« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

カワハギを一夜干し

Dvcimg1085カワハギが1匹冷凍庫にありました。今年の春に釣ったものです。カワハギの料理と言えば、私の場合たいてい切り身にして汁に入れるだけでした。
だが、正直なところ、汁に入れると淡白だが、身そのものにあまり味がないのでおいしいとはいえません。それでも面倒くさいということもあって汁にしていました。
Dvcimg1087この度、ふと思いついて一夜干しにしてみました。5パーセントの塩水に2時間浸けました。大きいハギだったので4切れ出来ました。

カワハギの一夜干しは初めてです。ふふ。朝食に焼いたところいい感じです。口に入れるとほのかな塩味が口の中にふあ~~と広がります。
汁に入れると全く感じられなかった身の旨さが塩味が付いてホントにいい感じです。これまでカワハギが釣れても積極的には持って帰ってなかったが、これからはどんどん一夜干しにして食べるぞー。ふふ。

11月 30, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

テレビでも誤りはある

Dscimg1145写真は11月下旬に放映されたある番組の一場面。釣り人はすぐに誤りが分かります。この魚がカマスかい!!! どうみてもハマチでしょ。ふふ。
テレビでもこういう誤りがちょくちょくあります。普段魚の切り身しか見たことがない人にとっては、「これがカマス」といわれればそれを信じるのでしょうなあ。
でもなあ、こんな簡単な誤りだけは勘弁してほしいわ。チェックする人がいないのでしょうか。政治関係だったら、きっと厳密にチェックするのでしょうけど、バラエティだからかな。
だけど、同じ時期にもっとひどい誤りがあった。

Dscimg1146別の番組で、日本が世界に誇るもののひとつとしてカラーマンホールが紹介されました。ふふ。いいことです。もっともっと世界に宣伝したらいいと思います。
その中で紹介されたのが去年高松市に設置されたQRコード入りのマンホール。高松市のマンホールが全国放送で紹介されました。だが、画面をよーく見てください。
「香川県松山市」になっています。テレビにかかわる人はせめて全国の県庁所在都市の名前くらいは覚えておいてほしい。それとも四国をバカにしてるんですか。

11月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

内藤さんが男女群島でクエ

Zmw11vyon11月中旬に金沢市在住の内藤さんから電話があって、「男女群島に行ってくる。東広島黒潮クラブの高橋さんと一緒」とのことだったので、釣果を知らせてくださいとお願いしていました。
Zm1na4moaメールで釣行記を送ってくれたので原文を掲載させてもらいます。ふふ。
「22日午後五時頃男女に到着。
アジカのブラックヘラクレス、今回は38名の釣り人が乗り大盛況でした。私たちが磯に渡ったのは結局、午後6時半過ぎになり真っ暗でした。
男女でも超人気の「仲尾瀬」に渡してもらい高橋さんとクエ釣りを開始。高橋さんは私に一番良い釣り座を譲ってくれたので根掛かりもなくおまけにウツボも釣れず快適でした。1投目、サバが半分に。2投目、ハマフエフキ63cm(3.3キロ)、3投目、サメ(1メートルオーバー)。

4投目、竿が一挙に舞い込み高橋さんのアシストで93センチ(10キロ)のクエが釣れました。
高橋さんが喜びを詠えというので丁度頭の真上に冬のオリオン座が輝いておりましたので、
「オリオンと男女に感謝クエ釣れた」と詠いました。
私は竿をあげて高橋さんが私の釣り座に代わるとすぐにアタリがあり、これまたクエ(86センチ)。そうこうするうちに潮が強烈に流れ出したので、次の潮止まりまで仮眠となりました。

明けて23日午前3時から釣り開始。まだ潮が流れていたが、少し緩みだすとまた私の竿が入り込みました。今度も本命のクエ(75センチ)。私は高橋さんに先程の句が変化して、「オリオンと男女に感謝クエ2本」になりましたよ。
その後磯替わりSOS。翌日早朝はマルヒの3番に渡りましたが、イシガキは32センチ~小型を10枚程度で低調でした。船全体でクエは25本程釣れた様子だったが、イシダイは不調でした。
ルアーマンが10名以上おり、カンパチ12キロ、ヒラマサ8キロ程度が釣れていて、最近は若いルアーマンがかなり男女に遠征してくるみたいです」。
内藤さん、クエ2本おめでとうございます。

11月 28, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

高価なルアー用の竿とリール

Dzcimg1052ルアー釣りはほとんどしませんが、ワンセットだけ高かった覚えのある竿とリールがあります。値段がいくらだったかを忘れたので、インターネットで調べました。
釣具屋に「大物が来ても大丈夫なもの」とだけ言って取り寄せの注文をしました。そこの釣具屋もルアー用品に詳しく無いとかで、松山の店に問い合わせて商品を取り寄せてくれたものです。
竿はZENAQ j Fujiという商品。リールはSTELLA sw5000pgという銘が入っています。値段を調べると驚きました。

竿は5万5000円。リールはなんと10万円です。私の釣りのメーンの磯釣り用具でこんなに高いものはありません。何たることの無駄使い。ふふ。
ま、衝動買いです。これだけいいものを買っているのだから、これからは磯釣りにいくとき、このルアー道具をもって行くことにしますわ。ふふ。
なお、今週の土曜日29日のNHK午前7時半からの「おはよう四国」の中で私のマンホールコレクション関連の放映があります。見てもらえるとうれしい。

11月 27, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

磯の目標3魚種

Dzcimg104610月の末にイシダイ釣りに行ったとき、最後の最後に40.2センチが釣れました。よくよく考えてみると、イシダイの40センチオーバーは久しぶりだったことに気が付きました。ふふ。
そこで、毎年目標にしている「イシダイ、グレ、チヌのいずれかで50センチ越えを釣る」に思い至りました。チヌは50センチオーバーがどうにか釣れました。
グレの40センチを越えるのは釣ってないなあと思いながら、釣り日誌をめくってみました。すると、なんとなんと・・・。

1月7日に宇和海の御五神の磯で43センチが釣れています。すっかり忘れていました。ふふ。
となると、今年はイシダイ、グレ、チヌともに40センチオーバーが釣れたことになります。簡単に出来そうな気もするが、実際は出来ていないことが多い。今年はいい年かもしれません。
「何でもいいから、自分に自信を持てることを見つける」。これが人生を楽しくするんじゃあ。

11月 26, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

干潟のカニの名前調べ

Ducimg109710月に「川辺の生物」という図鑑を買っていたのを思い出して、近くの川尻にいるカニの名前を調べに行きました。夏前に孫が来ていた時にたくさんいたカニです。
Ducimg1104ところがあれほどうじゃうじゃいたカニが全くいません。石をはぐればいくらでもいたのに、全く見当たりません。不思議です。水温が下がったので、どこかに行ってしまったらしい。
当然、石の下にいたギンポらしい魚も全くいません。石の下にはいないが、砂浜に穴を開けている小さなカニを見つけました。早速図鑑で調べました。
穴の周りには米粒くらいの小さなダンゴがたくさんあったので、コメツキガニということがわかりました。ふふ。

Ducimg1093_2小さなシャコのようなものもいます。図鑑でハサミシャコエビらしいということが分かりました。
それにしても、孫と捕まえたカニは今回見つけたカニとは明らかに違います。名前を調べにいったけど、これは分かりませんでした。チヌのエサになるかもと思ったが、来年までおあづけです。しゃーないなあ。

11月 25, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

喪中の影響で・・・

Sunport6607t喪中があって、11月は全く釣りに行けません。普段の年だと11月は釣行回数も魚種も稼げる月ですが、今年はそれがゼロになってしまいます。
今年の10月末までの釣行日数は38日、釣った魚種数は38。なので10月時点で今年の目標の釣行50日、魚種数50も何とかなりそうだと思っていました。
ところが11月の釣行が吹っ飛んでしまったので、ぎりぎりの感じになっています。
しかし、11月が喪中のお陰で助かったこともあります。ふふ。

10月、11月はマンホールの本の自費出版に関する取材が多く、釣りとマンホール対応の両方だと非常に厳しいし状態でした。だから、喪中になったのも結果オーライでした。
テレビの取材でテレビクルーと一緒に四国を回ることもありました。
結果として11月22日にあった西日本磯釣り協議会主催のグレ釣り選手権に出席が出来なくなり、事務局の前川さんに迷惑をかけることになってしまいましたが、私にとってもマンホール探しに5年の情熱を掛けた集大成ともいえるもの。ふふ。

11月 24, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

釣り写真を飾ってみました

Ecimg0994コタツの調子が悪いので買い換えました。そのついでにコタツの上に置く額を100円ショップで買ってきて釣りの写真を飾ることにしました。ふふ。
どの写真を額に入れるか迷ったが、やっぱりイシダイがいいと思い、徳島県の牟岐大島でまぐれで釣れた55cmのイシダイ写真をプリントアウトして入れてみました。
こんなことをするのは初めてなので。なんとなくウキウキします。コタツの上が見違えるほど感じがよくなりました。ふふ。

もうすこし大きいほうがいいのは分かっているが、これより大きいのを釣っていないのだからしゃーないですわ。とりあえずこの写真で我慢ということです。
60センチのイシダイが釣れれば即交換するし、アオリイカの3キロオーバーが釣れればそれに交換するつもり。そしてこの額には常に私が最もいいと思う写真を入れていくことにしました。

11月 23, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

釣果を決める「あいうえお」

Cimg0643語呂合わせで言われると、なんとなく納得感が増します。例えば調味料を入れる順番の「さしすせそ(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)」は誰でも知っています。他にも家事の「さいすせそ(裁縫、しつけ、炊事、洗濯、掃除」)も割合有名。
犯罪に使われる毒物「さいすせそ」というのもあります。サリン、シアン化ナトリウム、水銀化合物、青酸カリ、ヒ素らしいです。
もっと納得するのは女性が男性を恋人にする「さいすせそ」があるとのこと。財布(金が無いと興味なし)、しゃべり(話が面白く無いと興味なし)、素敵な笑顔(要するに顔)、誠実(浮気は許さん)、そっちもいける(想像にお任せ)ということらしい。
そこで釣りの「あいうえお」を発表です。

釣果を決める。「あいうえお」です。
「あ」は、合わせのタイミング。釣りのウデの要素はいろいろあるが、なんたって合わせのタイミングでしょ。
「い」は位置の選択。要するにポイントの見極めです。ただ、磯に釣友と上がったとき、さっさと自分がいいところを取ってしまうのはホントの名人とは言えませんわなあ。

「う」は運。名人といっても大物、大釣りは運が左右します。と、名人でない私は思う。
「え」はエサ。エサを間違えると横でバンバン釣れているのにボウズということも。特に地方色の強い釣りはそんな感じがします。
「お」はお天気。ふふ。魚にはそれぞれ釣りやすい天気が違います。
以上の「あいうえお」。納得してくれたら、どんどん使ってください。ただし、このブログのことも宣伝してちょーだい。

11月 22, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

マンホール探しのテレビロケ、712キロ

Dtcimg1120今週、私が自費出版したマンホールの本に関連してNHKがロケをしてくれました。ロケは高松市から始まって、徳島県へ。それぞれの地域に特有のマンホールを写していきます。
Dtcimg1133丸亀市ではカラーのマンホールが歩道ではなく車道にあって、これは大変珍しいので取材になりました。行く先々でそこにいた人たちにNHKアナウンサーからインタービューもします。
サンポート高松では私の釣り姿もカメラに収めました。遠いところからのズームで撮影してくれましたが、どんなに映っているのでしょうか。楽しみです。
NHKからは中澤アナウンサー、カメラマン、音声担当の3人。中澤アナウンサーと私とのやり取りで話しを進めていきます。ふふ。

Dtcimg1142愛媛県南部にも行きました。宇和島商店街はカラー版が非常に多いので、時間を掛けてのロケになりました。その後、西予市、旧野村町など、丸2日間早朝から、夜まで掛かりました。当初は3日間の予定でしたが、急遽2日間になって高知県は写真だけの予定です。
私は四国内のマンホールは理由があって撮影できないもの以外は完全制覇している自信があったので、順調に進みました。だが、最後になってどんでん返し。あるはずが無いマンホールが・・・。
車の全走行距離は712キロ。その内容は29日土曜日の午前7時半からのNHK「おはよう四国」で放映されることになっています。どういうふうに編集されるのかは分かりませんが・・・。

11月 21, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

マダイのぽち袋を買いました

Ecimg0987雨の日に大型ショッピングセンターで歩いて歩数稼ぎをしていました。メッセージカード売り場があってカラフルなカードがズラーッと並んでいます。
Ecimg0986ついお魚が無いかと見てしまいます。立ち止まることはなくて、ゆっくりと歩いていてもお魚があれば私にはすぐに分かるのです。ふふ。お魚の方から目に飛び込んできます。
メッセージカードにもお魚の形をしたものがありましたが、既に買っているものです。メッセージカード売り場に続いてちょっと小さめのぽち袋が並んでいます。

そのぽち袋が並んだ下のほうに、お魚らしきものがあります。よくみると、やっぱりお魚です。マダイの形をしたぽち袋。これは珍しい。即購入決定です。218円。
こんな形をしていてどこからお金を入れるのかと袋を開けてみました。すると、尾っぽの方が開いていてそこからお金を入れるようになっています。

11月 20, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

「関西のつり」エッセイの平成26年ファイルを作成

Ducimg1090「関西のつり」の12月号が郵送で届いたので、私が書いているエッセイ「なんだって釣れればうれしい」の平成26年分をまとめました。まとめるのは大変なんです。ふふ。
1月から12月分までを大型ショッピングセンターで見開きのA3大にコピーします。我が家のコピー機はやはり鮮明度がおちるので薄汚れた感じになってしまうからです。それをページごとに切り取ってA3のコピー紙に雑誌の右ページはコピー紙の左に、雑誌の左ページは右に貼りなおします。そうしないと折ってファイルにしたとき見開きに同じ月のものが見えないからです。分かんねぇだろうなあ。
とにかく貼りなおして、再度コピーをしにショッピングセンターにいくのですが、そのままコピーするとどのコピー機でも中央線がぴったりと真ん中に来ません。そこで1枚をテストしてそのズレだけずらしてコピーしないといけないのです。分かんねぇだろうなあ。ふふ。

そしてやっと写真のような形に仕上がります。そのときその年の写真の中で最もいい感じのものを表紙に貼り付けます。コピーをする前に貼り付けておけば簡単なんですが、そうするとカラーコピー代がA3だと80円もするので、節約です。ふふ。
平成26年の内容は、アオリイカ釣りが6回、チヌ釣りが2回、イシダイ釣りが1回、孫との干潟遊び1回、イイダコ釣り1回、豆アジ釣り1回となっています。イシダイ釣りがたったの1回だったことに驚き。イシダイ釣りは何回も行っているのになんで1回しか書かなかったのか不思議です。来年はもっと書かないと・・・。

11月 19, 2014 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

赤澤名工作のウロコ落とし

Dycimg1065赤澤名工から手作りのウロコ落としをいただきました。手で持つところは鹿の骨で出来ています。ちょっとごつごつしていて太めなのがいい。
握った時に手のひらになじんですべりません。写真には2個写っていますが、ひとつは「石塚さんに渡してくれ」とのことだったので、ひとつを持って行きました。
現在私の釣り用バッグはイシダイ釣り用、磯での上物釣り用、波止釣り用などに分けていますが、どのバッグにもウロコ落としを入れています。ふふ。

釣り場でウロコを落として内臓をのけてから持ち帰ると、家に帰ってからすごく楽です。特にキッチンでウロコを落とすとどんなに気をつけても少しは飛び散ります。
釣り場だと飛び散ることに気を使わなくていいので、手早くウロコを落とすことができます。
愛媛県宇和海や高知県西部など釣り場から家まで遠いときは、ウロコを落とすと魚の身が痛むような気がするが、それでも時間があれば釣り場でウロコを落とします。年寄りは面倒くさいのが嫌いなんじゃああ。

11月 18, 2014 赤澤名工シリーズ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

サヨリの値段

Gcimg0890_2インターネットであることを調べていてお魚の通販サイトに入りました。そこでふと、「サヨリの一夜干し」の値段が気になって調べました。ふふ。
広島県の会社が丸干ししたものを12匹で1890円。すごく安い。もっと値段が高いものと期待していました。12匹で1890円だと1匹アタリ160円弱です。
写真で見ると丸干しなのでおいしそうに見えません。表面も干し過ぎてしわが見えます。これでは食べる気がしません。ふふ。

そこでもっと調べていると、きれいな一夜干しの写真に行き着きました。若狭小浜の津田孫兵衛で、大きなサヨリが腹開きにしていて艶があります。
その値段を見て納得。8匹で3403円。1匹当たり420円強。そうでしょ、そうでしょ。これくらいはしないと・・・。宝山さんが昨年釣ったのは1000匹以上。ということは全部で42万円ということになります。
1年間頑張って42万円。なんか、安いような気もします。ふふ。

11月 17, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

残念、イトフエフキ

Ocimg06719月の始めに高知県宿毛市の磯で竿を出したとき、ちょっと見たことがない魚が釣れました。「これは私の新魚種」と思い、張り切って写真を撮りました。
Ocimg0669しばらくして、自己記録の整理をしようと図鑑で魚種の確認です。フムフム。イトフエフキという魚のようです。
魚種別自己記録は写真とともに、サイズ、釣った年月日、釣った場所、エサ、釣ったときの状況などを書いたものを整理しています。ちょっと手間だけど楽しみだからしょーないです。ふふ。

いざ、魚種別自己記録整理ファイルに入れようとすると、なんと、イトフエフキの記録が既にあります。22年前の平成4年に高知県大月町の波止で釣っています。
私にとって新魚種ではありませんでした。そしてサイズも今回釣ったものよりも22年前のほうが大きい。すごく残念というより、損をした感じですわ。ふふ。

11月 16, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

アオリイカに3種類。知らなかった

Ycimg9469アオリイカに3種類いるということを最近知りました。これだけアオリイカ釣りが好きなのに、知らなかったなあ。シロイカ型、アカイカ型、クワイカ型の3種類いるらしい。
体型はそっくりだが、学会では別種と認められているという。そういえばメバルもアカメバル、クロメバル、シロメバルの3種類に分けられたのは最近のこと。
アオリイカも近いうちに3種類に分けられる可能性が高いようなのです。ふふふ。ただ、クワイカ型は沖縄だけにいるイカなので、四国には関係ない。

四国にはシロイカ型がほとんどで、アカイカ型は南方系だが四国南部にいる可能性はあるとのこと。アカイカは巨大になるとのことなので、3キロが釣れたときに考えます。
形からは全く区別が出来ず、イロイカ型は死ぬと白くなるが、アカイカ型は死んでも赤いままらしい。これからはアオリイカの自己記録もシロイカ型、アカイカ型に分けないといけません。

11月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

魚が大きく見えすぎて

Kcimg08282枚の写真を見てください。イノちゃん、山本さんと一緒にイシダイ釣りに行ったときの写真です。大きいイシダイと小さいイシダイに見えますね。
Kcimg0829ところがこれは同じ魚。山本さんがシャッターを押す時にえらい近くまで寄ってくると思ったので、撮った写真を確認しました。すると37センチが50センチくらいの大きさに見えます。
「これはいくらなんでも詐欺じゃあ」と叫んで、もう一度撮り直してもらったのがもう1枚の小さく見える写真です。ちと、小さく見えすぎるとおもったが、これでよしとしました。ふふ。

Kcimg0827山本さんが釣った38センチのイシダイの写真です。これも実際のサイズよりも随分大きく写っています。見ようによっては50センチ近くに見えます。
彼にとって初めてのイシダイを釣った写真なので、これぐらい大きく見える写真でいいと思います。ふふ。

11月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

「関西のつり」12月号

Dwcimg1082大阪にある釣り雑誌社岳洋社が出している「関西のつり」に毎月随筆を書き始めて丸3年が経ちました。この随筆を書き始めて気が付いたことがあります。
Lcimg0785それは毎年シーズンごとの私の釣行がほとんど同じパターンになっているということ。去年の10月に行った釣りを今年もだいたい同じようにしているということです。
狙う魚がシーズンで決まっているので、必然的にそうなります。だが釣り随想を書いていると毎年同じような内容になってしまいます。読者が「またかあ」と思うんじゃないかと心配。ふふ。
今年の12月号も去年と同じように秋のチヌ釣り大会になりました。そこで・・・。

このチヌ釣り大会で優勝した熊ちゃんのことを書かせてもらいました。熊ちゃんからお魚グッズをたくさんくれるので、そのことも織り交ぜながら・・・。
この大会で一文字に上がった黒潮クラブのメンバーは写真が掲載されているので雑誌を見てください。気に入ったら買ってください。既に本屋に並んでいるはずです。ふふ。

11月 13, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

サンマの一夜干しをいただきました

Dycimg1062赤澤名工にリールのメンテナンスをお願いしていたのを取りにいったとき、「サンマの一夜干しがあるけどいるか」というのでいただきました。
何しろ我が家の「山の神」は私が釣ってきたイシダイが冷凍庫にあるのに、スーパーでサンマを買ってきます。「イシダイのほうが高級魚だし、旨いんぞ」といっても、「サンマはおいしい」。
ま、人の味覚と言うのはそれぞれだから、文句を言うつもりはないが、わたしにとってはナンカ当てつけみたいじゃあああ。ふふ。

これを冷凍庫に入れていますが、これを食べた時に「山の神」がどういうのでしょうか。わたしも一夜干しは好きなので、大変楽しみですわ。
サンマの一夜干しは食べたことがないので、どうなんでしょうか。6匹入りなので「山の神」と3匹ずつということになります。いつも食べている朝食のイシダイの代わりにこれを食べてみますか。

11月 12, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

こんなに高価なリールだったとは・・・

Dycimg1064赤澤名工にリールのメンテナンスをお願いしていたが、以前に書いた3個以外にもうひとつお願いしていました。ステラというリールで値段が高かったという記憶はあるが、いくらだったかは忘れました。
赤澤名工から電話が掛かってきて、「このリールはここでは出来ん。メーカーに修理を出すかどうか」といわれたので、赤澤名工が修理できないと言うのであれば、相当の重症のはずなので、メーカー修理をお願いました。
メーカーの修理見積もりによると15000円。普通のリールが買える値段です。ま、それだけこのリールが高価なものだったということ。赤澤名工に取りにいった時に値段を聞いてびっくり。

このリールの定価は88000円。ひゃー、そんなに高いものを買ったかなあ。一切記憶にございません。秘書が勝手にやったのかと思ったが、私には秘書がいない。
赤澤名工にお願いする前はハンドルを回すと変な音がしていたが、それがなくなりました。交換した部品を一緒にもらいましたが、これで15000円が適切なのかどうかは分かりません。ま、これからはこのリールをちょっとだけ丁寧に扱うことにします。無理かなあ。無理かも。無理でしょ。

11月 11, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

リールの完全メンテナンス

Dycimg1063赤澤名工に磯の上物釣り用のリールメンテナンスをお願いしていました。どれもこれもハンドルを回すのが重いし、嫌な音がします。だが私に出来ることと言えばテキトーに油を注すぐらい。
以前に分解したことがあったが、元に戻らなくなってしまい、「くそーっ」と燃えないゴミに出したことがあります。それ以来、リールは分解しないと決めました。人間には得手、不得手があるもの。ふふ。無理しちゃあいけません。
そこで手先が器用で何事にもきちんとしない気がすまない赤沢名工にメンテナンスをお願いしていました。「できた」というので、取りにいきました。

すべて分解して何がいけないかを見て、ひとつひとつ部品の不良を見つけて、メーカーから取り寄せたとのこと。とても私には考えられないことですわ。ふふ。
リールのハンドルを回してみると、噓みたいにどれも軽い。お願いする前と比べると、新品状態になっています。上物リールを買い換えようと実際に釣具店で探したりしていたが、これなら買わなくて済みます。
ありがたいことです。部品代が3000円強。これで3個のリールが新品状態になりました。

11月 10, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

釣りの状況を電話で・・・

Ecimg0981昨日は以前収録したFM香川の放送日だったので,昼の12時半からラジオを聴いていました。香川の大物ギネスの話がカットされていないか心配だったが、バッチりとカットされていませんでした。ふふ。
そのときヨッさんから電話。風の音がビュービューと聞こえるので「アオリイカをやっているのか」と聞くと、高知県大月町で1キロ以上をゲットしたとのこと。うらやましいわ。1投目に釣れたらしい。
釣りで思い出したので、宝山さんに前日のサヨリ釣りについて電話で聞きました。一緒に行った菅野さんも25匹を釣って大釣りだったとのこと。うらやましいわ。

夕方に再びヨッさんから電話。ひどい向かい風で休憩中だが、最初に電話をくれた後、2匹を追加したとのこと。そのことよりも釣り場で高知磯連の別役さんと会って話しをしたとのこと。
そこで別役さんに電話。やはり向かい風がひどいので釣りを止めて知り合いの家で酒を飲むとのこと。翌日が高知磯連の大会なのでちょっと遊びで竿を出していたのだと言います。そして、ここの磯でもイシダイが釣れると聞きました。
用事がなくても電話をしてみるものです。今度ここでイシダイ狙いを絶対にするつもり。ふふふのふ。

11月 9, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

講演でマンホールの話

Zimg098木曜日の昼、ある団体からマンホールの話で講演を頼まれました。ホテルで昼食を取った後、30分間ほど話しました。会場の写真は事前に撮りました。ふふ。
Dxcimg1066マンホールのデザインは地域の魅力が凝縮しています。実例のスライドを見てもらいながら楽しく話が出来ました。だが久しぶりの講師だったので少し緊張して早口になったかな。反省。
そして最後に「釣りも地方の文化」と訴えて、「香川の大物釣魚ギネス」を参加者全員に配布させてもらいました。

「香川の大物釣魚ギネス」は香川県民が釣った魚種別最大記録表です。毎年更新して釣具店で無料配布していますが、今年で開始してから早くも23年目になります。
釣り団体の大物記録整理はありますが、ひとつの県全体で県民の大物記録というのはおそらく香川県だけだと思います。このことを来年はもっと全国に向けて情報発信したいと秘策を練っています。ふふ。

11月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

釣りクラブで集まりました

Dxcimg1073_2昨日の夜、高松黒潮クラブのメンバーが集まりました。写真の左から片ちゃん、私、菅野さん、宝山さん、イノちゃん、斉藤さんの6人です。
Dxcimg1075菅野さんと宝山さんが何かゴソゴソと相談しています。翌日にサヨリ釣りに行く相談らしい。先月にサヨリ釣りをしてから、菅野さんは宝山サヨリ釣り名人に寄り添っています。ふふ。
高松黒潮クラブは本来磯釣りクラブですが、なんの魚でも釣れて楽しければればOKです。もちろん私もサヨリ釣りは好きな釣りのひとつですが、今回は仕方なく不参加。

Dxcimg1077この日は片ちゃんが異常にはしゃいでいます。久しぶりに「姫」が店に来るらしい。そのため、船で釣った大き目のカサゴまで持ち込んでいます。私も数年ぶりに「姫」と会いました。愛媛県出身なので、「姫」と呼ばれていることを初めて知りました。
Dxcimg1078帰る時に店の大将のイサちゃんにサンポート高松の釣り状況を聞くと、「タチウオが多い人で10匹以上釣れている」とのこと。10匹以上とはなかなかのもの。ふふ。

11月 7, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

カミツブシを100円ショップで買いました

Ecimg0983100円ショップをうろうろしていて釣り具コーナーを見つけました。たくさんのエギが並んでいます。釣具屋で買うとエギは高価です。1000円ぐらいのもあります。
私はエギ釣りをしないので分からないが1000円のエギと100円のエギとではどれくらい違う釣果なんでしょうか。私だったら、まず100円のと1000円の両方を買って、試してみます。
そして釣果に2倍以上の開きがないときは100円のエギを使うことになると思います。どうなんでしょうかねえ。

その釣り具コーナーにカミツブシがありました。オモリなら少々出来が悪くても実用に問題はないはずです。そこでこれを購入。もちろん108円。
このコーナーにはサビキ釣り用品が並んでいるし、釣り糸もあります。釣り糸は100円ショップの品を使う勇気はまだないなあ。チョイ投げに使う道糸ならおそらく問題はないと思うけど。磯釣り用のリールにはなあ。

11月 6, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

今年の香川県記録更新、中間報告

Vcimg0467香川県の大物魚種別記録である「香川の大物ギネス」の中間報告です。ペーパーの形で印刷して釣具店などで配布しているのは毎年4月ぐらいになっています。
従って今年に釣ったものでも3月までに釣ったものは既に印刷したものに掲載されています。掲載した後に記録更新申請があったものについての中間報告です。
今年は申請が非常に少ないように感じています。10月末までに申請があったのはわずか6魚種です。今年の気象が影響しているのかもしれませんが少し寂しい。

これまでに申請があったのは、クジメの28.0センチ、ボラの77.0センチ、オオモンハタの38.8センチ、オハグロベラの22.2センチ、ブダイの46.2センチ、ヤマブキベラの26.2センチとなっています。写真はオオモンハタを釣って申請したイノちゃん。
これまでの申請件数わずか6件のうち、オオモンハタのイノちゃん、ブダイの山本さんの魚は私と一緒に釣りをしていて釣ったものだし、ヤマブキベラは私自身が釣ったものなので、それ以外だとたったの3件。
今年は香川ギネスへの申請が低調のまま終わるのでしょうか。

11月 5, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

ルアー釣りをしてみました

Dzcimg1052イシダイ釣りをしていると、すぐ沖で小魚が青物に追われてバシャバシャと音がすることがよくあります。そんなとき「ルアー釣りの道具を持ってくればよかった」と思います。
毎回思うが、これまでイシダイ釣りにルアー道具を持っていったことがありませんでした。今回はイシダイ釣り用具を準備している時にそのことを思い出したので、いつも持って行くズボ釣りを止めて、その代わりにルアー道具を持っていきました。
釣り場に着いて最初にしたことは、ルアー釣りのセット。イシダイ釣りをしていてナブラが起きるとすぐに投げられるようにしました。ふふ。

ところが準備万端できたときはバシャバシャが全く起こりません。イシダイ釣りをしているとたいてい一度は起こるものですが、どうしたことか。
イシダイのアタリがなくなった時に、折角用意したのでルアーを潮目に向かって投げて見ました。丁度その時足元に泳いでいた小魚の群れがおびえたように泳ぎを強めると、その背後から50センチくらいのハマチが突進してきました。
ワオ~~~ッ。あわててハマチが泳いでいった方にルアーを投げましたが、アタリは無し。そう簡単には釣れないよなあ。ふふ。ルアーを投げ続けるのは年寄りにはきつい。10分ほどやってルアー釣りは終了しました。

11月 4, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

1投目と最後に釣れた(5)

Dzcimg1045_2午後1時になったので、釣りをやめることにして釣果3匹の写真を撮りました。だが、ウニがまだ残っています。あと1回だけと、仕掛けを投げ込みました。
アタリがないので竿を横目で見ながらバッカンを洗ったり、余ったウニを捨てたりしていると、カツン、カツンのアタリ。あわてて竿尻をつかんでジーッと竿先を見つめます。ふふ。
Dzcimg1046_2ガンガンガンの後、ギューンと竿先が入っていきます。うまい具合に合わせができました。釣れたのは40センチをちょっとだけ越えています。この日の最大です。
なんと、今回の釣りは1投目と最後に投げた仕掛けで釣れたことになります。

Dzcimg1047全釣果の写真を取り直します。ふふ。全部で4匹。小さいけど、まあ満足です。
船頭が迎えに来てくれ、釣果4匹を聞いて褒めてくれました。「最近水温が低いので、4匹も釣るやつはおらん」と。ふふ。気分がいい。
Dzcimg1049渡船場に着くといつものように船頭の奥さんとお母さんが待っています。そしてカワハギを10匹以上くれました。今回もいい釣りになりました。

11月 3, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

1投目と最後に釣れた(4)

Dzcimg1043イシダイ釣りを始めて3時間。1投目で釣れただけでその後は竿先が小さく震えるだけでウニの芯までなくなります。手の打ちようが無いまま、辛抱の釣りです。
イシガキダイの子供がスレで釣れたのに続き、小さなカワハギもスレ。今日はこれで終わりかとあきらめ気分。
ところが11時前になると、エサトリのアタリがなくなりました。「エサトリもいないのかよう」と文句を言っていたら明確にカツン、カツンのアタリが出ます。ふふ。辛抱強くやっていたよかった。

Dzcimg104238センチのイシダイで、そこそこの引きを楽しませてもらいました。その後、すぐに明確なアタリで30センチ強と小さいがさらに1匹を追加です。
この日は水温が低くて船頭から「よくない」と聞いていたので、1匹であきらめていたのが3匹も釣れて満足。再びエサトリのアタリが出始めました。
渡船の迎えは午後2時で、午後1時前になったのでこれで終わりに・・・。渡船が迎えに来る1時間前には釣りを止めて竿をしまったり、釣り場を洗ったりすることにしています。
Dzcimg1045いつも釣りの最後に釣果全体の写真を撮るのでクーラーから3匹を出して並べます。小さいがまあまあです。ふふ。

明日に続く。

11月 2, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

1投目と最後に釣れた(3)

Dzcimg1038愛媛県今治市の大下(おおげ)島と岡村島から戻って今治市周辺で釣り場を探したがいいところが無いので、宇和島市まできました。その時点で午後4時。睡眠時間が5時間だったので、ジワジワと疲れが出てきました。
釣り場を探すのが面倒くさくなってそのままホテルにチェックインです。ふふ。オキアミを買っていますが、ビニール袋で密封しているので使わずに持って帰ることにしました。
翌朝出船したのが午前5時半。6時に着いて釣り開始は午前7時前。第1投目から竿が前触れがほとんど無いままいきなりガツーンと曲がります。

30センチ強と小さいが幸先がいい。来る渡船の中で船頭から「水温が22.5度で今年は食いが悪い」と聞いていたので一安心です。
Dzcimg1039だが、その後エサトリのアタリばっかり。竿先が小さく震えるだけでウニの芯までなくなっています。これでは手の打ちようがありません。しばらくすると死んだマダイが列を成して流れてきます。数えると20匹以上。縁起が悪いわ。
Dzcimg1041小さなアタリから明確なキチンとしたアタリが出たので思いっきり合わせると小さなイシガキダイがスレで釣れました。エサトリは多分これだと思います。これではハリ掛かりするはずがありません。

明日に続く。

11月 1, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)