« 大物の証拠戦利品 | トップページ | 香川磯連の平成26年春の大会に(2) »

2014年6月 9日 (月)

香川磯連の平成26年春の大会に

Cocimg0194昨日の日曜日は香川磯連の大会日。その前日にヨッさんとイカ釣りをすることになりました。私は土曜日の午前2時半に自宅を出発。8時ごろには高知県大月町の波止に着くはずです。ヨッさんとはその波止で落ち合うことになっています。
前日まで太平洋岸には大雨が降り続き、テレビでは高知県四万十町で雨量500ミリを越えたと言っていたいたが、今日の天気予報の雨の確率は30パーセント。しかし、四万十町に入ると本格的な雨。
大月町の波止に到着するとヨッさんは前日に出発していて午前5時からの釣果で既に3匹を釣っています。活きアジはヨッさんが私の分も買ってきてくれています。ふふ。
Cocimg0197Cocimg0199早速ヨッさんが釣ったイカで記念撮影。どれも1キロ級で良型です。私が釣り始めようとしたのは午前7時半。ところが大変なことが・・・。

Cocimg0200ヨッさんがアジを海につけていたアジバッカンから活きアジを5匹取り、再び海につけようとするとロープにつけていた金具がとれてバッカンが海に沈んで行きます。
簡単に取れると思ったが、水深が深くて沈んだ場所さえ見えません。私がイカ仕掛けの掛けバリで掛けたが何しろ道糸が3号では持ち上がりません。
ヨッさんがイカ釣り用のギャフを海につけたがとてもじゃないが届きません。だが、さすがヨッさん。ギャフの先端をはずしてロープに結んで沈め、どうにか掛けて回収成功。
Cocimg0202この時期のイカが釣れる時間帯は私のデータでは夜ではなくて午前10時と午後4時のはず。その午前10時にヨッさんが1匹を釣って、私のデータの正しさを証明です。

明日に続く。

6月 9, 2014 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香川磯連の平成26年春の大会に:

コメント

コメントを書く