« 43時間のイカ釣行記(2) | トップページ | 43時間のイカ釣行記(4) »

2014年12月13日 (土)

43時間のイカ釣行記(3)

Dlcimg1217高知県大月町の波止でヨッさんとイカ狙いです。車中泊して2日目の朝、竿を出してからしばらくすると、1本の竿がぶっ飛んで海中にダイビング。あっという間のことでした。
あわてて海に浮かんでいる竿をもう1本の竿の仕掛けで引っ掛けて救出です。ふふ。てっきり大きいイカだと思ったが、仕掛けを上げてみると、アジの体全体に噛み傷がついています。青物だったようです。竿が吹っ飛んだ時にはずれたらしい。
Dlcimg1218エサの活きアジが残り少なくなってきました。オカテッちゃんが竿を出している近くでアジを売っています。電話でいうと、オカテッちゃんは「アタリがないので、場所変えを考えていた。ついでにアジを買っていってあげる」と、ありがたいお言葉です。ふふ。

Dlcimg1224その後、ウキが沈まないで横にジンワリと動きます。エサのアジがイカの食い方でなくてぐしゃぐしゃになって上がってきます。タチウオがいるらしい。これが3度。ルアーを持ってくればよかった。
午前11時にオカテッちゃんがアジを買ってきてくれました。アタリはありません。しばらくここで釣りをしてから場所を変えるといっていたオカテッちゃんは、話しをしている間に「もう、ここでいいや」と場所変えを撤回。ふふ。
私はイカが釣れない昼間はオキアミで小物遊びをするつもりでオキアミのレンガをクーラーに入れています。だが、いくら探してもありません。どうも、我が家の冷凍庫から出して、クーラーに入れるのを忘れたらしい。歳はとりたくないです。
岩場に付いている貝をエサにしようと考えていたら、ヨッさんが「アジの身でやったらいいが」と言ってくれます。確かにタチウオらしき魚に食いちぎられたアジの身はエサになりそうです。
これでズボ釣りをしてみることにしました。

明日に続く。

12月 13, 2014 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43時間のイカ釣行記(3):

コメント

コメントを書く