« 香川磯連の平成26年春の大会に | トップページ | 香川磯連の平成26年春の大会に(3) »

2014年6月10日 (火)

香川磯連の平成26年春の大会に(2)

Cocimg0203高知県大月町の波止でヨッさんとアオリイカ狙いです。ヨッさんは既に4匹を釣って余裕ですが、私には全くアタリがありません。それでも私が予想したとおりヨッさんが午前10時に釣ったので、この時期のアオリイカは昼に釣れることが分かりました。
この日、私は午前1時半に起きてきたので、正午過ぎに眠たくなってきました。波止で横になって熟睡。10分ぐらい経ってだれかから「起きろ」といわれた気がします。
起きると、ウキが見えません。ふふ。イカが食っています。1キロ。ヨッさんは離れたところにいたのでヨッさんではなく、神様が「起きろ」と言ってくれたみたい。
Cocimg0207それ以降アタリがありません。エサの活きアジが痩せ細っていて活きがよくありません。すぐに死んでしまいます。ヨッさんが「目刺しみたいなアジ」といったが、そのとおりです。

Cocimg0208アタリがありません。ヨッさんは前日から来てほとんど寝ていないのでうつらうつらばかりしています。「久しぶりに来たので、ここが遠く感じた」。香川県高松市から300キロ以上あるが、昔のヨッさんはそんなことを言っていなかったけど。それにしても裸足で波止で寝る姿は70歳のオジンじゃない。子供みたいじゃ。
Cocimg02103時ごろに雨が降り出しました。すぐに止むのかと思ったが、雨足はどんどん強くなってきて本降りになりました。私は翌日のイシダイ釣り用ウニを調達して渡船場の港に浸けに行かなくてはいけません。
雨はますます強くなるので4時半に私は釣りをやめることにしました。ヨッさんが沸かしてくれたお湯でカップラーメンを二人で食べてから走り出、愛媛県愛南町武者泊の渡船場の港に到着は午後8時になっていました。
ヨッさんに電話を入れるとその後もイカのアタリがないので釣りを止めたとのこと。

明日に続く。

6月 10, 2014 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香川磯連の平成26年春の大会に(2):

コメント

コメントを書く