« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

高松市内の民家にちょっと変わった恵比寿様

Xcimg0426高松市内の木太町の民家の塀に恵比寿様を見つけました。よく見るパターンの像と思ったが、車を止めて見に行って「ほーっ」と声を出しました。ふふ。
Xcimg0428恵比寿様のほとんどはタイを脇に抱えていますが、これは抱えていません。膝近くにあります。これは左手に竿を持ち、その竿で釣り上げたところ、と想像しました。
これは珍しい。恵比寿様以外の像もありましたが、これも他で見たのとは違う感じです。おそらくこの家のためだけに造られた像だと思います。

これまで民家の塀の上にある恵比須像を何度も紹介してきました。ざっと数えてみたら、平成23年から今年までで37回。3年半で37回です。
ということは約1ヶ月に1回はこの民家塀の恵比寿様がブログネタになっているということ。ふふ。これは恵比寿様に感謝してもしきれませんわ。

7月 31, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

居酒屋の壁で魚が釣られています

Wcimg0437
高松駅近くのホテルで会合があった後、食事をしようとぶらぶらしていて、居酒屋の塀に魚がぶら下がっているのを見つけました。ふふ。丁寧にも釣竿付きです。
会社をリタイアした後、駅に来ることがほとんどなくなったので、現役時代はうろうろしていた場所だったが、久しぶりでした。この居酒屋も私がリタイアした後に開店したみたい。
こんな魚が売っているはずもなく、間違いなく手作りだと思うが、よく出来ています。素人が作ったものとは思えません。

店主が釣り好きなのでしょうか。多分、そうだと思います。それでなければ、こんな飾りを壁に付けるはずがありません。それもバス釣り愛好者に違いありません。海釣り愛好者だったら、タイとかハマチにするでしょうから。
ただ、雨風にさらされる場所なので色が少しくすんでいます。もっと新しくて色鮮やかな時に見たかったなあ。

7月 30, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

ビートたけしさんのCM場所で・・・

Ucimg0508最近テレビで流れている大塚製薬のポカリスエットのCMでビートたけしさんが砂浜でピアノを弾いているのがあります。最初に見た時に見覚えがある景色と思いました。ふふ。
Ucimg05092年前にアメリカのロスアンゼルスからクルージングで行ったメキシコのカボ・サン・ルーカスの港から小船観光船で行った半島の岬とそっくりです。
でもここは観光地なので、多くの人がいて、CMのような無人のときがあるのかと・・・。でも空似ということもあるので、私が撮っていた写真と比べました。ふふ。

Zcimg5150_2そこでやっぱりここはカボ・サン・ルーカスに間違いないと確信しました。写真以外の場面で出てくる岩の形を比べても一緒でした。
ここにはこっそりと釣り竿を持って行って、釣る気満々だったのですが、あまりの観光客の多さにとても仕掛けを投げることができず、やむなく釣りを断念したところなので、よく覚えています。
行ったところがテレビに映るのは、観ていて楽しいことですが、それが外国で釣りをしようとしたところなので、このCMを観るたびに気分がほっこりします。

7月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

海水温を見て妄想

Oitukami9630今日の四国新聞を見て、「やっぱりかあ」と思いました。毎日香川県内の3箇所の前日の海水温が掲載されるのですが、香川県西部の燧灘の海水温が30.4度と30度を越えています。
何故か燧灘は毎年この時期に30度を越えるのですが、香川県中央と東部の海水温は上回りません。この日も高松市沖は24.8度、東部は26.5度となっています。
そしてこの日の高知県足摺岬の海水温は27.6度。黒潮が当たる高知県よりも香川県西部の水温のほうが高くなるのは毎年のことです。熱帯魚が瀬戸内海で泳いでいても不思議でないはずです。

そして、宇和島市の遊子(ゆす)の海水温がずーっと21度少ししかなかったことも驚きです。気温では猛暑になってもあまりあがってないのです。これではイシガキダイの数がでません。
しかし2,3日前から22度をやっと越えて昨日の海水温がやっと22.6度と上がってきています。もう少し辛抱すると宇和島でもイシガキダイが釣れるような気がします。熱くて釣りに行く気がしないので、妄想で楽しんでいます。ふふ。

7月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

イノちゃんのオオモンハタを香川ギネスに

Vcimg0492先週の土、日に宇和島市に釣りに行ったとき、イノちゃんがオオモンハタを釣りました。香川ギネスにはまだ登録されていない魚種です。
Vcimg0490で、これを香川ギネスに申請してもらいました。サイズは私が現認しましたが、38.8センチです。ふふ。
お腹がでっぷりと太っていて、実においしそうです。イノちゃんがたくさん釣ったグレはすべてリリースしてこの魚だけを持って帰ったのが理解できますわ。

今回のオオモンハタの魚名を調べるために図鑑のハタ科のところを見ると、実にたくさんの魚がいます。
これまでに香川ギネスに登録されているハタは、アオハタ、キジハタ(アコウ)、オジロバラハタ、ヤイトハタ、ユカタハタ、などごく少数です。
ハタ科の魚は香川ギネス登録のチャンスですぞ。

7月 27, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

何用か分からないお魚グッズ

Ycimg0407熊ちゃんから「お魚グッズを預かっている」と二つの袋をもらいました。一つは以前に書いたタイ製品のスプーン。もう一つが写真のキンギョ、コイ。
Ycimg0414片ちゃんも私にくれる時に自信がなさそうに「箸置き・・・、だと思う」。だが箸置きにしてはチト小さすぎます。かといって、それ以外の利用目的が見つかりません。
この商品も熊ちゃんがリサイクル店巡りをしていて見つけたらしい。だから、正式な包装でなく、リサイクル店でパッケージしなおしたもの。

気になります。何に使うのか。小さいが無理をすれば箸置きとして使えないこともないような気がするし・・・。
ま、使う人が使いたいようにすればいいので、小さな小皿に乗せて飾りとして使うのがロマンチックな感じがします。ふふ。いいんじゃないでしょうか。

7月 26, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

宇和島で夜釣り(5)

Vcimg0488夜が明けて、明るくなってきました。私にもグレが釣れましたが、30センチ弱。でも、キープ。
Vcimg0492イノちゃんが竿を曲げます。ヨッさんが「でかい」を連発します。海面まで上がってきた魚を見てヨッさんが「アコウじゃあ」といったが、ハタ科の別の魚でした。ふふ。
Vcimg0495午前5時過ぎに納竿。私がクーラーに入れたのは、グレ4匹、メバル1匹、アジ1匹でした。量的にもいい感じです。多いと魚をおろすのが面倒くさい。これぐらいが丁度いい。ま、贅沢ですな。ふふ。

Vcimg0497イノちゃんは釣ったグレをスカリに入れて生かしていましたが、「誰か、いる人はいないかあ」と声をかけても、西脇さんは「40センチのグレで十分」というし、ヨッさんも「35センチのオナガがおる」と持って帰る気がないし、私も自分の釣果で十分なので、イノちゃんが釣ったグレはすべてリリース。イノちゃんが持って帰ったのはその後名前が分かったオオモンハタだけでした。
渡船場には7時近くに戻りました。渡船のおばちゃんがマダコ3匹をくれました。ふふ。
高松市到着は午前11時半。楽しい釣りになりました。楽しい経験でもありました。

7月 25, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

宇和島で夜釣り(4)

Vcimg0494簡易テントにもぐりこんで寝ていると、「釣れたぞー」の声で目が覚めました。時計を見ると午前1時半。ヨッさんが12時と1時半に27センチと35センチを釣ったとのこと。写真は夜が明けてから撮った35センチのオナガ。ヨッさんはイカ釣りをあきらめてペレットでグレ狙いをしていました。
Vcimg0480ちょっと大きいアジを釣って「写真を撮れ」の態度。私が釣ったのを略奪してイカ狙いのエサにしたのと同じサイズなのに・・・。ふふ。
そのとき、左の方で釣っていた西脇さんが何かを掛けたようです。後で聞いたのだが、ぶっこみ釣りが釣れないので一眠りをして起きてからの第一投目だったとのこと。

魚が海面でバシャバシャと暴れている音がします。玉網を持って駆けつけると自分で玉網を出してすくっています。「言ってくれればすくってやるのに・・・」というと、「何でも経験ですから・・・」とけなげな発言。ふふ。
Vcimg0481釣り上げたのはグレです。それも大きい。メジャーできちんと測ると40.5センチです。彼は磯釣りを始めてまだ2年目。1年目の去年は初めての磯でイサキ狙いの仕掛けでイシダイを釣りました。いつまでビギナーズラックが続くんじゃああああ。ふふ。
グレは午前2時でも釣れることを知りました。夜明けまでまだ時間があります。眠いが私も頑張ることにしました。

明日に続く・・・。

7月 24, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

宇和島で夜釣り(3)

Vcimg0460夕日が沈みかけるまで私が木っ葉グレと遊んでいると、イノちゃんが大きく竿を曲げています。30センチ弱のグレです。狙いはもっと大きいグレだけど、ひょっとしたら釣れないかもしれないのでブログネタの保険として写真を撮ります。
Vcimg0463私にもいい型のメバルです。チトうれしい。投げ込み釣りの西脇さんの竿には全くアタリがないようです。ヨッさんのイカ狙いも全然アタリが出ません。「4キロのイカを狙う」と豪語していたが、徐々にトーンダウン。
Vcimg0467そうこうしていると、イノちゃんの竿が大きく曲がります。最初に釣ったのより大きい感じです。釣り上げると30センチを越えるグレです。やっとグレらしくなってきました。

Vcimg0468暗くなってきたので私もエサをペレットにします。アタリがあるが、初めて使う餌なので合わせのタイミングが分かりません。ようやく33センチをゲット。
Vcimg0475ゴカイをもってきたので、脈釣りをしてみます。すぐにアタリがあって釣れるのはエサトリばっかり。イヤになってやる気がなくなります。
Vcimg047710時近くになったので、全員休憩。ビールを飲んでいい気分になったので、11時頃私は持ってきたテントに入って、熟睡しました。
Vcimg0487「釣れたぞー」の声で目が覚めました。ヨッさんの声です。時計を見ると午前1時半。

明日に続く。

7月 23, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

宇和島で夜釣り(2)

Vcimg0447渡船して、それぞれ自分が思っている釣りを始めます。イノちゃんはマムシでイシダイ狙いです。西脇さんは投げでのぶっこみ釣り。ヨッさんはイカ狙いです。
ヨッさんのイカ狙いのエサにするアジは私が釣ることになっているので、サビキ仕掛けで遠投します。私には全く釣れる自信はないが、ヨッさんとの約束なのでしないわけにはいきません。
アジはいれば必ずといっていいほど釣れます。逆にいうといないと釣れない。当たり前。ふふ。1投目、アタリなし。チト不安。アジ釣りは手返しが大切なので、ウキ下を2竿から3竿に変えて、2投目。
Vcimg0451なんと、これに5連のアジ。さすがでしょ。豆アジ釣り名人と呼んでください。
その後は20センチを超えるアジも混じって釣れ出します。20分程度で25匹を確保。これだけあればイカ釣りのエサとしては大丈夫のはず。西脇さんがアジバッカンを覗き込んで、「よおけ釣れたなあ」と感心。

Vcimg0452イカ釣りのエサが確保できたので、私はグレ釣りに参戦です。オキアミに配合材を混ぜてのオーソドックスなふかせ釣り。木っ葉グレがたくさん釣れますが、すべてリリースサイズ。
Vcimg0455中には23センチを越える大きなアジも釣れますが、ヨッさんが「このサイズがいいんじゃあ」と、イカ釣りのエサとして否応無しに略奪していきます。ふふ。
大きなグレは夜になってからと聞いているので、余裕で日暮れを待ちます。すると・・・。

明日に続く。

7月 22, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

宇和島で夜釣り

Vcimg0442夏の釣りは暑さでへとへとになるということで、夜釣りを計画。ヨッさん、イノちゃん、西脇さん、私の4人は、高松市を土曜日の朝8時に出発。
徹夜釣りで何を釣るかもはっきりとせず、皆がそれぞれ気に入った釣りをするということで、どうしても荷物が多くなります。それも4人分なので、車は一人ひとりがいつもの倍近くの荷物で、ふくれあがりました。
何の釣りをするかをはっきりと決めてないので、エサも色んなものを持っていかなくてはいきません。ペレットがいるというので、宇和島市の釣具店で購入。私は高松市の釣具店で、オキアミ、配合剤、アミエビ、キビナゴ、青ゴカイ、地ゴカイを買っています。
Vcimg0443_2なんやかんやで昼になりました。そこで津島町の道の駅で昼食。レストランが満席で中に入れず待っている間に記念撮影。ふふ。

Vcimg0445午後2時には渡船場に到着。せっせと大量の道具を渡船に積み込み、予定通り、午後3時に出港。3連休のせいか、釣り人が多い。私達が目指したのは、一文字の波止。
磯は釣り人が多いだろうと敬遠したのだが、一文字に行く釣り人も多い。さて、何をどうするかはそれぞれの思いを秘めて、出港。ヨッさんは救命胴衣もつけずにリラックス。気合が入っていません。ふふ。さて、どういう釣りになるのやら・・・。

明日に続く。

7月 21, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

「彼女を釣りに連れていってはいけない」

Rcimg9594 以前読んだ本、「仕事ができるようになりたければ釣りをしろ」に、「そうなんだろうなあ」と思った項目がありました。それは「彼女を釣りに連れていってはいけない」。
釣りに夢中になってしまい、彼女は二の次になる。釣りを楽しみにしていた彼女はほっとかれて「もうこんな人はイヤ」と思う。だから彼女と一緒に釣りにいってはいけない。そういう内容です。
釣りをしていたらついつい釣りに夢中になって彼女の面倒がおろそかになる。彼女にしてみたら「あんなに優しい人だったのに・・・。なんで」と・・・。ふふ。

だから、もし独身の人が彼女を連れて行くなら、自分は釣りをしてはいけない。あくまでも彼女のしもべとなる覚悟が必要です。これは初心者と一緒に行くときも一緒。
初心者に釣りが好きになってもらいたいと思って一緒に行くのであれば、自分が釣りを楽しむことを半分以上押さえないといけない。
自分が存分に釣りを楽しむということは、初心者をほったらかしにするということ。それではよほど運がよくないと初心者には釣れない。これは自分にも課していることです。

7月 20, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

今年目標の中間報告

Gcimg9832a今年の始めに1年間の目標を決めました。チヌ、グレ、イシダイのどれかで50センチ以上を釣ること。50日以上釣りをすること。魚種を50以上釣ること。この3つの目標です。
最初の50センチ以上は早々と53センチのチヌが釣れたので達成。だからいつもの年だったら大型チヌを求めて愛媛県南部をうろうろするが、今年は余裕です。ふふ。
釣った日数は1月から6月までで27日間となっているので、なかなかいいペースになっています。この調子で行けば今年も50日以上釣りをすることになりそうです。

最後の目標の50魚種ですが、6月末までの魚種数は23魚種となっています。この中にはよく釣れる魚種がほとんど入っているので追加の魚種を釣るのはだんだん難しくなります。
だから50魚種の達成が難しい状況。ただ、秋になると毎年いろんな魚種が釣れるので、秋の釣行次第ということです。ふふ。

7月 19, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

夏の釣りは・・・

Kiki6572夏の磯は灼熱地獄です。風が抜けるところだとまだいいが、風が来る方向に磯が高くなっていて風が来ないと磯が熱せられて熱中症になりそうになります。若いとき、飲み物をたくさん持って行ってなくて、死ぬ思いをしたことがありました。ふふ。
だから、高松黒潮クラブのメンバーと飲んだとき、夏の磯はダメなので、「夜釣りに行こう」という話で盛り上がりました。
だが、年寄りは暗い磯でうろうろするのは危険ということもあって、それなら釣り場が平坦な一文字波止で夜釣りをするのがいいなあ、となりました。

そこで今週末にイノちゃん、ヨッさん、西脇さんと私の4人で宇和島市にある一文字で夜釣りをする準備をしています。さて、どうなることやら・・・。
初めてのことなので、あれやこれやと考えて、もって行く道具もエサも多くなりそうです。釣る魚を一つに決めた方がいいのは分かっているけど。ま、楽しい釣行になればそれが一番。ふふ。

7月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

愛媛県愛南町の橋にお魚です

Cocimg02376月始めに高知県と愛媛県にまたがる地域で、香川磯連の大会があり、愛南町で審査と表彰式がありました。この会場に行くとき、何度も通る橋にお魚発見。
審査して表彰が始まる前に、見つけた橋の近くのスーパーに車を止めてから歩いて写真を撮りに行きました。ブログネタを探すのも大変なんじゃ。
そこに集まっていた人には黙って審査場から車で出たので、一部「何しに、どこに行くんじゃあ」という不審な顔もありましたが、橋にあるお魚の写真とは言えませんわ。ふふ。

Cocimg0231魚はカツオ。カツオに一部青い塗料が残っていますが、ほとんど消えています。色が付いているともっときれいだったはずです。カツオと言えば高知県のような気がするが、愛媛県南部でもカツオが捕れるということでしょうか。
それにしてもこの橋は年に20回近く通っているが、全く気が付かなかったのは、橋の右側にあって、左側は別のデザインになっているからです。

7月 17, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

アメリカ土産の「釣具広告チラシ」

Cqcimg0164孫がアメリカから里帰りしたときに、アリゾナで見つけた釣り具の広告紙を持って帰ってくれました。私にはいいお土産です。
Cqcimg0165広告チラシといっても36ページもあり、中身はぎっしりと製品と値段が書いています。ダイワ、シマノ、がまかつの製品もありますが、圧倒的に多いのはそれ以外のルアー製品。
ほとんどがバス釣り道具で、150万円から400万円のボートも掲載されています。

バス釣り道具なので、値段を見ても日本より安いのか高いのかわかりません。なんとなくですが、ルアーは日本より安いような感じはするけど・・・。ふふ。
そこそこの形のものが3ドルとか5ドル。日本じゃ、1000円はしているような気がするけど、私の思い違いかも。どちらにしても、バス釣りには興味がないし、興味があったとしてもアメリカまで行って、買うこともないし・・・。ふふ。

7月 16, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

マンホールの本が再び新聞に

Xcimg0435マンホール本の出版が再び新聞記事になりました。それも大きくてカラー版の贅沢。ふふ。取り上げてくれたのは朝日新聞さんです。マンホールの写真もあります。
四国4県で一つずつカラー版を紹介しています。香川県は高松市の那須与一、徳島県は美馬町の馬など、高知県は香北町のアンパンマン、愛媛県は野村町の乙亥大相撲。
このカラー写真があると、記事のインパクトが違うような気がします。ふふ。

マンホールは地域が自慢したいことが凝縮されています。その視点から丁寧にマンホールコレクションをしてきたつもりです。雨に濡れて汚い写真は撮りなおす等、努力してきました。
そしてコレクションを始めたときから地域の情報発信の一つの手段として本にすることを目標にしていました。一応、長年の目標が形になりました。すべてに感謝。
国立国会図書館と四国4県の県立図書館に寄贈して閲覧が可能になっています。今後、更なる情報発信をするために考えています。ふふ。

7月 15, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

熊ちゃんからスプーンのお魚グッズ

Ycimg0412高松黒潮クラブのメンバーで酒を飲んだとき、片ちゃんからお魚グッズをもらいました。熊ちゃんからのプレゼントだと言います。
スプーンの4枚セットで、何故か包装紙の中に葉脈だけの葉っぱが入っています。スプーンは手で持つところがお魚の形になっています。
お魚グッズで多いものの中に食事用品があります。最も多いのが箸置き。スプーンもいくつか持っていますが、これはチトめずらしい。

木製の手作りで丁寧に作られています。そして何よりもうれしいのはタイ製品。これは熊ちゃんがリサイクル店で買ったらしいのだが、誰がどこで入手して、リサイクル店に買われたのか、気になります。
200円の値札がついているけど、もともとの値段はいくらだったんでしょうか。ま、1000円はしたと思うけど・・・。

7月 14, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

ネズッポ科の香川県記録は・・・

Ycimg0387_2香川県で通称ネバゴチと呼んでいるネズッポ科の魚。私の自己記録としては孫と一緒に釣りした時に釣った魚を調べてトビヌメリとして記録しました。
気になったので香川県記録としてはどうなっているのかを調べました。ネズッポ科としては48.0センチのノドクサリと35.3センチのネズミゴチが登録されています。
ネズミゴチは正式和名としてあるが、ノドクサリはありません。ノドクサリはネズッポ科の魚の俗称。さて・・・。

私が釣りを始めた40年前の釣り本、釣り雑誌にはノドクサリの名前がよく掲載されていました。だから、私もノドクサリが正式名と思い込んでいました。
全日本サーフの記録もノドクサリになっていたような気がします。現在香川県記録として認定されているノドクサリの正式名を調べるのはほとんど不可能。
しかし、これだけ大きくなるネズッポ科の魚は限定しているだろうから、全日本サーフの人と相談してみることにします。ふふ。

7月 13, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

釣れたネズッポの正式名

Ycimg0387孫と東かがわ市に釣りに行ったとき、孫が一休みしている間にちょこっと竿を振ってネズッポを釣りました。ネズッポ科にはいろんな種類がいるが、私の記録は一緒くたになっています。
正式名を知るには背びれの模様と腹側の模様が必要なのは、事前に調べて分かっています。今回釣れた魚は図鑑で確認してトビヌメリと確認しました。ふふ。
ネズッポの背びれの模様なんて注意深く見たことがありません。調べようとすると魚が嫌がってうまく写真にとる撮るのに苦労しました。

Ycimg0389_2これからはネズッポ科の魚をきちんと調べて正式名で自己記録を取ることにしました。なので、今回釣れたトビヌメリの13センチは私の新たな魚種記録となります。ふふ。
なんでも自己記録はうれしい。これまでの記録はそのときに釣った写真で確認すると尾ビレがすごく長いので別の種類のような気がします。こちらもきちんと調べて正式名で記録しなおすつもりです。

7月 12, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

イシダイ釣り仕掛けで釣ったもの

Cimg32692日前から不通になっていた携帯電話が復旧しました。ふふ。夜釣りをしている時に不用意に胸ポケットに入れていて、ヨイコラショと岸壁に上ったとき前かがみになってポロリです。ふふ。
いつもは落ちないように、携帯に付けている落下防止用ワイヤーをボタンの穴に固定するのだが、この日はちょこっとの夜釣りのつもりだったので・・・。
ま、何か事故が起きるときってなんでもない気の緩みです。分かっているけど、しゃーないです。自己責任。

電話機を落としたところは浅いところなので、翌日干潮時刻をみていくとちゃんとありました。最初は玉網ですくおうとしたが、石の間に入ってうまくいきません。
そこでハリが大きいイシダイ仕掛けでやると、うまく引っ掛けることが出来て回収成功。ふふ。まさか、イシダイ仕掛けがこんなときに役が立つとは思っていませんでしたわ。
携帯機は海水に浸かったので、もちろんパー。耐水機種だけど、海水はダメと言われていました。しかし、電話機の保証をつけていたので格安で郵送してくれました。ふふ。
困ったことは電話帳。携帯機に入っているSDカードに記憶されているものと思っていたら、本体記憶から転送しないとダメなんだって。しゃーないから全部打ち込みなおしましたわ。「他人の不幸は蜜の味」とやらで、読者の皆さんはちょっとだけ蜜の味を感じましたか。ふふ。

7月 11, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

アジの安さにがっくり

Xcimg0423高松市南部の姉の家に行ったとき、近くのスーパーに寄ってみました。魚が安いことで有名な店舗です。50センチ弱のマダイは2000円近くしていて、まあまあの値段。
しかし、30センチ弱のアイゴが1匹100円。シタビラメ11匹が480円と安い。相変わらず釣る気をなくす値段です。
Xcimg0424なんといっても安いのがアジ。トロ箱にいっぱい入っていて匹数も数え切れないほどで、たったの380円。これには口あんぐり。これで店は採算が取れるのでしょうかねえ。

時期的にはそろそろ豆アジが釣れるはずで、いつ行こうかと思案中だったので、このアジの値段にはがっくり。まあ、釣った魚は新鮮さが違うんじゃあ、思うことにしました。ふふ。
スーパーの魚売り場は生臭い臭いもしなかったので、古いから安いということでもなかったようで・・・。しゃーないなあ。
ま、豆アジ釣りは年に一度は行くことにしているので、この値段に負けずに行きます。ふふ。

7月 10, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

残っていたゴカイで

Xcimg0429_2孫はアメリカに帰りました。一緒に釣りに行ったときに残ったゴカイが冷蔵庫に入っていて、「山の神」から「早く処分して」といわれていました。
そこで昨日の夜、潮時刻を見ると満潮が夕方の8時頃だし、風もないようなので、我が家の近くの潮入り川河口に、久しぶりに脈釣りに行きました。アタリが全くありません。
辛抱してあちらこちらに仕掛けを投げていると、やっとアタリ。小さなカサゴです。写真を撮って放流です。ふふ。しゃーないなあ。でも釣れただけでうれしい。

Xcimg0431_2そのすぐ後にカツッとはっきりしたアタリに合わせると、思った以上に引きが強いので、ちょっとだけあわてました。だが、上がってきたのはそれほど大きくないタケノコメバル。
今年初めての魚種なので、チトうれしい。これは朝食塩焼き用にキープしました。この後小さなカサゴが2匹。キープできないサイズなので、引きを楽しませてくれたことに感謝して放流。
1時間足らずの久しぶりの脈釣りは楽しかった。
なお、諸般の事情から私の携帯電話は金曜日ごろまで不通になっていますので、緊急の場合は家の固定電話かメールでお願いします。

7月 9, 2014 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

干潟で捕まえた魚

Ycimg0369我が家の近くを流れる郷東(ごうとう)川の干潟でショーエイが捕まえたのが黒い魚。腹に丸いヒレがあるのでハゼ科の魚と分かります。私もよく見たことがある魚で、「どんこ」と呼んでいました。
今回正式の名前が気になったので図鑑で調べました。特徴は胸ヒレに赤っぽい模様があること。魚種認定にはヒレの特徴が決め手になることが多いので、ちょっとだけ気をつけて写真を撮りました。
やっぱりこの特徴が決め手になって、この魚はヌマチチブと分かりました。私がとった魚でないし、釣ったものでもないので私の記録にはなりません。ふふ。

Ycimg0381干潟では別の種類の魚も捕まえました。こちらの方は石をはぐると石の下のわずかな水溜りにいます。私も何度か捕まえました。
こちらの正式名はミミズハゼのようです。人間の勝手で情けない名前になっているけど、しゃーないですわなあ。こちらの魚は今年の目標の一つにしている50魚種が49魚種でもう1魚種で達成するていうときは私の釣魚1魚種として入れようかと思っています。ふふ。

7月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

四国のマンホールコレクションを本にしました

Xcimg0418このブログにも四国のマンホールにお魚のデザインがあるものについて見つけるたびに紹介してきました。この5年間、こつこつと四国にあるデザインマンホールを探して写真に撮ってきました。
Xcimg0419このたび、ほとんどのマンホールを撮り終えて、デザインの意味も調べたので、それを「四国のデザインマンホールをコレクション」というタイトルで自費出版しました。
写真は表紙と中身のサンプルです。表紙の写真はマンホールのコレクションのための名刺をイノちゃんにデザインしたもらったときのものを流用しました。おしゃれでしょ。ふふ。

Img089msこれを徳島新聞さんと毎日新聞さんが大きくスペースを割いて書いてくれました。ありがたいことです。もともとこのコレクションを始めようと思ったきっかけは四国の魅力の情報発信なので、マスコミに取り上げてくれるとうれしい。
Img090msこの本は私のもう一つのブログ「四国はおもしろ造形の楽園・天国」に書いてきたものをそのまま本にしたものです。ブログなのでそれをインターネットで見ればいいのですが、なにしろブログだと全体を見るのに適していないし、まとまりがありません。そこで本にすると、期待以上の出来上がりになりました。ふふ。

7月 7, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

塩入れのお魚グッズ

Ycimg0415孫がアメリカから帰省している間に、孫のパパが休暇をとって5日ほど我が家に来ました。そのときに土産として持ってきてくれたのが、写真のソルト入れ。
ターゲットというアメリカのスーパーで買ったといいます。商品に貼っているラベルに「ターゲット・ブランド」と書いているので、このスーパーの独自商品のようです。
頭の上に小さな穴が2個開いていてここから塩が出るようになっています。当たり前ですけど・・・。

造形もそこそこリアルに出来ているし、なによりも商品全体がお魚全体の造形になっています。ま、「これぞ、お魚グッズ」という王道商品です。
塩入れのお魚グッズはいくつか持っていますが、ヒレもきちっと造形しているのは初めてです。ふふ。

7月 6, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

ヒブダイのウロコ取り

Cxcimg0077 ヒブダイのウロコを取るのは簡単。尾ビレのほうからウロコと皮の間に指を入れてウロコをはがすようにすれば簡単に取れる。
このことを知るまでは他の魚と同じように包丁で無理やりガジガジとしていたが、ウロコの一枚一枚が大きいので包丁が滑ってしまいウロコが取れません。
料理本で確認すると「包丁を使わずに手でやればいい」と書いていて、その方法だと時間が掛からずにできて、自分でも魔法のような気がしたものです。

なによりもいいのは、ウロコが飛び散らないことです。包丁で無理やり剥ぐと大きなウロコがいたるところに飛んで、これが乾くと丸くなってキラキラと輝きます。ふふ。
時間が短いだけでなく飛び散らないためにも指ですること。魚の料理一つにとっても魚種によって違うので学ぶことが多いのです。

7月 5, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

高松黒潮クラブのダブル入賞

Ycimg0409昨日はいつもの割烹「友釣」で高松黒潮クラブの酒宴。集まったのは6人。大将のイサちゃんをいれると7人の参加ということになります。
Ycimg0410仕事の関係で遅れてきた西脇さんがサヨリ釣りの話。30センチ級を8匹釣ったというので、私もそろそろサヨリ釣りを一度行ってみたくなりました。クラブでのこういう話は役に立ちます。
そして今度、イノちゃん、西脇さんらと宇和島方面で夜釣りを計画することになりました。夏の磯は灼熱地獄。夜は涼しいが老人には危ないことだらけ。どこに行くかは検討中。

Ycimg0411先月あった香川県磯釣り連盟の大会で高松黒潮クラブから三好さんがグレの部で3位、斉藤さんが他魚の部で3位のダブル入賞。
そのときの賞金を預かっていたのでこの場でお渡ししました。こんなダブル入賞は滅多にないことだから、写真に撮れといわれてハイ、バチリ。しゃーないなあ。

7月 4, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

釣り人だから残念なこと

Mcimg9692 釣りは楽しい。誰がなんと言おうと楽しい。間違いない。ただ、一つ残念なことがあることに気が付いた。
テレビで海中の映像が流れることがよくあります。写真は番組で流れたもの。色とりどりの魚の群れがカメラの前で乱舞していかにも楽園の雰囲気です。
ほとんどの人は当然美しい映像としてみていると思いますが、釣りキチの私にはそうとは単純に思えないのです。

きれいな魚の群れはほとんどがエサトリです。写真に写っているのは、ニザダイの仲間や、中にはゴンズイまで写っています。まあ、色的にはきれいかもしれませんが・・・。
こんなにたくさんのエサトリがいるところばかりを見ていると、「もうやめてくれー」と言いたくなります。釣りをしない人には分かんねえだろうなあ。

7月 3, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

大阪商店街にクエの造形

Mcimg9570 2月始めにバラエティ番組の「ニンゲン観察モニタリング 関東&関西比較」 を録画していたのを見ました。最近はテレビはほとんどを録画しています。
番組の内容とはほとんど関係ないが、一瞬大きなクエの像が出てきたので驚きました。大阪の黒門市場商店街の入り口なのか出口なのか分かりませんが・・・。ふふ。
こういうとき録画は便利。巻き戻して一瞬写ったところで一時停止をして写真に撮りました。で、ないと撮れません。

黒門市場には鮮魚店が多いということは知っています。それにしても大阪の商店街になんでクエなんでしょうか。和歌山の商店街なら分かりますけど。
四国はクエが現在でも磯で結構たくさん釣られています。それなのにクエの像を四国で見たことがありません。だれか自費で高知県西部に大きなクエの像をどーんと造ってくれる人はいませんか。ふふ。

7月 2, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

再び孫と釣り

Cjcimg0383Cjcimg0384昨日、再び孫と東かがわ市の海水浴場に釣りに行きました。日本の学校はまだ夏休みになっていないので、広い砂浜にいるのは我が家だけ。
Cjcimg0394いつものようにユーキ、ショーエイが次々とキス、コチを釣ります。途中から釣りに参戦した娘のミホは大きなキュウセンのオスを釣りました。
二人の孫は釣りに熱中しています。ふふ。やっぱり釣り名人の私の孫じゃ。

昼過ぎから釣りを始めて、3時間。沖で鵜がうろうろし始めます。このせいかどうか分からないが、アタリがほとんどなくなります。鵜がうろうろしていたら、魚もエサを食べるどころでありませんわなあ。
Cjcimg0406そこで釣りをあきらめて近くにある国の天然記念物ランプロファイアを見に行きました。珍しい地層だそうで、黒色の石が層状に何層も続いています。
Cjcimg0398この日の釣果はコチ17匹、キス6匹、ベラ2匹、アイナメ1匹と小さいが十分に楽しめました。

7月 1, 2014 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)