« 再び「クエ食え会」 | トップページ | イイダコの値段 »

2013年10月18日 (金)

数々のクエ料理

Bzcimg9030水曜日の夜に、高松美山ホテルで、九絵勇心会が釣ってきたクエを食う会がありました。その料理の数々です。最初に出てきたのが刺身。ほのかな甘みがあって実に旨い。
Bzcimg9029Bzcimg9041そしてメイン料理の鍋。今回は参加人数が多かったせいか、クエのほかに、鶏、牡蠣、それに松茸まで入っている豪華版。そのどれもが出汁に出て最高です。口で言っても分かんねえだろうなあ。クエの身は魚とは思えない味。
Bzcimg9045次に出てきたのが、写真の料理。タマミとウツボの身が淡白で味付けも最高です。
Bzcimg9046_2そしてアラの煮つけ。ゼラチン質がいっぱいで部位によって噛みごたえが違います。

Bzcimg9052酒が入り、超うまい料理で満腹したと思ったら、うどんが目にはいります。それを鍋に入れて3度のお替り。ふふ。太るはずです。これで完璧なシメが出来たと思ったら、最後にクエの炙り寿司が出てきました。
目の前に出されたら、食べないわけにはいきません。ようやく3切れを口に押し込みました。満腹なのに、やっぱり旨いものは旨い。

10月 18, 2013 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/58400884

この記事へのトラックバック一覧です: 数々のクエ料理:

コメント

コメントを書く