« 43時間のイカ釣行記 | トップページ | 43時間のイカ釣行記(3) »

2014年12月12日 (金)

43時間のイカ釣行記(2)

Dlcimg1200Dlcimg1202
高知県西端の大月町でヨッさんとイカ狙い。オカテッちゃんは近くの別の波止にいます。6時半にヨッさんが500グラムくらいのイカを初めて掛けたが、私が網ですくい損ねてバラシ。しゃーないです。私には目だけが食われて上がってきます。イカじゃないです。
午後8時にヨッさんがお湯を沸かしてくれて、オカテッちゃんがくれた即席めんを作ってくれました。寒い時に暖かい食べ物はほっとします。
Dlcimg12039時過ぎに満月に近い月が山から出てきた直後、ヨッさんが500グラム弱。初めての釣果です。私にもアタリはあるがバラシばっかり。イヤになります。オカテッちゃんからは電話で4匹を釣って、そのほかに4匹をリリースしたと、絶好調の報告。ただ、型は小さいようです。

Dlcimg1214私にもようやく1匹。500グラム強と小さいが初めての釣果で大きく見えます。ふふ。ヨッさんは800グラム強を追加。私も追加したが200グラムなので、リリース。
アタリはあるが、イカが小さいせいか、なかなかハリ掛かりしません。
12時になったので、二人で車中泊。寝袋に入って熟睡。翌朝に目が覚めたのは午前7時になっていました。まだ熟睡中のヨッさんを起こして2日目に突入。
さて・・・。

12月 12, 2014 高松黒潮本 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43時間のイカ釣行記(2):

コメント

コメントを書く