« 台風のおかげでした | トップページ | キスの天ぷらは絶品です »

2013年10月28日 (月)

高松市中央卸売市場の市民開放

Bvcimg9089昨日の日曜日に中央卸売市場の市民開放がありました。8時半開場の10分前に行くと、すでに300人以上の人がいてびっくりです。
Bvcimg9090Bvcimg9091私がお魚グッズのコレクションに入れたいと思っている「おさかなシャトル」もきています。ま、冗談です。こんな大きなものを置く場所がありません。中の水槽にはアジ、スズキ、ハマチなどが泳いでいます。
開場に来ている人は、小さな子供連れが圧倒的に多い。イベントのパンフレットを見ると、小学生以下の「魚のつかみどり」や「おさかなタッチングプール」が目当てのようです。マグロの解体ショーも午前と午後の2回。
それにしても一般市民が魚を対象にしたイベントにこんなにたくさん集まっていたのにびっくりです。

Bvcimg9095もっと驚いたのは、開場してから魚売り場に入ると、たくさんの人で身動きが出来ません。おそらく数百人の人がいます。とろとろと進みながら、めぼしい魚を探します。
Bvcimg9092まず目に入ったのが、50センチ級のチヌ。これに1500円の値札。横にある40センチ足らずの小さなタイには1200円の値札。やっぱりチヌは安い。売れないんでしょうなあ。
Bvcimg9094人ごみを分けてやっと目についたのが、アオリイカ。瀬戸内海でもたくさん取れているようです。1キロ級のものが約1000円。意外と安い。明後日から高知県の西端までヨッさんと釣りに行く予定なので、もっと値段が高くあって欲しかったわ。ふふ。



10月 28, 2013 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松市中央卸売市場の市民開放:

コメント

コメントを書く