウセンウオ、ナメフウセンウオの3種が同じ魚だったとのこと。

北大と兵庫県立大学の研究チームが卵を採取して飼育したところ成長していく過程でこの3種になることが分かったと言います。海の中の世界はまだまだ分からないことだらけのようです。

ということは、ひょっとしたらイシダイがどんどん大きくなってクエになったり、ブリがどんどん大きくなってカジキになったりしないのかと、想像したりしました。ふふ。

2月 22, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

西日本磯釣り協議会の総会資料表紙を手渡す

Qcimg1556今日の朝午前7時45分、我が家近くのファミレスでいつものように釣り雑誌の原稿書きをしていると、約束どおり香川磯連の古川会長、秋和事務局長がやってきました。

Qcimg15583月1日に高松市で開かれる西日本磯釣り協議会の総会資料の表紙をイノちゃんから預かったのを渡す約束でした。古川さんが昨日小豆島で入手したミカンのお土産付きです。ふふ。

今週の日曜日は松山市で四国磯連の会議があり、その1週間後に西日本磯釣り協議会の総会があるので、二人はその準備にテンヤワンワのようです。ふふ。

私はその総会に出席の予定でしたが、急遽出席できなくなりました。二人にはそのお詫びに終始するしかありませんでした。

毎年この総会には出席していて、他の県からやってくる人たちと話すのが楽しみだったのですが、仕方がありません。

2月 21, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

西日本磯釣り協議会の総会資料表紙

Qcimg1554近畿、中国、四国の各県の磯釣り団体で構成している西日本磯釣り協議会の総会は各県の持ち回りで開催しています。今年は12年に一度の香川県での開催。

総会資料の表紙デザインを私と同じクラブのイノちゃんにお願いしていました。これまで他県で開催したときの資料も見せて立派なデザインをお願いしました。

それが今日出来上がったのが、写真です。立派でしょ。感じがいいでしょ。4つの案を作ってくれたので、会長の古川さん、事務局長の秋和さんに選んでもらいました。ふふ。

本資料の印刷、製本は古川さんがしてくれることになっているので、この表紙を明日にでも古川さんがいる観音寺市まで持って行くつもりでした。観音寺までは高速道路を使って約1時間かかります。

ところが古川さんが今総会の打ち合わせのために明日高松市に来ることになっているということで、私は自宅で渡せばいいことになりました。ラッキー。ふふ。

2月 20, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

ブダイで死ぬのか

Cxcimg0023今朝のインターネットでニュースを見てひびりました。「ブダイ食べた70代女性が死亡 食中毒か」とあります。記事の内容は宮崎県内の70才代の女性がブダイ科の魚を食べて食中毒という内容。

「内臓に含まれる猛毒のパリトキシンが原因らしい」とのこと。南方にいるブダイ系の魚に毒の可能性があることは本からの知識として知っています。

知ってはいるが、これまで四国で釣ったブダイ系の魚を毒魚として見たことはありませんでした。ふふ。写真は昨年宇和海で釣ったヒブダイ。

ま、全てのブダイ系の魚に毒があると言うわけではなく、食べ物に含まれる毒が蓄積される量が個別の魚によって違うことも、知識として知っています。だから、毒に当たったら、運が悪いと・・・。

ヒブダイはフライにするとすごくおいしい。現在も我が家の冷凍庫に昨年釣ったヒブダイが入っています。内臓はもちろん取り除いているので大丈夫です。ふふ。

2月 19, 2015 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

上海からお魚グッズ

Xcimg1385上海在住の寺戸さんからお魚グッズを送ってくれました。今回のお魚はタツノオトシゴ。名前が「泳ぐタツノオトシゴ」となっているので、風呂にでも浮かべるかと思いました。

だが、吸盤が部品としてついています。水槽にくっつけるかと思ったが、よくよく見ると吸盤に糸がついていて水中でタツノオトシゴがユラリユラリと泳ぐらしい。ふふ。

実際に使ってみたい気がするが、使うには包装を破らないと取り出せません。それではお魚グッズコレクションがホントのガラクタになってしまいます。ここはグッと誘惑をこらえました。

寺戸さんが同封してくれたメモによると、買った場所は上海市の通称花鳥市場、上海市黄浦区重慶北地路。さっぱり分かりませんけど・・・。

購入金額12元。昨年の12月27日に購入とあります。いつも気に掛けてくれているようで、ホントに申し訳ないです。東京の住所に郵送した「関西のつり」は出張で東京に帰った時に見たと葉書が届きました。ふふ。

2月 18, 2015 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

去年はいい年だったようで

Tcimg1497香川磯連の新年会の表彰式で、二つの熨斗袋をいただきました。
ひとつはチヌの年間大物の3位に入ったもの。53センチを釣ったのは4月だったので、年内にはこれ以上に大きいのを他の人がどんどん釣ると思っていたが、3位に滑り込みセーフでした。ふふ。

もう一つの熨斗は香川磯連讃岐カップの大会でイシダイの部3位になったもの。このブログにも書きましたが、雪のため高知県沖の島で開催予定の大会が雪のため高速道路が封鎖されて、魚拓大会になりました。

この時期はイシダイが釣れる可能性が少ないと見て、36センチのイシガキダイを魚拓にして提出。スケベ根性がよかったということ。ふふふのふ。

熨斗の中には期待以上の7000円と8000円が入っていました。合計1万5000円。もちろん、釣行にはこれの何倍ものお金を使いました。ふふ。

香川磯連から表彰をもらったのは何年振りか忘れるくらい随分昔のことのように思います。さて、今年もこんなにうまくいくようには思えないけど、頑張ります。頑張っても釣れないものは釣れないけど。

2月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

マンホールコレクションの次に

Ucimg1480四国のマンホールデザインのコレクションが一段落したので、今後のライフワークとして何をしようかと去年から考えてきました。四国各地にあるお魚や動物の造形物コレクションを数年間続けているので、まずこれを集大成することを考えました。

だが、思い直して四国の中にある「世界一・日本一」を今後のターゲットにすることにしました。これは20年間以上、四国にある世界一、日本一に関する新聞・雑誌の切抜きや四国各地の地域パンフレットを合計で1000枚以上集めて、これまでもいくつかは現地に行って写真を撮ってきました。そのサンプルはブログ「四国はおもしろ造形の楽園・天国」の右下のほうに記載しているある「日本一世界一」カテゴリーをクリックすると見ることが出来ます。

そして瀬戸大橋が世界一の鉄道道路併用橋であることのように有名なものもたくさんあるが、それ以外にB級、C級の世界一、日本一がたくさんあることも整理しています。例えば香川県だけでもこういうのを集めると80個以上、四国全体だと300個くらいあります。

A級の日本一・世界一については以前の職場にいたとき、まとめて印刷したところマスコミでも大きく取り上げてくれて好評でした。今回はコツコツと集めてきたB級、C級、ものによってはD、E級も含めて整理するつもりです。

写真にある本は去年に発行されたものですが、これにはまだ見つけていなかった日本一に触れたものが各県2個ずつくらい書いていたので、購入しました。今後は膨大な新聞、雑誌の切抜きや地域パンフレットで発見した「四国の中の日本一・世界一」を整理していくつもりです。

そしてその一つ一つのところにいき、写真を撮って行く予定です。もちろんその中でお魚や海に関連するものがあればこのブログで書いていきます。

B級「日本一」の手始めに、東かがわ市にある白鳥神社の境内の「日本一低い山」の登山証明をゲットしました。ふふ。

2月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

新手の詐欺か

Qcimg15534~5日前に東京の局ナンバーから電話。「東京の虎ノ門のナニナニという会社です。アンタが出版した『おもしろ釣り道場』という本を国立国会図書館で見ました。すごく内容が充実していて大変感心しました。是非とも全国の釣り愛好家に読んでもらいたい」。

ここまで聞いただけで怪しいと思いました。だいたい虎ノ門にある会社といきなり言うだけで十分に怪しい。普通、いきなりそんなことはいいません。

こっちが田舎者と思い、「虎ノ門」と出せば立派な会社と思っているらしい。それに10年以上に出版した本をいまさら「すごい、すごい」と言われても。

「2月14日の全国紙にカラーの全面広告をするので、その区割りにアナタのすばらしい本の広告を出したい」と、新聞社の名前を言います。ここで「お金がいるのですね」とこちらから言うと、ちょっとあわてた感じ。

そこですかさず「この本は売れ行きがよくて絶版になりました」というと、直ぐに電話を切ります。

しかし、ちょっと気になったので2月14日付の新聞を買ってチェックすると、そんな広告は全くありません。それに掛かってきた電話番号とホームページ掲載の電話番号も違います。我が家は匿名では掛からないようにセットしているのです。おそらく、広告代を振り込ませるということだったのでしょうか。

年寄りだけど、ほとんどが売れないで在庫に残ってしまう自費出版につけ込む詐欺だったとしか思えませんわ。ふーっ。

以前読んだ百田尚樹さんの「夢を売る男」が自費出版を巡る詐欺まがいのだったことを思い出しました。

2月 15, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

小物の鮮度を保つために

Vcimg1433釣った魚を鮮度よく持って帰るために、これまで色々と試しましたが、一番いいのはたっぷりの海水に氷を入れて、その中に魚を入れる方法です。氷はコンビニで売っているように、密封したビニール袋に入れて溶け出さないようにします。

この方法がいいのは分かったが、小物の魚しか釣れないときには、クーラーにたっぷりの海水を入れるのはどうかと思って、魚をレジ袋に入れて氷の上に置くだけにしていました。

しかし、この方法だと釣った魚全体が冷えず、アジなど身が痛みやすい魚の場合は氷に当たっていない魚はうまくいきません。そこで、いいことを思いついて、宇和海で釣った小アジを6匹だけ持って帰るときに試してみると・・・。

魚を海水に浸したいがクーラーに海水を入れることをしないで置くために、密封が出来る冷凍パックに海水を入れ、その中に釣ったアジを入れました。そして、氷の上に置いて家に持ち帰りました。

家に帰って料理するまで丸二日たっていたが、アジは釣ったままの状態。予想以上の成果に自分でもびっくりするくらいでした。今後はこの方法にします。

2月 14, 2015 魚料理 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

ヨッさんとイカ釣行(3)

Rcimg1540ヨッさんとあおりイカ狙いです。昨日に比べると風の強さが少し弱くなっているが、それでもまだ強い風です。とりあえずヨッさんはウキ釣り、私はヤエン釣りをします。

アタリがありません。午後1時ごろから竿を出したが、何の生体反応もありません。海水温を測ると15.5度。それでもやるしかない。ふふ。

夕方になって、私のヤエン釣りに重みが・・・。イカが抱いてきたと思い、ヤエンを取りにいき、その間ヨッさんに竿を持ってもらいます。だが、ヨッさんが「これはイカと違う」とつれない発言。

Rcimg1546私も自信がないので少し強引に寄せると、魚がついています。それも死んだ魚です。どうしてこんな魚が釣れたのか。ヨッさんが「死んだ魚を釣って・・・」と面白がって喜びます。ふふ。

そして午後7時まで辛抱したが、アタリは二人とも全くありません。午後7時になったので、「8時に止めませんか」というと、ヨッさんは「8時までやってもしゃーないわ。もう止めよう」ということで直ぐに納竿。

8時に釣り場を走り出して我が家到着は午前1時。まあ、こういう釣りもありますわなあ。

2月 13, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

ヨッさんとイカ釣行(2)

Rcimg1524ヨッさんと高知県西部の大月町でイカ狙いです。風を避けての釣り場で竿を出すがアタリがありません。念のために海水温を測ってみます。15度丁度。

「イカが釣れる条件に詳しいオカテッちゃんに聞く」と、ヨッさんが電話。オカテッちゃんは「最低でも15.7度はないとイカは食わない」といいます。げーっ。

そこでさっさと釣りを止めて、近くのホテル「ベルリーフ大月」に泊まることにします。ここのホテルはインターネットで申し込むと安いのでオカテッちゃんがインターネットで申し込んでくれました。ふふ。3800円。税込みです。

Rcimg1525ホテルのレストランで宴会です。飲んで騒いで食って・・・、とはなりません。年寄り二人なのでジワジワとくる幸せを感じながらの酒宴です。

Rcimg1528ホテルに着いたときは既に暗くなっていたが、朝にベランダに出てみるといつ見てもきれいな景色が広がっています。午前8時になったのでヨッさんに電話をすると「寝ていた」と聞いてびっくり。私は午前5時から起きて朝食を済ませているのに・・・。

Rcimg1529午前9時にホテルを出発。今日は風が少しは収まっていることを期待して1時間走って愛媛県愛南町で活きアジを34匹ずつ購入。そこの水温は9度。そして近くの外湾に面している狙いの波止で水温を計ると15度。オカテッちゃんに言わせるとイカは釣れない海水温です。

そこで再び高知県大月町まで1時間を掛けて戻りました。さて、さて、さて・・・。

明日に続く。

2月 12, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

ヨッさんとイカ釣行

Rcimg1510月曜日の朝、午前8時にヨッさんと高松市を出発。狙いはもちろんアオリイカ。インターネットで海水温を調べると16度を越えています。

いつものように、四万十市のスーパーで5~6食分の食糧を買い、昼食はヨッさんが「ホットモットのカツどんがうまい」と言うので、これを買って宿毛市の道の駅で食べました。梅が咲いていて車の中から花見弁当です。ふふ。

Rcimg1512_2そして狙いをつけていた大月町のアジ売り場の港に直行。港の奥なのに、大荒れです。笑うしかない。ふふ。この風では竿を出せるところが限定されます。

Rcimg1513どこの波止で竿を出せるかわからないので、アジを買うのは後にしていろんな波止を見に行くことにします。すると途中の山の民家で恵比寿様を発見。何が幸いするか、分かりませんなあ。ふふ。真っ赤な鯛を抱えている恵比寿様は初めての発見。

Rcimg1520そして一番目波止にいくと予想以上の風です。とてもじゃないが竿を出せません。波止の上に立つと強風で波止から落ちそうになってあわてましたわ。

これなら風裏に行くしかないと山の反対側に行きます。ここなら竿を出せそうなので、アジ売り場に戻ってアジを購入して戻ってきました。

だがヨッさんは「この波止は好かん」といって竿を出しません。好かんといっても竿を出せるのはここしかないのだからしゃーない。私はヤエン釣りをします。

Rcimg1523ウキ釣りよりはイカがいればアタリがあるはずです。することがないのでヨッさんの写真ばっかり撮っていると「やめてくれー」と手で顔を隠します。ふふ。

明日に続く。

2月 11, 2015 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

「今年のカレンダー」と潮見表

Dicimg1301今年の釣りカレンダーを近くの釣具屋さんでいただきました。「どこのメーカーのがいいか」と聞かれたので、魚拓のダイワのをもらいました。

今年の一年間はこのカレンダーを見続けることになります。そう考えればカレンダーによるメーカー宣伝は効果があると思います。私は毎日カレンダーを何回も見るからです。

新聞広告なんて、一回見ただけで捨てられることを考えると、カレンダーは費用対効果が高い。私にどんどんカレンダーを送ってください。ふふ。

それに今年の潮見表もいただきました。だが、これは船釣り利用が中心のもので、私にはちょっと使いずらい。昨年はそのために1000円も出して本屋で買ったくらいです。

でも、今年は別の釣具屋で私にも使いやすい潮見表をくれたのでラッキー。ふふ。これで今年の釣行計画は万全に立てられます。

2月 10, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

アオリイカ用の重量ハカリを購入

Ucimg1462アオリイカ釣り用の重量ハカリを買いに行きました。現在はオカテッちゃんがくれた吊り下げ型の重量計を使っていて、大変便利。イカ釣りのときは重さが重要です。このハカリが壊れたら、大変です。

Ucimg1464店には吊り下げ型のものがなく、料理用のハカリで、1キロまで、2キロまで、3キロまでと色々ありました。そりゃあ、大きいのを釣りたいので3キロまで測れるのを物色しました。

その中で、写真のハカリがいろいろと便利のようなので、これを購入。2000円ちょっと。ふふ。

このハカリには測るものを入れる容器が付属品としてついています。その容器は淵を縮めることが出来ます。伸ばすと、1キロくらいのイカならすっぽりと入れることが出来ます。

そして容器をたたんでハカリにかぶせると一体化して持ち運びができます。他のメーカーのハカリにはついていないので、これにしました。有名メーカーではないようだが、日本メーカーなのでいいでしょ。ふふ。

2月 9, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

デジカメの小型三脚と画面保護フィルム

Wcimg1403100円ショップにデジカメの画面保護フィルムを買いに行きました。釣りに行くとき、デジカメは釣りベストのポケットに入れているのだが、画面が傷つかないか心配でした。

100円ショップに行くたびに色んなサイズの保護シールがあるのを見ていたので、そのたびに気になっていました。やっと買ったという感じですわ。

そのついでに小型の三脚があったので、これも買いました。ブログには写真が大事なので、いろいろと気を使っています。ふふ。

釣り場での写真はたいていカメラを左手に持って手を伸ばして写しています。この方法も最初の頃はうまくいかず何度も取り直しました。最近は慣れてきています。

ただ、大きい魚が釣れたときは、ちゃんと写したいので三脚を使います。三脚は自在に変形できる別のものを持っていますが、ネジの部分がどういうわけかユルユルになっています。このユルユル三脚でも使えないこともないが、今回買った三脚でも伸び縮みが出来るので磯の上でも使えそうです。

2月 8, 2015 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

平成27年版の香川ギネス製作に取り掛かります

Zimg084今年の香川県魚種別大物記録「香川ギネス」の製作にとりかかりました。写真は昨年に作ったもの。大きく載った写真は105.8センチのスズキを釣った安藤克則さん。

毎年記録更新した中での大物の写真を大きく掲載していますが、昨年に記録更新したものはすべてあまり大きくありません。そこで秋ヤンにお願いしてクエの写真を送ってもらいました。

Zrxew22w1s四国九絵勇心会の小田智章さんが昨年の12月30日に沖の島で釣った111センチ、20キロののクエです。記録更新魚ではないが、迫力のある写真です。

昨年に記録更新したものは以下の8魚種です。新規登録の魚種は38.8センチのオオモンハタ、24.5センチのギンポ、26.2センチのヤマブキベラの3魚種。

既に記録があるがサイズ更新したのは、22.2センチのオハグロベラ、28.0センチのクジメ、46.2センチのブダイ、77.0センチのボラ、50.0センチのマアジの5魚種となっています。

これ以外に記録更新があった人は、このブログへのコメントなどでお知らせください。

2月 7, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

黒潮クラブの集まり

Scimg1506Scimg1508
昨日の夜、高松黒潮クラブのメンバー8人が集まりました。写真の7人と割烹「友釣」の大将のイサちゃんです。

イカを釣りに行く計画がヨッさんと出来ているので、その出発日を決めました。ヨッさんは沖ノ島でのグレ釣りとのセットでイカ釣りにこだわる感じだったが、沖ノ島に行くには2日釣りにしないと磯の優先権がないのでいい磯に上がれません。

それにヨッさんの友達も一緒に行くことにして、今回はイカ釣りオンリーでいくことになりました。西脇さんも休暇が取れれば一緒に行くことになって、ちょっとだけだが、盛り上がりましたわ。ふふ。

クラブ員若手の三好さんが会社で昇進して事業所の所長になったそうで、その話を聞いてサラリーマン時代のことを思い出しました。知った人が昇進するとうれしい。

話は変わるが、デザイナーのイノちゃんは最近急に忙しくなってきているとのこと。景気がよくなってきているのを実感しているらしい。久しぶりにいい話です。仕事が忙しくなってタダでお願いしている西日本磯釣り協議会の総会資料のデザインが遅れないか心配。ふふ。

2月 6, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

カワハギの自己記録更新です

Dhcimg1340昨日の夕方、自分の部屋でまったりしていると宿毛市の渡船フィッシング和竜の船頭さんから電話がありました。間違い電話だと思ったが、「テレビであんたが出ている。マンホールじゃ。孫たちと家中で盛りあがっとる」とのこと。マンホールの再放送が高知県であったらしい。ふふ。マンホールの話はもう終わったと思っていたけど・・・。でも、わざわざ電話を掛けたくれたことがうれしい。

Dhcimg1346今日の話題はカワハギ。昨年の12月に高知県樫ノ浦にイシダイ狙いで行ったとき、釣り始めてすぐにイシガキダイが釣れた後、エサトリのアタリばっかりでした。

そのとき向こう合わせでいきなり竿が大きく曲がりました。でっきりイシダイと思いました。引きも強い。だが上がってきたのは大きなカワハギです。スレです。ふふ。

サイズは31.2センチ。カワハギもこれだけ大きくなると、見ごたえがあります。うれしくて、うれしくて・・・。イシダイを釣りに行ってカワハギで喜んでどうする・・・。ふふ。

釣魚のサイズには目に見えない壁があります。例えばチヌの40センチを越えるのを釣るのは苦労しました。なかなか超えないのです。だが、一旦40センチを越えたのを釣るとそこそこ釣れるようになって、不思議なんです。

カワハギのサイズの壁は30センチ。これまでの記録は宇和海の御五神の磯で釣った29.5センチでした。今回はたった2センチ足らずの記録更新ですが、30センチの壁を越えたのがうれしい。これからは30センチオーバーのカワハギがどんどん釣れるようになる・・・かも。

2月 5, 2015 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

クラブから3500円の賞金稼ぎ

Wcimg1415私が所属する高松黒潮クラブは主要魚種の年間大物賞と、主要魚種で一定以上のサイズを釣った場合に「ゴールド賞」与えられます。

年間大物賞は3000円。ゴールド賞は1匹当たり500円。どうってことのない金額ですが、もらうとちょっとだが、うれしい。

平成26年は3500円をもらいました。年間大物賞がチヌの部でゲット。そのチヌがゴールド賞対象になる45センチを越えていたので、こちらの賞もゲット。

イシダイで年間大物賞をゲットしたのは5月に牟岐大島で63センチを釣ったカンちゃん。グレの年間大物賞は12月に46センチを釣った斉藤さんになりました。

やはり年間大物賞は渡船で磯に行かないと釣れないようで・・・。ま、チヌは波止からでもつれる可能性がありますが、私が釣ったのは磯。

2月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

手作りヤエンの2作目をいただきました

Scimg1504四国磯連の役員会の席で、横に座った古川さんが新しいヤエンをくれました。以前もらったものより、色、長さを調整しているので、抜群に掛かりがいいと言います。

私はヤエン釣りを一度しかしたことがないので、理屈がよく分かりません。もちろん試してみるつもりですが、「今度のは前に作ったのよりいいんじゃあ」と言われると、前にもらったものを使う気になれませんわ。ふふ。

ヤエン釣りばかりしていた古川さんが、最近はウキを使ってスルスル釣りをやっていて、その仕掛けもくれました。

くれた仕掛けは私がウキ釣りに使っているものと、原理的には一緒ですが、イカを掛ける掛けバリ以外に、エサのアジの頭部と尾ビレ近くに掛けるために2本のハリがついています。どうなんかなあ。

それにしても古川さんは次から次に考えて色んな仕掛けを作ってきます。私には出来ません。ふふ。

2月 3, 2015 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

四国の磯釣り師が集合

Scimg1503昨日の日曜日に徳島県三好市で四国磯連の役員会がありました。集まったのは四国4県から約20人。いつものメンバーなので、全員の顔を知っています。

この日の主な議題は25日に松山で行われる四国磯連総会にかける資料。ま、だいたいが例年通りなのでそんなに問題になることはありません。

一番興味があるのは、平成26年の年間大物のサイズ。イシダイの優勝は76.2センチを釣った田原 誠さん。私が愛媛県愛南町の波止で小物と遊んでいたら、「谷口さんでしょ、こんなところで何をしとん」と声をかけてきました。ふふ。

総会での宴会の乾杯はイシダイの部の優勝者がすることになっているので、今年の乾杯の音頭は田原さんになります。

イシダイの部2位は74.5cm、3位は72.1センチ。私には夢のサイズが毎年釣れます。

グレの部の優勝は59.3センチを釣った香川磯連の多田利行さん。2位は56.8センチ、3位は56.5センチ。マダイの部の優勝は87.7センチを釣った香川磯連の三浦 明さん。2位は84.7cm、3位は83.6センチ。ヒラマサ・ブリの部の優勝は103.5センチを釣った愛媛磯連の鎌田初雄さん。2位は93.8センチ。

チヌの部の優勝は62.1センチを釣った愛媛磯連の河上健三さん。2位は59.9センチ、3位は58.9センチ。私が釣った53.2センチは入賞に程遠いサイズ。それでも第4位で敢闘賞をくれることになりました。ふふ。

イサキ・アイゴの部の優勝は46.4センチのイサギを釣った愛媛磯連の松岡 孝さん。2位は45.8センチのアイゴ。3位はなし。クエの部は129.0センチを釣った香川磯連の和田光司さん。2位は116.4センチ、3位は111.7センチ。クエのサイズには磯釣り師の夢があります。

2月 2, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

昨年目標の50魚種が達成できなかった二つの理由

Gcimg9832昨年の目標の一つに「50魚種を釣ること」がありました。実績は40魚種と、残念ながら目標には程遠い結果に終わりました。

魚種は狙って釣るものではなくて、イシダイ、グレ、チヌなどを狙っていて偶然に釣れるものなので、目標が達成できなくてもそんなに悔しいというものではありません。ふふ。

目標が達成できなかった理由を考えると二つあります。一つは昨年10月に義父がなくなり、1ヶ月以上釣りに行かなかったこと。釣りに行かなかった11月は波止で釣りをすると多様なエサトリが釣れて、魚種数が稼げる時期です。

たが、50魚種の目標が達成できなかったもっと大きな理由は別にあります。

それは50センチを越えるチヌが大物のシーズンとしては早い4月8日に釣れてしまったこと。例年なら年無しのチヌを狙って、一年を通してイシダイ釣りやアオリイカ釣りの前後で、いろんな波止で竿を出していました。

その時に色んなエサトリや珍しい魚が釣れて、魚種数が増えていたのだが、昨年は4月始めに釣れたためにそれ以降はチヌ狙いの釣りを全くしていません。

これが魚種数の目標未達成になった最大の理由に間違いない。ふふ。

2月 1, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)