« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

1投目と最後に釣れた(2)

Dzcimg1028愛媛県今治市の大下(おおげ)島と岡村島は船便が少なくて、それぞれの島で2時間をぶらぶら。喫茶店もなく、食堂もなく、昼食は小さなスーパーで菓子パンを買ってしのぎました。
Dzcimg1031旧関前村役場があった岡村島には色んな柑橘類の木が鉢植えされていて、それぞれにミカンがなっているのが珍しい風景になっています。またこの島で取れた魚ブランドとして怒りサバ、怒りアジがあるのも初めて知りました。
今治港に戻ってきたのは午後1時半。どこで竿を出そうかと海沿いに車を走らせました。すると、見覚えのある料亭がありました。

Dzcimg1036s料亭「伊豫水軍」です。ここに来たことがあったなあ、と塀を見上げると・・・、ふふふ。恵比寿様がいます。そしてその顔に噴出してしまいました。
まるでオッサン。唇が厚いのが親近感を漂わせています。こんな恵比寿様は見たことがありません。
うろうろしたが、竿を出せるいい場所が見つからないまま午後2時半。取り合えず宇和島市に走ってから、そちらで竿を出すことにしました。

明日に続く。

10月 31, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

1投目と最後に釣れた

Dzcimg1018おとつい火曜日の午前1時に起きて、午前2時に家を出ました。起きたのは午前1時でも寝たのが午後8時なので5時間の睡眠だから、シャキッとしています。ふふ。
この日は愛媛県今治港から船で大下(おおげ)島と岡村島に行きました。しまなみ海道にない島です。午前7時20分の船で出発です。船で旅にでるのは情緒があって気分がいい。
この二つの島は今は今治市に合併したが、以前関前(せきぜん)村だった島です。
Dzcimg1033二つの島で不思議だったのは港で海を覗き込んでも小魚が全く見えないこと。岡村島の港で釣りをしている人がいたので見に行くと、驚くことを知りました。

つづく・・・。

釣り人は70歳後半の人。サビキ仕掛けで撒き餌もせず、刺し餌もなく投げ込んで引っ張っています。これでアジが釣れるのだと言います。魚影が濃いのかもしれません。
そして、その人からこの島は広島県から島づたいに橋が架かっていて病院に行くにも大きな店に行くにも広島県に行くのだと教えてくれました。愛媛県の島なのに完全に生活経済圏は広島県のようです。知りませんでした。

そして橋が架かった年から広島県から釣り人がドッと押し寄せてきて大変なことになったらしい。島に釣りエサ店もなく釣り人はお金を落とさず汚すばかりだと・・・。そのせいか、四国の島ではあまり見かけない「釣りは遠慮してください」の看板があちこちにあります。
この後、今治港に戻ってどこかで釣りをしてから宇和島市のホテルに行くつもりでオキアミを買って来ています。

明日に続く。

10月 30, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

「ヒトは魚類」報道

Cimg93308月24日の日本経済新聞を見てひっくり返りました。そこには動物や植物の科学的分類の仕方が遺伝子的解析技術の発展で変わってきているという内容。
そして人間は大きく分類すると魚類になるという。そして原始的な魚と思っていたシーラカンスは、マダイやグレの魚よりも、より人類に近いというのだから、何が何やら分かりませんわ。
ウィキペディアによると、「釣りとは、釣り針、釣り糸、釣竿などの道具を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。」と書いています。ということは・・・。

人間が魚類なら、釣り人は魚類の人間まで釣ってしまうことになります。いいんでしょうか。ふふ。
そのうち野生の馬を釣るビッグフィッシングがテレビで放映するときがくるのでしょうか。釣り具はもっともっと進歩しないと釣れないと思います。そのときのために、釣り具メーカーさん、頑張ってください。

10月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

鵜がたくさん

Ecimg0995我が家の近くに流れる香東(こうとう)川沿いを散歩していて、ついでに足を伸ばして以前貯木場だったところを見に行きました。
貯木がたくさんあったときはその上に乗ってチヌやウミタナゴがたくさん釣れました。多いときは40匹のウミタナゴを釣ったことがあります。懐かしい感じで見ていて、がっくりきました。
港の中には貯木が流されないように結ぶために作られたコンクリートの構造物がたくさんありますが、その上に鵜がたくさんいます。釣り人として鵜は腹立たしい存在。

鵜をざっと数えただけで39羽。悠々とくつろいでいます。これだけたくさんの鵜がいるということはここの魚は食べつくされてしまっているに違いありません。
あれだけたくさん釣れた魚はほとんどいないと思わざるを得ない。なんとか鵜を駆除する方法は無いものか。環境省は釣り人の味方はしてくれないもの。しゃーないか。

10月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

市場フェスタに行ってみました

Ecimg1006昨日の26日は我が家に近い高松中央卸売市場で年に一度のお祭りがあったので見に行きました。毎年10月第4日曜日にあるのですが、この日はいつも四国磯連の大会日と重なるので行ったことがありませんでした。
Ecimg1003年に3回ある市場の市民開放とは違ってすごい人、人、人です。色んなイベントがあるようで、マグロ解体ショーの会場があったり、生きた魚のつかみ取りで子供がはしゃいでいたりします。
Ecimg1010長い行列があったので私も並ぼうかと思ったが、先端を見に行くと綿菓子の無料プレゼントのようなのでやめました。いくらなんでもこの歳で並ぶのは恥ずかしいわ。

Ecimg1007安い魚を探しましたが、たいしたものがありません。ワタリガニがおいしそうだったが、1匹が2000円から3000円。ちょっと高い。ふふ。
Ecimg1000外に出ると「おさかなシャトル」という魚の形をした車に水槽があります。なかにはマアジ、チヌ、タイが泳いでいてちょっとした水族館気分。

10月 27, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

ヤマブキベラを香川県ギネスに申請

Fcimg0916愛媛県いるか越の磯で釣ったヤマブキベラが26.2センチで、自己記録更新だったことを以前書きました。ベラも26センチを越えると結構大きく感じます。
ツバスやカンパチ、マダイだったら26センチは子供だが、ベラだと25センチを越えると大きく感じ、26センチだとすごく大きく感じます。ふふ。
そこでふと、香川県記録のサイズが気になって調べました。すると、ひぇ~、ヤマブキベラの登録がありません。

そこでこのヤマブキベラを香川県の魚種別大物記録に申請して登録することにしました。ヤマブキベラのこのサイズならなかなか破られないと思います。「香川の大物釣魚ギネス」のホームページは赤澤名工がすでに更新してくれています。ふふ。
ベラと言えば、アカササノハベラも私の記録27.8センチが香川県記録になっています。こうなるとベラの全種類の香川県記録制覇を目指すかと安易に考えていたら、キュウセンは全日本サーフの戸田悟さんが33.0センチを釣っています。とてもじゃないがこの記録は破れません。

10月 26, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

お魚のシールを100円ショップで

Ecimg0982メンディングテープを買いに100円ショップに寄ったとき、近くの売り場にシールがたくさん並んでいます。つい、お魚のシールを探してしまいます。ま、習性です。ふふ。
これまでもお魚が付いたシールはたくさん持っています。だが、見つけたシールは「ペタペタシール」という名前が付いていて一つ一つがすごく小さいシール。
暇に任せて数えると70個を越えるシールがあります。これで100円は安い。ふふ。

そしてどれだけの種類の魚がいるかをしらべて、再び驚きました。エイ、ハマチ、ヒラメ、カレイ、タコ、クマノミ、マンボウ、イカ、タコ、フグ、タツノオトシゴ、ナマズ、カツオ、ウナギがいます。
噓だと思ったら、確かめてください。そんなに暇じゃない? そうでしょうなあ。ふふ。全部で14種類の魚がいて100円。なんか、得した気分です。

10月 25, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

プロフィールの写真を更新

Cocimg0215このブログの左上にあるプロフィールの写真を久しぶりに更新しました。以前のはアオリイカの写真でしたが、イシダイの写真にしました。ふふ。
大きくないが、今の時期としてはイシダイのほうがいい感じになります。バックの磯も雰囲気がいい。今年の始めごろに武者泊の磯で釣りをしたときのものだと思います。
イシダイの横縞は釣り上げたときはくっきりしているが、死んでしまうと薄黒くなって見た目にきれいでなくなります。くっきり横縞は釣りたての証拠です。

本心はもっと大きいイシダイの写真にしたいが、釣れないのだからしゃーないです。そのうち幸運の女神が「うふふふ」と微笑んでくれるかもしれません。
それで大きいイシダイが釣れたら、プロフィール写真ももちろん即その大きいイシダイの写真に変更します。いつのことになるんでしょうか。ふふ。

10月 24, 2014 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

マンホールの本出版のこれまで

Xcimg0418マンホールの本「四国のデザインマンホールをコレクション」を自費出版して3ヶ月。この間は釣りよりもマンホール関係のほうがたくさんの時間を費やしました。
これまでにマスコミで取り上げてくれたのは地方紙2紙、全国紙の地方版2紙、そのうち1紙は全国のデジタル版、他にもテレビの特集、ラジオ2局と、とても多くて戸惑う感じ。
すべて取材が伴ったが、どれも「マンホールをコレクションすることになったきっかけは何か」と聞かれました。それは石川県輪島市のデザインマンホールの中に魚があって、釣りが趣味の私にはこれがきっかけになったと言い、それが記事にもなりました。

この自費出版については国土交通省関係の公益法人「日本下水道協会」の広報ホームページにも掲載、また、本を買ってくれたマンホール製作会社の「日之出水道機器㈱」のホームページでも紹介してくれています。
そしてある団体からの講話の講師依頼がきていて現在はその原稿作りに注力しています。この会では「香川の大物釣魚ギネス」を配布の予定です。ふふ。

10月 23, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

「あいなん磯釣り大会20414」のパンフ

Zimg096愛媛県宇和海で磯釣りして帰る途中、「山の神」から「蜂蜜が入っていない梅干があったら、買ってきて」といわれていたのを思い出して道の駅に寄りました。
その玄関のパンフレット置き場に写真の「あいなん磯釣り大会」のパンフがあったのでもって帰りました。愛南町全域での磯釣り大会です。
主催に町役場が関係しているようなので、賞品がいいに違いありません。町興しの予算は釣り団体主催のお金に比べるとずーっといいはずです。ふふ。

表彰対象魚はグレの部、他魚の部、レディースの部になっています。レディースの部があるのが、お役所らしいのかもしれません。
私はグレ釣りが下手なので、この大会に参加することはないです。イシダイの部があれば参加したいけど・・・。
それにしてもこのパンフの写真には見入りました。磯釣りの醍醐味が良く出ています。こんな写真はなかなか素人では撮れません。いい写真です。

10月 22, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

イイダコ釣りにいけなくて

Gcimg0888今週の後半に小野ちゃんの船でイイダコ釣りに行く予定にしていたが、私の都合で行けなくなりました。そこで先週、片ちゃんに電話して、前回一緒に行く予定だったが、強風でいけなくなった宝山さんと菅野さんの仕掛けの面倒をお願いしました。
その上で宝山さんに電話をすると「東京にいる」とのこと。昨日、もう高松市に帰っただろうと再び電話すると、「サヨリ釣りをしとる」とのこと。良型が調子よく釣れているらしい。
「アメリカから東京に転勤してきた孫達にサヨリを食べさせるために釣らないといかんのじゃあ」とあせっています。ふふ。
イイダコ釣りについては早速手配するとのこと。

釣り師はこの時期にはいろいろ釣らないといけない魚が多くて忙しいのです。特にサヨリ釣り師の宝山さんは30センチ級が数釣れるこの時期を逃すといけません。ふふ。
宝山さんにはイイダコを釣ったら、私達夫婦用に10匹だけ港にもらいに行くとお願いしました。ふふ。

10月 21, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

ヤマブキベラの自己記録

Fcimg091410月8日に愛媛県愛南町いるか越の磯で木っ葉グレを釣っていたとき、少し速いスピードでウキが沈んでいきました。合わせると根掛かりの感じ。魚に潜られました。
Fcimg0916たいした魚じゃないと思い、強引に引っ張るとズルズルと出てきたのがこの魚です。木っ葉グレよりも引きが強い。チトあわてました。尾ビレの色を見ててっきりオトメベラと思いました。
しかし、オトメベラにしては全体の色がくすんでいます。大きいのでこんな色なのかと思いましたが、念のため図鑑で調べるとオトメベラではなくてヤマブキベラでした。ふふ。

サイズは26.2センチです。これまでの自己記録は22.7センチなので大幅な記録更新です。4年前に釣ったのもこの近くの磯なので、ここにはこのベラが多いのかもしれません。
この日の釣りは木っ葉グレが多くて、普通ならしょーもない釣りに終わるが、私にはこのヤマブキベラの自己記録更新でものすごく意義のある釣りに変身です。ふふ。

10月 20, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

「海辺の生物」図鑑を買いました

Ecimg0969本屋でぶらぶらしていて、「海辺の生物」を見つけました。買う気は全くなかったが、中身をめくっていると、去年近くの川の河口で見つけたタマシキゴカイの卵のうの写真が掲載されています。
Bmcimg8161去年はこれを調べるのにインターネットで時間を掛けてやっと見つけました。それが載っていたので俄然図鑑に親しみを感じて、他のページもめくってみました。
すると石の下にいた小さなカニの写真もたくさん掲載されています。どのカニだったかは忘れたが、見覚えのあるものもたくさんあります。

他にもアナジャコの仲間や貝の仲間、海藻の仲間など、コンパクトな本だが、盛りだくさんに掲載されています。持っていても損は無いと思い、購入しました。1026円。
これまで40年以上釣りをしていて、こういう図鑑が必要がなかったといえばそうなのだか、ま、今度砂浜に言ったときの楽しみが増えました。

10月 19, 2014 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

桂こけ枝さんと・・・

Ecimg0981昨日の夕方、桂こけ枝さんとの対談がありました。FM香川の番組「あなぶきホームのIt’s My Home Party」という番組にゲストとして呼んでくれました。
こけ枝さんと筒井智子アナウンサーにはさまれてのご機嫌トーク20分間でした。話す内容はもちろんマンホールの話。釣りの話ではなかなか呼んでくれませんわ。ふふ。
こけ枝さんの絶妙な「乗せ」に便乗して楽しく話が出来ました。さすがプロは違います。写真ではすましていますが、本番は笑いっぱなしでした。

トークの最後の最後に釣りの話に強引にもっていき、「香川の大物釣魚ギネス」の紹介をさせてもらいました。こういうふうに県単位で魚種別記録が何年もの間きちんと整理されているのは全国的に見てもすごく珍しく意味があることだと宣伝しました。ふふ。
そして釣りの話だったらもっと楽しい話をする自信があるのでぜひもう一度釣りの話で呼んでくださいとお願いしました。ふふ。
なお、昨日収録したトークは11月8日(土)の12時30分から12時55分までの放送になるとのことです。聴いてもらえるとうれしい。

10月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

初めて着た真っ赤な釣り服

Kcimg0836イノちゃん、山本さんとイシダイ釣りに行ったとき、初めて真っ赤な釣り服をきました。写真ではよく見えませんが、チャックが首まで上がるようになっていて、そこそこカッコイー。ふふ。
これは数年前にある釣具店主催の釣り大会が高知県の沖ノ島で開催されたときに、入賞の賞品です。真っ赤だし、恥ずかしくて、釣り服入れに眠っていました。
今回の釣行ではそれほど暑くならないということだったので、始めてきてみました。もちろん新品です。

着てみると、恥ずかしさを忘れました。年寄りには海に落ちた時に目立っていいかもしれません。体にフィットしていい感じです。
がまかつ製品で、腕のところにロゴが入っているのもなんとなくカッコイー。普段はいつもワイシャツの着古したのを着ていたが、自分でもダサいと思っていました。
今後これを来て行くことが多くなると思うが、目立つだけにウデが悪いとなお目立ちますなあ。ふふ。

10月 17, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

イシダイ用道糸を購入

Jcimg0845イノちゃん、山本さんとイシダイ釣りを行ったとき、釣り始めて2時間。竿にアタリがあって、ギューンと曲がったので大きく合わせました。
すると、カチャと小さな音がしてぐしゃーーとものすごいバックラッシュ。何故そうなったかはさっぱり分かりません。一目見ただけでとても直せるようなバックラッシュでありません。リールの芯近くまでのバックラッシュ。こんなことは初めてです。
これを直していると、何時間もかかりそうなので、さっさとあきらめて道糸を切り刻んではずしました。ふふ。そして残りわずかになった芯に近いところに仕掛けを直結して使いました。

当然道糸はこれ以上使えないので、買いに行きました。これまで使っていたのは20号。22号にするかどうか迷ったが、私のウデだと20号で十分だと思って再び20号にしました。
3000円ちょっと。それに木のクサビの予備をイノちゃんにあげたのでそれの補充も買いました。

10月 16, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

昨年下期分のブログを本にしました

Ucimg0502平成25年の7月から12月までのこのブログ記事をいつものように本にしました。前回から出版社を変えたので、表紙に写真を入れることが出来ます。
どの写真にしようかと迷ったが、年末に沖ノ島で香川磯連の大会が会った時に釣れたイシダイの写真にすることにしました。サイズはとどうってことがないが、背景の磯が気に入ったからです。ふふ。
表紙に写真が入るとグーンと本が引き立ちます。この本全体を象徴している感じがします。

今回本にした期間に、イシダイ狙いの釣行が4回、イカ狙いが2回、小野ちゃんの船でイイダコ狙いが2回、Fさんの船でタチウオ狙いなどがいい思い出になっています。

10月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

毎年恒例の「イシダイを食べる会」

Fcimg0962釣ったイシダイ3匹とイシガキダイ1匹、それに渡船のおばちゃんがくれたカワハギ、2日前に釣ったグレを食べるために集まった場所は高松市内の割烹「川照」さん。
Fcimg0965集まったのは写真の左から三好さん、オカテッちゃん、菅野さん、片ちゃん、宝山さん、私、ヨッさん、西脇さん、イノちゃん。それにちょっと遅れて小野ちゃんと愛犬のベッキーも来ました。
Fcimg0966刺身は脂が乗ってうまいうまいと大好評。それ以上に人気があったのはアラ炊き。イシダイの皮を湯引きした上での酢物、グレは炙り焼き切り、カワハギは煮付けにしてくれました。
Fcimg0961「川照」の大将から、「今年のイシダイがこれまでで最も状態よく持ち帰った」とお褒めの言葉。ふふ。クーラーに海水を入れてコンビニで買ったたっぷりの氷を入れて持ち帰ったが、正解だったようです。ふふ。

イシダイパーティが大好評だったので、今度は宝山さんが釣ったサヨリパーティをしょうと盛り上がろうとしたが、宝山さんがその盛り上がりを打ち消すのに必死です。「そんなには、よう釣らん」。
菅野さんが先日のサヨリ釣りがよっぽど楽しかったらしく、宝山さんに「サヨリ釣りに連れて行って」と、「コバンザメのようにくっついて行く」と何度も言い寄っています。
他にもアオリイカパーティ、イイダコパーティ、グレパーティと釣れる魚でパーティをしようという話になりました。そんなにうまく行くかどうか。ふふ。

10月 14, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

台風に終われてイシダイ狙い(4)

Fcimg0940イシダイ狙いで釣り開始から1時間後に39センチ。しかし、その後は竿先が震えるようなモゾモゾしたアタリでウニがなくなります。そしてスレで掛かったのが、20センチのイシガキダイ。
このサイズではイシダイバリに掛かるはずがありませんわ。1時間半辛抱して竿を手持ちにして早合わせにしてみました。どうせ釣れないのなら一緒や、とヤケクソ気分です。
Fcimg0942すると、38センチのイシダイ。しぇー、こんな小さなアタリだと、置き竿では分かるはずがありません。これならもっと早く竿を手持ちにしておけばよかった。

Fcimg0946そしてイシダイがもう1匹。さらにちょっと小ぶりイシガキダイ。納竿の12時までに4匹の釣果。リリースした小さいイシガキダイが2匹。「水温が低いわりには頑張った」と船頭が褒めてくれました。ふふ。
Fcimg0951船頭のおばちゃんが網で仕掛けてとったカワハギをお土産にくれました。いい釣りになりました。

10月 13, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

台風に終われてイシダイ狙い(3)

Fcimg0929愛媛県愛南町の磯で木っ葉グレと遊んだ後、北西風に強いアオリイカポイント探しに行きました。岩場があって良さそうな場所があったので、車を下りて散策です。
港を覗き込むと鮮やかなコバルトブルーの小さな魚がたくさんいます。熱帯魚水槽を上から見ている気持ちになりました。ホンワカした気分になります。
Fcimg0932_2その港に見たことがないバケツがたくさんぶら下がっています。バケツの周りにたくさんの穴が開いています。
不思議に思っていると、車で乗りつけてきた人が同じバケツを車から降ろします。なんのバケツかと聞くと、「活きアジを生かせておくためのもの」と言いながら生きたアジ30匹くらいをその中に入れて海の中に吊るしました。ふふ。
これでこの場所はアオリイカのポイントだと分かったが、これだけたくさんのバケツがぶら下がっているということは、シーズンにはたくさんの釣り人がいるということ。残念。

Fcimg0936宇和島市のホテルに早めのチェックインして午後8時には眠りました。だから翌日も午前2時に起きたが6時間の睡眠時間でばっちりです。ふふ。
午前5時半に渡船が出て、6時半に釣り開始。エサトリのアタリばっかり。1時間後やっと竿先がガクンと引き込まれて釣れたのが39センチ。40センチないのが残念だが、でもうれしい。
船頭が船の水温計を指して「22.8度」と教えてくれました。この水温だとたくさん釣るのは難しい。1匹でも釣れたのでいいか。

明日に続く。

10月 12, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

台風に終われてイシダイ狙い(2)

Fcimg0922愛媛県愛南町のいるか越えの磯で木っ葉ぐれと遊びます。午前8時から竿を出したが、スズメダイのようなエサトリはいないようで、釣りやすい感じです。ふふ。
しばらくしてそれまでよりも少し強い引きで釣れたのが、28センチのグレ。これは文句なくキープです。その後は急に合わせがうまくあいません。ウキがグングン沈んでも合わないし、ウキが沈んだ直後に合わせてもハリ掛かりしない。
それでも数回に一度は掛かってくるが、25cmどまりです。竿を出してから2時間後からは釣れるのはグレばかりになりました。ふふ。でもサイズは相変わらずリリースサイズ。

Fcimg0924前回この磯に上がったとき50センチ近いマダイが釣れたのを船頭が覚えていて、「タイが釣れたところに上げてやる」といったが、釣れたタイは小さい。
Fcimg0927納竿前にやっと27センチのグレ。午後1時に船頭に電話をして迎えを頼みました。この日はあくまでも翌日のイシダイ狙いのお遊びなので、あくせくするつもりはありません。
さて、宇和島市に予約しているビジネスホテルに行くには少し早いので、近くのアオリイカ釣りポイントを探すことにしました。特に北西風に強いところを探すために、写真集をめくって「いるか越」近くを走ってみました。
Fcimg0928すると良さそうな場所があります。近くにいい感じの岩場があるし、南向きなので北風は後ろの山になるので良さそうです。

明日に続く。

10月 11, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

台風に追われてイシダイ狙い

Fcimg0902台風18号に続いて19号が接近中。高知県に影響が出るまで少し時間があるだろうと足摺岬に近い樫ノ浦の渡船に電話するが、「18号台風で船を大きな港に避難させているが、19号が近づいているので、もって来れない」とのこと。しゃーないです。
Fcimg0905愛媛県武者泊の渡船に電話すると、「大丈夫だと思うが分からん」とはっきりしない返事。そこで宇和島の渡船に電話をするとOK。これで行き先は決まったので、とにかく水曜日の午前3時に家を出発。イシダイ狙いは翌日の木曜日にすることにして、この日は上物釣りで遊ぶつもりです。ふふ。
宇和島市を過ぎたところで「いるか越え」の渡船に電話をするが応答がない。前日に予約をしておけばいいのだが、この日はいつ起きて家を出るかを決めていないので、いつもこのパターン。

とにかく渡船乗り場に行ってみることにしました。到着すると船頭から電話。「おう、港に来とんかあ。しゃないのう」と出てきてくれました。ふふ。
港から近い磯で、午前8時釣り開始。1投目はササノハベラ。予想通りです。

Fcimg0908少しだけ沖に仕掛けを投げるとグレ。だが20センチもありません。リリース。もう少し沖に投げると今度は25cm。クーラーに入れるかどうか迷ったが、とりあえずシメてクーラーに入れました。ふふ。
Fcimg0910その後も色がきれいで見とれてしまうオトメベラやグレが入れ食いに近い。だがどれも25センチ以下。クーラーに入れたのと同じサイズがどんどん釣れますが、すべてリリース。ふふ。
それでも楽しい。むちゃ楽しい。波止で釣る木っ葉グレよりもサイズが大きいので、25センチでも竿がギュンギュン曲がって楽しい。磯釣りはやっぱり楽しい。

明日に続く。

10月 10, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

海水に浸かった携帯とデジカメ

Qcimg0636携帯電話3個とデジカメ2個があります。どれも故障で動きません。希少金属が取れるというので、どこかに持って行って寄付しようと思ったがそのままになっています。
デジカメの2個はどちらも海水に浸かって動かなくなってしまったもの。携帯電話のほうは全部が海水なのかどうか忘れたが、少なくとも海水に浸かったものがあるのは間違いない。
現在は落下防止のために螺旋ワイヤーを付けています。それでも海面で近いところでうつむいたときに落とすと海に浸かる可能性があります。

電話機もデジカメも海に落とすとどうなるか知っていますか。必ず明かりが点いて「早く、助けてくれー」と叫んでいる感じ。そして数秒後に消えるのだが、そのときの切なさはなんともいえない。
現在の携帯は完全防水のものだが、それでも海水に落としたときは、30秒以上ランプが点いていて頑張っていたが、明かりが消えると頑張っていただけに切なさが倍増です。ふふ。

10月 9, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

また、熊ちゃんからかわいいお魚グッズ

Ncimg07299月に高松黒潮クラブのメンバーが集まったとき、一番に着いた私がカウンターでいると、あとから入ってきた片ちゃんが「熊ちゃんからの預かり物がある」といいます。
Ncimg0738渡してくれたのが耳かき。先に小さなお魚が付いています。よく見るとサメです。小さいのでかわいいが、サメがかわいいというのも変だし・・・。
熊ちゃんは自分の割烹があるので平日に集まるクラブの飲み会に参加できません。だからいつも熊ちゃんの店によく行っている片ちゃんに預けてくれるのです。

熊ちゃんの店は日曜日に休みなので、日曜日のチヌ釣り大会には店を閉めた後、寝ないで大会に参加します。そしていつも上位入賞します。

10月 8, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

台風でお魚は・・・

Gcimg0897昨日の台風18号は香川県にはあまり影響がありませんでした。深夜に強い西風で目を覚ましたが、心配した高潮も全くありませんでした。
台風が東に抜けた後、我が家近くを流れている香東(こうとう)川の河口に流れを見に行きました。予想以上の濁流がすごい勢いで流れています。
川の上流では想像以上の雨が降ったらしい。いつもはきれいな水がさらさらと流れている感じなのに、写真のような状況です。

Gcimg0899_2驚いたのは、その濁流がおそらく1キロ近く沖まで流れ、その先の青い海とくっきりした境が見えました。小さな川なのに、こんな広範に沖まで濁流が影響していることに驚きました。
この濁流の範囲にはものすごい数の魚がいると思うが、ただひたすら海水の濁りが澄んでくるのを待つしかないと思います。こんなときに釣りに行っても釣れるはずがないでしょうなあ。ふふ。

10月 7, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

イイダコ釣りが・・・(2)

Gcimg0889小野ちゃんとのイイダコ釣りが強風のために船が出せなかったので、宝山さん、菅野さんと3人でサヨリ釣りに行きました。宝山さんが「今年は釣れん」と予防線を張って、家のえらい人から「そんなことを言っちゃダメ」と言われての釣行です。
1投目から宝山さんが釣ります。さすがサヨリ釣り名人です。
Gcimg0890これなら簡単に釣れると思ったが、あとが続きません。それでも宝山さんが2匹目。私にもようやく1匹。だが、最も釣ってほしい菅野さんにはなかなか釣れません。
Gcimg0891しかし、ようやく菅野さんにも釣れました。25センチくらいですが、大喜び。写真を見てください。菅野さんの喜びが伝わってきます。ふふ。

宝山さんは順調に釣っています。なんやかんやと2時間竿を出して、23センチから30センチを、宝山さん10匹、私4匹、菅野さん3匹。丁度いい感じの匹数になりました。ふふ。
Gcimg0896釣ったサヨリは宝山さんが波止でウロコを取って頭を切り落としてすべて菅野さんのお土産になりました。イイダコ釣りはできなくて残念だったが、思い出に残るいい釣行になりました。ふふ。。

10月 6, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

イイダコ釣りが・・・

Gcimg0885昨日は小野ちゃんの船でイイダコ狙い。だが、家を出ると風が強いので、ちょっと心配。予定通り、高松駅に菅野さんを迎えに行って、船着き場に近いところの宝山さんとの待ち合わせ場所に行くと、既に待っています。
小野ちゃんとの約束では午前9時に出港。だが、風が強くて船を出せません。しかし、天気予報では午前10時過ぎに一時弱まるとのことだったので、しばらく港で様子を見ることにしました。
Gcimg0886_2写真は風が弱まるのをぼや~~~んと待っているところ。ただ単に待っているだけなのですることがありません。それでも折角来たのだから、待ちます。小野ちゃんも出船のためにバッテリーを充電してくるなど、準備万端です。ふふ。

1時間半待ちました。一瞬風が弱まるときもあって、「行けるかも」と思うとすぐに強い風が出てきてがっかり。短気の釣りキチとしては1時間半もぼんやりと待ったのですから、「頑張った」というべきです。
小野ちゃんの船でのイイダコ釣りはあきらめて、3人でサヨリ釣りに行くことにしました。一旦、宝山さんの家によって、仕掛けとエサをとりに行きました。
高松市庵治町の波止でサヨリ狙い。菅野さんはサヨリ釣りが二回目で、1回目は鉛筆サヨリしか釣っていないということです。
Gcimg08881投目に宝山さんが釣ります。さすがサヨリ釣り名人。ふふ。さて、菅野さんにサヨリが釣れたのでしょうか。

明日に続く。

10月 5, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

最後のイカを天ぷらに

Qcimg0632冷凍庫に入れていた最後のアオリイカを天ぷらにしました。たくさんあったイカも徐々に食べて最後となると、ちょっとだけ名残惜しい感じ。
「山の神」は魚よりも圧倒的に肉が大好きですが、イカだけは肉並みに好きなようで、時々「イカを天ぷらにするから冷凍庫から出しておいて」といわれます。
懸命な読者はお察しのとおり、私が解凍したイカから残っている薄皮を取り除き、柔らかくてんぷらが仕上がるように両面に刻みを入れないといけません。

その努力のお陰で今回の天ぷらも柔らかく仕上がり、「山の神」から「おいしいね」のお褒めの言葉をいただきました。
今の時期はイカはなかなか釣れないし、全体的にイカも子供が多いので釣りに行く気がしません。釣り師匠のオカテッちゃんからも「秋深くなってイカが大きくなるまで釣りに行ってはいかん」と教えられています。ふふ。
10月に入ったのでイカ釣りに行く話がボチボチ出てきていますが、わが家の冷凍庫にイカが入るには、しばらく待たないといけません。

10月 4, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

高松黒潮クラブの10月例会

Hcimg0878昨日、高松市の田町商店街に近い割烹「友釣」で、高松黒潮クラブの10月例会。参加者は割烹大将のイサちゃんをいれて9人。最近としては多い人数。
Hcimg0879早速、サヨリ釣り名人の宝山さんと、クラブ新人でサヨリ釣り名人に先月から会いたいと言っていた菅野さんのご対面。宝山さんに聞くと、「今年のサヨリは絶不調」とのこと。この日も12匹しか釣れず、その中で30センチに近いのはたったの2匹とのこと。「こんな状況なので、菅野さんと行くのは来年じゃあ」と予防線を張っていました。
片ちゃんに最近の船釣り状況を聞くと、「イイダコが絶好調」とのことで、早速船を持っている小野ちゃんに電話。土曜日に風がなければ宝山さん、菅野さんと乗せてもらうことになりました。ふふ。

去年も小野ちゃんの船で2回イイダコ釣りに乗せてもらいました。イイダコは釣れているときはホントに入れ食いで楽しい釣りです。潮の関係で明日出港できなければ2週間後になってしまいます。
Hcimg0883話が盛り上がったせいか、実家がある松山市から直行してきた菅野さんがカバンをゴソゴソと探って取り出したトマトのゼリーをくれました。酒が入ると魔がさしたんでしょうなあ。折角松山から持ってきたものをもらってしまいました。ふふ。

10月 3, 2014 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

イラの自己記録更新です

Kcimg0833イノちゃん、山本さんとイシダイ狙いをしました。そのとき私に釣れたのが、割合大きいイラ。サイズを測ると41.4センチ。これまでの記録、39.8センチを更新です。ふふ。
イラはイシダイ釣りの外道で釣れる魚です。以前はリリースしていたが、クラブにいた内藤さんから「イラはうまい魚」と聞いていたので、リリースしないで持って帰りました。
だいたいベラ科の魚は全般的にフライにするとホッコリした感じになっておいしいのです。

ベラ科の魚は磯釣りをしているといろんな種類が釣れます。その中で一番よく釣れるのがササノハベラです。多い時には入れ食いで30匹以上釣れたことがあります。
すべてリリースしていますが、3枚におろしてフライにするとおいしいと思うが、これまで持って帰ったことはありません。磯から渡船場に帰ってきたとき、船頭がクーラーを開けたときササノハベラがワンサといるのが見つかると恥ずかしい。
そんなことにええカッコせずに「おいしいんじゃあ」と言えば済む話だけど、やっぱりなあ。こんど10匹ぐらいクーラーの底に隠して持って帰ろうかと思案中です。

10月 2, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

ハゼ釣りの続き

Icimg0869月曜日にハゼ釣りを2時間したが、まだ午後2時前です。どこか新しいハゼ釣りポイントを見つけようかと、車の中で持っていた釣り場の航空写真集を開いてみました。
すると近くに車を横付けして竿を出せる場所があるようです。行ったことがないがそのポイントを目指しました。確かに車を横付けできます。ふふ。
1投目で小チヌ。それからしばらくしてフグ。根掛かりは全くしません。先程までしていたハゼ釣りポイントと同じ感じなので、「新しいポイントを見つけた」と思いました。ふふ。

Icimg0874しかし、その後は全くアタリがありません。やっぱり新しいポイントはそう簡単には見つからないようです。30分ほど投げてあきらめました。しゃーないです。
だがよく見ると、小さなメバルの子が群れになってたくさん泳いでいます。ひょっとしたら、夜のメバル脈釣りだといいかもしれません。ハゼ釣りポイントではなかったが、メバルポイントかもしれません。今度試してみることにしました。ふふ。
まだ時間があるので釣ったハゼをおろしました。ウロコを落とし、頭を切り落とせば終わり。簡単です。

10月 1, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)