« 仏様の足裏にありがたいお魚 | トップページ | 「新・世界怪魚釣行記」を買いました »

2014年4月 6日 (日)

四国磯連の役員会

Hcimg9825 Hcimg9826 今日の昼から四国磯連の常任理事会があって、 30人近い四国の磯釣り師が徳島県の旧池田町に集合しました。
5月18日に開催予定の四国磯連主催の大会についての議題の他は、「審査のために提出している大物魚拓を1年後に返還して欲しい 」という香川磯連からの提案は今後つめて行くことになりました。
また、今年の大物の提出状況が報告されていて、イシダイについては既に74.5cm、72.1センチが高知磯連から提出。他にはマダイの87.7センチが香川磯連(当初、愛媛磯連と書いていましたが、読者から誤りを指摘してくれたので修正しました)から、アイゴの45.8センチが香川磯連から提出されているだけで、チヌの50センチ以上の申請はないとのこと。

この役員会で毎年「香川の大物釣魚ギネス」を配布させてもらっています。愛媛県でも今後同じようなものを作る意向があるようです。
会の終了後、ギネスの香川県内釣具店配布について、観音寺を中心とした西讃地方は古川さん、東讃地方は藤本さんにお願いをしました。
中讃地域は徳島県から高松市に帰る途中で琴平町で藤森さんと落ち合って、配布をお願いしました。だから、香川県全域の釣具店で近いうちに置かれると思います。
また、愛媛県連さんにも100部持って帰ってもらったので、どこかで配布されるはずです。ふふ。

4月 6, 2014 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/59422061

この記事へのトラックバック一覧です: 四国磯連の役員会:

コメント

真鯛の87,7センチは香川磯連の間違いでは?

投稿: | 2014/04/07 7:15:30

コメントを書く