« 高松黒潮クラブの忘年会 | トップページ | 43時間のイカ釣行記 »

2014年12月10日 (水)

古川さんがカラスミを作った

Dqcimg1158西日本磯釣り協議会の会議が岡山であった日、香川磯連会長の古川さんがカラスミをくれました。宇和海で釣った大きいボラの卵巣で作ったと言います。
Docimg1170真空パックできちんとしています。色もきれいで、おいしそうです。古川さんがくれる時に、「ちょっと辛すぎた」と何度も繰り返して言います。ふふ。
今朝の朝食のおかずにこのカラスミをスライスして加えました。彩りもいい感じです。

カラスミを一口噛んで、「ひゃ~」と声が出ましたわ。古川さんが塩辛いと行っていたが、尋常ではありません。私は塩が大好きで,子供の頃は塩の結晶が表面に巻いているタラの塩辛が常食でした。
今回のカラスミで、昔のタラの塩辛を思い出しました。最近は「山の神」の塩分減少料理に慣れてしまっているせいか、すごく塩辛い感じがしました。
そこでお湯に浸けて塩分を薄めると、やっとカラスミの旨みが味わえました。ふふ。

12月 10, 2014 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/60757544

この記事へのトラックバック一覧です: 古川さんがカラスミを作った:

コメント

コメントを書く