« 高松黒潮クラブのダブル入賞 | トップページ | 塩入れのお魚グッズ »

2014年7月 5日 (土)

ヒブダイのウロコ取り

Cxcimg0077 ヒブダイのウロコを取るのは簡単。尾ビレのほうからウロコと皮の間に指を入れてウロコをはがすようにすれば簡単に取れる。
このことを知るまでは他の魚と同じように包丁で無理やりガジガジとしていたが、ウロコの一枚一枚が大きいので包丁が滑ってしまいウロコが取れません。
料理本で確認すると「包丁を使わずに手でやればいい」と書いていて、その方法だと時間が掛からずにできて、自分でも魔法のような気がしたものです。

なによりもいいのは、ウロコが飛び散らないことです。包丁で無理やり剥ぐと大きなウロコがいたるところに飛んで、これが乾くと丸くなってキラキラと輝きます。ふふ。
時間が短いだけでなく飛び散らないためにも指ですること。魚の料理一つにとっても魚種によって違うので学ぶことが多いのです。

7月 5, 2014 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/59651169

この記事へのトラックバック一覧です: ヒブダイのウロコ取り:

コメント

コメントを書く