« 熊ちゃんからブッククリップをいただきました | トップページ | 正直、死ぬかと思った »

2013年12月18日 (水)

包丁をいただきました

Blcimg9346香川県東部に住んでいる赤澤名工が高松市に来る用事があるので、ついでに私の家に来ると電話がありました。「何の用事」と聞くと、「包丁を作った」。
そして持ってきてくれたのが、写真の包丁。刃の部分は市販のものに鹿の角で作った持ち手を付けています。持ち重りがしてつかんだときにいい感じです。
鹿の角のでこぼこでごつごつしたのが持った時にいい感じになります。ふふ。

赤澤名工は手先が器用でプロ級。正反対の不器用な私は実に色んなものを作ってもらいました。仕掛けや釣りの小物道具ですが、数え切れないほどです。
だから、このブログのカテゴリーに「赤澤名工シリーズ」を作っているほどです。このブログをスクロールしてカテゴリーをチェックしてもらえるとうれしい。

12月 18, 2013 赤澤名工シリーズ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/58730698

この記事へのトラックバック一覧です: 包丁をいただきました:

コメント

 こんにちは。
 今回、いろいろな魚の香川県記録を拝見していて、気が付いたのですが、今年の4月15日の記事の76センチの魚はボラではなく、メナダではないでしょうか。

 まず、ボラとメナダの一番の違いは、尾びれの形です。
 ボラは上下二つに分かれた尾をしており、尾びれは先端にいくにつれて尖っています。それに比べ、メナダの尾びれは、ボラに比べ丸みを帯びていて、三角形に近い形です。

 次に、メナダは白目がボラより黄色いというのも大きな違いです。
 また、ボラに比べて顔が細く、頭がやたら扁平していて、体色も黄色がかっています。

 ボラと酷似しており、また同じ場所で釣れる事もよくあるため、釣れてもボラだと思っている方が大半のようです。

 いくらかボラとメナダの写真を見比べるとすぐに違いが分かると思います。

 突然の書き込み失礼しました。

投稿: メバル | 2013/12/19 12:27:21

コメントを書く