« アオリイカ三昧の2日間(2) | トップページ | アオリイカ三昧の2日間(4) »

2013年11月 3日 (日)

アオリイカ三昧の2日間(3)

Bucimg9124愛媛県愛南町の波止でヨッさんとアオリイカ狙い。前日の早朝にヨッさんが7匹を釣っているので、間違いなく釣れるはずです。
ところが釣りで「はず」は通用しませんわ。全くアタリがないので8時までやって「場所変えをしよう」となっていたが、その8時にヨッさんが1匹を釣って手のひらを噛み切られました。噛まれたが釣れたので、場所変えを延期して1時間。
やっぱりアタリがありません。前日にあれほど釣れて同じ潮なのに全く釣れない。イカ釣りは分かりませーーーん。
Bucimg9126仕方なく、高知県大月町の波止に場所変えをしました。昼前になっています。この時間帯は釣れる気がしないので、私はふかせ釣り。木っ葉グレが入れ食いに近い。

Bucimg9130_2そのときササノハベラが掛かって巻き上げてくる途中に急に重たくなりました。海面まで浮いてきたベラをエソが飲み込もうと尻尾から半分くらいを口に入れています。弱肉強食の生きた教材を見た感じ。
海面から抜き上げる時にやっと口からすっぽ抜け。釣り上げたベラの真ん中はかじられて身が引っ込んでいて、その後ろには白く歯形の筋ができています。きっとベラにとっては恐怖の一瞬を味わったはず。もちろん逃してやりました。
Bucimg9131_2グレの木っ葉が釣れ続きます。撒き餌をするとわんさと寄ってきます。一番大きくても24センチ。ヨッさんが「それはキープサイズか」とイヤミ。
Bucimg9135午後3時前にふかせ釣りを止めてイカ釣りをします。私に待望のアタリがありました。掛けたイカを寄せてくると、そのイカを追って同じくらいの大きさのイカが2匹付いて来ています。
この夜は大きなドラマが待っていました。ふふ。明日も読んでくれる気になりましたね。
明日に続く・・・。

11月 3, 2013 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオリイカ三昧の2日間(3):

コメント

コメントを書く