« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

久しぶりに高松駅前の海水池

Cqcimg0169Cqcimg0168昨日、高松駅近くのホテルで会食があったので、行く途中に久しぶりぶりに駅前の広場にある海水池を覗いて見ました。
リタイアする前はすぐ前が四国内を走る高速バス乗り場だったので出張のたびに覗いていましたが、最近に行くこともほとんどありません。
足元近くの砂場にベラのメスを発見。よーく見ると、ベラがたくさんいます。小さな池ですが、藻がたくさんあるのでエサが豊富なのかもしれません。

Cqcimg0172ベラが見つかったので、チヌを探しました。いました。25cm程度のチヌがあちらこちらにいます。数匹が群れで泳いでいるのも見ました。結構たくさんいます。
この池が出来たときは釣り人が釣った大きなチヌをこの池に入れたり、ボランティアで100匹の小鯛を入れたりしてにぎやかだったが、心無い人に夜中に全部釣られてしまった。
私も夕方に親子が釣っているのを見て声をかけようとしたら、駆け足で逃げました。そんな親と一緒にいた子供はそれでも楽しい思い出になるんでしょうかねえ。

5月 31, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

初めて釣ったトウゴロウイワシ

Cxcimg0026 Cxcimg0029 愛媛県愛南町の磯で釣りをしたとき、ウキが沈むのに魚が掛かりません。合わせのタイミングを遅くしてやっと釣れたのが、この魚。
釣り上げたときはイワシと思いましたが、ウロコがざらざらしているのでトウゴロウイワシと分かりました。この魚を釣ったのは初めてです。
「ごたいめーん」ということでしょうか。こんな小さな魚でどうにもならない魚ですが、どうにもうれしいのだから、どうにもなりませんわ。ふふ。

私の写真もうれしそうでしょ。トウゴロウイワシを釣ってこんなにうれしく思う私が変?サイズを測ろうとしても、ジッとしていません。押さえつけてもバタバタして測れません。
どうにかサイズが測れてうれしい。14.6センチでした。どうだあ。

5月 30, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

ムチャおいしいカンムリベラの一夜干し

Tcimg9537昨年12月に高知県沖ノ島で釣ったカンムリベラを冷凍庫に入れていました。ヒブダイのフライがおいしいので同じベラ科のカンムリベラも試しにフライにするためです。それまではカンムリベラが釣れてもすべてリリースしていたので、初めてのキープでした。
フライ用に冷凍していたが、朝食用のイシダイ、グレが全く無くなってしまったので、仕方なくカンムリベラを一夜干しにしてみました。ふふ。
Tcimg9538すると、なんとなんと絶品。グレよりも旨い。自分でも不思議なくらい旨い。魚が好きな人は写真を見ただけで、これがおいしいことが分かると思います。

上品であっさりした味に、ほんのりとした塩味がしています。ポロリと身が取れてこんなにおいしい塩焼きは久しぶりです。脂が乗ったイシダイ、グレとは違ったおいしさです。
だから、脂が乗っていないときのイシダイ、グレよりはずーーっとおいしい。これまでカンムリベラをリリースしてきたのが残念。ふふ。

5月 29, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

スズメダイとちょっと違う感じ

Cxcimg0042 五月上旬に愛媛県愛南町の磯で釣りをしたとき、スズメダイが釣れました。しかし、見た感じがなんとなく見慣れているスズメダイと違います。
Cxcimg0043 こういうときは丁寧に写真にその姿とサイズが分かるように撮ることにしています。ひょっとしたら、私にとって新魚種かもしれないからです。見慣れているスズメダイと尾ビレの形が違います。ふふ。
こういう努力が私の魚種別記録の楽しみなんですわ。エサトリだろうが、高級魚だろうが私にとっては同等なんです。分かんねえだろうなあ。

Cxcimg0041家に帰ってから図鑑で調べました。すると、明らかにスズメダイとは尾ビレの切込みがが違う。それに決定的な違いが背びれ棘の先端の膜が延びて曲がっています。
図鑑で見るとこの特徴なのはスズメダイではなくて、スミゾメスズメダイかミナミイソスズメダイのどちらかです。そして全身が一様に黒褐色ということでミナミイソスズメダイのようです。
スズメダイでもこれだけの魚種が掲載されている図鑑は私が持っているたくさんの図鑑の中では小西英人さんの「釣魚1400種図鑑」だけでした。

5月 28, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

今年の潮汐表を買いました

Cucimg0080 今年の潮汐表を本屋で買いました。800円。潮汐表は毎年1月に釣具店でタダでもらったものを使っています。今年も近くの釣具店でもらいました。
これを使っていたのですが、船釣り用で潮の動きがきめ細かく時間が分かるようになっている潮汐表です。これには満潮時刻と干潮時刻はわかりますが、大潮とか、小潮などの表記がないのです。
まあ、タダでもらったものなので文句をいう筋合いのものではないので、我慢をして使っていました。ふふ。

しかし、満月の大潮か、新月の大潮が全く分かりません。これではイカ釣りには使えません。イカ釣り師にとって満月の大潮を狙って行くのが常識。
仕方ないので本屋で探して買いました。今年の春のイカ釣りシーズンはほとんど終わりになっていますが、年末近くのシーズンに使えるはずです。

5月 27, 2014 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

このブログ、連続執筆3000日

Cimg6480 このブログを書き始めたのは2005年6月ですが、連続して毎日書き始めたのは2006年1月3日からです。だからもう8年前になります。
少し気になってこれまでの連続日数を計算してみました。すると今年の5月1日で3041日目になります。ということは記念になる丁度3000日目は過ぎています。ふふ。
連続3000日目は今年の3月21日でした。残念。誕生日祝いを2が月たってから気が付くようなもので盛り上がりませんわ。

お陰さまで読んでくれている読者の数が徐々に増えてきています。感謝です。このココログサービスの読者分析の方法が変わったため、どの地域から見てくれているのかが分からなくなりました。
以前は全都道府県から読みに来てくれていましたので、今もそうだと思います。いつまで続けるのでしょうか。自分でも分かりません。こうなると、意地で維持じゃ。オジンギャグ分かるかなあ。

5月 26, 2014 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

カンちゃんが63センチのイシダイ

Z568s 金曜日の午後2時半ごろ、カンちゃんから電話が掛かってきたが、声が聞き取れません。どうも渡船に乗っているところらしく、声がこもっています。
どうにか聞き取れたのは徳島県南部の牟岐大島の「吉野丸の渡船の釣果写真を見ろ」とのこと。「70.5センチのイシダイを釣った」ということがわかりました。
とりあえずお祝いをいって、魚拓にすることを勧めました。このサイズなら四国磯連の年間大物入賞の可能性があります。

しかし、それからしばらくして再びカンちゃんから電話です。船頭立会いの下で測ったら63センチとのこと。70.5センチが30分で7センチも縮まったらしい。ふふ。
ま、それでも所属の高松黒潮クラブの新記録のようです。おめでたいことです。写真は吉野丸の釣果写真から拝借しました。

5月 25, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

高松中央卸売市場の市民開放

Crcimg0160 Crcimg0157 今朝の7時半、いつものようにファミレスで2時間を過ごした後家に帰る途中卸売り市場を通ると、いつもよりにぎやかです。
一般市民開放の日のようなので、車を降りて見に行きました。一般開放は午前8時かららしいが、担当者の方が「中に入って準備をしているところ見てもいい」と言うのでなかに入りました。
並んだ魚で圧倒的に目立っているのがサワラ。1メートル前後のこれまで見たことがないような大きなサワラがたくさん店頭で準備されています。
1メートル弱で5000円程度の値段。よく分かりませんが、安い気がします。ふふ。

Crcimg0159 サワラの次に目立っていた魚がネズッポ。いくつものトロ箱に中にたくさん入っています。一つだけ値段がついている店があってトロ箱全部で400円。安い。これだけ安いと釣りに行く気がしなくなりますわ。
まあ、これだけたくさんのネズッポが捕れているということは、今年はひょっとしたらたくさん釣れるのかもしれません。孫がもうじきアメリカから帰ってくるので釣りに行くつもりです。

5月 24, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

クジメの香川県記録

Z0y9n9zp6 現在109.6センチのオオニベと58.5センチのトラフグで香川県記録を持っている加藤さんからメールが届きました。息子さんが釣ったクジメが香川県記録を超えているとのこと。
添付の写真で確認すると28.0センチ。現在の香川県記録27.6センチを越えています。丁寧にもクジメとアイナメの見分け方まで書いてくれています。
魚種認定では苦労しているのでそのことは重々知っています。でも、そういう心遣いがうれしい。ふふ。

加藤さんから送られてきたクジメの記録更新のデータです。
 釣り人―加藤 颯人
 住所―高松市国分寺町国分
 釣った日―2014325日(火)
 釣った場所―サンポート高松(ワーム付きジグヘッド)
こういう風にちゃんと書いてくれているのもありがたい。

 

 

5月 23, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

玉網の修理

Cucimg0082 写真は玉網の先端というか、網を差し込むところ。どうってことのない写真です。新品に見えます。
実は5月上旬に愛媛県深浦湾の磯で1.5キロのアオリイカをこの玉網ですくったとき、先端から20センチぐらいのところでポキッと折れました。
この部分は私の不注意で踏んでヒビが割れていたのでビニールテープと補修糸で修理していたところです。下に向けてすくってそのまま上に垂直に引き上げるのであれば全く問題無しで使えていました。

ところがイカ釣りをした磯が低かったので、ついイカをすくってそのまま水平に持ち上げてしまいました。重みが掛かった玉網はひび割れのところでポキッです。
それを赤澤名工に直るかどうか見せに行くと、私が見ている前で色んな工具を使って瞬く間に、写真のとおり新品同様に直してくれました。ふふ。7メートルの玉網なので、重宝しているのです。

5月 22, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

このブログの平成25年上期分を本に

Cucimg0081 このブログを本にすることを続けていましたが、昨年の9月末で出版サービスをしている会社がサービス停止になりました。そのため本にすることが出来なくなっていましたが、このたび別の会社で出来ることを知り、申し込みをしました。
写真で分かるとおり、今回のサービスでは副題を付けることが可能のため、「平成25年1月~6月」の副題をいれてスッキリした気分です。
それに写真を表紙に入れることが出来るので、本にする期間の中で最も印象が深い写真を入れることが出来ます。ふふ。このブログの本としては18冊目となります。

今回の平成25年前期では5月にアメリカから帰省した孫が近くの川でカニを捕るなど川遊びをしたときの写真を表紙にしました。これでグッと私家本らしくなりました。
製本代は以前と変わらず1冊1万円近くしますが、私が死んでもこの本だけは残るのでよしとしました。ふふ。

5月 21, 2014 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ビギナーズラックなるか(2)

Ctcimg0097 イノちゃん、今年に入部した山本さんと3人で高知県黒潮町の離岸堤。ここで最初に魚を釣ったのは山本さん。ササノハベラです。そしてまたまた釣ったのも山本さんのガシラ。喜んでいます。
初心者山本さんの面倒はイノちゃんがすべてやっています。バックラッシュのトラブルもなく、順調に釣りをするが、イシダイのアタリは3人とも全くありません。エサもほとんど無くなりません。
Ctcimg0098 竿を出して1時間半。私の竿先が軽く震えてフア~、フア~。しばらく見ていると道糸が横に走ります。「おかしいなあ」とあわせてみると、イシガキダイが掛かっていました。36センチ。ふふ。こんなアタリで釣れたのは初めてです。よっほど食いが悪いようです。
山本さんに釣ってもらいたかったが、こればっかりはどうしようもありません。

その後も状況はさらに悪くなる感じ。赤貝も無くなりません。エサトリも元気が出ない原因があるらしいが、それが分かりません。
Ctcimg0100 Ctcimg0102 私が釣って3時間後の昼前、イノちゃんに私のときと同じようにはっきりしないアタリで釣れたのがイシガキダイ。そしてサザナミフグ。山本さんに釣って欲しいが、この状況ではどしようもありません。
Ctcimg0105 山本さんのビギナーズラックは最初に釣れたササノハベラとガシラだったようで・・・。ふふ。それでもイノちゃんと私が竿をしまった後でも一人だけ竿を出し続ける頑張りがあったくらいイシダイ釣りが楽しいようで・・・。

5月 20, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

ビギナーズラックなるか

Ctcimg0087 昨日は四国磯連の大会でした。私はイノちゃんと今年に高松黒潮クラブに入部した山本さんと三人で高知県黒潮町の離岸堤に行くことになりました。
山本さんはイシダイ釣りはもちろん磯釣りも初めてなので、ビギナーズラックがあるはずです。心配なのはイシダイ釣り用の両軸リールでうまく投げることができるかどうか。
そこで前日に黒潮町の渡船場近くで投げる練習をしました。だが、山本さんは意外と上手です。方向が左のほうに行くことを除けば・・・。そこでイノちゃんが「右斜め45度に向かって投げろ」とアドバイス。すると、丁度真正面に投げることができました。ふふ。
Ctcimg0088バックラッシュをした時に被害を抑えるために、イノちゃんがある程度道糸を出した残りに赤いビニールテープを巻いて、それ以上道糸が出ないようにします。
こんな方法を私も初心者の時に知っていれば、もっと楽だったのに残念。私の場合、初心者の時に釣り場にいる時間の半分近くをバックラッシュと戦っていた感じでしたわ。

Ctcimg0094 Ctcimg0095 Ctcimg0093 この日は四万十市のホテルに宿泊予定。夕食はホテルのレストラン。カツオのタタキは欠かせません。それにカツオのはらんぼ。キスの天ぷら。四万十のかき揚げは四万十川のエビと天然アオノリのかき揚げでした。どれも旨い。
話題は当然、イシダイ釣り初めての山本さんに釣ってもらいたい。釣り場の一等席は当然山本さん。それで釣れなかったら・・・。まあ、釣れると思います。ふふ。
翌日の5時半にホテルを出て30分で渡船場に到着。最初に釣ったのは山本さんでした。

明日に続く。

5月 19, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

児童公園のフェンスにお魚

Ecimg9914 Ecimg9915 高知県樫ノ浦で磯釣りをした後、疲れたので車の中からウキを見れるところを探してウロウロして、行き着いたところが愛南町の岸壁。
夕暮れで周りが暗くなってきたとき、後ろのほうで、子供の歓声が聞こえてきた。振り向くと児童公園があって遊具があります。そしてそのフェンスにお魚らしきものが・・・。
暗かったので、いい写真が撮れないと思い、その日は車の中で寝て、翌日の早朝に写真を撮りました。ふふ。

写真のように、フェンスにお魚の形に切り取った板状のものを貼り付けています。黒と白があります。こういうのを見ると、何の魚かが気になります。
おそらくハマチとマダイと思えたが、確信はありません。黒い色に切り抜いているのでそうでないような気もします。だが魚に間違いはないようです。ふふ。

5月 18, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

スプーンハーケンと木の楔を買いました

Dcimg9941 高知県足摺岬近くの磯に行ったとき、竿受けの軸棒を固定する岩の割れ目がありません。前にこの磯に来た人も苦労したようで、鉛をたくさん使っています。
私も竿受け棒を固定するために鉛を5個も使いました。固定した感じがしていてもしばらくするとガタガタになってしまうので追加を何度もしました。
手持ちがなくなったので、高松市内ある3軒の釣具店で探しましたが、置いていません。「イシダイ釣り師は少なくなっているので、商売にならん」 と言われる始末。

その中の釣具店にスプーンハーケンがあったので買いました。金属製のハーケンの片側が削られていて竿受け棒にフィットするようになっています。
同じクラブのカンちゃんからもらったものがありますが、毎回その使いよさを感じています。そこでなくしたときの予備として買いました。ふふ。2200円です。

5月 17, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

テーブル珊瑚に囲まれて

Kcimg9763 4月にヨッさん、オカテッちゃんと高知県宿毛市の磯に行きました。最初にヨッさんと一緒に上がった「たたみ」磯ではエサトリの猛襲にギブアップ。
そこで私だけ「蛇の首(じゃのくび)」という磯に変わりました。ここは浅く、ベラが入れ食いです。しかしちょっと油断をするとベラに潜られてすぐに根掛かりします。何度もハリスを変えました。
偏光グラスに換えて磯の周りをよく見ると、テーブル珊瑚が群生しています。ベラがこの下に潜るために根掛かりすることが分かりました。

写真にはうまく写りませんでしたが、テーブル珊瑚が重なり合うように磯一面にあります。高知県では波止でもテーブル珊瑚を見ることがよくありますが、こんなにたくさんのテーブル珊瑚を見たのは初めてです。
テーブル珊瑚の磯で釣りをするという贅沢。なかなか四国では味わえません。ふふ。目は癒されましたがエサトリには癒されませんでしたわ。ふふ。

5月 16, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

アジ活かしバッカンを購入

Dcimg9947 ヨッさんとイカ釣りに行ったとき、ヨッさんがいい道具を買っていました。 ブクブクを入れて使うこれまでの活かしバッカン の中にすっぽりとはいるバッカンです。
釣り場に着いたとき、ブクブクの活かしバッカンからアジを網ですくって移し変えることをしなくてもいいようになります。活かしバッカンからそのまま抜き出して海に浸ければいい。
ヨッさんが自慢そうに見せつけます。ふふ。私もあればいいなとは思ったが、 無くてもすみます。だが、イシダイ用具を買いに行ったとき釣具店に見つけました。

即購入です。2549円です。今度イカ釣りに行くのが楽しみになりました。
Dcimg9945 他にもイシダイ釣りの仕掛けが根掛かりした時に道糸を切るラインブレーカーも購入です。一つは持っていますが、予備で持っていたのを海に落としてしまったのです。こちらの方は2333円。
道糸が太いイシダイ釣りのときはラインをきるときも「危ないな」と感じるときがあります。ラインブレーカーは大事です。

5月 15, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

ナマズをやっと見つけた

Czcimg9976 Czcimg9937 高松市内にコイが集団になっていました。しばらくして産卵と思われる行動が見られるようになったとき、集団から離れてゆらりゆらりと泳ぐ魚がいます。ナマズです。
この川で最初に見たのは3年前、それ以降、川を覗くたびにナマズを探していましたが、ずーっといませんでした。今回が2度目の出会いです。
なぜ、それほどまでナマズが気に掛かっていたかというと、子供のときの思い出と関わっています。

小学校、中学校の遊び場は自転車で15分ほどの川でした。毎年夏になると川の流れのほとんどが干上がり、川はいくつかの大きな水溜りになります。
その中で比較的大きな水溜りになった水深1メートル50センチほどの真ん中に大きな石があり、その下にわずかな隙間があって逃げ場を失った魚がたくさんいました。ナマズもたくさんその石の下にいました。

潜ってそこに手を突っ込むのは勇気がいったが、ナマズを穴から引きずり出すときの快感が忘れられません。40~50センチで今回発見したものと同じくらいでした。
穴から引きずり出すのにはナマズの捕まえ方にコツが必要で、ナマズが激しく抵抗するので手の甲には擦り傷が出来ますが、そんなことでひるんでいては捕まえられません。楽しい思い出です。

5月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

メナダの香川県記録はボラでした

Z20140322090341 Z20140322090325 古川さんから香川県ギネスに申請があったメナダについて、このブログの読者のジュン様から次のようなご指摘がありました。
「はじめまして。ブログサイトと香川県記録のページ、両方とも以前より拝見させて頂いています。

こちらの魚ですが、メナダではなくボラですね。
クリックして拡大された画像を見ると、以下の様な形態的・色彩的特徴から、そのように判断できます。
【形態的特徴】
・眼球が脂瞼(膜状の器官)に覆われている
・尾びれの切れ込みが深く、端が細く尖っている
・体全体に対し頭の占める割合が大きい
【色彩的特徴】
・眼球の「白目」部分が青みがかっている
・体側に目立つ縦縞がある
・背部が青灰色を帯び、体側が銀色に輝いている」本当に丁寧な指摘です。あまり鮮明でない写真ですが、指摘の点はすべて確認できます。

こういうご指摘は本当に助かります。今回の申請受付は申請者の古川さんが「メナダの申請」と言っていたので、魚種の確認を全くせずに受け付けてしまいました。申し訳なく思っています。
そこでこれまでのボラの記録を確認すると、64センチ。古川さんが釣ったのは77センチなので、ボラの新記録として受け付けることになります。
あらためてジュンさん、ありがとうございました。

5月 13, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

新たな道の駅にカツオの幟発見

Ecimg9921 Ecimg9922 高知県足摺岬の近くで釣りをした後、宇和海でイカ釣り。高松市に帰るとき高知まわりを選びました。カーナビで調べると松山経由とは数キロ長くなるだけで、高速道路代が1000円安いのです。ふふ。
4月17日木曜日の昼前に、カツオの一本釣りで有名な土佐佐賀を通ると、見たことがない道の駅があります。これは寄り道しないといけません。
新しく出来た道の駅で、中に入るとカツオに関する物産やお土産がたくさんあります。魚コーナーもあって新鮮なカツオやキビナゴの一夜干しなどがあります。ふふ。

そこの駐車場に大きな幟が強い風にたなびいています。時期的に鯉のぼりと思ったが、よーく見るとコイではなくてカツオの幟になっています。
カツオの幟は以前にも愛媛県の南部で見たことがありますが、久しぶりのカツオ幟だったのでうれしくなりました。ふふ。

5月 12, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

狙いは真面目にヒブダイ(4)

Cxcimg0065_2 Cxcimg0073 愛媛県愛南町の磯で2日目です。今日はアオリイカ狙いで活きアジを持ってきています。磯に上がったときはまだ足元が暗くて道糸が見えません。
そのためにたるんだ道糸が張り出している根に引っかかったりしてうまくいきません。エサのアジを遠投してもすぐに足元まで寄ってくるのです。
このため4回根掛かりで仕掛けがなくなります。思うような釣りが出来なくてイライラです。しかし、陽が当たるとそれが無くなっていい感じで釣りが出来るようになりました。
だがアタリがありません。2時間、3時間、4時間。ウキ下を変え、投げる方向、距離を変え、色々とやりましたが、アタリがありません。

Cxcimg0072 面倒くさいが磯の反対側に移動することにしました。これが大変です。移動してしばらくしてウキが見えません。ふふ。やっと釣れたのが1.5キロ。辛抱の賜物です。
1匹でも釣れればボウズとは気分がまるっきり違います。この後もアタリがなく釣果はこれ1匹でしたが、前日のふかせ釣りでいい釣果だったので、楽しい釣行になりました。

5月 11, 2014 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

狙いは真面目にヒブダイ(3)

Cxcimg0052 愛媛県愛南町の磯で竿を出しています。釣れるはずがないやろと思っていたヒブダイが釣れました。41センチ。その後も、なんとヒブダイが続けて2匹釣れました。38センチと34センチ。
そしてそれまでとちょっと違ったアタリに合わせると、ヒブダイより強い引きです。ひょっとしたら50cm以上のチヌかもと思ったが、浮いてきたのは赤い。マダイです。ふふ。48.3センチ。久しぶりのマダイなのでうれしい。
Cxcimg0056十分に釣れたので午後3時までの予定だったが、2時でやめました。それでもいつもの磯釣りより大量釣果。釣りって分からないなあ。

Cxcimg0060 磯から上がって、活きアジを買いに行き、また港に戻って海に浸けます。イカ釣りはエサの管理が大変です。写真は私が上がっていたミズタニハエ。
Cxcimg0063この日の宿は道の駅のすぐ前にある青い国ホテル。早々にチェックインして持ってきた本を読んだりとゆっくりです。一人釣行はこういう自由がうれしい。ふふ。
Cxcimg0065そして翌日はいよいよ本番のアオリイカ釣り。船頭には正午までの釣りと言っています。竿を2本出しました。磯に上がったときは足元には陽が当たっていなくてまだ薄暗い。これが苦労の元でした。

明日に続く。

5月 10, 2014 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

狙いは真面目にヒブダイ(2)

Cxcimg0018 愛媛県愛南町の磯でヒブダイ狙い。だけど、ヒブダイというのは磯釣り師にとって外道の魚で、それを本来の目的にすることはありません。イシダイ釣りやグレ釣りをしていてたまたま釣れるもの。
だからこの日の釣りもヒブダイは釣れないものと思っていました。竿を出して2連チャンでベラが釣れたので、全遊動のウキを固定ウキに変えて、ウキ下を3ヒロにしました。
すると流しているウキがジンワリと沈んでいきます。ベラのアタリでありません。しばらく待ってから合わせると、思っていた以上の強い引きです。3度の締め込みをしてから浮いてきた魚をみて笑っちゃいました。 狙い本命のヒブダイです。41センチ。
Cxcimg0044 そのころから、風が強くなってきました。ものすごい強風です。海は白波が出てきましたが、後ろからの風を背後の高い岩がさえぎってくれているので大丈夫です。

Cxcimg0030 風が強くなってきてから、エサトリを含めて入れ食い状態。
Cxcimg0040グレも釣れます。サイズはもうちょっとで30センチの29センチ。次は28センチ。次は27センチかと思ったら、そのとおりのサイズで1センチずつ小さくなります。ふふ。次は絶対に26センチと思ったら、25センチだったのでリリース。
そのとき古川さんから電話。港を出る時に船頭から、「古川さんがイカ狙いで沖の磯に上がっている」と聞いていました。「イカは2匹を釣って強風で撤収した」とのこと。
私は午前10時から竿を出して午後3時前までの釣り予定です。時刻はまだ1時過ぎです。まだ頑張らないと・・・。

明日に続く。

5月 9, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

狙いは真面目にヒブダイ

Cxcimg0014 連休明けの6日に釣りをしようと前日の5日の午前5時に家を出発。 この日は波止でのんびりと竿を出して、エサトリでも何でもいいから遊んでくれる多魚種狙い。ふふ。
ところが愛媛県松山市前のPAでトイレ休憩したのが7時前。朝日が出てきます。宇和島を通り抜けるのは8時過ぎになりそうです。これでは波止でちょこっと竿を出すだけではホテルにチェックインするまでの時間が持ちません。
今年になって50センチオーバーのチヌがまだ釣れていないのであればチヌ狙いですが、今年はすでに釣れちゃっているので、チヌはもういりません。
宇和島市津島町で高速道路を下りたとき、ふといいことを思いつきました。ふふ。

Cxcimg0024この調子なら9時半には愛媛県最南端の愛南町に着きそうです。そこで渡船に電話をして、渡船ができるかどうかを聞きました。「できる」というので、オキアミを買って昼弁当を買って、午前10時には磯の上。ふふ。
Cxcimg0015 第1投目、ササノハベラ。ま、こんなものでしょう。波止で釣りをするよりは気分がいい。2投目、またもやベラ。ふふ。
今回の釣りの目的は二つ。一つは磯からのアオリイカ狙い。少し前に香川磯連会長の古川さんが7匹を釣ったと聞いています。もう一つの目的は今月末に里帰りしてくる孫のためにフライにするヒブダイを釣ることです。
この二つの釣りを翌日一緒することを考えていたが、ヒブダイ釣りをこの日にして翌日はイカ釣りだけをすることにしました。

明日に続く・・・。

5月 8, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

もらってばかり・・・

Gcimg9857 Gcimg9848 愛媛県愛南町でチヌ釣りをしたとき、渡船の船頭さんが氷が詰まった巨大な箱からマサバ4匹を取り出して土産にくれました。その日の朝に捕ったといいます。
1月と2月には御五神の渡船の船頭からミカンをもらいました。3月には高知県宿毛市の渡船の船頭からコウイカ4匹をいただきました。そして今回も何も言わないのに雑談していると急にくれました。
私がそんなに物欲しそうにしている顔なのでしょうか。それとも貧乏臭い顔をしているからでしょうか。ふふ。今年は運がついているのかもしれません。ふふ。

チヌ釣りをした後、高知県大月町でアオリイカ狙いをしているとき見物に来た地元の漁師と1時間ぐらい雑談をしました。「50センチ以上のチヌが釣りたい」と言うと、「あそこには絶対にいる」と漁師らしいポイントを教えてくれました。今度行ってみるつもりです。
そしてその漁師が帰るとき、「家に寄れやあ、コーヒーもある」というお誘い。なんでこんなにいい人ばっかりなんでしょうか。ふふ。

5月 7, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

メナダの香川県記録申請

Z20140322090341 現在の香川磯連会長の古川さんからメナダの香川ギネス更新の申請がありました。送られてきた写真は携帯電話で写したらしく、メジャーの目盛りがよく見えません。
そこで尾ビレ部分だけを拡大して写した写真があると言うので、それを送ってもらいました。だが、残念。写真でも尾ビレの先端が切れて写っています。
古川さんは79センチあったと言いますが、この写真じゃあ、誰が見ても認められません。厳正な香川ギネスとしてはダメです。ふふ。

そこで写真を見ると間違いなく77センチ以上はあるということは間違いないので、認定サイズは77センチとさせてもらいました。これで本人も了解です。
これまでの記録は76センチなので、77センチでも香川県記録の更新ということになります。
大きい魚を釣ったときはきちんとメジャーの目盛りが写っているかの確認をお願いします。

5月 6, 2014 釣り記録 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

チヌ釣り大会に参加

Cycimg0013Cycimg9997Cycimg9994
昨日は香川県西部の仁尾町で香川磯連のチヌ釣り大会がありました。参加者36名。私は同じクラブのメンバーらと一文字波止に下りました。
ここに下りたのは最初7名でしたが、南風のため磯に上がれなかった人が急遽ここに来たので広い一文字波止もたくさんの人になりました。ふふ。ここは海面から高いので、荷物の上げ下げをロープでするので、これが大変。
船がつけた波止の東端には私、イノちゃん、片ちゃんの3人。3人ともアタリが全くありません。やっと釣れたのはカサゴ。その後、片ちゃん、イノちゃんにも釣れたカサゴをもらいました。ふふ。

Cycimg9999Cycimg0006Cycimg0007 その後も全くチヌのアタリは全くありませんでした。風で海に落ちたゴミを拾うために置き竿にしていた竿がぎゅんぎゅん曲がって釣れたのは28センチのグレ。しゃーないです。
納竿2時の予定だったが、午後1時に止めて渡船場に帰って来たのは私と熊ちゃん、前川さんらの4人。熊ちゃんはチヌ1匹を釣っているので余裕の表情。
こういう状況でも釣る人は釣ってくるのが大会。この日も全体的に数が少なく参加者のうちチヌを釣った人は36人中14人だったが、グレートヨーヘンの大西さんは6匹も釣っていた。
1位は46.2センチを釣った観音寺目示奈会の近藤さん。あとのサイズは2位43.5センチ、3位43.3センチでした。

5月 5, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

ゲームセンターで釣り

Scimg9548 高松市郊外にあるショッピングセンターにゲームコーナーがあります。ここにすごく気になるゲームがあり、近くを通るときは必ず見にいきます。
「釣りスピリッツ」というゲーム。大きな画面の周りに8個のリールらしきものがあります。これを振ると魚が泳ぐ画面上に糸が伸びて、ヒットするとリールを巻いて網に入るとコインが得られるシステム。
休日にはたくさんの子供がこのゲームをしていますが、大人はほとんどしていません。恥ずかしいので私は見るだけです。 だけど「山の神」と一緒に行ったとき、びっくりしたことを言います。

「これをしたら・・・」と100円を財布から出します。休日でないのでこの周辺には誰もいません。しかし、なんで急にそんなことを言うのか、不思議。
リタイアしてから私の釣果が格段に良くなったので、「釣りのウデがよくなった」と勝手に思っているらしく、このゲームでも簡単に魚をどんどん釣ってコインを得ると思ったらしい。ふふ。
渋々というか、仕方なくゲームをしたが、小さい魚を1匹釣っただけで簡単にゲーム終了しました。ふふ。

5月 4, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

高級?トングはダメでした

Bdimg9449 ウニをつかむためのトングの話です。100円ショップのトングはすぐに歪んでうまくつかめなくなるので、大枚300円以上を出して買いました。写真で赤い色のものです。
今回、高知県の磯で今年初のイシダイ狙いをしたとき、ワクワクしながらこれを使いました。念のため100円ショップのものも1個だけバッグに入れています。
高級トングでウニをはさもうとしたら、はさめません。なんたること。赤いところのプラスチックが滑って全くウニをつかめません。ひゃ~~~。

なんたる不覚。骨格がきちっとしているので買ったが、まさかつかむところが滑ってしまうとは考えが及んでいませんでした。3回つかもうと努力したけど、すぐにあきらめました。
それぐらいどうにもならないトングでした。ふふ。結局、念のために持っていっていた100円トングを使うことに・・。ふふ。

5月 3, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

釣りクラブのメンバーで・・・

Czcimg9985 Czcimg9989Czcimg9991
昨日は高松黒潮クラブのメンバーで飲む会。場所はいつものとおり、高松市内の割烹「友釣」。大将の勇ちゃんもクラブのメンバーだから、遠慮がありません。
今回集まったのは7人。開始早々宝山さんが「話したいことがある。10分くらいいいか」というので、「2分でお願いします」と茶々を入れさせてもらいました。ふふ。その話というのが他の趣味グループの活性化に宝山さんが奮闘しているという話。
仕事のため遅れてきた西脇さんは4日のチヌ釣り大会、18日の四国磯連大会にも参加できないとぼやき。ま、子供が小さくて仕事現役のときは色々ありますわ。ふふ。

さらにオカテッちゃんが遅れてきたと思ったら、遅れてきたのではなくてすっかり念頭に無かったと、老人特有の言い訳。しゃーないなあ。
この後、久しぶりにイノちゃん、宝山さん、オカテッちゃんと4人で二次会に行きました。酒が入るといつもお互いに褒め殺し作戦炸裂で笑い声が絶えません。

5月 2, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ブクブクと全遊動ウキを購入

Ecimg9927 アオリイカのエサに使う活きアジを生かしておくためのブクブクは必需品です。釣り場では海につけておけばいいのですが、買ってから釣り場までは1時間以上かかることもあります。
だから、酸素供給のブクブクは必需品です。故障対応のために二つ持っていたが、その中の一つがどうも故障したみたいで空気が出てこなくなりました。
そこで新たにブクブクを買いました。3000円弱。アジ売り場から釣り場までの距離が遠いときは 二つのブクブクを使うこともあるので、これで一安心です。ふふ。

愛媛県深浦湾で50センチオーバーのチヌを釣った後、オカテッちゃんから電話が掛かってきてしばらく話に熱中しているうちに、仕掛けが根掛かりしてしまいました。残念。
そのとき道糸から高切れして、長い間愛用していた全遊動のウキが流れてしまいました。私が過去2回50センチ以上のチヌを釣った時にも2回ともこのウキでした。このときも入れると3匹の50ランチ以上のチヌを釣ったウキです。
そこで今回釣具店で同じウキを探しましたがないので、まあそれに近いウキを買いました。このウキも運がいいものでありますように・・・。

5月 1, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)