« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

お魚グッズの整理をぼちぼち

Bycimg9055お魚グッズの整理をしなくてはなりません。早くしないと私が死ぬのが早いかとの競争で、競争に負けると全部ゴミになってしまいます。
お魚グッズは買ったりもらったりするたびに、日付、入手場所や方法、値段のメモを付けて整理箱に入れています。
大きく4つに分けています。一つ目が箸置き。二つ目がキーホルダーとストラップ。三つ目がそれ以外の小物。そして四つ目がそれ以外のちょっと大きいものの4種です。

今回箸置きとキーホルダー以外の小物の整理に取り掛かることにしました。未整理のものが300個近くあります。その一つ一つに番号を付けて整理袋に入れ、入手日付、値段等を決められた様式のメモに記入します。
その後ワープロで一覧表を作らないといけません。このワープロが面倒くさい。若いときは全然苦にならなかったことが、年をとるとさっさと出来なくなります。しゃーないです。そろそろとやるつもり。ふふ。

10月 31, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

極上のマハタ味

Hcimg8847愛媛県宇和海の波止で釣ったマハタの腹を割いたとき、びっくりしました。腹の中からは真っ白い脂肪の塊がドバッと出てきたのです。
こんなに小さな子供なのに、腹の中は熟成している感じです。これは絶対に旨いと確信。朝食用の魚は他にたくさんあるので、とりあえず冷凍庫に入れていました。
Hcimg8864そして、今朝冷凍庫から出して塩焼きにしました。絶対においしいはずなので、一度に全部食べてしまうのはもったいない。ふふ。

そこで半分だけを軽く塩を振って焼きました。予想を超える旨さです。上品な脂が口の中でファーーッと広がって、なんともいえない感覚です。
残り半分頭の部分も塩焼きにして食べるつもりです。食べる楽しみがあるということは人生が楽しいってことです。ふふ。

10月 30, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

キスの天ぷらは絶品です

Mcimg8682随分前に片ちゃん、宝山さんと一緒に小豆島沖で釣ったキスが14匹とトラギス4匹。このうちキスの2匹は釣りをした翌日の朝に塩焼きにして食べました。
残りは全部冷凍にしていたのを、昨日天ぷらにしました。全部、三枚におろして、腹骨をきれいにそいで、真っ白な身だけにしてから天ぷらにしました。
一緒にサツマイモも天ぷらにしました。サツマイモも甘くておいしかったが、キスの天ぷらのおいしさはさすがでした。

口に入れると、ふわーっとあっさりしてはいるが、旨みが口の中に広がります。白身の旨さがはっきりと分かります。こんな表現で伝わるかなあ。
とにかく上品であっさり味で、いくらでも食べられます。魚料理は「どうでもいい」という感じの「山の神」も、「おいしい」と一言。
結構量があったので、「山の神」は残りを冷凍にしたようです。しばらくしてから再度夕食のおかずにするつもりだと思います。こういうのって、どうなんかなあ。

10月 29, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

高松市中央卸売市場の市民開放

Bvcimg9089昨日の日曜日に中央卸売市場の市民開放がありました。8時半開場の10分前に行くと、すでに300人以上の人がいてびっくりです。
Bvcimg9090Bvcimg9091私がお魚グッズのコレクションに入れたいと思っている「おさかなシャトル」もきています。ま、冗談です。こんな大きなものを置く場所がありません。中の水槽にはアジ、スズキ、ハマチなどが泳いでいます。
開場に来ている人は、小さな子供連れが圧倒的に多い。イベントのパンフレットを見ると、小学生以下の「魚のつかみどり」や「おさかなタッチングプール」が目当てのようです。マグロの解体ショーも午前と午後の2回。
それにしても一般市民が魚を対象にしたイベントにこんなにたくさん集まっていたのにびっくりです。

Bvcimg9095もっと驚いたのは、開場してから魚売り場に入ると、たくさんの人で身動きが出来ません。おそらく数百人の人がいます。とろとろと進みながら、めぼしい魚を探します。
Bvcimg9092まず目に入ったのが、50センチ級のチヌ。これに1500円の値札。横にある40センチ足らずの小さなタイには1200円の値札。やっぱりチヌは安い。売れないんでしょうなあ。
Bvcimg9094人ごみを分けてやっと目についたのが、アオリイカ。瀬戸内海でもたくさん取れているようです。1キロ級のものが約1000円。意外と安い。明後日から高知県の西端までヨッさんと釣りに行く予定なので、もっと値段が高くあって欲しかったわ。ふふ。



10月 28, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

台風のおかげでした

Bwcimg9083今日予定していた四国磯連の大会は、土曜日の午後7時に強風波浪注意報が出ていたので、1ヶ月間の魚拓で審査することになりました。
なので本来なら出発で忙しい土曜日にのんびりとしていると、大学の友達の川上君から電話。そこで夕方に熊ちゃんの店、お好み焼き割烹「くるみ」で会うことになりました。
川上君は四国88箇所を歩いて巡る1400キロの「歩き遍路」の途中だったが、台風が来たので愛媛県の伊予三島市で一時中断したとのこと。ふたりとも台風のおかげで会うことが出来ました。ふふ。
東京にいる彼は大学時代からヨットマンで、大きなヨットを数人で共同所有しています。「今度伊豆諸島にヨットで行くけど、どや」といいます。時間を聞くと36時間。とても行く気になれませんわ。他にもいろいろとおもしろい話を聞くことができましたが割愛。

Bwcimg9082熊ちゃんからまたまたお魚グッズをくれました。二つくれたので、それを持ってもらって写真を撮らせてもらいました。
Bwcimg9084一つは「焼きサンマのキーホルダー」、もう一つは「チンアナゴのボールペン」。どちらも珍しいお魚グッズです。
「いつもすまんな」と言うと、「お魚グッズを探すのが楽しみになってしまったんや」とのこと。ふふ。ま、喜んでありがたくいただきました。

10月 27, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

サヨリの値段

Jcimg8778片ちゃんからもらったイイダコを宝山さんにおすそ分けした時に開きサヨリを10匹いただきました。それを朝食のおかずにししました。あっさり味でいいです。
サヨリを食べながら、これを買ったらいくらぐらいするのだろうかと気になって、外出するたびにスーパーの鮮魚コーナーで探しましたが、全く置いていません。
理由は分からないが、高松市内のスーパーにはサヨリの一夜干しを置いてないのです。売れないからなんでしょうかねえ。

そこでネット販売にあるか調べると、たくさんあります。楽天だと、だいたい1匹が200円から、300円という感じ。ところが瀬戸内産だと、ある店で1匹500円で売っているところがあります。ふふ。
宝山さんから10匹もらったので、1匹500円とすると5000円ももらったことになります。ふふふ。

10月 26, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

やきもき

Okinosima723027日の日曜日は、四国磯連の大会日になっています。ご存知のとおり、台風が接近中です。大会が開かれるかどうかは、前日の午後7時のNHK天気予報で決められることになっています。
この天気予報で愛媛県南部、高知県で強風、波浪のどちらかでも注意報が出ていれば自動的に中止になる規定です。現在のところどちらの地域にも注意報が出ています。
明日土曜日の午後7時には台風は四国からだいぶ離れているはずなので、その時点で注意報が継続されているかどうか、ということ。私は継続されていると見て、どこの渡船にも予約を入れていません。ふふ。

だが、もし明日の午後7時に注意報が解除になっていると、そのときから釣りの準備をして行けるかどうか。道具の準備はもちろんのこと、問題はウニの手当て。
だが、もし大会が開かれるとしたら、うねりはまだ残っているはず。
やきもきしながら、高知磯連前会長の別役さんに電話で状況を聞くと、「無理、無理」と簡潔な答え。明日の夕方までに注意報は解除されないとの観測。で、私もその方向で・・・。ふふ。

10月 25, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

ふふふ。クエを釣りました

Icimg8808Icimg8810ふっふっふ。クエを釣りました。写真で分かるとおり、クエの子供だが、クエに変わりに無いんじゃあ。サイズは25.3センチ。
釣ったときは写真のように鮮やかな模様でしたが、クーラーに入れていると、真っ黒になって一見タケノコメバルのようになっていたのには驚きました。
「こんな子供は逃さなあかんや」と、クエ釣り師は言うと思います。だが成魚を釣るのは私には無理。2度の体験で分かっています。だから、私には貴重なクエです。

クエは30年前に高知県の港で小さいのを釣ったことがありますが、写真を撮っていなかったので、今回釣った記録が私の自己記録ということになります。
釣りをしていると、色んな魚に出会えますが、クエに出会う確率は幼魚であってもすごく低い。その意味で、貴重な釣行でした。ふふ。

10月 24, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

2回目のハゼ釣り

Bxcimg9061昨日、天気が良かったので再びハゼ釣りに行きました。前回は潮を見て行くのを忘れてひどいことになったので、今回はちゃんと潮を見ていきました。満潮時刻は午後1時。申し分ない潮です。
Bxcimg9062ハゼが入れ食いになると思ったが、釣れません。やっと釣れたのが小チヌ。そしてフグ。ハゼが釣れたのは竿を出してから20分後。やってられないわ。
Bxcimg9064それでも辛抱。風が強い日が続いているせいか、潮が薄濁りになっているのが原因かもしれません。そしていきなり強いアタリで釣れたのが小さなセイゴ。こんなに小さくても一人前のエラ洗いをしたのには笑ってしまいました。

Bxcimg9068ハゼはポツリ、ポツリとしか釣れません。ハゼよりもフグ、チヌのほうが多い。それでも2時間半も頑張りました。なんか消化不足の釣りになっちまいました。ふふ。
近所の人が何度も話しかけてくれます。人によって、「もっとあっちがいい」、「そっちがいい」、と。ここのポイントは地元の人より知っているつもりですが、ありがたく拝聴。
Bxcimg9069この日の釣果。ハゼ9匹、セイゴ2匹、フグ11匹、小チヌ7匹、ヒイラギ1匹。ま、これだけの魚が遊んでくれたので退屈はしませんでした。

10月 23, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

秋は忙しすぎる

Cimg0745台風が次々にやってきて、釣りに行けません。秋は対象魚が多くて何を釣ろうかと迷っているのに、ストレスがたまります。
まず行きたいのが、イシダイ釣り。50センチ以上狙いと、40センチ前後でも旨いイシダイを冷凍庫にストック狙いの二つがあります。それにグレ狙いもそろそろシーズンインです。
近くの釣り場でも、「車が横付けできる場所でタチウオが釣れとるぞ」と山田さんから電話が掛かってきたので、行くチャンスを狙っています。
ハゼ、サヨリも行かないといけません。どちらも今年はまだ中途半端な釣りしかできていません。ふふ。タチウオ狙いのエサにする小型のサヨリも釣らなくてはなりません。それに家の近くで小アジがたくさん釣れているようなので、これも気になっています。

さらにさらに、なんといってもアオリイカも大きくなってきているはずです。山田さん、ヨッさん、オカテッちゃんと先週行く予定だったのが、台風のせいで延期しました。早く行きたい。昨日、ヨッさんから新しい仕掛けを郵便受けに入れてくれていました。ふふ。
宇和海や足摺方面ではいい型のカマスが釣れているはずです。30センチを越えるカマスを釣りたいのです。
なんやかんやと考えるだけで、パニックになりそう・・・。

10月 22, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

チヌ用ダンゴに気をつけろ

Icimg8844Icimg8846愛媛県宇和海で市販のチヌダンゴで釣りをした後、自分の指を見てびっくりしました。何本もの指先の皮がむけています。
まるで水虫にかかったような状態です。チヌ釣りをする前には全くこんなことは無かったので、私としてはチヌダンゴのせいと思いました。ま、私の思い違いと言うこともあるので、メーカーの名前を出すわけにはいきませんが。
釣りから帰って2週間以上この皮むけが直りません。いくらなんでもダンゴによる肌荒れだったらこんなに長い間続くはずもない。さて・・・。

病院に行こうかとも思ったが、かゆみもないし、痛くもないので、放っていました。毎日皮を剝いていますが、いつまでも直る感じがしなかったが・・・。
薬局に行って薬を買ってこようかと思ったが、水虫なら足指になると思うけど、全く足に異常はないし。
インターネットで調べると、「ばい菌じゃなくて、クリームを塗っておけばいい」と書いています。ま、このまま放っておくか。少しずつ良くなっている気がするし・・・。やっぱり、あのダンゴのせいや・・・。

10月 21, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

イイダコのヌメリ取り方法

Bycimg9026イイダコはヌメリをきっちりと取り除いていないと料理した後に臭みが残って、全然おいしくない。だが、このヌメリ取りが大変なんです。
だからヌメリ取りには釣り人がみんな苦労しているようで、色んな方法があります。まずは塩でもんで取る方法。この方法はイイダコが固くなってしまいます。そこでヌカを使って取る方法。これは大量のヌカが下水に流れます。
その他に一旦冷凍して料理する前に解凍すると、簡単に取れるという方法。イノちゃんの方法です。片ちゃんは熱湯にさっと入れてから水で洗うと簡単に取れるという方法。

私がやっているのは、冷凍アミエビを溶かすための網袋使用です。これは多度津の釣友にイイダコ釣りに釣れて行ってもらった時に教えてもらった方法です。
イイダコを網袋にいれて、海水を流しながら足で何度もギュギュと踏み続けることで簡単にヌメリが取れます。ただ、海水を流し続けるのはマリーナだったので出来たので、私はシンクで水道水を流しながら手でリズムよく押し続けました。
これできれいにヌメリが取れました。ふふ。

10月 20, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

イイダコの値段

Bycimg9053イイダコ釣りを一緒に行った石塚さんからメールでイイダコの値段が届きました。スーパーで5匹を490円とのこと。思っていたのより高い。ただし大き目のイイダコらしい。
このメールが届く前日、「クエ食う会」の席で、横にいた白川さんが「イイダコはトロ箱1杯で1000円」と聞いていたので、ま、そんなものかなあと思っていました。
そこで私もスーパーに値段を見に行きました。そこでは8匹が480円になっています。写真はそのときのもの。

釣り人としては、魚の値段が高いほどうれしいもの。今回のイイダコ釣りで私が釣ったのは55匹だったけど、小さいのが多かったので、大きいのに換算するとせいぜい30匹。
とすると、スーパーの値段に直すと2000円程度。ま、こんなものでしょうか。労働対価としてはいけませんな。だから、釣りが労働になるような一生懸命はいけないのです。あくまでも楽しみでなくっちゃあ。ふふ。

10月 19, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

数々のクエ料理

Bzcimg9030水曜日の夜に、高松美山ホテルで、九絵勇心会が釣ってきたクエを食う会がありました。その料理の数々です。最初に出てきたのが刺身。ほのかな甘みがあって実に旨い。
Bzcimg9029Bzcimg9041そしてメイン料理の鍋。今回は参加人数が多かったせいか、クエのほかに、鶏、牡蠣、それに松茸まで入っている豪華版。そのどれもが出汁に出て最高です。口で言っても分かんねえだろうなあ。クエの身は魚とは思えない味。
Bzcimg9045次に出てきたのが、写真の料理。タマミとウツボの身が淡白で味付けも最高です。
Bzcimg9046_2そしてアラの煮つけ。ゼラチン質がいっぱいで部位によって噛みごたえが違います。

Bzcimg9052酒が入り、超うまい料理で満腹したと思ったら、うどんが目にはいります。それを鍋に入れて3度のお替り。ふふ。太るはずです。これで完璧なシメが出来たと思ったら、最後にクエの炙り寿司が出てきました。
目の前に出されたら、食べないわけにはいきません。ようやく3切れを口に押し込みました。満腹なのに、やっぱり旨いものは旨い。

10月 18, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

再び「クエ食え会」

Bzcimg9049Bzcimg9050昨日の夜、「クエを食う会」が高松美山ホテルでありました。集まったのは香川磯連のメンバーを中心に32人。この前の日曜日の夜になんと3匹のクエが釣れたのです。釣った人は白川さん、桑村さん、植田さんの3人。
Bzcimg9034Bzcimg9035クエ釣りをメインにしている四国九絵勇心会が今年釣ったクエはこれで9匹になりました。ただただすごいとしか言いようがありません。私はそのお相伴にあずかっています。ふふ。回覧で回ってきた写真を私のカメラで撮りました。
Bzcimg90423匹の中で一番大きいのを釣ったのが私の横に座った白川さん。118センチということです。徹夜で釣っていて来たのは午前5時。やっぱり釣る人は根性が違いますな。他の二人が釣った2匹は100センチに少し足らなかったとのこと。


Bzcimg9051Bzcimg9048料理の数々は明日に書きますが、その中で一番迫力があったのがクエの頭の煮つけ。ど迫力です。古川さんはその頭から歯を取り出し、乾かして飾りにするのだと言います。
今の時期に大型のチヌを狙って愛媛県の宇和海に釣行しているのは、私と古川さんくらい。その古川さんが先日48センチを釣ったが50センチ未満なのでリリース。
だがよくよく考えると、9月から12月までの西日本磯釣り協議会の魚拓大会中なので、それには入賞の可能性があったと、この場で気がついて悔やんでいます。ふふ。


10月 17, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

イイダコ釣りの外道

Ccimg9005Ccimg9008小野ちゃんの船でイイダコ釣りに行ったとき釣れたのが小さいコウイカです。これが曲者で気をつけないととんでもないことになります。
釣り上げて道糸を持っている間はどうってことがないが、甲板に置くとそのタイミングを狙っていたように、大量の墨を勢いよく噴射します。ドバッという音がする感じです。甲板のいたるところが黒くなるし、ズボンのすそにもかかります。
前回それでやられたので、今回は黒色のズボンをはいてきました。ふふ。気をつけたが、それでも釣るたびに甲板に付いた墨を拭かないといけません。
Ccimg9011小野ちゃんはそれを分かっていて、網ですくった後、海面でゆすって墨を吐き出させています。

Ccimg9022この日、私が釣ったのは1匹だが、すぐ横にいるオカテッちゃんは5匹釣りました。1匹目を釣ったときは「気をつけないと大変なことになる」と言ったのに、オカテッちゃんは油断をしてホントに大変なことになってしまいました。
2匹目のときは、これに懲りて釣り上げたイカをそのままクーラーの中に入れました。その後クーラーの蓋を開けると真っ黒になっていて笑ってしまいましたわ。

10月 16, 2013 船釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

再びイイダコ釣り

Ccimg9025Ccimg9017昨日、再び小野ちゃんの船でイイダコ釣りです。メンバーは写真の左から、オカテッちゃん、石塚さん、私、小野ちゃんの4人。
釣り場は前回と同じく高松港から西に2~3キロの間。潮が前回と違って西から東に流れているのでしばらく走ってから流し始めます。祭日なのでイイダコ釣りの船がたくさんいます。ざっと数えただけでも50隻以上いました。

Ccimg8997Ccimg8999私とオカテッちゃんが船首側で釣り、小野ちゃんと石塚さんがトモ。私にすぐ1匹目が釣れます。前回同様イイダコテンヤではなくてイカスッテです。その後も順調に釣れます。オカテッちゃんも順調です。

Ccimg9018トモにいる小野ちゃん、石塚さんにも釣れているようです。ただ、小野ちゃんは前日も片ちゃん、イノちゃん、熊ちゃんと出ているので、テキトーにやっている感じ。
昼過ぎまでの予定だったが、釣り始めて2時間すると風が出てきて釣りになりません。そこで10時半にはやめて、港に戻りました。この日の私の釣果はイイダコ55匹、小さい手長ダコ1匹、小さいコウイカ1匹。小野ちゃん丸のおかげで十分に楽しめました。ふふ。

10月 15, 2013 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

秋晴れに誘われて

Dcimg8994昨日、あまりに天気がいいのでハゼ釣りに行きました。我が家から車で20分ほどの県営野球場近くの波止場です。釣り場に着いて、ギャオー。干潮で釣り場の下に海がありません。
潮時刻を見るのをすっかり忘れていました。この場所は足元を釣るので、潮が高くないと釣りにならないのは分かっていること。秋晴れに誘われて潮を見るのを忘れていました。
Dcimg8988折角来たのでポイントではないが少し離れた場所で竿を出しました。1投目からハゼが釣れました。これならいくらでも釣れると思ったが、後が続きません。

やっと2匹目が釣れたとき、小野ちゃんから電話。「イイダコが入れ食いになっとるぞ。明日行くか」。この日は片ちゃん、イノちゃん、熊ちゃんと行っています。そこで明日、再びイイダコ釣りに小野ちゃんの船で行くことになりました。
Dcimg8992ハゼ釣りのほうは小チヌやヒイラギが釣れますが、ハゼは2匹を追加したところで30分。これでは話になりません。しかし、今年も潮を見てくればハゼが釣れることが分かりました。なので30分で納竿。

10月 14, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

投げ釣りでイイダコ狙い

Ecimg8981小野ちゃんの船でイイダコ釣りに行ったとき、私のイイダコ釣り用具の中に「投イイダコスッテ」がありました。投げ釣りでイイダコ釣りをしたことがないので、なんでこんなものが・・・。
これの効果を確かめたくて、小野ちゃんの船で流した前の陸で投げ釣りをしてみました。まず行ったのが、香西の港。小野ちゃんの船で流した西端になります。
Ecimg8982ファミリーがたくさんいたので見に行くと、小アジが釣れています。ほほーっ、この時期にこんなところでアジが釣れるとは知りませんでした。
ここでイイダコスッテを投げてみますが、全然アタリがないので10分で止めて場所を移動。

Ecimg8986移動して行ったのは、我が家の近くの海岸です。ここの波止の先端でも若い釣り人がいたので声を掛けると「小アジを釣っている。夕方がいいので、場所取り」とのこと。まだ正午です。こんな時間から場所取りをするということはよほど釣れているということですな。
Ecimg8983ここでもイイダコスッテを20分ほど投げたが、アタリがありません。イイダコのような重みを感じて巻き上げたら、切れた投げ釣り用のオモリでした。
これでイイダコスッテはあきらめました。1匹でいいから釣りたかったけど、しゃーないなあ。だけど、釣りに行ったおかげで高松市周辺で小アジがたくさん釣れていることが分かりました。ふふ。

10月 13, 2013 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

中国在住の寺戸さんからお魚グッズ。ひゃーあ

Ecimg8975中国上海市に在住の寺戸さんからお魚グッズを郵送してきてくれました。素材は石のようです。軽く叩くとカツン、カツンと澄んだ音がします。
手紙によると、8月に上海市内の骨董街で買ったとのことです。「80元に値切りました」と書いています。80元と言えば、約1300円。いい値段です。申し訳ない気分です。
中国で魚は子孫繁栄にいいということで、飾り物にたくさん使われているとのこと。このお魚グッズは二つに分かれるようになっていて、双魚は特別の意味があると本で読んだことがあります。

Ecimg8976_2魚は2枚おろしになっていて、開くと中に細かい彫刻をしています。1300円の値段うち、半分以上はこの彫刻の値段かもしれません。
その彫刻は子孫繁栄の意味のようですわ。寺戸さんの手紙には「この彫刻はブログには書けんだろ」と挑戦じみたことが書いていましたが、日本は情報開示先進国ですから、ちゃんと掲載することにしました。よーく見てください。私には何をしているのか分かりませんが。

10月 12, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

のんびりとイイダコ釣り

Ecimg8959Ecimg8948昨日、同じクラブの小野ちゃんの船で高松市沖のイイダコ釣りに行きました。石塚さんと一緒です。小野ちゃんの船に乗せてもらうのは10年以上振りです。
釣り場は高松港を出て5分ほど走ったすぐ。気温はまだ高いが秋晴れらしいいい天気です。海の上は暑くも無く、寒くもなく、風も強くなく、のったりのったりといい気分。
Ecimg8949Ecimg8951釣りに来たからには釣らなくてはなりません。順調に釣れます。船を潮に乗せて3キロほど一流しする間に20匹以上釣れます。これなら100匹は固い、と思いました。

Ecimg8952仕掛けは片ちゃんに教えてもらったとおりにイイダコテンヤとは別にイカスッテを付けています。片ちゃんが言うには9割はイイダコテンヤでなくイカスッテに掛かると聞いていました。そのとおり、圧倒的にイカスッテに掛かります。
Ecimg8954たまにイカの子供が釣れますが、これがうっとうしい。墨をピシューッと吐き散らします。石塚さんが釣ったイカが私のズボンのすそに・・・。残念と思ったが、そのあと私が釣ったイカを小野ちゃんに見せようとしたら、至近距離からドバッと掛かってしまい、新しくズボンを買わないといけない感じになってしまいましたわ。
午前中に一人100匹を釣って終える予定だったが、一流しした後は潮がガンガン流れてポツリポツリとしか釣れません。そのため、小野ちゃんに無理を行って午後1時まで釣らせてもらいました。ふふ。
結果は全員が30匹ほどの釣果。これだけ釣れれば十分です。だが、小野ちゃんが気を使ってくれて明日の土曜日にも釣れて行ってくれることになりました。さて波がどうでしょうか。

10月 11, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

カワハギの楊枝立て

Ucimg8473マンホールを探しに愛媛県のしまなみ海道にある大三島に行ったときのことです。高速道路のIC近くに「多田羅しまなみ公園」があります。
当然お土産売り場で、お魚グッズ探しです。手作りの木製品があります。「こういうところにお魚グッズがあれはラッキーなんだが」と近づくとありました。
カワハギの形をした楊枝立てです。ふふ。480円。もちろん購入即決です。

ラベルを見ると、堀内弘之さんという人が作ったものらしい。工房の住所をみると、この島の地元の人のようです。ということは、このお魚グッズの価値がぐーーんと上がります。
全国共通で売られているものより、地元にしかないものがうれしいのです。ふふ。

10月 10, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

ヒブダイの香川県記録の申請

Bmcimg6011香川磯連所属のチーム・グレートヨーヘンの前川博宣さんから、ヒブダイの香川県記録の申請がありました。そのサイズは84.7センチ。
これまでの記録は平成11年に更新した83.2センチ。これ以上の記録更新は難しいと思っていたが、2年後の今年の7月31日に前川さんが更新しました。
釣った場所は愛媛県由良半島の磯。四国の磯にどれだけの大物がいるのでしょうか。どんどん記録が更新されていきます。

この記録は前川さんからの申請ではなく、香川磯連の正式記録として認定されたものが、自動的に記録として認められたもの。だから、申請に必要な魚拓や写真がありません。
香川ギネスを管理している香川県釣り団体協議会に所属している香川磯連が認めた記録は自動的に認定されることになっているからです。
そのため、冒頭の写真がないので、私が去年足摺でヒブダイを釣ったときの写真を入れました。ごめんなさい。ふふ。
香川ギネスのホームページは赤澤名工がすでに更新してくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

10月 9, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

愛媛県武者泊のヤッカンは・・・

Lcimg8734愛媛県の武者泊にイシダイ狙いで行ったとき、一級磯のアブセに下りました。去年から、縁があって3回この磯に下りています。
すぐ近くにヤッカンという、ここも一級磯があります。だが、「この磯には、どんなことがあっても、絶対に下りたくない」と思っていました。それは私が磯釣りを始めた30年前近くの経験によります。
30年前に初めて見たヤッカンの釣り場はロープで板をぶら下げていて、それも海面よりも大分高い場所なので、渡船に乗り込むときはロープを持って体を岩にズルズルとすべるような体制でした。
これを見たとき、ここで釣る磯釣り師は尋常の神経の持ち主ではないと思いました。そして磯釣りの恐怖も強烈に植えつけられたのです。

ところがこの9月に行ったとき、ここに下りていた香川磯連の前川さんを渡船が迎えに行ったとき、その様変わりにびっくりしました。足場は鉄で作られていて、その場所も海面から高くないところなので、渡船から下りたり渡船に乗り込むのも安全です。
これなら私が一人で来ても下りることが出来ます。「ヤッカンはやばい磯」と30年も思っていたのがアホらしくなりました。

10月 8, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

シロアマダイの香川県記録申請

Zcake7v2imZcarflvwqm香川磯連事務局長の前川さんを通じて、シロアマダイの香川県記録申請がありました。申請があったときは、まず魚種確認をしないといけません。
写真と図鑑を照らし合わせると、間違いなく申請どおりのシロアマダイです。アマダイにはシロアマダイの他にアカアマダイ、キアマダイがいることを初めて知りました。ふふ。
釣ったのは8月末にアカヤガラとハマフエフキの申請があったばかりの伊丹顕治さん。高松市塩江町に在住です。

申請の仲立ちをした前川さんによると、伊丹さんはこの香川県記録の申請に熱意を燃やしているらしく、今回も前回と同様に愛媛県由良半島沖での船釣りでの釣果です。
9月16日に釣ったもので、サイズは57.4センチと立派サイズです。愛媛県の由良半島で磯釣りをする人は香川県にも多いですが、船釣りをする人は少ないと思います。今後も伊丹さんから記録申請が続々と出てくるような気がします。
香川ギネスのホームページは赤澤名工が更新済みです。http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

10月 7, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

得した物々交換

Fcimg8935s木曜日に釣りクラブで飲んだ時に約束したことを実行。西脇さんと宝山さんに、片ちゃんからもらって冷凍していたイイダコを献上しました。
それぞれ20匹くらいはあったと思います。墨は取り除いているし、ヌメリもある程度取っています。あとは水で洗ってヌメリをとって軽く茹でれば食べられます。
Fcimg8942宝山さんからそのお返しにサヨリの一夜干し10匹をいただきました。頭を落とし開いて丁寧に作っています。ふふ。

魚釣りをするようになって、魚の値段、料理の値段はその手間賃と思うようになりました。ウロコを丁寧に落とし、内臓をとって、料理に取り掛かる前の状態にするまでが大変。
イイタコだと墨を取り、ヌメリを取るのが大変。だから入れ食いが楽しくてついついたくさん釣った後が大変なんです。もしそのままもらってくれる人がいたら喜んで献上したい。
今回宝山さんからもらったサヨリの一夜干しは、ホントに丁寧に作ってあります。前日に釣ったばかりのもので新鮮そのもの。私があげたイイダコより、サヨリのほうが何倍も手間が掛かっている感じです。東京の高級料亭で出したら1匹2000円はするものです。ふふ。

10月 6, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

高松黒潮クラブの面々

Fcimg8934Fcimg8935
木曜日の夜、高松黒潮クラブの6人がいつもの割烹「友釣」に集まりました。写真の左から、イノちゃん、斉藤さん、片ちゃん、私、西脇さん、宝山さん。
この日の話題は「今年は湧いている」といわれるイイダコ。この前片ちゃんから150匹をいただきました。イイダコを釣るのは楽しいが、問題はその後。墨を取らないといけないし、ヌメリを取るのが一苦労です。
ヌメリの取り方について、イノちゃんから「冷凍しておけば、解凍すると水洗いで簡単に取れる」という話。片ちゃんからは「熱湯に一瞬でも浸ければ簡単に取れる」という話。イイダコ釣り師はいろいろ苦労しているようです。ふふ。

私がもらったイイダコが冷凍庫にたくさん入っています。これを宝山さんと西脇さんに献上する約束をしました。墨をとっているし、ある程度のヌメリも取っているのを献上です。昔の水呑み百姓の搾取みたいなものです。
「今度4人でアオリイカ釣りに行くことになっている」というと、「今度はイカの天ぷらパーティをしよう」と私の釣果は皆のものという殿様ぶりですわ。ふふ。しゃーないなあ。
宝山さんから今年のサヨリ目標500匹に向けて現在161匹。11月中旬には達成可能宣言がありました。頑張ってください。

10月 5, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

釣り場で納得の22時間(2)

Gcimg8895Gcimg8898愛媛県愛南町の波止で車中泊をして午前6時から釣り開始です。朝日が真正面から出てきて、すがすがしい空気です。第1投目にサンバソウ。朝日に照らされてうれしそうな顔でしょ。
Gcimg8899エサトリに刺し餌をすぐに取られるので、刺し餌をミックに変えると、小さなコブダイ。コブダイがいるということはチヌもいるはず。気合を入れたが、状況に変化無し。
そこで2時間後に同じ波止での場所変え。間違いであってもいいから、何とか50センチのチヌが1匹釣れて欲しい。それなりに頑張りました。

Gcimg8903場所を変えて、カワハギ、クマノミ、木っ葉グレ、そしてもちろんササノハベラが入れ食いです。クマノミはその色の鮮やかさについ見ほれてしまいます。水槽に入れて飼いたい気分です。
Gcimg8913このあと、マハタの子供も釣れました。そのとき、小野ちゃんから電話。イイダコ釣りのお誘いです。「明日はどや」とのことですが、私は300キロ離れたところで釣りをしています。翌週に延期をお願いしました。ふふ。
Gcimg8915この日にクーラーに入れた魚はカサゴ3匹、マハタ1匹。ま、これだけあればしばらくの朝食のおかずになります。
22時間、同じ波止でチヌを狙ったが、これだけいろいろやっても釣れなかったのだから、納得しました。自分のウデに。ふふ。

10月 4, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

釣り場で納得の22時間

Gcimg8878愛媛県愛南町の波止でみた「チヌがうじゃうじゃいる光景」が目に焼きついて何度もちらつきます。あれほどたくさんいたのだから、釣り方で1匹ぐらいは・・・、と思ってしまいました。
そこで火曜日の昼前に高松市を出て、今回はチヌ釣りのみでの釣行にしました。ダンゴ釣りを基本にして、餌はオキアミのボイル、ミック、青ゴカイを持っていきました。
釣り始めは午後3時半。これからの夕時も釣れるので、丁度いい時刻です。
Gcimg8882サンバソウ、カサゴ、小ダイ、ササノハベラ、木っ葉グレが次々と釣れて遊んでくれます。配合餌のダンゴが割れると10秒も持たないうちに餌をとられています。
だがチヌの気配は全く無いままに、夜釣りに突入です。

Gcimg8886夜になると、昼のエサトリだったベラが来ないはずなので、いい釣りが出来ると思っていたが、なんのなんの。クロホシイシモチが入れ食いです。こんな魚に「入れ食い」はおかしいですな。
仕方なく脈釣りで試してみました。すると、クロホシイシモチが2連で釣れてきます。何度でも釣れます。
Gcimg8892そこで今度は青ゴカイでぶっこみ釣りをしてみました。これならチヌが来るかもと思ったが、やっと釣れたのはカサゴ。まあ、良い型なのでこれはこれでちょっとうれしい。
前回ここで竿を出したときマハタやクエの子が釣れたので、虫餌で夜釣りをするともっと大きいのが釣れるかもと期待したが、クロホシイシモチの猛攻に敗戦です。釣具店にマムシがなかったので青ゴカイにしたのがよくなかったか。
この日はいい加減にあきらめて、ビールを飲んで久しぶりの車中泊です。
明日に続く。

10月 3, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

ヘラヤガラの香川県記録申請

Zcaybhie4m9月の初旬にイシダイ狙いで愛媛県武者泊の磯に行ったとき、香川磯連の仲間の前川博宣さんと一緒になりました。私は一級磯のアブセに下り、彼は近くのヒラバエに下りました。
釣りを終えて、渡船場に戻ってきたとき、彼が釣った魚の中に色が付いた細長いのがいます。彼は「アカヤガラやから、記録更新にはならん」と言います。
しかし色が黄色なので、アカヤガラではないような気がします。そこで、家に帰ってから図鑑で調べましたがなかなか分かりません。

形がよく似た魚でヘラヤガラがありますが、色が図鑑では茶色っぽいので明らかに違います。だが、私が頼りにしている図鑑「1400種魚類図鑑」に、「この魚は場所によって色を変える」という記述があります。
そこで別の図鑑で、同じ魚でも多くの写真を掲載している図鑑で調べると、その中に鮮やかな黄色のヘラヤガラの写真がありました。
そこでこの魚はヘラヤガラと認定です。73.3センチ。
なお、香川ギネスのホームページはすでに赤澤名工が更新してくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

10月 2, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

今年になってこれまでに釣った魚種数

Kcimg8773宝山さんと高松市牟礼町でサヨリ釣りをしたとき、アジが釣れました。尾ビレの前に小離鰭があるので、マアジではない。マルアジと思ったが、色が青っぽいので、ムロアジかと思いました。
帰ってから図鑑で調べると、やっぱりマルアジでした。今年になってマルアジをまだ釣ってなかったので、今年に釣った魚種が追加です。
今年の初めに目標の一つとして1年間に45の魚種を釣ることにしました。なかなか増えてないので、マルアジが釣れて魚種が追加したのはうれしい。

今年になってこれまで釣った魚種はマルアジを入れて35。今年の目標達成まであと10魚種。釣れてもこれまでに釣った魚種が35もあるということは、新しい魚種を釣るのはなかなか難しいことなのです。
でもまあ、ハゼは確実に釣れるし、フグも今年はクサフグ以外をまだ釣っていません。魚種数目標は私一人の楽しみなのです。理解不可能でしょうかねえ。

10月 1, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)