« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

西日本の磯釣り師31人が集合

Pcimg0642 昨日の土曜日、岡山市に関西、中国、四国の磯釣り師31人が集合しました。年に二回行われている西日本磯釣り協議会の役員会です。
Pcimg0643香川磯連からの参加者は会長の古川さん、事務局長の前川さんの他、チーム・グレートヨーヘンの秋山さん、九絵勇心会の植田さん、私の5人の参加。
写真は会議後の親睦会のもの。当然この前に3時間の議論白熱の会議もありました。ふふ。機関誌「潮目」の運営が金銭面でいろいろと難しい。11月の会議で再審議となりました。

来年の釣り保険は基本的には今年と一緒のパターンでいくことになりました。
グレ釣り選手権は各県2名ずつの決勝進出選手の確認と認定書交付が、大会お世話役になっている香川磯連主導の下で行われました。
6月に行われた西日本磯協の大会表彰式が行われ、高松黒潮クラブからは三好さんがグレの部4位で入賞し、金券を預かりました。クラブの例会にきたときに渡すつもり。来ないときはクラブ会計に没収? ふふ。
Pcimg0640懇親会ではあまりうろうろせずに高知磯連の岡林会長と別役さんにだけあいさつを・・・。なんたって、高知の磯にはお世話になっています。
私が火曜日に行くことにしている磯のポイントを岡林さんに聞いたが、「あの磯場には行かないから知らん」とのこと。そりゃあ、そうかも・・・。

8月 31, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

お魚グッズ第1号は・・・

Rcimg7453 何事にも「始まり」、「初めて」があります。私のお魚グッズコレクションにも当然第1号があるはずなので、調べてみました。
Rcimg7454写真のお魚が、私が初めて買ったお魚グッズです。昭和61年9月6日に伊丹空港で350円で買っています。飛行機に乗るまでに時間があったので、ぶらぶらしていて見つけたものです。
ただ、お魚グッズという認識は全くなくて、面白そうなものがあったので買っただけです。石でできていて、何で2個の魚がくっついているのかも分かりませんでした。中国で福を呼ぶものだと知ったのは後のこと。
魚の一つに穴が開いていたので、吹いて見ると、ピーッと音が出たので、「笛なんだ」と気が付きました。

昭和61年に買ったお魚グッズはこれ一つ。そして翌年に買ったお魚グッズは3個。だから、お魚グッズをコレクションするという意識はありませんでした。その翌年の昭和63年になって買ったお魚グッズは12個。
この程度の購入なので、コレクションをするという意識はまだなかったようです。その後は年を追うごとにどんどん購入数が増えていきます。
最初はコレクションとしての意識は全くなかったが、石の笛がコレクション第1号ということは覚えていたのが不思議です。

8月 30, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

ご当地検定は・・・

Cimg1632ふと、以前「カニ検定」というのがあったのを思い出して、どうなっているのかをインターネットで調べてみました。ちょっと意地悪いことですが、これが新聞に大々的に掲載されたとき疑問に思ったからです。
というのは、発想としては大変おもしろいが、これは続かないと思いました。検定試験は英語検定などたくさんありますが、「カニ検定」はある程度の人が受験した後は検定者が急減するはずと思ったから。
だってカニ検定を受けようかと思う人は何万人もいないはずで、せいぜい5年続けばいいほうかと・・・。ふふ。

私は「カニ検定」を否定するわけではありません。というより、色んな地域で特産品の検定試験をやればいいと思っています。マスコミが取り上げてくれれば、大きな宣伝になります。
「カニ検定」は兵庫県香美町が実施したものですが、この検定のお陰で私はこの町でカニがたくさん捕れるということを知ったのですから。
インターネットで調べた結果はもう「カニ検定」試験はないそうです。やっぱりなあ。

8月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

三大がっかり

Cimg8509本を読んでいて、「世界の三大がっかり」が出ていました。ご存知のでしょうが、シンガポールのマーライオン、デンマークの人魚姫の像、ベルギーの小便小僧です。
これをみて釣りの三大がっくりはナンだろうと考えました。色んながっかりがあるが、今回は愛媛県南部や高知県西部など高速道路を使って200キロ以上走って行ったときのがっくりです。
まず、がっくりするのは当然ながらボウズ。それも単なるボウズでなくて、たった一度のアタリもなく、エサトリのアタリさえもなく一日の釣りが終わってしまったときのがっくり度は自己嫌悪に陥ります。ふふ。

二つ目のがっくりは勢いよく渡船場に到着したのに、船頭から「渡船中止」を告げられること。天気予報は見て行くが、船頭によっては「まあ、来てみれば・・・」と、親切なのか、無責任なのか分からない人がいます。エサを買ってきているし、ホントにがっくり。
三つ目のがっくりはアオリイカ釣りに行って、5時間後にようやく目指す波止に到着すると、先客の釣り人が陣取っていたとき。イカ釣りのポイントは狭いので、他のポイントに移るしかないが、期待度が高い場合のがっくり度はナンバーワンです。

8月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

英さんから釣果メール

Zcwk10b0a昨年、英さんから「子供に釣りを教えたい」ということで一緒に香川県東かがわ市の海水浴場に釣りに行きましたが、その後子供が釣りが好きになっているのかが気になっていました。
その後、「子供は釣りが大好きになっている」と聞いていたが、先日去年一緒に行った海水浴場に釣りに行き、大漁だったという報告メールが写真付きで送られてきました。
この写真の中のチヌは、英さんがサビキ釣り用にもって行って使わなかったアミエビをチヌ釣りをしていた人にあげたらくれたとのこと。ふふ。

この写真以外にも釣ってリリースしたのが10匹以上あったということなので、それは楽しかった釣りになったはずです。息子さんの煌太朗君も大喜びだったとのこと。
このブログにこれまでも何度も書いていますが、大人になってから釣りが趣味になるかどうかは子供の時に釣りの経験があるかどうかが大きな要素になると思っています。
学生時代にはクラブ活動などで釣りから離れることがあっても家庭を持って落ち着いた時に釣りが趣味になるチャンスが多いと思います。煌太朗君も将来釣りが趣味なる確率が100倍以上になったと思います。ふふ。

8月 27, 2014 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

私が42年前に初めて買った釣り具

Cimg4209釣り記録を見ていて、意外なことが分かりました。それは私が釣りを始めたときの記録です。まあ、普通の人には考えられないほどの記録魔だからこそ分かったことです。
私が釣りを始めようと決心したときに、初めて竿とリールを買ったことが記録していました。昭和47年8月9日。私は27歳でした。いまから42年前になります。ふふ。
このときに買った竿が2000円、リールが500円と書いています。この当時の大卒新入社員の初任給が3万円弱だったので、現在の7分の1の物価として考えると、リールが1万5000円弱、リールが3500円ということになります。

値段だけで考えるとそこそこの品質のように思えますが、当時の釣り具は現在のものに比べて格段に品質が悪く、いまから考えると子供用のようなものでした。
そのことは自分でも分かっていて、これから釣りを続けるかどうかわからないので、竿はそこそこの品質でいいと思っての購入でした。
3メートルもない万能竿で、リールも当時のことなので現在のような高性能なものではありませんでした。それでも新しく物事を始めるワクワク感がありました。

8月 26, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

中国の寺戸さんから・・・

Rcimg0607中国在住の寺戸さんから、またまたお魚グッズを送ってくれました。今回は財布です。四川省成都に出張で行ったときに買ったとのことです。ふふ。
寺戸さんは数千枚の箸袋のコレクションを始め、色んなものをコレクションしています。だから、コレクターの気持ちが分かっているので、今回の財布にも入手日付、入手場所、を書いてくれています。
入手金額も書いてくれていて、今回の財布は20元。現在のレートだと約350円。

寺戸さんからはこれまでたくさんのお魚グッズを送ってくれています。以前は1元が約10円だったのが、徐々に元が安くなっているようです。
寺戸さんのお陰で、私が持っているお魚グッズの中で外国だと中国が一番多くなっています。ふふ。

8月 25, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

釣り随筆の冊子を作りました

Scimg0582  大阪に本社がある「関西のつり」にエッセイを書いています。「なんだって釣れればうれしい」がタイトル。2年前の1月号から書いているので、今月に発売されている9月号で33回になります。
Scimg0583それをコピーして1年分ごとの冊子を作りました。写真の左が平成24年、右が去年の平成25年分です。
一ヶ月に書く量は400字詰めの原稿用紙に換算して6~7枚ですが、1年分に直すと結構な量になります。これをまとめて読み直してみると、気分がいいのです。ふふ。

この冊子を作る気になったのは、このエッセイに登場する釣友に感謝の気持ちをこめて差し上げるつもりでした。
だが、作りはじめてその大変さに四苦八苦。単純に雑誌をコピーしてファイルすればいいと安易に考えていたが、写真の様にきれいに仕上げるにはコピーを切ったり貼ったりして再度コピーなどいくつもの工程が必要でした。
1部を作るのに掛かった手間を考えると友達にあげるのは大変。とりあえず私の分だけにしました。ふふ。申し訳ない。

8月 24, 2014 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

メバル釣りに行くぞー

Qcimg0628昨日の夕方、メバル釣りに行こうと準備を済ませました。私の釣り日誌を見ると、この時期に20センチ前後のメバルが20匹ぐらい釣れています。
夕食を済ませて西の空を確認すると晴れています。突然にくる雨が心配なんです。この空なら大丈夫と思ったが、エサを買いに行く前に念のためインターネットで雨雲の移動を確認。
すると、写真の画面が出てきました。午後9時には高松市上空に強烈な雨雲がかかるとの予報。最近の天気を見ていると、「さも、ありなん」と仕方なく釣りをあきらめることに・・・。

それで、午後9時を待ちました。行く気が満々で準備万端だったのに行くのをやめた手前、午後9時に雨が「ドーッ」と降ってほしい気もします。
ところが雨が一向に降ってきません。インターネットで雨雲を確認すると高松上空には雲が全然ありません。どうなっとんじゃあ。
リタイアしてから極端に雨に弱くなっている自分にちょっとだけ反省。ふふ。雨で釣りはしたくないんじゃあ。

8月 23, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

超おもしろグッズを見っけ

Rcimg0590高松市郊外のイオンをぶらぶらしていて、久しぶりに雑貨店に入りました。イオンにはよく来るが、雑貨店にはそんなにいきません。いつも商品が同じ気がするからです。
だが、今回は超おもしろお魚グッズを見つけちゃいました。写真の醤油入れの形のペットボトル。写真ではその大きさが伝わらないが、これでも500ミリリットルが入るサイズ。ふふ。
肩に掛けられるように紐がついています。でもなあ、こんなものをうれしげに持ち歩く勇気はありませんわ。842円。

ペットボトルのお魚グッズとしてはもちろん初めて。だから、とってもうれしい。弁当に入っている醤油入れサイズの250倍、と書いているので弁当に入っているのは2ミリリットルサイズと初めて知りました。
醤油入れは結構たくさん持っているので、「おさかなグッズ展覧会」を開催するとき、「醤油入れコーナー」に今回買ったこれをドーンと置くことにします。ふふ。

8月 22, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

釣りデータの決定版を作った

Rcimg0591 職をリタイアした後、余る時間を利用してさまざまな釣りデータの整理をしてきました。現役のときは「釣りにいけるときに行く」だったが、今では原則としていつでも行けるので、どのような釣りがいいのかをデータで考えることにしました。
そしていくつかの方法でデータを整理しているうちに、「データを利用すれば大きな魚を釣るチャンスが増える」という自信みたいなものが見えてきました。ふふ。
雑誌や新聞を切り抜いて場所別、月別に整理をしてファイリングをしたが、それらのデータをいざ利用するとなると実に面倒くさい。切抜きをいちいち見ないといけません。そこで・・・。

私が興味のあるデータのみを書き抜きして整理しました。写真はデータの一部ですが、8月だと全部で100個のデータがあり、これを見ると、例えばイシダイはこの時期だとどこで釣れているかがすぐに分かります。
書き抜きするデータは私が興味あるデータだけに選別しました。イシダイは原則として55センチ以上、グレは50センチ以上、イサキは40センチ以上、チヌは50センチ以上だけのデータにして、釣り場でも行きたくない場所や利用したくない船頭のデータは入れていません。

他の魚でも、イカ、カマス、タチウオなどは気に入ったデータのみを入れています。イカの場合、大きくなくても月別に釣れるサイズを見るために場所別のサイズを入れています。
他にも自分なりに工夫してデータを書き抜いた結果、釣行計画が鮮明になってきました。ふふ。これを利用するともっともっと大物が釣れるはずじゃあ。

8月 21, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

香川磯連、今年2回目の役員会

Qcimg0627昨日、高松市の美山ホテルで、今年2回目となる会長会が午後7時からありました。参加者は各クラブの会長と事務局長で20人でした。
議題はすべて報告事項。5月4日のチヌ釣り大会結果報告、5月18日の四国磯連大会結果報告、6月8日の香川磯連と西日本磯釣協議会の大会結果報告、今年の香川磯連の年間大物賞の中間報告、香川磯連でやっている「讃岐磯釣り名人位」のポイント中間報告。こういう風に並べてみると、大会が多い。ふふ。
今後の計画としては西日本磯協議会の岡山会議、四国磯連の常任理事会、西日本磯協のグレ釣り選手権、四国磯連の大会、「ザ・讃岐カップ in沖の島」などが続きます。

遅れてきた香川磯連会長の古川さんが会議の後、宇和海の大雨の中で徹夜釣りをしてクーラー満タンと大物逃がしの話をします。やっぱり釣る人は根性が違います。私は雨の磯で徹夜釣りはごめんです。
年間大物賞では私が釣った53.2センチのチヌは依然として2位をキープ。だが、最近チヌの50センチ以上がノッコミ時期でなくても年中釣れています。誰も釣るなー。ふふ。

8月 20, 2014 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

小さなハサミとイシダイ用オモリを購入

Scimg0533 高松市郊外を車で走っていて釣具屋の前を通ったとき、釣り用ベストにぶら下げている小さなラインカッターが錆びていたので先日捨てたことを思い出して買いによりました。
1000円と意外と高い。以前使っていたものは、高松黒潮クラブの40周年で宿泊宴会をして景品交換会をした時にもらったものでした。これが使いよくて重宝していたが、錆びてしまいました。
折角なので、他の釣具も見て回り、イシダイ釣り用のオモリ30号を買いました。根が荒い釣り場だと10個近くなくなってしまうので、仕方ありません。

このオモリが結構高い。8個が入って750円。1個が100円近くします。しゃーないです。安い鉄の棒でも代用が出来ると思うけど、しゃーないです。
そろそろ40センチ前後の小型イシダイ、イシガキダイが数釣りできるようになるはずです。だが、この暑さと台風では釣りに行く気がそがれます。

8月 19, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

近くの釣り場を視察

Qcimg0621 昨日の高松市は曇り空でジリジリした暑さを感じないので、近くの釣り場を見に行くことにしました。まずは高松市西部の香西埋立地。サヨリが釣れているかどうかを確認するためです。
チヌ狙いが3人いて、サヨリ狙いは一人だけ。10分ほど見ていたが、全く釣れていません。サヨリは潮で釣況が大きく変わるのでこの短時間では判断できませんが、少なくても大きな群れはいないようです。
Qcimg0624_2次に見に行ったのが、香川県営球場近くのハゼ釣りポイント。ここに鵜がいるかどうかです。去年はたくさんの鵜がいたせいか、釣れる数が少なかったので、鵜の確認です。
鵜は全くいなかったので、一安心。その代わりアオサギが1羽いました。アオサギは海を潜ってまでは魚を取らないのでいい。このまま鵜が来ないでくれー。

Qcimg0625同じ港の波止で竿を出している人がいたので見に行きました。ふかせ釣りでのチヌ狙いです。声をかけてから横で見ていると、すぐ20センチ強のチヌを釣りました。
「小さいのはたくさん釣れたけど、逃した」とのこと。それからも仕掛けを投げ入れるたびにウキがいい感じで消し込んで行きますが、なかなかタイミングが合わないようです。ふふ。
高松市の気温も一時ほどは上がらなくなっています。もう少しの辛抱。

8月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

木彫りの魚600個

Rcimg0612 車で走っているとき、最近はラジオよりはテレビを聞いていることが多い。ラジオはローカルだしコマーシャルが多い。先日テレビをつけていると、木彫りの魚を600個も作った漁師がいるという話。
Rcimg0620スーパーで車を止めたときまだその話題だったので、テレビを付けて見ました。話題の主は岩手県にいる深渡栄一さんという漁師。朝の漁から帰ると毎日木彫りをしているという。
Rcimg0617テレビの画像で見ると、その仕上がりは大変なもの。よく出来ています。お魚グッズコレクターとしては垂涎の品です。

すべて設計図無しでいきなり大きな木から色んな魚を彫っているとのこと。インターネットで調べると、東北では有名な人らしく、さまざまなイベントに出品しています。
これだけたくさんあると、一つぐらいもらえないものかと思ったが、番組の最後に、「将来、1000個を作って木彫り水族館を作ろうと思っているので、一つといえど誰にもやらない」とのこと。ふふ。しゃーないです。

8月 17, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

ANAから釣り案内

Ashizuricimg1287_2 ANAからメールが届きました。ANAの会員になっているので、メールがよく届きます。だけど、今回は変わったメール。「ANA釣り倶楽部」となっていて、since 2014と書いているので今年から始めたらしい。
中身を覗いてみると、東京の雑誌社との提携で淡水魚釣り場案内。申し訳ないが、淡水魚には興味がないし、その案内内容の貧弱さには驚き、桃の木で、これを見て飛行機で行く人がいるなんてとても思えません。ふふ。
釣り場案内でなく釣りツアーを探すとありました。「甑島3日間」と「東北海道トラウトフィッシング」の2つ。トラウトは興味がないので、甑島のほうを見ると船釣り。こっちは興味があるが飛行機利用なので関空発か羽田発。四国の人には関係ないツアー。

ま、ANAも釣りツアー案内をするようになったのかとうれしく思いました。ゴルフツアーはたくさんあるが釣りはあまり見ません。
でも、一つだけ気になることがあります。何故、このメールが私に届いたのか。我が家の「山の神」もANAの会員なので、メールは必ず2通届きます。だけど、今回のメールは私だけ。
もし私が釣りを趣味にしていると知ってのメールだったら、どこで知ったのか。男性限定でメールをしたのなら分かるけど・・・。最近個人情報の漏洩が問題になっているので、ちょっと気になりました。

8月 16, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

オーナーばりから大会案内が届きました

Zimg092 オーナーばりから「オーナーカップグレ金勝杯」大会の案内が届きました。10月19日に愛媛県日振島での開催と書いています。
参加費が渡船料金込みで9000円。日振島の渡船料は7000円なので大会参加費は2000円ということになります。メーカー主催の釣り大会は参加賞がいい。
この大会も参加賞として帽子、LEDスリムライト、ステッカーをくれるという。もちろん大きな魚を釣れば3位までの人には賞品があって、この大会では金貨をくれるらしいし、景品の抽選会があります。興味がある人はオーナーばりのHPからも申し込みできるらしいので、見てください。

釣り師には大会に興味がある人と、あまり興味がない人がいますが、私は後者。大会は多くの釣り師でごった返すのが苦手です。ま、釣りのウデに自信がないってことですかねえ。
それに今回はグレの大会。ますます自信がありません。最近のグレ釣りはイメージとしてちまちました感じが拭えません。柔らかい竿に細いハリス。ついていけません。

8月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

メバルポイントが占領された

Rcimg0606 昨日は高松港で8000発の花火が打ち上げられました。我が家は高松港から2キロ離れているが、それでも花火が見えるので多くの見物客があふれます。あまりに車が増えすぎたのか、今年から我が家近くの海岸線は駐車禁止となりました。
いつもは家の2階から隣の家の屋根越しにちょっとだけ見ることが多いが、今年は久しぶりに海岸線までいって見物をしました。歩いて5分くらいのところです。ふふ。
実は、ここは私のメバル丸秘ポイント。過去の釣り日誌をめくってみると、そろそろ数が釣れる時期になっているので、メバル釣りに行くチャンスを狙っていました。

昨日の潮は夕方が干潮だったのでここでのメバル釣りには良くなかったので、多くの花火見物客であふれていても気になりませんでしたけど・・・。
10年以上前のこと、多くの花火見物がいる中で、一人だけ釣りをしている若い人がいました。チヌを探り釣りしているようでしたが、花火でドンピカと明るくなり、ドーン、ドーンと大音響もしている中で、その釣り師の根性には感心したが、一方で「バッカじゃないの」とも思いましたわ。

8月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

マンホールの本を高松市の図書館にも

Xcimg0418四国にあるデザインマンホールの写真とデザインの意味をまとめた本「四国のデザインマンホールをコレクション」を出版して、新聞でも3紙が取り上げてくれました。
先月アメリカから孫達が帰省してきたとき、高松中央図書館に本を借りに行きました。そのとき孫に「ここにお爺様が寄贈した本がある」というと、「見たい」。
そこで以前自費出版して寄贈していた「おもしろ釣り問答」と「おもしろ釣り道楽」を書棚に見つけて見せてあげました。図書館はちゃんと保管してくれていました。

マンホールの本は4県の県立図書館と国立国会図書館に寄贈しましたが、高松市の図書館には寄贈するつもりはありませんでした。だが、孫に以前の出版本を見せたことを思い出して・・・。
香川県立図書館は高松市の郊外にあって車でも30分近く掛かります。それに比べて高松市の図書館は我が家から車で5分ぐらいの近くにあるので、マンホールの本もここに寄贈しました。
図書館で寄贈を申し出ると、担当者が出てきて、「この本がほしかったので、注文しようと考えていたところ」と意外なことをいいます。理由を聞くと、香川県立図書館に寄贈したことが図書館発行の資料に出ていたのをみたとのこと。だったら、注文を待っていたらよかった。ふふ。

8月 13, 2014 釣り本 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

釣魚の日本記録

Mcimg9691香川県在住者の魚種別記録を「香川ギネス」として管理していて、ふと気になりました。「この記録は全国的に見て、どの程度のサイズなのか」と。
四国の釣り人は海の囲まれた環境を生かしてたくさんの大物を釣っていると思っていますが、本当にそうなのかどうか。そこでインターネットで調べてみました。
ちゃんとした記録として管理しているのはIGFAの日本記録を管理しているJGFAです。魚種別に日本記録、世界記録を整理しています。それを見て・・・。

JGFAの記録を見て「香川ギネス」とは決定的な違いがあります。まずはJGFAには釣り具、釣り方、仕掛けなどに細かいルールが取り決められています。釣ったときの釣り糸の太さ別にも整理されています。
香川県の記録はとにかく釣った魚はどんな道具でも、どんな釣り方でもOK。きめ細かくルールを決めてもそれを確認することが不可能なので仕方がない。

もう一つの違いは魚の大きさをJGFAはすべて重量になっているが、香川ギネスは長さにしていること。世界的な釣り団体では重量管理にしていることは知っていますが、これについても香川ギネスでは釣った魚を重さで確認することはないので、不可能です。ふふ。
JGFAの記録を見るとクエやイシダイなどでは香川ギネスのほうが大きいような気がしますが、それも分かりません。これからも香川ギネスは長さでいくしかないと思います。

8月 12, 2014 釣り記録 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

縁のない魚ってあるよなあ

Chy1199釣りを長くやっていると、釣れる魚に馴染みのある魚と馴染みのない魚がある。理由はさっぱり分からないが他人には釣れないのに自分だけ何度も釣れる魚と、他人が釣るのを何度も見るが自分には釣れない魚がいる。
イシダイとか、グレとかの本命の魚ではなくて、ついでに釣れる魚での話。本命の魚で自分だけ釣れないのはそれはウデ。今回の話題には入りませんわ。ふふ。
私に馴染みのある魚と言えば、カモハラトラギス。イシダイ釣りを始めてからイシダイが釣れない時に本虫でズボ釣りをすると相当の確率で釣れる。他の人が釣ったのを見たことがない。もっとも、イシダイ釣りに来て、ズボ釣りする人がいないからか。ふふ。

P2cimg4878_2私に馴染みのない魚で思い出すのはマトウダイ。この魚をこれまで一度も釣ったことがない。イカ釣りをしていて外道で良く釣れる魚で、私も他人が釣ったのを何度も見たことがある。写真はオカテッちゃんが足摺岬近くの波止で釣ったもの。
おいしい魚と聞いているので、何とか釣りたいと思うのだが、一度も釣れないのは縁がない魚としか言いようがない。今はシーズンでないので年末くらいから本格的にマトウダイ狙いに行くつもり。ふふ。誰か、付き合ってくれないかなあ。

8月 11, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

台風が四国直撃

Scimg0577 台風11号が四国直撃しました。今回の台風は、高知県安芸市に上陸したばかりで、遠く離れている高松市でも風のゴーゴーという音で、毎日早朝に行っているファミレスにも行く気になれませんでした。
台風になると、テレビで流れる映像が海。それも磯だと大きなしぶきが上がって迫力があるのですが、磯の映像はそんなに簡単に撮れるところは少ない。
テレビでよく見るのが足摺岬灯台に設置されたお天気カメラから写した磯。映像でもしぶきが分かりますが、磯釣り師はその磯の大きさを知っているので、そのすごさも実感できます。このブログの写真は別の場所ですが・・・。ふふ。

磯釣り師は「これで磯の臭さが一掃される」と期待しているところもあります。磯での撒き餌は完全には流しきれないので、夏は腐って悪臭がすごいところがあります。
全部の磯がそうではないが、撒き餌が釣り場の後ろにある水溜りにある時は掃除が絶望的。これが台風できれいに洗い流されるので、その面ではありがたい。
こんなに大荒れのとき磯魚はどこに避難しているのでしょうか。深いところに逃げると言っても限界があるだろうし、岩陰といっても大量の魚が逃げるところがあるのか、と勝手に心配。ま、私なんぞが心配しなくても自然はきちんとしているでしょうけど・・・。

8月 10, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

今年の豆アジ釣りは・・・(2)

Scimg0543 鳴門市の北泊でアジ釣りを開始したのは午後5時。最初に釣れたのはスズメダイ。どうしようかと後ろを見るといつものようにアオサギがいたので投げてやりました。
Scimg0544しばらくしてアジが食いだしました。一度に3連、4連と釣れて30分で50匹近く釣れました。明るいうちはマアジでなくてマルアジが多いことがあるので気になっていたが、すべてマアジの子です。
しかしピタリとアタリがなくなりました。アジの群れが離れたようです。こういうときは群れが戻ってくるまで待つしかありません。
Scimg0550しばらくしてウキが勢いよく潜って引きも強い。なんだろうかと思ったら木っ葉グレでした。ふふ。即リリースだが、ちょっとうれしい。
アジが釣れないのでゴカイで探り釣りをしてみます。すぐにアタリが会ってササノハベラ。やる気減退。

Scimg0559その後サビキ仕掛けにチャリコ(マダイの子)が釣れて、こちらは色がきれいだったのでキープ。
午後7時まで釣りをして豆アジ75匹。例年なら午前2時か、3時に起きていく早朝釣りだが、今年は夕方に行ってみて十分に釣れることが分かりました。ふふ。
Scimg0564近くの波止に移動して暗い中でハラワタをとったので鳴門市を出たのは午後8時。家に到着は午後9時になっていました。これから台風の影響で釣りにいけなくなるはずなので、「その前に釣行」がうまく行きました。

8月 9, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

今年の豆アジ釣りは・・・


Scimg0536 そろそろ豆アジ釣りのシーズンなのに、今年はどうしてか豆アジの情報が極端に少ない。アジの情報としていつもみている徳島新聞の釣り情報も例年なら毎日のように出ているが、今年は散発的です。
だが、「釣れるはず」と、昨日、豆アジ釣りを決行しました。行く途中で気になることを思いついて、急遽高速道路を下りて孫達と行く白鳥町の海水浴場に行きました。
ここで釣れるネズッポの正式名をもっときちんと調べるためです。以前釣った時に調べてネズッポ科のトビヌメリと判断したが、図鑑をよく見るとネズッポの区別は難しく、同じ魚種でもオスとメスでは色んな部位で違う。そこで徹底的に調べることにしました。暇でしょ。ふふ。
すぐに釣れると思ったが、なかなか釣れません。やっと釣れたのがフグ。しゃーないなあ。ネズッポが釣れたのはそれから20分も必要でした。

Scimg0539釣れた魚種はネズッポ科のトビヌメリであることは背びれの模様で分かりました。ここがちょっと違うだけで別の魚になります。だから、釣り団体でもネズッポ科の記録は一つになっていることが多いのかなと勝手に思いました。
Scimg0567次にこれがオスか、メスか。トビヌメリの場合、腹びれの色で分かります。今回釣れたのは白色なのでメス。オスには模様が入っています。私の記録保存もメスとオスの区別はしていないので必要ないことだけど気になっていたので調べました。すっきり!
気分がスッキリしたので、本来の豆アジ釣りに直行です。

明日に続く。

8月 8, 2014 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

釣りを趣味にしていて良かったわ

Cimg81402、3年前ごろから「第2の人生」だの、「リタイア後を有意義に」とか言う内容の出版や小説が目立つようになっています。団塊の世代がリタイアするのを意識したのだと思います。
65歳以上の人が人口の4分の1を越えているそうで、お金もこの層がたくさん持っているとかで、当然ターゲットになっている感じです。ふふ。
それらを拾い読みしていると、濡れ落ち葉(チト、古いか)にならずに、「何か新しいことを始めよ」、「趣味を持て」などと嫁からの独立を書いています。

私は27歳に釣りを始めて、それから40年。よくまあ、続いてきたものです。サラリーマン時代は仕事と釣りの両立に苦労しました。ふふ。
でも、ずーっと続けてきてよかった。会社をリタイアしてから釣りを趣味として始めたとしても、正直な気持ちとして十分に楽しめなかったと思います。

釣りは色んなトラブルがつき物。最初の頃は釣り場でいる時間の3分の一は仕掛けのオマツリを直したり、うまく投げられなかったりで、釣りができていなかったような気がします。
若いときはそれでも十分に楽しかったが、老人になると、イライラすることが多くてオマツリが続くとイヤになると思います。
どんな趣味でもそうだと思いますが、楽しめるようになるには10年、20年の経験が必要で、そのためには少なくとも40歳代から初めてないとリタイアしてからの趣味にならないと思います。どうでっしゃろ。

8月 7, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

私の新魚種、ムツです

Vcimg0448
Vcimg0450先月、高松黒潮クラブのメンバー4人で愛媛県宇和島市に釣りに行ったとき、ヨッさんがするアオリイカ釣りのエサにするアジを、サビキ釣りをしました。
その何投目かでアジに混じって赤っぽい魚が釣れています今まで見たことがない魚です。そのため写真を撮っていると、ヨッさんが「はよ、してくれ。魚が死んでしまう」とこの魚までイカ釣りのエサにしようとします。ふふ。
見たことがない魚だが、アカムツという名前が浮かびました。それを言うと、ヨッさんも「そうや、そうや」と賛成してくれます。

家に帰ってから図鑑で調べるとアカムツという魚がいるが、色がもっと鮮やかな赤です。そして釣った魚はムツの幼魚とわかりました。ムツの親魚とは似ても似つかない形ですが、図鑑に幼魚も掲載されているので分かりました。
そしてムツは釣り人の間ではアカムツといわれることが多いとまで書いてくれています。
とにかくムツは私にとって最初の魚で、私の169魚種目になります。ふふ。

8月 6, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

「釣り好き」は気をつけてください

Cimg3007外はあまりにも暑いので、釣りのデータをいろいろ整理しています。その中に釣りに関する新聞の切り抜きがあったので見ていると驚きの記事がありました。
重大な交通事故を起こして実刑判決をうけた受刑者を調査した内容です。それによると受刑者の趣味は「釣り」が34パーセントで圧倒的に多く、2番目に多い音楽鑑賞の8.3パーセントを大きく引き離しています。
他にも質問していることがあって、重大事故を起こす人を総括すると、「釣りが趣味、まじめ、気が弱い」となっています。どうですか。読者の皆さんに心当たりはないですか。気をつけてくださいよ。

と、まあショッキングなことをいいましたが、実はこの記事は昭和54年5月27日朝日新聞の記事なので、35年以上前のこと。この間に世の中は大きく変わっているはずなので・・・。
現在は別の趣味の人になっていることを祈ります。でもまあ、釣り人気質は何十年経っても変わっていないような気もするし・・・。まあ、車の運転には気をつけたほうがいいに決まっています。特に飲酒運転は生半可な気持ちでいると取り返しが付かない釣り人生になるかも。

8月 5, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

釣りクラブのビアガーデン

Tcimg0523Tcimg0525毎年この時期に高松黒潮クラブでビアガーデンに行きますが、今年は大いに盛り上がりました。それはクラブ新人で最年少のの山本さんが美人の奥さんともうじき3歳になるという朔也ちゃんが参加してくれたこと。全員で18名。
朔也くんは誰にでも人懐っこくて喜んで抱かれます。でも体重が13キロもあるので最初はおじいさんぶって喜んで抱いていてもウデが力尽きてしまいます。ふふ。
Tcimg0531最初は私が抱きましたが、次に宝山さん、斉藤さんと誰にでも抱かれて機嫌がいいのです。

Tcimg0520高松市商店街にある会場で、私の前に陣取った宝山さんが一冊の本をくれました。宝山さんが出版した「管理職のための人材‘超,育成法 こうすれば必ず人は育つ」です。
わたしが「リタイアして今は管理職でないので役に立たないのでは・・・」というと、「そんなことはない。お前には必要だ」と意味深です。私の何かが足らないと感じているらしい。ふふ。ありがとうございます。読ませていただきます。
Tcimg0522料理はステーキの食べ放題、飲み放題だったが、参加者のほとんどは60歳以上かそれに近い人が多いので、ステーキは柔らかくておいしいがそんなに食べられません。店は十分に採算が取れたはずです。ふふ。

8月 4, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

オハグロベラの香川ギネス申請がありました

Zimg091全日本本サーフ香川協会会長の青木さんから電話があって「オハグロベラの香川県ギネスに申請書が届いている」とのこと。で、後日持ってきてくれました。
釣った人は高松市在住の石垣 喜右衛門さん。釣った場所は愛媛県宇和島市三浦とのこと。
Ucimg0504サイズですが、尺をつけた写真が添付してあって、それを見ると21.2センチ。だが、魚拓も同封されていたので、そちらを測ると22.2センチと1センチも大きい。ふふ。

申請は写真でも魚拓でもいいのです。そこでサイズが大きいほうの魚拓寸での申請を受け付けることにしました。このサイズでも魚拓にすると1センチも大きくなる。
面倒くさいけど、石垣さんは魚拓にした甲斐があったということです。香川県民の皆さんもギネス申請のときは面倒くさがらずに魚拓にすればいいですよ。ふふ。

8月 3, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

お魚の形をした和三盆

Wcimg0436和三盆という砂糖をご存知でしょうか。ウィキペディアで調べると、徳川吉宗の享保の改革でサトウキビの栽培が奨励されたとき、いち早く呼応したのが高松藩と徳島藩。
現代の精糖法とは違った方法で作られ、なんともいえない味わい深い砂糖です。口に入れるとファーと解けて普通の砂糖とは全く違う味がします。
現在香川県東部と徳島県で作られています。手作りのため、いろんな型に入れて作られるが、その中に魚の形がありました。なんで、こんなものを買ったかというと・・・。

買った理由はマンホール探しのため。マンホールのカラー版は無人の倉庫に入っているものが多く、町役場の職員にわざわざ鍵を開けてもらうことが何度もありました。
なので、そういう時にちょっとしたお礼で差し上げるためのつもりでたくさん買っていたが、ほとんど受け取ってもらえませんでした。ふふ。そのため、マンホール探しが一段落したので、自分で食べています。ふふ。

8月 2, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

楊枝入れ

Tcimg9544お魚グッズの中で、爪楊枝入れがいくつかあるので並べて写真を撮ってみました。こんな風に並べてみると、一つだけ見るよりも楽しい。ふふ。
写真上段の左から、フグ 益子焼センターで520円。中は宮崎県シーガイアで380円。右は木製のカワハギ 上浦町で480円。
中段の左から、佐賀県の有田焼卸センターで買った300円。中は 現在中国にいる寺戸さんがまだ高松市にいたときに東京土産で買ってきてくれたもので840円。右は高松市牟礼町の道の駅で買った525円。

下段は左からこれも佐賀県の有田焼卸センターで買った300円。中のカワハギは愛媛県のしまなみ海道にある大三島島の道の駅で買った550円。右のムツゴロウは福岡県博多駅で買った350円。
すべていつどこでいくらで買ったかのメモがあるので、こういうことがわかります。もし、このメモがないと面白みが半減どころか、さっぱり分からなくなってしまいます。ふふ。分かるでしょ。

8月 1, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)