« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

おわりに

この半年間もいい釣りができました。感謝です。

  「四国は釣りの楽園・天国」
   平成26年1月1日~6月30日

   著者  谷口寿人
   発行  平成28年7月

   著者紹介
      香川県釣り団体協議会 名誉会長 
     香川県磯釣連盟 名誉会長
     高松黒潮クラブ 名誉会長     
    
    お魚グッズコレクション 約1200個以上
   自費出版 「釣りの我楽多情報BOX」
          「おもしろ問答」
          「おもしろ釣り道楽」
          「四国の中のデザインマンホールをコレクション」

6月 30, 2014 | | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥と魚が向かい合って・・・

Cbcimg4641 香川県の西端が観音寺市。その東隣が多数の町が合併して出来た三豊市。その中の旧詫間町の民家の屋根瓦に魚を見つけました。
魚が鳥と向かい合っています。鳥に魚がにらまれている感じじゃありません。平和な共存の雰囲気です。こんなところに魚があるのを見たのは初めてです。
釣りに行って帰り道に何気なく屋根を見ると何かがあるので急停車。ブログネタを探すのも大変ですわ。ふふ。

これは家を建てる時に特注で作ってもらったと思われるので、漁師など魚に特別のものを持っている人だと思います。普通のサラリーマンがこんなものを発注はしないはず。
探せば狭い四国でもお魚の造形が街中に色々あるものです。読者の皆さんも興味がある造形を探してみたら新しい趣味の世界が広がるかも。ふふ。

6月 30, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

たこせんべい

Mcimg9696 Mcimg9698 もらったたこせんべいがあったので食べてみました。せんべいはあまり好きじゃないが、これはおいしい。
兵庫県明石市のものです。しかし裏の材料名を見て「ふーん」と考えてしまいました。「たこせんべい」だから材料はタコが主だと思いました。だれだってそう思うはずです。
成分表は量が多い順に記載しているはず。最初は澱粉。せんべいだから当然ですわな。ところが2番目の材料を見て・・・。

2番目に書いている材料がなんと「いか」。そして植物油脂。その次にマダコと書いていて、かっこ書きで明石産。マダコよりもイカが多いのはいかがか。ふふ。
これではタコせんべいというよりイカせんべいではないか。でも食べておいしかったのでこれでいいような気もします。ふふ。

6月 29, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

ヒブダイのアラ

Ctcimg0084 愛媛県の深浦湾の磯で3匹のヒブダイが釣れました。身は孫用のフライにするために三枚におろして冷凍庫に入れました。3匹分なので結構な量です。
フライ用に下ろした後、残ったのが中骨と腹骨の部分。捨てようと思ったが、淡白な味なので一夜干しにしてみました。塩水濃度6パーセントに浸けること1時間。
表面がてかっていい感じの出来上がりました。写真で見た目にも分かるでしょ。いつもなら捨ててしまう部位なので、おいしくなければ捨てるつもりです。

たくさんの量が出来たので半分は冷凍庫に入れ、半分はそのまま冷蔵庫に入れ、翌日の朝食でさっそく焼いて食べてみました。ふふ。
すると思っていた以上においしいのです。2年前までは釣れてもすぐにリリースしていた魚なのにそれがもったいなく思える味です。あっさりして上品な味です。今度釣れたら、絶対にリリースせんぞ。

6月 28, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

釣った魚を水溜りに入れないでください

Ecimg9905 Ecimg9904 高知県の足摺岬の近くの磯で釣りをしていたとき、昼過ぎになって釣りをやめようと何気なく釣り場の背後にあった小さな水溜りに目が行きました。
そこに魚がいます。30センチ強のニザダイです。誰かが釣ったのをこの水溜りに入れたものに違いありません。逃してやろうと手を突っ込むと、すぐにつかめます。
水溜りが小さいので逃げようにも逃げられないからです。つかむと激しく尾を振って手から落ちます。これが2度、3度。

これだけ元気ということは、おそらく前日に釣られたもの。丸1日間この小さな水溜りで過ごしたらしい。
釣り人が釣った魚で持ち帰らないものを水溜りに入れるのは良くあることです。釣った魚だからどうしようと勝手です。だが、出来れば海に逃してやったほうがもっと気分がいいと思うのは私だけなんでしょうか。
エサトリを逃してもそれによってエサトリが増えて釣りに支障が出るということはありえないこと。持って帰らない魚は海に逃してあげましょうよ。

6月 27, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

同じ図鑑をもう一冊

Cqcimg0162 「釣魚1400種図鑑」(小西英人著、エンターブレイン社)を本屋に取り寄せをお願いして買いました。既に持っていますが、車内に置いておく用です。2052円。
図鑑なんだから、家に置いておくだけでいいじゃないかと思ったが、この図鑑のすばらしさのため、どうしても別に欲しくなりました。ふふ。
この図鑑は掲載の魚種数が他の図鑑を圧倒しています。釣り人の多くの人が魚種を調べる時に自分が持っている図鑑に掲載されている中で特徴が最も近いものを探そうとします。私も以前はそうでした。これはもちろん誤りです。

この図鑑はオスとメスで色が異なるベラ科については両方が掲載。ベラだけでなくカモハラトラギスについても掲載されているなど、基本的に色が違う場合は丁寧に掲載しています。
また、幼魚と成魚では色や模様が違う魚の場合は、その両方を掲載しています。もちろん多くの図鑑にも掲載しているが、その数が圧倒的に多い。
私の場合、魚種別自己記録の更新も釣りの楽しみにしているので、この図鑑はホントに助かります。小魚の場合、車に積んでおれば魚種が釣り場で確認できればすぐに逃してやることができます。ふふ。

6月 26, 2014 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

アオリイカ釣りの方法比較

Oitukm6696 アオリイカ釣りには大きく分類して3つあります。エギ釣り、ウキ釣り、ヤエン釣りの3つです。私はウキ釣りオンリーですが、この3つの方法を比べてみました。
まず、「しんどさ」比較。
一番しんどいのはエギ釣り。ついでヤエン釣り。一番楽なのはウキ釣り。私がウキ釣りしかしない理由はコレです。エギは投げてはしゃくりの連続で、見ただけでやる気がしません。老人がすると絶対に肩が懲ります。ふふ。
ヤエン釣りもアジを細かく操作しないといけないので、放置することが出来ません。根掛かりするからです。

その点、ウキ釣りは投げ込んでおけばウキが沈むのを待てばいいので、クーラーに座ってぼんやりとしておればいい。アタリがないとすることがないが、コレが老人には至福。ふふ。
釣りの楽しさには「しんどさ」以外にも「簡便さ」や「お金」の要素もあります。
私の考えでは「簡便さ」はエギ釣り、ウキ釣り、ヤエン釣りの順だと主います。
「お金」の面では釣り方にもよりますが、活きアジを必要としないエギ釣りが最も安価で、次にヤエン釣り、そして活きアジも電気ウキも必要なウキ釣りが最もお金が掛かる。どうでしょうか。ふふ。

6月 25, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

新しい道の駅に大きなカツオの造形

Ecimg9924 高知県黒潮町にある道の駅「なぶら土佐佐賀」に行きました。4月14日に新しく出来た道の駅で私が行ったのはその3日後です。
残念だったのはオープン2日間までは色んなイベントがあって無料配布などもあったようですが、私が行ったときは無料配布 はなし。ふふ。しゃーないなあ。
でも新しい場所は新鮮で楽しい。そこの従業員もやる気満々のようで、そういう雰囲気も好きです。これが長い間続くといいのだが・・・。

この道の駅の駐車場の看板に大きなカツオの造形があります。近づいてみると、一本釣りになっています。お魚の造形を見つけるのはうれしいが、それもこれだけ大きいとすごくうれしい。
もともと土佐佐賀はカツオの町として売り出しているので、中に入っている魚売り場にもカツオ関係が多くありました。今回は買いませんでしたが、次回寄ったときにも従業員のやる気が伝われば買うつもりです。ふふ。

6月 24, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

高松市内の民家に恵比寿様

Bbcimg6294 Bbcimg6295 高松市の我が家から西に1キロほど行ったところから南に一直線に延びる道路があります。通称「産業道路」。なんでそんな名前が付いているのかわからないけど・・・。
この道は高松市南西部に行くときは必ず通るので、おそらく100回以上通っています。その道路上の民家の塀に恵比寿様を発見です。
これまで全く気が付きませんでした。この道路上にはないと決め付けて探さなかったからのようです。

私のブログネタは色々ありますが、その中で不評の一つにこの恵比寿様があります。分かっているけど、これをブログネタにしないと毎日書くことが続けられません。ふふ。
だから読者が「またか、しょーもないのう」と思っているのが分かっているが、またまた恵比寿様です。今後も見つければ当然書きます。ふふ。

6月 23, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

橋にお魚発見

Ecimg9882 Ecimg9883 4月上旬に高知県の樫ノ浦に磯釣りに行く途中の橋にお魚がありました。最初は島のような図柄が見えたが、橋を渡り終える時に反対側にお魚がいました。ふふ。
平成10年に作られた弁天橋という小さな橋です。片側1斜線だが車の通行量が少なくスピードを出せるので、普通の人は気づかないと思います。
魚はツノダシなので、大月町の「町の魚」として指定しているのかと調べたが、どうもそうではないようです。

大月町の古満目の波止でフカセ釣りをしたとき、オキアミの撒き餌にワンワンと沸いてきたのが、このツノダシでした。黒潮が直接当たるところなので南海のイメージが強いツノダシがいてもおかしくはない。
しかしエサトリとして群れを成して泳ぐツノダシを見た時にはうれしい気分でした。私の釣魚の一つとして何とか1匹を釣りたいと思ったが、出来なかったのが残念。ふふ。

6月 22, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

八幡浜市の道の駅で

Cscimg0144 Cscimg0143 愛媛県南部でマンホールを探しに行き、昼前になったので食事をしに八幡浜市の道の駅に行って見ました。すると海産物直売所「どーや市場」が併設されています。
平日のせいか観光客はほとんどおらず、見て回るのもなんとなく気が引けます。値段がすごく安い。30センチの大きなカサゴが2匹で880円。高松市の半値ぐらいです。
}Cscimg0147もっとびっくりしたのは30センチのサヨリが30匹近く入ったトロ箱でたったの500円。ふふ。これを見たらサヨリ釣り師の宝山さんのやる気がなくなるかも・・・。ふふ。

Cscimg0149 魚売り場を見た後、アゴラマルシェというレストラン。どうせなら八幡浜らしいものを食べたいとメニューを探すと、「海鮮八幡浜ちゃんぽん」があります。テレビで何度か見たことがありますが、あっさり系魚介スープのちゃんぽんのはず。
これにしました。850円。ここのちゃんぽんはとろみが無くてあっさりしたラーメンの感じ。スープが期待していた通りにおいしかった。

6月 21, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

イカ釣り用の電気ウキとブクブクを再び購入

Dcimg9944またまたイカ釣り用の電気ウキとぶくぶく を買うことになってしまいました。先月買ったばかりなのに、 私のドジで高い出費ですわ。 ふふ。
電気ウキは前回のイカ釣りで力をこめてエイッと投げたら、ビシッという音がしてウキがものすごく遠くまで飛んでいったと思ったら、道糸が切れていました。ドジです。
ブクブクのほうはもっとドジ。釣りを止めて活きアジを入れていたバッカンを洗って最後にもう一度ゆすぐつもりで入れた海水をドバーッとバッカンを反対にして流す時にブクブクを手で押さえるのを忘れていました。

当然、バッカンの横に入れていたブクブクが海の中に・・・。買ったばっかりだったのに、海の藻屑と消えました。しゃーないです。
電気ウキ1114円+税金、ブクブク3465円+税金。5000円くらいの出費になりました。自分のドジだから、しゃーないです。今後は気をつけようっと。

6月 20, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

マンホール探索のついでに徳島県の道の駅で

Cscimg0117Cscimg0115徳島県南部にあるウミガメの町旧日和佐町でマンホール探しをしました。至るところにウミガメの造形物があります。公衆トイレの玄関、ウミガメ水族館の前、写真には撮らなかったが神社の軒にもありました。
Cimg0119sマンホールのカラー版をゲット。苦労した甲斐がありました。楽しいデザインです。これを写真に撮るために高速道路代、ガソリン代。しゃーないです。
道の駅があったので、店内をぶらぶら。お土産品がたくさんありますが、どれも亀、亀、亀。まあ、仕方ないこと。「なんで魚がないんじゃあ」と叫びそうになりました。

Crcimg0156_2ようやく魚のキーホルダーが一つだけ見つけました。売り場の棚の一番下で、それも一番端で目立たないところに・・・。ヒラメとなにやら分からない赤い魚が入っています。
これを見つけただけで、すごく幸せ気分。ふふ。

6月 19, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

高知県安芸市の水道栓にお魚デザイン

Ecimg9877 高知県安芸市で長い間探していた水道栓をやっと探しました。 これを探すために5回以上安芸市内を2時間以上ずつ探したけど見つかりませんでした。
Cimg1049s安芸市が認定している市の魚はアユなので、それがデザインされているものです。消火栓にも1匹のアユがデサインされていて、こちらの方は簡単に見つかります。
だが、2匹のアユがいる水道栓は意地になって何度も探したが、見つからないので、今回は市役所の水道課に行って教えてもらいました。市職員でもほとんどの人は知らず、たまたま近くにいた若い職員が教えてくれました。ふふ。

長い間、マンホール探しを中断していましたが、再開することにしました。というのは、四国のマンホールデザインを本にまとめるために「四国はおもしろ造形の楽園・天国」というブログに書き続けていました。
ところがココログのブログを本にしてくれるサービスが昨年の9月末に終了したために、がっくりして思案していました。思い切ってサービスを終了した会社にメールで「個人的に本を作ってくれませんか」と送ったところ、親切にもブログを格安で本にしてくれる別の会社を紹介してくれました。
これで本に出来る可能性が出てきたので、ほとんど終了に近かったマンホール探しを再開しました。ふふ。

6月 18, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

最も高価なお魚グッズ

Tcimg9540 これまでにに集めたお魚グッズは約1300個。この中で最も値段が高かったものを調べました。それが写真の銀製お魚グッズのようです。
これを買ったのはイタリアミラノの商店街。平成19年に経済視察団として行ったのだが、大手電機メーカーの寺戸支社長さん、大手フェミニンメーカーの宮内常任監査役と一緒に、ドームがある交差点の角の金・銀製品ショップに入りました。
どれも高価だったので買う気は全くなかったのだが、寺戸さん、宮内さんが「あれがいいぞ」と指差してショーケースから取り出して値引き交渉まで始めます。ふふ。

寺戸さん、宮内さんの熱意もあって「まあいいか」と買ったのがこの製品。銀製品なので少し黒ずんでいますが、買ったときはキラキラしていました。
値段は65ユーロ。当時円が安かったので、円換算すると約8000円。ふふ。今だったらとても買わない値段です。でも記念になるお魚グッズとして買ってよかったと思います。

6月 17, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

孫たちと釣り

Clcimg0268Clcimg0269Clcimg0270孫のユーキ、ショーエイと香川県東部の東かがわ市の海水浴場にちょい投げ釣りに行きました。孫の母親、「山の神」、石塚家とその孫達も一緒です。
まずは昨日近くの川で捕ったゴカイを使います。もちろん釣り店でも買ってきたが、川で捕ったのは500円分相当ありました。ふふ。最初にショーエイに、そしてユーキの順に仕掛けを作ったが、まず釣ったのはユーキ。
今年もネズッポが釣れそうなので一安心です。続いてすぐにショーエイも良型のキスを釣りました。

Clcimg0275Clcimg0284孫達は順調にウデをあげてどんどん釣ります。
特にショーエイは私が教えたとおりにゆっくりゆっくりとリールを巻き、アタリがあったところでしばらく待ってから合わし順調です。去年に比べて格段にウデを上げました。
私は孫が一休みしている間に2匹のネズッポを釣っただけで、この日の釣果は3時間少しでネズッポ11匹、キス6匹、ベラ4匹、アイナメ2匹、フグ2匹と大漁です。

6月 16, 2014 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

再び、干潟遊び

Cmcimg0249Cmcimg0250昨日の土曜日、再び孫達と近くの川に干潟遊び。前回一緒に行ったユーキの友達のユイちゃんとその妹で小学生4年のリンちゃんも一緒です。
前回同様、たくさんのカニ、ゴカイ、ヤドカリ、アナジャコが取れます。採り放題です。ふふ。干潟遊びが初めてだというユーキの友達も干潟遊びの楽しさが分かったようです。
この日の干潮時刻は午後5時半。4時に来たので時間がたくさんあります。

Cmcimg0264Cmcimg0255日曜日に釣りに行く予定なので、ゴカイは釣りエサ用にキープします。しばらくして一人海水に浸かって遊んでいたショーエイがモクズガニを見つけました。
2日前にきたときは全くいませんでしたが、今回は3匹。2日間でこんなにも海は変わるのでしょうか。

6月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

高知県大月町のトンネルに・・・

Gcimg9856 Gcimg9855 高知県大月町の平安トンネルの出口にお魚が泳いでいるのは随分前から知っていました。だけどそのときはヨッさんと一緒だったのでそのままにしていました。
あくまでも自分だけの趣味のために他人に迷惑は掛けられません。ふふ。だから自分ひとりで来たときに写真を撮ればいいのです。
一人でこのトンネルを通ったので、写真を撮りました。この反対側の入り口には花のデザインで、この魚が見れるのは釣り場から香川県に向かって帰るときだけです。

そして、この魚のデザインがよく見えるのは冬のときで春になるとその前にある木の葉が多い茂って見えずらくなります。特に車で走っていると一瞬しか見えません。
今回はそのことが分かっているので下から覗くようにして写真を撮りました。ふふ。お魚はツノダシのようですが、山の中腹にあるトンネルに何故ツノダシかはさっぱり分かりません。ふふ。

6月 14, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

孫と干潟遊びです

Cncimg0242アメリカから孫が来て2週間になります。その間、干潮の時間が合わないので干潟遊びが出来ませんでした。昨日の干潮時刻は午後4時。それに大潮です。ふふ。
娘のミホ、孫のユーキ、ショーエイ、そしてユーキと学校で友達になった近所のユイちゃんと、近くの川に行きました。潮が大きく引いています。
早速こぶし大の石をひっくり返して小カニ探し。ショーエイがすぐに見つけました。たくさんいます。採ったカニは釣りに使うバッカンに入れます。

Cncimg0247去年も同じ時期に来たときは、産卵のために川から海に下りてきていたモクズガニがたくさんいましたが、今年は全くいません。不思議。
Cncimg0246その代わりゴカイがたくさんいます。アナジャコもたくさんいます。なんやかんやで30分少しで30匹以上の色んな生き物が捕れてバッカンはにぎやか。帰るときは釣りエサに使うことにしたゴカイを除いて海に逃しました。

6月 13, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

香川磯連の平成26年春の大会に(4)

Cocimg0224愛媛県武者泊での磯釣りを終えて港に帰ってくると、船頭が「イシダイを釣っただろ」といいます。なんで知ったんだろうか。釣るところを船で見ていたのか。不思議。
車で20分ほどで愛媛県愛南町にある大会審査場のサンパールホテルの駐車場に到着。私のイシダイを測ってもらうと、思っていた以上のサイズで38.9センチ。
Cocimg0229この時点で第2位。だが、その後和泉さんが御五神で釣った54.4センチ。見ていた人たちからどよめきが起こります。他にも40センチ以上の人がいて私のイシダイは第4位に転落。ふふ。表彰圏外になりました。まあ、そんなもんでしょう。

Cocimg0235今大会の結果は写真のとおり。うれしいことに私の同じクラブの三好さんがグレの部で3位、斉藤さんが他魚の部で3位に入りました。
私は釣った人の中で最年長の人にくれるベテランファイティング賞の可能性があったが、80歳を超える道上さんが圧倒的な年齢でイシダイの部3位とともにもっていきました。ふふ。しゃーないです。
グレートヨーヘンの大西さんが、「谷口さんは80歳より上ですかあ」と冗談で聞いてきたので、このときは思わず「上じゃああ」と言いそうになりましたわ。
Cocimg0237最後に全員で記念撮影。事務局長の前川さんが段取りよく審査場に来ない人たちに電話をして、釣って審査場に来る予定があるのか、釣れてないので審査場に寄らないでそのまま帰っているのか、を全部確認してくれたので、早く終わりました。
前日に一緒にイカ釣りをしたヨッさんは高知県の柏島の半夜釣りでイサキ狙いに行きました。半夜釣りだというのに午前10時半に電話をしてきて、すでに磯上がりして昼釣りの人が終わる午後3時まで見物、と聞いて笑わずにはおれませんでした。ふふ。

6月 12, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

香川磯連の平成26年春の大会に(3)

Cocimg0212_2愛媛県愛南町武者泊の渡船場で車中泊して、今日は香川磯連の大会です。たまたま同じ渡船に高松黒潮クラブの片ちゃん、斉藤さん、三好さん、それにオサムさんが乗っていて、私より先に磯に下ります。
Cocimg0217私は一人で低い磯。だが、底物釣りのピトンを打った跡が全く見つかりません。うろうろしてやっとどうにか竿受け棒をセット。
1投目、エサトリのような小さなアタリでエサがなくなります。2投目、同じような小さなアタリがあったが、アタリが出なくなったので仕掛けを上げてみるとウニがそのまんま付いています。
不思議に思って同じところに投げ入れると、カツン、カツンじゃなくてブルブルという感じの小さなアタリが2、3秒あった後に竿先が一気に海中に刺さりました。

Cocimg0215ふふふ。3投目で40センチ弱のイシダイが釣れてしまいました。「これは幸先がいいわい」と思ったが、それ以降5時間、全くアタリがありません。
Cocimg0220納竿前にズボ釣りをしてみます。ササノハベラとキンチャクダイが釣れただけ。
すぐ近くの磯に上がっていた二人連れは全く釣れていないようだったので、私はラッキーだったみたい。ふふ。
Cocimg0224片ちゃんらの上物釣りは4人全員がグレを釣っていました。
明日に続く。

6月 11, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

香川磯連の平成26年春の大会に(2)

Cocimg0203高知県大月町の波止でヨッさんとアオリイカ狙いです。ヨッさんは既に4匹を釣って余裕ですが、私には全くアタリがありません。それでも私が予想したとおりヨッさんが午前10時に釣ったので、この時期のアオリイカは昼に釣れることが分かりました。
この日、私は午前1時半に起きてきたので、正午過ぎに眠たくなってきました。波止で横になって熟睡。10分ぐらい経ってだれかから「起きろ」といわれた気がします。
起きると、ウキが見えません。ふふ。イカが食っています。1キロ。ヨッさんは離れたところにいたのでヨッさんではなく、神様が「起きろ」と言ってくれたみたい。
Cocimg0207それ以降アタリがありません。エサの活きアジが痩せ細っていて活きがよくありません。すぐに死んでしまいます。ヨッさんが「目刺しみたいなアジ」といったが、そのとおりです。

Cocimg0208アタリがありません。ヨッさんは前日から来てほとんど寝ていないのでうつらうつらばかりしています。「久しぶりに来たので、ここが遠く感じた」。香川県高松市から300キロ以上あるが、昔のヨッさんはそんなことを言っていなかったけど。それにしても裸足で波止で寝る姿は70歳のオジンじゃない。子供みたいじゃ。
Cocimg02103時ごろに雨が降り出しました。すぐに止むのかと思ったが、雨足はどんどん強くなってきて本降りになりました。私は翌日のイシダイ釣り用ウニを調達して渡船場の港に浸けに行かなくてはいけません。
雨はますます強くなるので4時半に私は釣りをやめることにしました。ヨッさんが沸かしてくれたお湯でカップラーメンを二人で食べてから走り出、愛媛県愛南町武者泊の渡船場の港に到着は午後8時になっていました。
ヨッさんに電話を入れるとその後もイカのアタリがないので釣りを止めたとのこと。

明日に続く。

6月 10, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

香川磯連の平成26年春の大会に

Cocimg0194昨日の日曜日は香川磯連の大会日。その前日にヨッさんとイカ釣りをすることになりました。私は土曜日の午前2時半に自宅を出発。8時ごろには高知県大月町の波止に着くはずです。ヨッさんとはその波止で落ち合うことになっています。
前日まで太平洋岸には大雨が降り続き、テレビでは高知県四万十町で雨量500ミリを越えたと言っていたいたが、今日の天気予報の雨の確率は30パーセント。しかし、四万十町に入ると本格的な雨。
大月町の波止に到着するとヨッさんは前日に出発していて午前5時からの釣果で既に3匹を釣っています。活きアジはヨッさんが私の分も買ってきてくれています。ふふ。
Cocimg0197Cocimg0199早速ヨッさんが釣ったイカで記念撮影。どれも1キロ級で良型です。私が釣り始めようとしたのは午前7時半。ところが大変なことが・・・。

Cocimg0200ヨッさんがアジを海につけていたアジバッカンから活きアジを5匹取り、再び海につけようとするとロープにつけていた金具がとれてバッカンが海に沈んで行きます。
簡単に取れると思ったが、水深が深くて沈んだ場所さえ見えません。私がイカ仕掛けの掛けバリで掛けたが何しろ道糸が3号では持ち上がりません。
ヨッさんがイカ釣り用のギャフを海につけたがとてもじゃないが届きません。だが、さすがヨッさん。ギャフの先端をはずしてロープに結んで沈め、どうにか掛けて回収成功。
Cocimg0202この時期のイカが釣れる時間帯は私のデータでは夜ではなくて午前10時と午後4時のはず。その午前10時にヨッさんが1匹を釣って、私のデータの正しさを証明です。

明日に続く。

6月 9, 2014 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

大物の証拠戦利品

Ocimg9657 釣り人は大物を釣った証拠をものにして残したいと思います。剥製や魚拓がその最もポピュラーなものですが他にも色々あります。
例えばマダイなどはアゴの骨に付いている「鯛の鯛」。小さな穴がある骨が魚の形に見えるものです。当然魚が大きければこの「鯛の鯛」も大きくなります。
イシダイの場合は食べた後の歯だけを取り出してコレクションしている人を見たことがあります。ふふ。それではアオリイカのときは・・・。

2月末に高知県で釣った2.6キロのアオリイカを調理しているとき、大きな軟骨が取れました。これまで見たことがないほど大きかったので、洗っておいていました。
すると乾いてくると曲がってきました。ふふ。それでも大きい。曲がったままでも36センチあります。でもなあ、これを見せて「どや!」と自慢できそうもないなあ。

6月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

愛媛県の南部で恵比寿様

Accimg6942 マンホールを探すために高知県の旧窪川町から愛媛県宇和島市に抜ける途中の国道381号線の民家の塀の上に恵比寿様を見つけました。
松野町は山の中にあるのでこの像を見つけたときはことさらうれしいものがありました。恵比寿像は海岸線の町には多いが、山の中には大変少ない。
車の流れも少ないのでガンガン飛ばしている中で、こんな像を気にしている車もないようで・・・。

だから像を見つけて車を止めて写真を撮るとき、恵比寿様もちょっとだけ喜んでくれている気がします。ま、私の勝手な思い込みですけど。
きっと私に釣り運を恵んでくれたはずです。その割に釣果に恵まれないのは私のウデということで・・・。

6月 7, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

高松黒潮クラブのメンバーが集合

Cpcimg0181Cpcimg0184昨日の夜、高松黒潮クラブのメンバーが集まりました。写真の左から、宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、私、片ちゃん、山本さんの6人。
先月初めてイシダイ釣りをした山本さんに、あちらこちらから「磯は恐いんぞ」の体験話がしばらく続きます。「大きな波がいきなりドバーッとくるんぞ」。それでも山本さんはめげずにイシダイ釣りを続けるときっぱり。ふふ。
写真を撮るのを忘れていて1時間以上経ってからあわてて撮りました。片ちゃんは膝が痛くて長い間座っていられないとかでカウンター席に移動していたけど写真には顔を出してくれます。

宝山さんのサヨリ釣り状況も聞かなくてはいけません。今年の目標は500匹と言っていたので、「今日現在で何匹つれた?」と聞いたが、国会答弁のようにのらりくらりで要領を得ません。
何度も同じ質問をして、今年はまだサヨリ釣りに行っていないことが分かりました。隣に座っている山本さんに手帳を見せて「サヨリの一夜干しをこの人たちに送らんといかんのじゃあ。20人やから500匹でも足らん。600匹は要る」とあせっています。頑張ってください。ふふ。

6月 6, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

ヒブダイの大きな肝

Cxcimg0075写真を見てください。ヒブダイの頭を切ったときについていた立派な肝です。ヒブダイがこんなに大きな肝を持っているとは知りませんでした。
見た目はハギの肝のようにおいしそうに見えるし、その大きさはハギのものに比べて圧倒するでかさです。
そこで食べてみようと思ったが、何しろ私はコレステロールと尿酸値がダメな肥満老人病。魚の内臓は食べてはいけない身なので、あきらめてそのまま捨てました。

2~3日して写真を整理していると、この写真が目に付いたので、インターネットでおいしいかどうか調べてみました。これだけ立派な肝だから、なにかの情報があるはずです。ふふ。
すると実際に食べた人がいます。結論から言うと「臭くて食べられない」とのこと。捨ててよかったわ。

6月 5, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

愛媛県伊方町のマンホールにお魚

Cscimg0140 愛媛県の西部に九州に向かって延びる日本一長い半島佐田岬があります。ここの伊方町にカラーのマンホールがあると聞いて探しにいきました。
町役場から10数キロも離れた漁港にありました。どこのマンホールも特産、名所など地域の特徴が反映されたものですが、ここもそのとおりです。
ここのデザインは「町の木」のクロマツ、「町の花」のツワブキ、町の特産のミカンと魚と思っていました。それを4分の一ずつデザインされています。

ところが親切に対応してくれた町役場の人の話で新たに分かったことがあります。ふふ。魚は一般的なものと思っていたが、そうではなくここの特産である岬(はな)アジということ。
岬アジは対岸の九州大分県産で有名ブランド魚の関アジとほとんど同じ漁場で一本釣りしたものです。味は同じはずなのにブランドの違いで関アジに値段が負けているようです。それだけまあ、お得なアジ。ふふ。

6月 4, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

やっぱり高知の釣具屋です

Cscimg0106 イシダイ釣りに使うクサビ鉛と三つ又のスクリューサルカンを高松市の釣具屋で探したがありませんでした。釣具屋で取り寄せできるということでそのつもりでいました。
しかし、イノちゃん、山本さんと高知県黒潮町に行ったとき、高知市の釣具店に赤貝の剥き身を買いに寄りました。クサビ鉛も高知市の釣具屋なら当然置いているはずです。
一応自分で探したが、見つかりません。女性の店員さんに場所を聞くと、「それは置いてません」。えーっ。高知市の釣具店なのに・・・。

店員さんはそう言ったが、レジのカウンターから出てきて一応探してくれます。すると、「これですかあ」と見つけてくれました。店員さんもあるかどうか分からないほどの特殊な釣具ではないと思うのに。
まあ、あったのでクサビ鉛とスクリューサルカンを3個ずつ買いました。1600円。安くないなあ。

6月 3, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

イースターのお菓子

Cqcimg0167先週、アメリカから帰省してきた孫からのお土産。よくは分からないがキリストの復活を祝う祝日のイースターに関連したものらしい。イースターをウィキペディアで調べたが、私にはあまり理解できません。
まあ、とにかくこの祭りにはお菓子が絡んでいるようで、この時期になるとアメリカの商店にはイースターに関連した商品が並ぶらしい。
このお菓子の頭の部分は磁石で釣り上げるおもちゃになっています。そして容器がお魚の形になっています。タッグが卵の形になっているのは、イースターとの関連らしい。

そして筒の部分には小さいキャンディがたくさん詰まっています。そのキャンディがお魚の形をしています。食品は私のグッズコレクションにしていません。腐ったり、べとべとになったりするからです。
だから、このキャンディも食べようと思っています。70歳のオジンがこのキャンディをこっそりと食べるのを想像してください。気持ち悪いんぞ。

6月 2, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

大きなハタの切り身

Cpcimg0180Cpcimg0176香川磯連所属の大物釣り師、岡晴雄さんから電話が掛かってきて、いきなり「家の場所はどこな」。なんだろうと思ったら、「ハタを釣ったので、持って行く」とのこと。
50センチ程度のハタをくれるのかとスーパーの駐車場で待っていたら、釣ったのは1メートルを超えるハタで、魚は既に切り身になっています。高知県の柏島の磯で釣ったといいます。
もらった魚をおろすつもりでいたが、これならすぐに食べられます。魚は既に魚拓になっていたので、岡さんに持ってもらって写真に撮りました。ふふ。車に積んでいるメジャーで測ると1メートル10センチ少し。

Cpcimg0175別のトロ箱にはアラも入っています。これもくれるというので、手持ちのレジ袋にたくさんもらいました。身だけでなくて皮のところも・・・。
皮に塩を振ってカリカリになるまで焼くと皮に付いている脂とあいまってムチャ旨いのです。楽しみです。

6月 1, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)