« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

チヌを10年ぶりくらいに食べてみました

Fcimg9862 愛媛県の宇和海で釣ってきた53センチのチヌの魚拓を取った後、我が家の山の神が「あの大きな魚をどうするの」と聞きます。「チヌはまずいから・・・」というと、「食べてみようよ」と言います。
びっくりしました。ただでさえ魚をあまり好んで食べたない「山の神」が「魚を食べる」と言い、それもまた旨くないチヌを食べてみるというので、いちおう3枚におろしました。
その日の夕食に煮付けにしましたが、思ったほどの臭みはないが予想どおり味です。

たくさんの切り身が出来たので、半身は冷凍庫に入れ、残ったものの一部を翌日の朝食に塩焼きにしてみました。やっぱり想定内の味です。
この朝食の救いだったのは味噌汁に入れたカワハギの肝が絶品だったこと。冷凍庫にはいっている半身をどうしようか思案中です。

4月 30, 2014 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

アオリイカの産卵床のプレート

Ecimg9869 Ecimg9870 以前に高知県柏島の「黒潮実感センター」が募集していたアオリイカの産卵床作成の寄付をしたことを書きましたが、その産卵床に付ける木材を輪切りにしただけのプレートを送ってきました。
名前を書いて送ると、それを産卵床に付けて沈めてくれるらしい。名前は私が会長をしている「香川県釣り団体協議会」にさせてもらいました。
私個人の名前でするよりも香川県の釣り人として高知県のイカの産卵に協力するというほうが意志が伝わると思ったからです。ふふ。

沈めたところの写真を撮って送ってくれると書いていました。なので、水性ペンでなく油性ペンで書いてくれとのこと。鮮やかに目立つようにと考えて、魚拓用に買っているアクリル絵の具を使うことにしました。
これだと色鮮やかだし、乾いた後は水に溶けないはずです。ふふ。自分ではちょっとだけマシなプレートになったような気がしたが、出来上がってからよくよく見ると、やっぱり下手です。ふふ。

4月 29, 2014 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

チヌのサイズ

Fcimg9866 愛媛県愛南町の磯で釣ったチヌの魚拓を香川磯連事務局長の前川さんに渡しました。数日して四国磯連の審査委員長から認定のはがきが届きました。
前川さんが送ってくれたようです。四国磯連としての認定サイズは53.2センチ。私のチヌの自己記録更新です。ふふ。
釣ったときに実寸で測ったときは52.2センチ。体に沿って測ると54センチを越えていました。ま、53.2センチが正式記録として認定ということなので、これを自己記録にします。

魚拓をするまでに身が縮むのは仕方ないが、今回は縮み方が小さくてすみました。これも釣り師のウデの一つなんでしょうか。4年前に釣ったときは2センチ以上縮んでいました。
今回は氷に直接当たらないようにしたり、釣った時にナイフでしめることもしませんでした。もともと食べる気がないのでOKです。ふふ。
今回も魚拓を取ったときに測ると53.2センチあったのに、魚拓が乾くと2ミリ縮んで53.0センチになっていました。四国磯連の審査で測る時に魚拓をきちんと伸ばして測ってくれたようです。ふふ。

4月 28, 2014 釣り記録 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

メバルの値段に釣られて

Dcimg9974 昨日、スーパーマーケットの魚売り場を覗いてびっくり。2日前に釣ったメバルと同じくらいのサイズ2匹でなんと680円の値段。
エサのゴカイは前回使った残りが冷蔵庫に入っています。なので昨日の夜も、暗くなるのを待って近くの潮入川河口に行きました。エサをつけようとビニール袋に入れたゴカイを探ります。
全部死んでいます。これまでの経験だと冷蔵庫に入れておけば1週間ぐらいは活きているはずです。不思議。余程弱ったゴカイを買わされたのか。 しゃーないなあ。
ま、ゴカイは死んでいても釣れます。だが、今回は3回ほど振り込むとドロドロ状態になってエサが解けて行く感じで腐った臭いも強烈になっています。

Dcimg9973_2 それでも10分ほどやっていると、ようやくアタリがあって前回と同じくらいのメバルが釣れました。ふふ。口からは腐ったエサを吐き出しています。
かわいそうになったし、こんなエサを食った魚を食べる気がしません。逃してやって、納竿としました。竿を出していたのはせいぜい15分。釣りに出かけるときは事前にエサを確認しないと・・・。ふふ。

4月 27, 2014 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

コイの大集合

Dcimg9931 Dcimg9935 4月はじめにも書きましたが、高松市内の小さな川にコイが集合しています。先週の土曜日には、ものすごい数になっていました。
ざっと数えると147匹。もっといる感じです。以前は小さな水溜りのようなところにだけいましたが、先週の雨のせいで少しだけ増水したのか、川の水深も深くなっていて、いたるところにコイがいます。
まだ産卵行動にはなっていませんが、もうじき産卵が始まる気配です。釣り師は魚がウヨウヨいるのを見ただけで興奮しちゃいます。ふふ。

たくさんのところで数匹から十数匹の集団が出来ていますが、特に大きなコイには寄り添うように集まっています。魚も出来るだけ力が強い子孫を残そうとしているのでしょうか。
それにしてもこんなにたくさんのコイがどこからやってきたのでしょうか。そしてコレだけのコイがいっせいに産卵するとものすごい数の卵が生まれると思います。
そのほとんどが別の生き物に食べられるのでしょうか。いつもこの時期になるとたくさんの亀が見えるようになるのも関係があるのかもと、勝手に想像しています。ふふ。

4月 26, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

久しぶりの脈釣りしました

Dcimg9965 昨日、昼前にコタツに入ってまったりとしているとオカテッちゃんから電話がありました。宇和海にゴムボートを出してアオリイカを釣っているとのこと。
それを聞いて私も釣りに行きたい気分に・・・。過去の釣り日誌をめくってみると、大きなコノシロ狙いか、夜に脈釣りでメバル狙いがいいようです。
風がないようなので、我が家からすぐ近くの潮入川に久しぶりに脈釣りに行くことにしました。ふふ。

Dcimg9968 アタリがありません。少し移動。アタリがありません。さらに少し移動。そこでやっとアタリ。小さなガシラです。その後もガシラの追加。
しばらくしてクッというアタリがあって釣れたのは久しぶりのメバルです。17センチ強と小さいがこれをキープ。この日は1時間でメバル1匹、ガシラ3匹でした。
Dcimg9971 そして今日の朝、メバルを塩焼きにしました。焼いているときに脂が落ちる音がしていたが、旨みがあっておいしい。ふふ。

4月 25, 2014 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

香川県釣り団体協議会の総会

Dcimg9958 Dcimg9956 Dcimg9960 昨日は香川県釣り団体協議会のメンバーである香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川県バス釣連盟、瀬戸内遊漁船釣り団体協議会のメンバーが集合しました。参加者18名。
場所は例年通り、高松美山ホテルなので、料理は抜群の旨さ。鍋、刺身、ステーキ、握り寿司。最後はもちろん鍋にさぬきうどんをぶち込みました。
Dcimg9964私の横に座ったのが、バス釣り連盟会長の村橋さん。バス釣り愛好者と話することがほとんどないので、これ幸いと色々と教えてもらいました。しかし、現在の私は磯釣りとアオリイカ釣りに忙しいのてバス釣りに行けそうもない。ふふ。

Dcimg9962 瀬戸内遊漁船釣り団体協議会の青井さんと恵優丸の船長も来ています。香川磯連の前川さんは香川県東部でチヌ釣り大会をしたいと渡船の貸切りの話をしています。
ただ、船長の話では今年のチヌは例年に比べて遅れていてまだ本調子ではないということ。わたしも連休が明けたら一度くらいは行ってみるつもりです。ふふ。
Dcimg9963 私の前には左からグレートヨーヘンの秋山会長、香川釣り協会計の藤森さん、全日本サーフ香川協会会長の青木さん、香川磯連親和会会長の和泉さんが集まって談笑です。
Dcimg9948 クエ釣り師の植田さんが先日筍を持ってきてくれた時に買ったばかりのバッグに貼るシールが欲しいと行っていたので、手持ちの中からいくつかを持って行ってあげました。ふふ。
この日、植田さんは60センチ近いチヌの魚拓を持って来ています。早速情報交換があちらこちらで・・・。場所を調べないといけません。

4月 24, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

今年初のイシダイ釣り(6)

Ecimg9918 愛媛県愛南町の岸壁でアオリイカ狙いだったが、疲れて車の中で熟睡していたのに、「ゴーッーーー」という得体の知れない音に起こされました。
最初は漁船のエンジン音かと思ったが、車から外に出て音の正体が分かりました。すごい強風です。車の真後ろからの風なので車が揺れていなかった。
岸壁まで行って、おしっこをしていると後ろからの強風で思わずよろけて前の海に落ちそうになりました。おしっこホースを出したまま溺死していたら、残された家族がどんなに言われるか分かりません。ふふ。あわてて後ずさりしました。

午前2時から釣開始。5分もしないうちにアタリがあったので、びっくりしました。ウキがズンズンと深く入っていきます。よほどの大物だと思いました。
しばらく待って大きく合わせると、一瞬の重みを感じたがすっぽ抜け。「おかしいなあ」と仕掛けを上げると、ハリス切れ。あのウキの沈み方はタチウオだったような気がします。私のタチウオの記録109.9センチを釣ったのもこの近くでした。

Ecimg9919_2 真正面から朝日が昇ります。そのときに再びアタリ。掛けた後寄せてくるときにはずれました。エサのアジの頭がかじられています。そのまま再投入。すぐにアタリがあったが、今度はアジを取られてしまいました。残念。
午前7時に納竿。たくさん残っているエサのアジは元気です。なので、3匹だけ私の朝食に塩焼きするのに持って帰ることにしました。こんなことをするのは初めてですけど、釣果がないんじゃああ。ふふ。
Ecimg9928車で走り出してすぐ、クエ釣り師の植田さんから電話。「筍がたくさん取れたので、家まで持っていってやる」とのこと。6時間後、家に着いてからしばらくして巨大な筍を持ってきてくれました。釣果が少なかったので助かりました。ふふ。

4月 23, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

今年初のイシダイ釣り(5)

Ecimg9906_2 高知県大月町で活きアジを買って、釣り場を探します。とにかく疲れたので、車の中からウキのアタリが見れる場所でないといけません。
近くの場所3箇所を見に行ったが、どこも既に先客がいて、竿が出せません。無理をすれば出せるかもしれませんが、そんなガツガツはしたくありません。
そこで50キロ走って愛媛県愛南町まで行くことにしました。そこでも主要ポイントにはすべてイカ釣り師が竿を出しています。平日だというのに、どないなっとんじゃあ。しゃーないなあ。ウロウロすること30分。

ようやく釣り人がいなくて、車を岸壁に横付けできる場所を見つけました。初めての場所です。
午後5時半釣り開始。アタリがありません。初めての場所なので不安になるが、場所を移動する気力がありません。ふふ。

Ecimg9908_2 竿を出してから2時間。ようやくアタリがありました。しばらく待ってから合わせると、ガッチリと掛かったようです。慎重に寄せてきて玉網で掬います。
820グラム。初めての場所で1匹でも釣れたのでうれしい。だが、その後アタリがありません。疲れています。このまま釣りを止めて家に帰ろうかどうかと、頭の中でグルグルします。

オカテッちゃんから釣果伺いの電話。「疲れとんじゃあ」と言うと、「それなら車を運転するのは危ない。どこかいいポイントに移って寝ろ」と言ってくれます。今は人がいても、翌朝までいる人は少ないということらしい。
確かに、このまま運転してもいい感じにはなれそうもありません。しかし、釣り場を移動する元気もありません。車の中に寝床を作って横になると、すぐに熟睡。
「ゴーッーーー」という音で目が覚めました。時計を見ると午前1時過ぎ。

明日に続く。

4月 22, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

今年初のイシダイ釣り(4)

Ecimg9900 Ecimg9903 高知県大月町樫ノ浦でイシダイ狙い。朝早くにそれらしきアタリが2回あったが、それ以降はエサトリのアタリしかありません。
午前11時なったので昼食を食べた後、30分だけズボ釣りをしました。正確には38分間ですけど・・・。ふふ。
磯際に仕掛けを落とし込むと、すぐにゴッゴツと小さなアタリ。合わせると、思っていたより強い引きに驚きました。ひょっとしたらイシダイかも・・・、と思ったくらいです。
でも釣りはそんなに甘くない。ふふ。上がってきたのは40センチ弱のニザダイ。当然、海に帰ってもらいましたわ。その後、25cm弱のカワハギが2匹。
これはクーラーに入れました。情けないけど、仕方ありません。これでも立派な釣果なんじゃい。その後イシダイ釣りに戻ったがエサトリのアタリだけです。

午後3時に渡船の迎えが来る予定なので、2時過ぎに釣りを終えて仕舞いをしていると、2時半に迎えが来てちょっとあわてました。
他の磯に上がっていた人が釣れないので早めの迎えを頼んだらしい。他の磯では赤貝にも全くアタリがなかったらしい。上物釣りもグレは全く釣れなかったということで、この日の釣果はいいことなし。上物狙いの愛媛磯連の近藤さんは60センチのヒブダイを釣ったが、グレは来なかったとのこと。ま、それらしきアタリがあっただけ私はラッキーだったということか。しゃーないなあ。

私が上がっていたマルバエは見た目よりも足場が悪く、疲れ果てました。港に帰ってからも車の中でしばらく休みました。運転する気力が出てこない。
Ecimg990630分ほど休んで、この後に予定していたアオリイカ狙いをするために活きアジを買いに行きました。ここから15分ほどの港です。 ここのアジはアジ漁をしている漁師の店なので、生きの良さは他の店とは比べ物になりません。

明日に続く。

 

4月 21, 2014 磯釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

今年初のイシダイ釣り(3)

Ecimg9895 高知県大月町樫ノ浦のマルバエでイシダイ狙い。釣りの準備をしようとバッグを開けて中からリールを出そうと手でかき回していました。
その時バッグが少し動いてその弾みですぐ横にあったクーラーがコロコロじゃなくズルッ、ズルッと滑って落ちて行きます。下の溝のようなところまで落ちたとき丁度大きな波が来てクーラーが海まで流されてしまい転落。ひゃ~~~。ドジ、ドジ、ドシ、ドシ。
クーラーにはエサの赤貝が入っています。そして私の弁当も飲み物も・・・。これでは釣りが出来ません。
渡船ははるか遠く客を乗せて次の磯に行っています。「おーい、おーい」全力で声を出して、手を振りますが、聞こえるはずもない距離。
Ecimg9894_2だが、手を振っているのが見えたのかどうか、それとも異常で必死な声が届いたのか、渡船が戻ってきてくれました。クーラーは既に100メートルぐらい流されています。渡船が見つけてくれました。やれやれです。

やっとイシダイ釣りの開始。30分後、カツン、カツンと鋭いアタリ。イシダイのような気がします。「まだ合わせるなよ」と思った瞬間、竿が一気に海に突き刺さりました。
「やったあ」と合わせたが、空振り。これでも早かったのかと反省。もう一段のアタリを待つべきだったのか。イシダイ初心者の私には分かりません。
それから1時間半後。再び、カツン。竿が戻らないままもう一度カツンで竿がさらに曲がります。そしてそのままでもう一度カツンときて竿がさらに曲がりますが、最初のアタリほどには曲がっていません。最初のときの反省から待ちました。

だが、その後はそのまま竿が戻ってアタリが止まってしまいました。エサの赤貝は取られずにそのまま残っています。初心者の私には理由がさっぱり分かりません。
イシダイベテランの方、これがイシダイのアタリなのかどうか、また、イシダイのアタリだったらどのタイミングで合わすべきなのか、2度目のアタリの時、道糸を送り出すべきだったのか、今度会ったときに教えてください。ふふ。
ウニのエサにはほとんどアタリがなく、赤貝にはエサトリのアタリ。そのまま時間だけが過ぎていきます。

その後は明日に続く。

4月 20, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

今年初のイシダイ釣り(2)

Ecimg9886_2 Ecimg9888 高知県大月町の樫ノ浦漁港から渡船の船頭に電話。看板に「車の進入禁止」と書いているところを入って行き、渡船の前で釣具荷物をおろしてから車は港入り口の広場に止める、ということが分かりました。
やっぱり下見をしておいてよかった。当日の朝に来てバタバタしているとこんなことは分かりません。ふふ。
ウニを海に浸けて一安心。宿泊予定のホテルに行くには早い時間。そこで車で少し走って隣の漁港で竿が出せそうなところを見つけました。
ズボ釣りで遠投してもアタリがありません。どうも浅いようです。そこで波止際に落とすとようやくクッ、クッと小さなアタリ。釣れたのはオオスジイシモチ。コレが2匹。しょーもないなあ。まあ、景色がいいので気分はいい。

Ecimg9891Ecimg989230分で釣りを止めてホテル「ベルリーフ大月」に行きました。宿毛市のビジネスホテルに泊まる予定でしたが、ここだと港まで少なくとも1時間以上は見ておかないと安心できません。そこでインターネットで調べたこのホテルだと釣り場の港から近いので予約しています。
リゾートホテルなのでちょっと贅沢とも思ったが、大浴場が使えないということで値引きしてくれて宿毛市のホテルと500円しか変わらない値段。ふふ。ラッキー。部屋とベランダから見える景色は贅沢そのもの。
翌朝、出船予定の30分前に港に到着。最初に磯付けしたのが私が上がるマルバエ。四国磯連の役員会でよく会う愛媛磯連の近藤さんが荷物おろしを手伝ってくれます。磯連の役員をしていると、多くの人と知り合いになれて助かることが多い。
そして磯に上がって釣りの準備をしているととんでもないことが・・・。

明日に続く。

4月 19, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

今年初のイシダイ釣り

Ecimg9881 前回の釣行で50センチオーバーのチヌがまぐれで釣れたので、今年のチヌには興味がなくなりました。一応「まぐれ」と書いたけど、内心は努力の成果だと思っています。ふふ。
そこで初めてのイシダイ狙い。だが、この時期のイシダイ狙いはほとんどしたことがありません。釣り雑誌から過去数年間の記録を調べると刺しエサはほとんどが赤貝。たまにガンガゼで釣った人もいるので、どちらも持って行くことにしました。
まずは赤貝の調達方法が分かりません。インターネットで調べると高知市の「釣道楽」で冷凍の赤貝を売っているらしい。それも生きた赤貝を剥き身にしているときの写真があるので、刺し餌に使えそうです。電話で予約しました。

火曜日の早朝5時半に我が家を出発して、ある理由から一時中断していたマンホール探しを再開して高知県安芸市方面でマンホールを探した後、昼前に高知市の「釣道楽」に行きました。
駐車場で車から降りると横の車に見たことがある顔。前高知磯連会長の別役さんです。 開口一番、「なんで、ここにおるんかあ」。 こっちが言いたいせりふです。ふふ。別役さんも翌日釣りに行くらしい。

Ecimg9896_2冷凍の赤貝が使えるのかどうか心配だったが、別役さんも使っていると聞いて一安心。大安心。インターネットで調べたときは120個入りで2000円近くの値段だったはずが少し安い。別役さんがレジまで一緒に来て「わしの知り合いやあ」と言ってくれたので 安くなったのだったらラッキー。ふふ。
その後、別役さんから明日行く予定にしている高知県樫ノ浦の磯場を教えてもらったり、赤貝の刺し方を教えてもらったり、と私には超ラッキーな出会いでした。
樫ノ浦の磯に行くのは初めてなので事前にインターネットで色々と調べました。だけど初めての渡船場は事前に下見をしていないと心配です。
宿毛市でウニを買ってから、渡船場の港にウニを浸けに行きます。港はカーナビですぐにわかりましたが、どこに船が着くのかなど分かりません。船頭に港から電話。

明日に続く。

4月 18, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

熊ちゃんからお魚フィギュア

Hcimg9820 Hcimg9824 高松黒潮クラブのメンバーが割烹「友釣」に集まったとき、片ちゃんからお魚フィギャアをくれました。熊ちゃんからの預かりものです。
リサイクル店で買ったらしく50円の値札がついています。このお魚は水鉄砲かと思ったが、そうではなく、単なるお魚。それにしては恐い顔をしています。なんで、こんなフィギャアなのか分かりません。
家に帰ってから袋から出してよく見ました。背びれと胸びれが少しだけ動くようになっているが、それだけのこと。「変な魚」としか思えません。ところがもっとよく見ると・・・。

小さい字で「ディズニー」と書いています。どうもディズニーのキャラクターらしいのでインターネットで調べました。ふふ。
すると映画「ファイティング・ニモ」に出でくるキャラクターで、歯医者の水槽に住むリーダーの「ギル」と分かりました。それでこんな恐い顔の魚だということが理解できました。でも50円で売られてしまったというのもねえ。

4月 17, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

チヌの魚拓審査提出は今年初かも・・・

Fcimg9866 香川磯連、四国磯連が1年間の大物として審査に提出できるサイズはチヌの場合、50センチ以上となっています。4月始めの時点ではまだだれも提出していませんでした。
これからどんどん魚拓が審査に提出されるのは間違いなく私が釣ったサイズでは3位にはいるのはまず無理です。分かっています。
だが、私の魚拓提出は香川磯連では間違いなく一番。四国磯連でもおそらく一番。ふふ。

香川磯連のメンバーは200人足らず。四国磯連だと相当の人数です。その中で最初の魚拓提出って、よくよく考えるとすごくないですか。ふふ。
何事もナンバーワンになるのは難しい。そう考えると今回のチヌがよほどのラッキーだったことが分かります。感謝。何に? 幸運に、です。ちょっと自慢。ふふ。

4月 16, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

クサフグの自己記録なんちゃって

Kcimg9769 Kcimg9772 高知県宿毛市藻津(もくづ)の磯で釣りをしたとき、クサフグが釣れました。クサフグとしてはちょっと大きかったので自分のこれまでの記録をベストのポケットに入れているメモで確認。
すると、クサフグの自己記録の記載がありません。クサフグを釣ったことがないことは考えられません。メモに書いてないだけと思ったが、とりあえず写真を撮りました。17.4センチ。ふふ。
家に帰ってから確認すると、クサフグの自己記録を登録していないことが分かりました。そこで新魚種としてメモに書き込みました。

このときの3日間の釣りはエサトリに邪魔されてさっぱりでしたが、このクサフグにすくわれました。エサトリであっても、自己記録の更新が一つでもあれば、ハッピーになれます。
自己記録は自己満足。他人がなんと言おうと自分が楽しいのだからいいんじゃない。ふふ。

4月 15, 2014 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

上海の寺戸さんからまたまたお魚グッズです

Fcimg9863 上海在住の寺戸さんから、またまたお魚グッズが郵送で届きました。木製のフォークで、握るところがお魚の形になっています。
貝、カジキ、チョウチョウウオ、タツノオトシゴです。フォークのお魚グッズは持っていますが、金属製で木製は初めてです。うれしい。ふふ。
添えられていた寺戸さんの手紙によると、寺戸さんの会社の中国人スタッフがインドネシアに行ったときのお土産と書いています。それが新婚旅行だそうで、そんなものを見ず知らずの私がもらっていいのかどうか・・・。

Fcimg9864 同封されていたのが、やはり木製のフォークとスプーンのセットで、こちらも手で持つところがお魚の形になっています。二つとも新婚旅行のお土産。
寺戸さんは今春帰国の予定が少し延びたと書いています。中国での仕事は大変だと思いますが、頑張ってください。いつもお魚グッズをもらってばかりで申し訳ありません。ふふ。

4月 14, 2014 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

イカの産卵床に寄付

Ycimg9469 オカテッちゃんから地元の四国新聞の切抜きをもらいました。「イカの産卵床を買って」という記事です。
内容は高知県大月町の柏島にあるNPO法人「黒潮実感センター」がアオリイカの産卵床となるヒノキやスギの幹の購入を呼びかけている。1万円で買ってくれた人には今年の秋に1キロのイカを送るというもの。
オカテッちゃんは大月町の釣り場にお世話になっているのだから 寄付するのが当然と、気合が入っています。そして申し込みを済ませたとのこと。ふふ。

確かに私のイカ釣りのほとんどは大月町でしているので、お世話になっているのは間違いない。ただ、黒潮実感センターがある柏島では釣りをしていない。
それを言うとオカテッちゃんは「イカはあちこちに泳いで行くんじゃああ」と断言。そうかも・・・、と思い、私も寄付を申し込みました。いいんじゃない。

4月 13, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

今年最初の香川磯連役員会

Fcimg9867 Fcimg9868 木曜日に香川磯連のメンバー25人が、高松美山ホテルに集まりました。今年初めての会長会で、今後の計画を審議です。
今年の11月に西日本の各県代表が参加して開催予定の「西日本グレ釣り選手権大会」に香川県代表となったのは、3月の予選会で1位と2位になった釣酔会の小山さんと宮本さんに決まりました。
5月4日のチヌ釣り大会、5月18日の四国磯連の大会、6月8日の41回香川磯連の大会は例年通りの開催となりました。讃岐カップは12月14日に高知県沖ノ島で開催することになりました。
そして今年から香川磯連に新加入のクラブ「海遊會」の紹介がありました。久しぶりのクラブ加入を全員が拍手で迎えました。参加者全員の自己紹介がありましたが、私は名刺を渡して終わり。覚えてもらうには効率がいいはずです。ふふ。

この会場にいた香川磯連会長の古川さんから「香川の大物釣魚ギネス」に申請があったメナダのメール写真が不明確だったので、再申請をお願いしました。
Fcimg9866 この場で、 私が釣ったチヌの魚拓を事務局長の前川さんにお渡しして申請終了です。我ながら下手な魚拓ですけど、一息つきましたわ。ただ、あせっていたのか、魚名を書くのをすっかり忘れていました。ふふ。

4月 12, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

磯でわずか2時間半の釣り(3)

Gcimg9847 Gcimg9850 愛媛県愛南町の磯でチヌ狙い。竿を出して30分で50センチオーバーのチヌが釣れたので、さっさと磯を上がってオカテッちゃんと会うことにしました。ふふ。
渡船場で船頭立会いのもとで釣ったチヌをメジャーで測って見ます。メジャーを下に置いた実寸では52.2センチ、メジャーを魚の上に置いて身体にそって測ると54センチを越えています。ふふ。
家に帰るまでには身が縮むので魚拓寸でどうなるか分かりませんが、楽しみです。ふふ。
Gcimg9852この後、オカテッちゃんとの待ち合わせ場所の道の駅に行くと、オカテッちゃんはすでに来ています。釣ったイカは既に内蔵を出しています。手際の良さにはあきれるほどです。

Gcimg9853 ファミレスに行って午前10時半から二人でブランチ。そのときオカテッちゃんの手が墨で黒くなっていて汚い。オカテッちゃんはその黒さをイカ釣り師の勲章みたいに思っていて、「写真に撮れ」といいます。ふふ。
この後、二人で活きアジを買いに行き、オカテッちゃんはゴムボート釣りに戻り、私は50キロ離れた高知県大月町に行きました。午後1時から8時半までアタリは一度もないまま納竿となりました。オカテッちゃんは翌日の午前中まで釣りをして3日間で8匹とのことでした。

4月 11, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

磯でわずか2時間半の釣り(2)

Gcimg9832 Gcimg9836 ジャッジャジャーン。愛媛県愛南町の磯で竿を出して30分。エサトリがいません。潮がいい感じで流れます。
そして最初に釣れたのがエサトリでなくてチヌ。掛けたときはそんなに引きが強くないのでせいぜい45センチぐらいと思ったが、海面に浮き上がってきたのはでかい。ひょっとすると50センチを越えています。ふふ。
一発で玉網に入り、メジャーを当ててみると50センチは確実に越えています。ふふふふふふ。笑いが止まりません。
Gcimg9842_250センチ越えのチヌが釣れたので、もういい。いい型のカサゴが釣れたのが、ご愛嬌の感じ。オカテッちゃんに電話すると、エサの活きアジが少なくなっているので、一度陸に上がるというので、どこかで会うことになりました。

Gcimg9845_2 Gcimg9847 そこで船頭に電話をして迎えに来てもらいました。「えーっ、もう上がるのか。そりゃあ、かまわんが・・・」と不思議感がいっぱいです。
磯は港を出てすぐのところで、船頭が「チヌならここがいい」とあげてくれたところです。でもまあ、船頭も50センチオーバーのチヌがそんなに簡単には釣れないと思っていたようで・・・。でも釣れちゃったのです。まあ、ウデです。釣ったらどうにでもいえるのが釣りの世界。

明日に続く・・・。

4月 10, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

磯でわずか2時間半の釣り

Gcimg9827 Gcimg9828 愛媛県愛南町の磯でチヌ狙いをしようと月曜日の午後4時に出発。オカテッちゃんは前日から出かけてゴムボートでアオリイカ釣りをしています。どこかで会う約束です。
愛媛県松山市近くの桜三里PAでは遅めの桜が満開で丁度日没時間。夕焼けの色が好きなので、ついシャッターを押してしまいます。ふふ。この日は渡船場に近い愛南町のホテル泊。
Gcimg9830 渡船に予約を入れたとき、私以外に一人だけ客がいてその人は午前5時に船を出すというので、私は「もっとゆっくりしたい」というと、船頭が「チヌ狙いなら近くなのでいつ来てもいいよ」と言ってくれます。
だがホテルで目が覚めたのが午前4時だったので、私も5時出船で磯に行きました。朝焼けがきれいです。

磯で釣り始めたのが午前6時。オカテッちゃんから電話が掛かってきて場所を聞くと、ゴムボートから私の磯が見えると言います。私にも小さく赤いボートらしきものが遠くに見えます。携帯電話って便利です。ふふ。
Gcimg9845さて、釣り始めて2時間半後の午前8時半に釣りを止めて渡船に迎えに来てもらいました。さて、何が起きたのでしょうか。写真を見ても分かるとおり天候の急変ではありません。理由は明日ということで・・・。ふふふのふ。

4月 9, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

高知県四万十市の中華料理店にグレ魚拓

Cimg9781 高知県四万十市の国道56号線が後川の橋を渡る直前の交差点角に中華料理店「広東李(カントリー)」があります。四万十川の河口の下田に行く道との交差点です。
ここの中華料理は都会的でムチャおいしいので、一人釣行のときは少しの時間ならずらして夕食時間になるようにして行ったりしますが、それでも年に2回程度しかいきません。それでもオーナーは私のことを覚えてくれています。 ふふ。
一人釣行の時に泊まった近くのビジネスホテルのフロントで「おいしい中華料理店を教えて」とお願いして教えてもらった店です。残念なのはいつも車利用なのでビールを飲みながら料理を食べられないことです。

ここの厨房前には2年前に釣った65センチのグレの魚拓が飾っています。巨大です。オーナーに聞くと「自分が釣った」と言います。オーナーは磯釣り師だったのです。
この店に行くようになったのは数年前だったので、そのときは魚拓がなく、オーナーが釣りをすることを知りませんでした。私が釣りの服装をして一人で店に来るので、オーナーは親近感を持っていてくれたようです。ふふ。

4月 8, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

「新・世界怪魚釣行記」を買いました

Icimg9805 「イカの天ぷらパーティ」をしたとき、宝山さんが釣り本を新聞広告の切り抜きをくれました。さっそく翌日近くの本屋に取り寄せをお願いしました。
「届きました」という電話があったので取りにいきました。それが3月31日。消費税が値上がり前だったので1500円の3パーセント、45円が助かりましたわ。ふふ。
ペラペラとめくってみたが、全ページオールカラーで期待通りの本です。 写真はカラーでないといけません。

著者の武石さんがテレビの「情熱大陸」に出たとき、何の魚かは忘れたが「2メートル以上の魚を釣ったら現在の彼女と結婚する」と公言し、そのテレビ番組の中でそのサイズ以上の魚を釣り上げました。
自由奔放の生活をしている人なので、ホントに結婚したのかどうか気になっていましたが、今回買った本の「あとがき」に結婚したことが書かれていました。それを読んで何故かすごくうれしくなりましたわ。ふふ。

4月 7, 2014 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

四国磯連の役員会

Hcimg9825 Hcimg9826 今日の昼から四国磯連の常任理事会があって、 30人近い四国の磯釣り師が徳島県の旧池田町に集合しました。
5月18日に開催予定の四国磯連主催の大会についての議題の他は、「審査のために提出している大物魚拓を1年後に返還して欲しい 」という香川磯連からの提案は今後つめて行くことになりました。
また、今年の大物の提出状況が報告されていて、イシダイについては既に74.5cm、72.1センチが高知磯連から提出。他にはマダイの87.7センチが香川磯連(当初、愛媛磯連と書いていましたが、読者から誤りを指摘してくれたので修正しました)から、アイゴの45.8センチが香川磯連から提出されているだけで、チヌの50センチ以上の申請はないとのこと。

この役員会で毎年「香川の大物釣魚ギネス」を配布させてもらっています。愛媛県でも今後同じようなものを作る意向があるようです。
会の終了後、ギネスの香川県内釣具店配布について、観音寺を中心とした西讃地方は古川さん、東讃地方は藤本さんにお願いをしました。
中讃地域は徳島県から高松市に帰る途中で琴平町で藤森さんと落ち合って、配布をお願いしました。だから、香川県全域の釣具店で近いうちに置かれると思います。
また、愛媛県連さんにも100部持って帰ってもらったので、どこかで配布されるはずです。ふふ。

4月 6, 2014 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

仏様の足裏にありがたいお魚

Rcimg9574 地元テレビ局制作の番組で四国霊場73番札所の出釈迦寺に恵比須像があると知り、この像の写真を撮りに行ったとき、近くに魚の絵が入った足跡があります。
説明書きによると、お釈迦様の足跡で、現在のような仏像が造られる前はお釈迦様の足跡を礼拝していたとあります。
そしてこの足跡を合掌し礼拝した手で身体の悪い箇所を撫でると罪障を滅し諸願を達成する、とのこと。

私の身体で特に悪いところはありませんが、しいて言えば「釣りのウデ」といえるかもしれません。そこで礼拝した後、手で、私のウデを撫でました。
これでお釈迦様保証付きの釣りのウデになったということになります。今年はガンガン大物が釣れるはずです。ふふ。

4月 5, 2014 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

オカテッちゃんが熱くなっています

Hcimg9814 Hcimg9815_2Hcimg9821 Hcimg9812 昨日の夜は割烹「友釣」に高松黒潮クラブのメンバーが集まりました。その数、マスターの勇ちゃんを入れたら10人で最近では多い人数。
この日の料理にオカテッちゃんが釣ってきたアオリイカの刺身、天ぷらが 出ました。ふふ。
オカテッちゃんは私、ヨッさんと一緒に行った後、一人で2回もイカ釣りに行って、最初は3日間で9匹、二度目は3日間で22匹。どうにも止まらない状況のようです。車中泊をしながら波止で3日間釣り続けています。
魚を釣って帰っても相手にしてくれない奥さんが「イカ釣りだと夜の10時に帰ってもせっせと料理をしてくれる 」という言葉に全員が拍手して出来のいい奥さんに感謝をしました。ふふ。

宝山さんからマンホールのコレクションに関する日経新聞の切り抜きを持ってきてくれていたが、当然私も切り抜いています。ふふ。
来月のチヌ釣り大会が欠席と言うので理由を聞くと「9日間のクルージングに行く」とのこと。まあ、優雅な人生ですな。
クラブに新加入の山本さんはイシダイ釣りに燃えています。それを聞いた西脇さんが「イシダイ釣りは色んな釣りをした最後に行き着くもの」と言うので、山本さんもちょっと迷ったみたい。ふふ。「でもイシダイがしたい」明確です。
来週は私も高知県西部にチヌとイカ釣りに行く予定にしていますが、そのときはオカテッちゃんも「行く」と燃えているので、電話で連絡を取り合うことになりそうです。

4月 4, 2014 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

桜が満開、コイが集合

Icimg9810 Icimg9800 高松市は現在桜が満開です。桜は咲いていないときは目立たないが、咲くといきなり自己主張をして「こんなところにも桜があるんやで」と目立ちます。
この時期になると高松市内を流れる小さな川にコイが目立つようになります。わずか3畳くらいの広さのところにコイがたくさんいます。大きいのは80センチは超えています。数えるとその数42匹。
ここには一年中コイがいます。雨が降らないときは小川なので水深がせいぜい20センチ程度。コイがいる3畳くらいのところだけが水深50センチくらいあります。不思議なことがあります。

毎日のようにここを通るたびにコイの数えます。冬はたいてい20匹程度しかいません。水深50センチ程度だし、コイが隠れるような大きな石もそんなにありません。
ところがこの時期になると数がどんどん増えてくるのです。そして雨が降って水深が少し深くなると産卵が行われるのを見ることが出来ます。
しかしこの時期になって増えるコイがどこから来るのかが分かりません。この水溜りのようなところの上流、下流のどちらも100メートル以上歩いて調べましたが、ずーーっと浅くてコイがいません。不思議。

4月 3, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

磯で暇つぶし

Kcimg9775 ヨッさん、オカテッちゃんと高知県宿毛市の磯に行きました。私はチヌ狙いだったが、エサトリの猛襲にギブアップ。疲れました。
昼飯に菓子パンにかじりついたがおいしくない。半分かじって残りを海に捨てました。数秒後にいきなり空から大きな黒いものが落ちてきたと思ったら、 トンビでした。海に浮かんだ菓子パンをつかもうとしたが、パンがちぎれてつかめません。
びっくりしました。一度舞い上がったトンビが再びパンを目指して下りてきます。 それが3度。よほど腹が減っているのでしょうか。

その後釣れたササノハベラを海に戻そうとしたが、投げた距離が短くて近くの水溜りに落ちました。するとそのベラをめがけてトンビが滑空しながらつかんでいきました。私のすぐ目の前で3メートルも離れていません。上空にはトンビが数羽舞っています。
ベラはすぐに釣れます。そこで今度はすぐ近くの磯の上に置いて、トンビがつかんで行くところの写真を撮ることにしました。そのときに撮ったのが冒頭の写真。つかみそこねて落ちて行くベラも写っています。ベラは命拾いです。ふふ。

4月 2, 2014 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

偏光グラスに迷っています

Kcimg9712 Kcimg9713 3月にヨッさん、オカテッちゃんと愛媛県、高知県で釣りをしたとき、度入りの偏光グラスを買ってから初めて使用しました。よく見えます。
しかし、私にはブログ用の写真写りの方が気になります。ふふ。以前から持っていたメガネに引っ掛けるものに比べると、メガネの奥の目も写ってはいますがなんか変。
そこで写真を撮る時にいつも掛けているメガネに変えてから写しましたが、面倒くさい。

Kcimg9773 そこでメガネをはずして写真を撮ったりしてみたが、これまた変。ただでさえぼやけた顔なのにメガネをはずした顔はなおしまりません。
偏光の効果はよく分かったので、釣りをするときは掛けていたい。だが写真を撮るときにどうするかが新たな悩みになりました。ふふ。

4月 1, 2014 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)