« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

16冊目のブログ本を作成しました

Lcimg8686Lcimg8688このブログを本にまとめました。去年の7月から12月までの半年分で、16冊目になります。1冊が1万円するので、3冊作成にとどめました。ふふ。
今回から副題を入れてくれることが可能と分かって、タイトルに内容記事の年月を挿入することができました。それまではすべて同じタイトルなので、中をめくってみないといつのものか分かりませんでした。
そこで今回試しに印刷会社に、副題を入れることをお願いして作成してみると、ちゃんと年月が記入されて郵送されてきました。

この副題をつけることが確認できたので、私のもうひとつのブログ「四国はおもしろ造形の楽園・天国」で公開している四国の中のデザインマンホールを、副題に「四国のマンホール」と記載して本にまとめる予定でした。
ところが大変なことに・・・。ブログを本にしてくれるサービスがこの9月で終了することになったのを知りました。今後「四国は釣りの楽園・天国」のブログを本にすることが出来なくなるだけでなく、長年の構想だった四国のデザインマンホールを本にまとめることが出来なくなりました。
今後、新たな出版社がブログを本にしてくれるサービスを開始することを期待するしかありません。ココログさん、お願いします。

9月 30, 2013 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

イイダコをいただきました

Hcimg8867金曜日の昼過ぎに片ちゃんから電話。「船が港に入ったから・・・」。遊漁船で釣りに行っていて、イイダコを港まで取りに来いという意味です。
前日に皆が集まって、私が宇和海で釣ってきたイシダイを食べた時に、片ちゃんから「今年はイイダコが湧いている」というので、「釣れたら頂戴」とお願いしていました。
Hcimg8866我が家から港まで自転車で3分。遊漁船着き場に行くと、乗っていた客がイイダコの墨取りを一生懸命にしています。片ちゃんは150匹ぐらい釣れていました。
これを全部私にくれました。そして「ありがとう」を連発します。「もらってくれたので、料理をする手間がいらなくなった」と言います。ふふ。もちろん私も「ありがとう」を連発。

Hcimg8870全部はいらないので、一部を近所の石塚さんにおすそ分けしました。家に帰ってから、ヌメリ取りと墨取りに約1時間。大量のイイダコです。
この半分以上を冷凍庫に入れ、残りをさっとゆでて醤油をかけて夕食のおかず。湯で加減が良くて柔らかい。贅沢です。

9月 29, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

「おいしいイシダイを食べる会」

Hcimg8853Hcimg8856愛媛県宇和海の一文字波止で釣ったイシダイは、釣行前からクラブ員が集まって食べることになっていました。約束どおり釣れたので、高松市内の割烹「川照」に、クラブ員が集まりました。写真の左から、イノちゃんの奥さん、イノちゃん、片ちゃん、宝山さん、私です。
ここのイシダイは去年もクラブ員が集まって食べましたが、好評に次ぐ好評でした。今回もホントにおいしいのかちょっと心配だったけど、脂がのりにのっています。
Hcimg8849Hcimg8851マスターが煮付け、塩焼き、皮の煮付け、アラ炊きにしてくれました。どれも脂が乗っていておいしいと好評です。
イノちゃんは「イシダイを釣ってくると事前に言って、ホントに釣ってくるのはすごい」と言ってくれるし、宝山さんは「こんなにおいしい魚を食べられて、このクラブに入ってホントによかった」と褒めちぎりです。
釣ってきた魚をおいしいと言って食べてくれる人がいるのは釣りキチにとってうれしいことです。ふふ。

Hcimg8859小野ちゃんも愛犬のベッキーと一緒に別のグループでやってきたので、おすそ分けしました。小野ちゃんが持っている船で今年は大量に湧いているイイダコ釣りのお誘いがありました。
Hcimg8860その後、「町内会の会合があるので来れない」と言っていたヨッさんが遅れてやってきました。
この日の昼ごろに山田さんから愛媛県の島でアオリイカ釣りの誘いがあったことを告げると、オカテッちゃんにも電話して、4人で行くことになりました。こういう話は進むのが早い。全員がリタイア組みなので、天気を見ながら日取り設定です。ふふ。

9月 28, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

おいしいイシダイを釣りたい(3)

Icimg8836愛媛県宇和島市の一文字の波止でイシダイを釣った後、1時間ほど南に走って、前日にチヌ狙いをした愛南町に再び行きました。前日に竿を出す前に見た大型チヌの群れが忘れられません。
波止に着くと、先端に釣り人がいるので見に行きました。開けてくれたクーラーの中は小型ながらグレ、イサキが数匹入っています。「チヌを釣りたい」というと、「ここにはたくさんいるが、狙う人はいない」とのこと。
Icimg8837私は波止の付け根付近で竿を出しました。釣れるのは前日と同じくササノハベラ。
それに、ここに来る途中で買ってきたチヌ用ダンゴの調整がうまくいきません。水深10メートルの海底に付くまでにすべて割れてしまいます。店の中で一番値段が高いのを買ったのが裏目に出てしまいました。しゃーないです。
Icimg8840仕方なく、ダンゴにせずに撒き餌に使って、釣れたのがオトメベラ。うれしげに写真を撮っていると、大きな声で私の名前を呼ぶ人がいます。

Icimg8841振り向くと、愛媛磯連の田原誠さんです。私が四国磯連の釣り大会で審査場の世話をしている時に、彼が50センチを越えるイシダイを持ってきたのを覚えています。
Icimg8842田原さんの勤務先がこの釣り場のすぐ近くということで、付近の釣り場をたくさん教えてもらいました。ダンゴの調整が出来ず、チヌ釣りに集中できなくなっていたので、もっぱら彼の話をたくさん聞きました。ふふ。
釣りに行くと、色んな出会いがあって、新たに色んな情報が得られます。まずは釣りに行かないといけません。それを生かすのはウデというところが、ネックですが・・・。

9月 27, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

おいしいイシダイを釣りたい(2)

Icimg8821愛媛県愛南町の波止でチヌ狙いをした翌日に、予定通り宇和島市の一文字でイシダイ狙いです。ここのイシダイ、イシガキダイが極旨なのは去年の釣果で実証済みです。
渡船の客は私一人。のんびりと竿を出します。船頭が釣れるかどうか心配してくれます。ふふ。ま、結果は実力です。
2投目でイシガキダイが釣れたが、リリースサイズなので、放流。
Icimg8824そのうち、波止の周りが木っ葉グレの大群で埋め尽くされます。「これは時合いの証拠」と思っていたら、竿が一気に持ち込まれました。
Icimg8827期待したが、上がってきたのは50センチ弱のコブダイ。期待はずれで、しゃーないです。しかし、コブダイも喜ぶと思うので、陸に上がった記念撮影をしてあげて、即、放流です。

Icimg8830アタリはあるが、竿が持ち込まれません。竿を手持ちにして、少々早合わせでやると、順調に釣れ始めました。40センチ弱とあまり大きくはないが、結構引きを楽しみました。
Icimg8834昼に渡船が迎えに来るというので、11時に釣りを止めるまでに全部でイシダイ4匹、イシガキダイ2匹。放流を入れれば7匹の釣果で上々です。

9月 26, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

おいしいイシダイを釣りたい

Icimg8784愛媛県宇和島市の津島にある一文字のイシダイを釣りに行くことになりました。300キロを行くので、どうしてもついでに大型チヌも釣りたいと思うのは当然です。
今回は気合を入れてTシャツを探していたら、トカラ列島のプリントがありました。どうしてこんなものがあるのか、記憶に無いところが寂しい。今回はこれを着て、まずは愛媛県愛南町の波止でチヌ狙いです。月曜日の朝8時半です。
釣り場に着いて釣りの用意をしていると、高知ナンバーの夫婦がやってきました。「チヌ狙いです」というと、「こっちに来い」といわれて付いて行きました。なんと水深1メートルのところにチヌがうじゃうじゃいます。「全部、50センチはあるで。100匹はおる。あそこにおるのは60センチはあるで」と指差した先にひときわでかいのが悠々と泳いでいます。
Icimg8789気合を入れて釣り開始です。最初に釣れたのはお決まりのササノハベラ。ま、しょーがないことです。
Icimg8795次にきたのが、マハタだったので、ちょっとうれしい気分。サイズは聞かないでください。ふふ。でも旨そうなので、キープ。

Icimg8805配合のダンゴ釣りです。ウキ下調整もうまくできています。ダンゴが割れてウキが浮いて10秒するとエサトリにやられています。しゃーないこと。辛抱あるのみ。27センチのグレがご愛嬌。
Icimg8798イスズミが釣れたのは、もっとご愛嬌。なんやかんやとエサトリが遊んでくれて、退屈はしません。そのうちチヌも来るだろうと思っていたら、8時間がたっていて、ギブアップ。
今日は宇和島市のホテルに泊まって、いよいよ明日はおいしいイシダイ狙いです。
明日に続く。

9月 25, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

屋根にお魚

Cbcimg4635 香川県の西端近くに三豊市があります。その中の詫間町の民家の屋根にお魚を発見して写真に撮りました。
屋根のこの部分をなんと言うのか知りませんが、屋根の一番の端っこに魚がいます。あるのは家の前からは見えなくて、横に行くと見える位置です。こんな形で屋根に魚がいるのを見たのは初めてです。
魚にはヒゲがあるので、コイに違いありません。民家は港近くにある大きな家なので、てっきり海漁師の網元かと思いましたが、コイということは違うのでしょうか。

屋根にお魚の飾りは既製品ではないと思うので、多分手作りだと思います。お金が掛かっていると思います。屋根瓦職人が海の魚は作れなかったのでしょうか。ふふ。
漁師だったとしたら、お金になる魚にしたいと思うはずです。タイ、ヒラメ、ハマチ、メバルになるはずです。コイは香川県ではあまり食べません。観賞用のコイなら数百万円のもいるそうなので、そのコイなんでしょうか。

9月 24, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

イギリスの巨大アナゴは桁違い

Kcimg8760Kcimg87619月の始めに放映された「所さんの学校では教えてくれない そこんトコロ」で、巨大なアナゴが出てきてびっくりしました。
サイズは2メートル。これを竿で釣り上げたのには、世界にはまだまだ知らないびっくり巨大魚がいるものだと思い知りました。
日本で釣る40センチのアナゴでも釣り上げたあと手首に巻きついてくると、「ギャオー」と言いたくなるほど、気持ちが悪い。これだけ巨大だと恐怖です。

Zimg009ここまで書いて、思い出したことがあります。平成7年に経済視察団でオランダに行ったとき買った釣り雑誌のことです。そこにも巨大なアナゴ釣りの写真が掲載されていました。
こちらのアナゴはテレビで放映されたものより一段と大きいような感じです。オランダ語で書かれているので内容はさっぱり分かりませんが、写真はすべてを物語ります。

9月 23, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

豆アジの空揚げ

Ncimg86267月に徳島県鳴門市に釣りに行った豆アジを冷凍庫に入れていました。「山の神」が珍しく、「ナンカ、魚はないの」というので、豆アジを冷凍庫から出しました。
もちろん空揚げです。豆アジは空揚げが一番おいしいとおもっているが、空揚げにするのはあまり大きくないほうが良い。大きいとじっくりと揚げたつもりでも中骨が口の中に残る。
今年釣りに行ったのは例年より少し早かったので、アジが小さくて、ホントの空揚げサイズです。

70匹近く釣ったアジを2回分に分けて冷凍庫に入れていました。だから今回から上げにしたのは30匹少し。「山の神」と二人だけだと多すぎる感じです。
だが「山の神」も「おいしい」を連発して何匹も口に入れます。珍しいことです。2人でほとんどを食べてしまいました。ふふ。

9月 22, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

フグの箸置きを3個

Ncimg8649Ncimg86528月の終わりのころ、高松市郊外のショッピングセンターに歩数稼ぎで歩くために行くと、1階フロアで「大陶器市」が開催していました。
こういうときはまず、箸置きを探します。するとお魚の形としては、フグがありました。そのフグも3種類あります。色が違うので3個とも購入。1個150円。
100円ショップにも同じようなものを売っていたことがありますが、こちらのほうがちょっとだけ高級感があります。ふふ。

これまでにも何度も書きましたが、お魚グッズの中で最もお気に入りは箸置きです。何よりも小さいので、書斎に整理するのに場所をとらないのがありがたい。
それに形が漫画チックなのがあって、見ていて楽しいものが多い。お魚グッズの箸置きを並べてみていると、時間がたつのを忘れます。ま、コレクターの気持ち悪さがにじみ出てくるときですわ。

9月 21, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

初めての魚、テンジクスズメダイ

Lcimg87039月9日に高知県宿毛市で、大型チヌを狙っていました。ふかせ釣りだとエサトリにやられるので、ヌカダンゴ釣りに変えました。
そこで釣れたのが数本の横縞がある魚(魚はこの縞が縦縞でなくて横縞)。以前釣ったことがあるオヤビッチャだとおもったが、少しだけ違う感じがします。こういうときは念のために写真を撮ることにしています。15.4センチ。
家に帰ってから図鑑で調べると、オヤビッチャに似ているテンジクスズメダイでした。オヤビッチャよりも縞の幅が狭い。そして尾ビレの先端がオヤビッチャは尖っているのに対し、この魚は丸い。私にとっては初めての魚です。

Lcimg8745Lcimg8743この翌日、愛媛県の磯でイシダイ狙いをした後、近くの波止でチヌ狙いをしました。そのときにまたまた同じ魚が釣れました。これまで釣ったことがない魚を2日間続けて釣ったのですから、不思議な感じ。
この魚は17.2センチ。前日の15.4センチよりも大きい。図鑑には成魚のサイズは18センチと書いているので、この魚としては大物かもしれません。ふふ。

9月 20, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

早朝からサヨリ釣り(2)

Kcimg8768Kcimg8769宝山さんと高松市西部でサヨリ狙いをしたが、流れが速い上に太陽が正面にあって釣りずらいので、高松市を横断して牟礼(むれ)町の波止に1時間を掛けて移動しました。
ここは宝山さんのポイントです。先客が二人いましたが、釣れてないようです。しかし潮はとろとろと流れていていい感じです。最初に釣れたのは私。

その後は二人ともパラリパラリと釣れますが入れ食いにはなりません。だが、ゆったりとした時間が流れて気分がいい。サヨリがよく釣れているときは20人の釣り人が並ぶと聞いたが、今日は人も少ないのがいい。
Kcimg8770宝山さんから梨の差し入れです。「奥さんが作ったのですか」と聞くと、ドヤ顔をして「うん」の返事。我が家では考えられません。ふふ。

Kcimg8774私は山の神が車を使うというので、午後2時までには帰ると約束しています。午前11時半に納竿にしました。宝山さんまだ少し釣りをするといいます。
私の釣果は26センチ~30センチを10匹。早速一夜干しにしました。腹の中には脂肪がはいっていて旨そうです。10匹あれば5日分の朝食になります。ふふ。
宝山さんから夕方にメールで「釣果は12匹」だったとのこと。

9月 19, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

早朝からサヨリ釣り

Kcimg8763今日、宝山さんとサヨリ釣りに行きました。ずいぶん前から「一緒にサヨリ釣りに行こう」と言っていたのが、やっと実現しました。
午前6時に我が家近くのコンビニで待ち合わせだったが、5時半には合流して車で5分ほどの香西港に行きました。年寄りは朝が早い。それに短気の釣りキチだから、30分も前に集合して午前6時には竿を出していました。しばらくして真正面の屋島から太陽が出てきます。

この太陽のおかげでまぶしくてウキが見えません。それに流れが速くてウキがどんどん流れるので釣りづらい。それでも、この場所を選んだのは私の責任なので宝山さんに何とか釣って欲しい。
Kcimg8765その気持ちが通じたのか、宝山さんがサヨリを釣ります。

Kcimg8766だが、その後は全くアタリがありません。宝山さんがこの場所の常連さんらしい人に聞くと、「あと、1時間半は流れが止まらない」とのこと。
釣り始めて1時間半後の午前7時半には、ここでの釣りをあきらめて、場所変えをすることにしました。宝山さんがよく行く牟礼町の波止です。高松市中心部をを西から東に横断しないといけないので1時間掛かります。

9月 18, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

フエダイの香川県記録申請がありました

Zcattkf69香川磯連所属のクラブ、チーム・グレートヨーヘンの秋山会長からフエダイの香川県記録更新の依頼がありました。
釣ったのは丸亀市在住の出口伸也さん。釣ったのは8月3日。場所は高知県足摺岬の磯です。サイズは写真から52.0センチと認定しました。
この魚の標準和名を知っている人は意外と少なく、背中にある小さな白い点からシロホシフエダイなどと言っている人も多いようです。私も今年の5月に同じ魚で申請があるまで、知りませんでした。
香川ギネスのホームページにはすでに赤澤名工が書き込んでくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

魚種の確定は本当に難しい。香川県記録の申請受付をするようになって、そのことをなお実感しています。ま、勉強させてもらっています。
頼りにしている図鑑でもなかなか分かりません。釣り人が偶然に釣ってくる珍魚まで掲載している信頼が置ける図鑑はなかなかありません。
小西英人さんの「1400種釣魚図鑑」は使うほどに良さがわかる秀逸の図鑑です。これはお勧めです。売れてしまっているのか、最近、置いている本屋が少なくなってきています。

9月 17, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

残念です。チヌ釣り大会中止

Cim0154Cim0162今日は何年も前から続いている観音寺目示奈会と高松黒潮クラブとの交流チヌ釣り大会の日でしたが、台風18号の接近で中止になってしまいました。残念です。
目示奈会の古川会長がなんとか開催したいと昨日の昼過ぎまで台風の進路を見ながら渡船の船長と連絡を取ってくれていましたが、昼過ぎに「中止にします」の連絡。
写真は以前開催したときのバーベキュー写真。大会が終わった後は目示奈会がいろいろと準備してくれて、楽しいバーベキューで、腹いっぱいになって帰りました。

渡船時刻を繰り下げてでも開催できないかと思っていましたが、今朝午前5時前に起きて、木の葉が揺れる音と、電線が揺れてピューと鳴る音を聞いて中止にしていてよかったと思いました。
目示奈会には若い人がたくさんいて、そのぶん体のフットワークが軽いので、年寄りが多いわが黒潮クラブは大助かりの大会でした。いつまでも続けてくれることをお願いしますわ。

9月 16, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

私の船酔い防止

Ocimg8568Ocimg8573_2片ちゃん、宝山さんと小豆島沖に船釣りに行く前、念のために船酔い薬を飲みました。写真はそのときの船酔い止めです。
この日は風が無くて、本当のべた凪でした。海面が鏡のようで、瀬戸内海のような内海でないと見られない静けさです。近くを大型船が通るときだけ船がゆらりゆらりと揺れます。
だからこの日は船酔い止めを飲む必要が無かった。しかし、船酔いしたときの苦しみは経験者でないと分かりません。何度もその苦しみを味わった私だからこその万全の準備でした。

そんな私だったので、色んな船酔い薬を飲みました。中には強烈な睡眠薬のようなものが入っていて、眠気に襲われて釣りをするどころじゃなかったものもありました。
そして沖縄に船釣りに行ったとき、沖縄の人がくれたのが、写真の船酔い薬。「今日はべた凪や」という沖縄の海は、瀬戸内海育ちの私にとっては大荒れの海でした。
しかし、この船酔い止めを飲んだお陰で、沖縄で楽しく釣りをすることができました。それ以降、この船酔い止めを飲んでおくと、室戸沖の「地獄の釣り」と言われる大荒れ以外は船に酔わなくなりました。ま、精神的なものもあるかもしれません。

9月 15, 2013 船釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

ずーっと探していたウロコ取りの手袋

Mcimg8658Mcimg86572年ほど前に、ショッピングセンターのアイデア商品特設売り場でウロコ取りの手袋を見つけました。手袋をつけて尾から頭に向けてこするだけで、魚のうろこがとれるというもの。そして、ごぼうやジャガイモの皮などもこするだけで簡単に取れる商品です。
私が釣った魚のウロコを取るために買ったはずなのに、「山の神」が「ごぼう用に買った」といいはります。仕方なく、それから色んな店の台所用品売り場を探していたが、見つかりませんでした。
先日、スーパーの売り場で見つけて早速買いました。2年前に買ったときは700円近くしたと思いますが、今回の値段はたったの100円。ふふ。

イシダイのようにウロコが小さくで固い魚には不向きのような気がするので、キスが釣れた時に試してみるつもりです。なんか、新しいものを見つけると、買いたくなります。釣り具は新製品が出ても気にならないけど。どうしてなんでしょうなあ。
すぐ近くに携帯用のハサミがあったので、これも買いました。こちらは400円。

9月 14, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

50センチ以上のチヌを釣りたい(3)

Lcimg8746愛媛県の最南端に近い武者泊でイシダイ狙いをして港に戻ってきたのが、午後2時半。それからチヌ釣りの第2段に行きました。
行ったのは武者泊から国道56号線に出る前の港。10月に50センチ以上のチヌが何匹も釣れているポイントです。ここでもふかせ釣りとヌカダンゴ釣りの用意をしてきています。
だが、釣れるのはほとんどがササノハベラ。木っ葉グレも釣れるがどうしようもない20センチ級のサイズ。とにかく日が暮れるまで頑張るぞー。

Lcimg8748
ところが、磯でのイシダイ釣り場の足元が良くなかったので、ちょっと疲れ気味。だんだんと時間がたつに釣れてチヌ釣りへの情熱が薄れてきます。
2時間でギブアップ。クーラーに入れていたイシガキダイ2匹のウロコを落とし、ハラワタを取って今回の釣行を締めくくりました。途中の高速道路のSAで爆睡したため、家に着いたのは午前1時。
50センチオーバーのチヌ狙いはまだまだやるぞー。

9月 13, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

50センチ以上のチヌを釣りたい(2)

Lcimg8717高知県宿毛市でのチヌ狙いが不発に終わった翌日、愛媛県武者泊の磯に行きました。ここでの渡船順は予約人数が多い順に優先権があるので、一人釣行の私はどうせ最後になると、ゆったりとしていました。
渡船に乗り込む前に香川磯連の前川さんとばったり。写真は渡船の中で藤川さんと前川さん。6人で予約していると言うので、当然最優先のはず。そこでそのグループに入れてもらうことにしました。ふふ。
Lcimg8720結果は他の船とのじゃんけんにも勝って、前川さんの知人らしいチーム風林火山の岩村さんと一緒に私は一級磯のアブセに下りました。まさか一人で来て、アブセにのれるとは思っていませんでした。ラッキー。前川さんはここには降りず、目の前のヒラバエに行きました。
Lcimg8724岩村さんがポイントを詳しく教えてくれます。そのポイントで竿を出しました。午前6時半から竿を出して、アタリが出たのは10時過ぎ。32センチのイシガキダイです。この後も30センチ、25センチを追加。25センチは放流。ま、釣れただけいいか。

Lcimg8736渡船が迎えに来る前に、私と同じ磯に上がっていた藤川さんが「前川さんからオナガグレの64センチを釣ったという電話があった」と言います。「ひぇ~~」。さすがです。
Lcimg8738帰りの船の中で、前川さんに「さすがやなあ」とお祝いを言うと、ナンカ様子が変。「グレもどきや」と、グレでなくて、イスズミだったと白状します。渡船乗り場に着いてイスズミの写真を撮ろうとすると腰を折って恥ずかしがります。
明日に続く・・・。

9月 12, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

50センチ以上のチヌを釣りたい

Lcimg8692猛暑時に比べて気温が下がってきたので、釣りに行く気がしてきました。そこで月曜日の早朝に高松市の自宅を出て300キロを走って、高知県宿毛市にイシダイ釣り用のウニを買いに行きました。
イシダイ釣りもするが今回の釣行のメインはあくまでもチヌ狙いです。今年になってから香川磯連で50センチ以上を釣っているのは事務局長の前川さん一人だけなので、50センチを釣れば入賞の可能性が高い。
ウニを買って、その波止を散策すると、大きなチヌがウヨウヨいるではないですか。写真では分かりませんが、黒く写っているのがすべてチヌ。中には50センチ以上も確実にいます。
Lcimg8694チヌ狙いは宇和海でする予定でしたが、急遽ここで竿を出しました。最初はふかせ釣りで狙います。すると、アジ。続いて木っ葉グレ。だが、なんと言っても多いのがササノハベラ。イヤになっちまう。

ふかせ釣りではエサトリに打つ手がありません。今日はヌカダンゴ釣りの用意もしてきています。久しぶりのヌカダンゴ釣りです。ダンゴが割れていい感じでウキが浮いてきます。
Lcimg8716その直後、ウキが勢いよく入って釣れたのはまたまたササノハベラ。それもベラとしては大きいので、ハリをはずすのに手間取ります。ちょっとだけ大きいグレも釣れたが、キープサイズの25センチは無い。
午前10時から竿を出して、午後3時までの釣果はアジ3匹、グレ7匹、ササノハベラ22匹など。どれだけエサトリが遊んでくれたことか。イヤになっちまう。大型のチヌがいるのは分かっているのに釣れない。ウデじゃあ。
この日はウニを愛媛県愛南町武者泊の渡船場前の海につけて、城辺町のホテルに泊まりました。
明日に続く・・・。

9月 11, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

奇祭「鯛まつり」

Mcimg86819月の始め、いつものように朝の5時過ぎに朝食。「そんな時刻に朝食とは、なんちゅう年寄り」と思われる人もいるでしょうが、年寄りなんです。ふふ。
5時半前にNHKでビデオ投稿の放映があります。何気なく見ていたら、すごくでかいタイの神輿が画面に大写しになってびっくりしました。あわててカメラで撮りました。
そして後でインターネットで調べました。聞き逃して場所も分からなかったが、すぐに分かりました。インターネットは便利。

愛知県南知多町で行われている「鯛まつり」でした。神輿のたいが、インターネットの写真で見ても、妙にリアル。そして妙に愛嬌がある。そしてそのでかさ。重さが1トン。
日本は多彩な地域がいっぱい。こんな祭りがあるとは知りませんでした。中部地方の人には有名なんでしょうけど、四国の人で知っている人はおそらくほとんどいない。なんとなく癒された朝になりました。

9月 10, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

お魚グッズのメジャー

Ncimg8627Ncimg8628今年の夏は猛暑が続きました。毎日の歩数を稼ぐためには、大型ショッピングセンターは冷房が効いていいところです。
イオン高松店は我が家から車で10分程度なので、歩くためによく行きました。歩くだけだとイオンに申し訳ないので昼食を食べたり、雑貨店でお魚グッズを買ったりして、ちゃんとショバ代を払います。
そんなとき、雑貨店でお魚の形をしたメジャーを見つけました。お魚グッズのメジャーを見たのは初めてです。

即購入決定。998円。1000円を越えていない価格設定がいいというか、いやらしいというか。ま、嫌なら買わなくていいのだから、欲しいので買いました。ふふ。
口からメジャーを引っ張り出したのはいいが、口の中に戻りません。ちょっとずつ口の中に押し込みましたが、「何たる粗悪品」と思いました。
だが、「そんなはずがない」と色んなところを押してみました。頭をひねったり、尻尾を引っ張ったりしているうちに、胸びれを押さえるとスルスルとメジャーが入りました。なんだあ。何の説明書もついてないが不思議。

9月 9, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

小型包丁を買いました

Ucimg7379ずいぶん前の話ですが、愛媛県宇和海でグレ釣りをした後、アオリイカ釣りに行きました。イカはどうせすぐには来そうにないので、その間に釣ったグレのウロコとりと内臓を出そうとしました。
ところが磯釣りバッグの中にはいっていたのは果物ナイフです。何でこんなナイフが入っていたのかは分からないが、これでグレのウロコおとしは出来ないし、ましてや頭を切り落とすことは出来ません。
包丁は家のどこかにたくさん持っていて、探せばあるはずですが、面倒なのでDIYの店に行ったついでに買いました。1480円。

これだと磯場で魚をおろすことも簡単に出来そうです。ただ、私がいつも使っている包丁は切れが悪くて、力を相当入れないといけません。だから買ったばかりの新しい包丁を使うときはたいてい力を入れすぎで、指をプスリと切ったことが何度もあります。
磯の上でプスリはつらいものがあります。気をつけないといけません。でも少々の血が出ることぐらいは全然気になりません。ワイルドだぜー。チト古いか。

9月 8, 2013 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

お魚グッズの「伝言板マグネット」

Ncimg8643大型ショッピングセンターのイオンの文房具売り場でお気に入りの筆記具を探していました。筆記具は自分に合ったものでないとイライラします。
筆記具売り場のすぐ横にお魚グッズを見つけました。単なるメモ用紙かと思って見たが、マグネットの伝言板のようです。326円。もちろん購入です。
夏になると、お魚グッズが多くなる気がします。やっぱり魚は海のイメージ、海は夏のイメージなんでしょうか。

伝言板マグネットのお魚グッズは初めての購入です。ふふ。単純にうれしい。ま、私が単純なだけですけど。ふふ。
文房具のお魚グッズで現在持っているので思いつくのは、ボールペン、消しゴム、メモ用紙、シール、封筒、はがき、カッターナイフ、ハサミなど。こんなものを買って揃えているのは私くらいなもの。やっぱり変ですか。

9月 7, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

高松黒潮クラブのメンバーが集合

Mcimg8683Mcimg8685
昨日の木曜日、高松黒潮クラブのメンバー6人が集合です。写真左から、西脇さん、宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、片ちゃん、私です。あと、集合場所の割烹「友釣」大将のイサちゃんもクラブ員。
9月になったのでそろそろサヨリ釣りのシーズンです。去年1000匹を達成した宝山さんに話を向けると「1000匹は無理」の即答。だが、その後で「500匹なら簡単」と、ついポロリ。
なので、全員で宝山さんの目標を「500匹とする」ことに決議しました。去年の体験から「目標は絶対に決めない」と言っていたのに、どういう心境の変化なんでしょうか。ふふ。ま、クラブ員が乗せるのが上手。

長い間磯釣りに行っていないイノちゃんが「宇和島市の一文字の波止なら行く」というので、急遽、9月下旬に「宇和島一文字波止でイシダイとグレをバンバン釣るツアー」が決行されることになりました。
ここのイシダイの味が絶品なのは、去年の釣果で証明済みです。もし釣れたら、その後の「イシダイ食べまくり会」も楽しみです。

9月 6, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

ハマフエフキの香川県記録申請

Zimg073Zimg075西日本磯釣り協議会の岡山会議に行ったとき、一緒に行った前川さんから、香川県記録の申請にアカヤガラと一緒にハマフエフキがありました。
釣った人はアカヤガラと同じく伊丹顕治さんで、愛媛県由良半島沖の船釣りで釣ったもの。サイズはもらった写真から54.2センチと認定しました。
2匹のハマフエフキを両手に持っているところを見ると、相当楽しい釣りだったことが分かります。

私が長い間勘違いしていたことがあります。それはハマフエフキという魚はせいぜい30センチくらいにしかならない魚だと思っていたことです。
この魚の私の記録はありません。まだ1匹も釣ったことがありません。釣ったことがないので、なんとなくの想像でそう思っていましたが、去年図鑑を見ていて1メートルにもなる魚と知ってびっくりしました。
この魚の記録更新は今後も期待できるはずです。なお、香川の大物釣魚ギネスのホームページはすでに更新されています。

9月 5, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

アカヤガラの香川県記録の申請がありました

Zimg076西日本磯釣り協議会の岡山会議に参加したとき、一緒に行っていた前川さんから、香川県の大物釣魚ギネスへの申請がありました。
知り合いの伊丹顕治さんが愛媛県由良半島沖の船釣りで、8月14日に釣ったアカヤガラです。
アカヤガラは尾ビレからひょろひょろとした長いものが出ていますが、そこにいた人たちの間で、「アンコウの頭から出ているのはサイズに入れないのだから、尾ビレからのひょろひょろも入れない」ということになりました。
香川県記録の魚サイズは頭から尾ビレの先端までで、最も長いところを測ることにしています。

そこで、写真判定で頭の先から尾ビレの上の端までの95.2センチと認定することにしようと思いました。しかし家に帰ってから図鑑で調べていると、ひょろひょろは尾ビレの一部と書いています。
ということはひょろひょろは、アンコウの頭から出ているものとは違います。尾ビレならば、サイズに入れなければなりません。そのひょろひょろの先までということで、115センチと認定しました。

9月 4, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

ブログ継続の危機

Cimg5858このブログは2005年の6月から書き始めていて、もう9年目にはいっています。その間、1ヶ月近い海外旅行が何度かあったりしてブログの連続執筆の危機が何度かありました。
しかし海外旅行のときは事前にある程度準備が出来るので計画的に対応が出来るのですが、今年になってから、さまざまなブログ継続の危機にさらされています。
まず、パソコンの故障。このときは赤澤名工の判断ですぐに修理に出し、故障期間中は赤沢名工から予備のパソコンを借りることでなんとか乗り越えることができました。
続いて、最近デジカメが故障してしまいました。このブログを毎日見てくれている人は「サンポート高松港で小さなマダイを釣った写真が不自然なこと」に気が付いたと思います。携帯電話で撮ったものです。このブログにはデジカメが必要不可欠です。すぐに買いました。

そして最近、ブログを更新しようとすると、「ブログ容量不足」のいきなりのメッセージ。そのうち直るだろうと思っていたが、何度やっても同じメッセージ。
その都度新たに書いた記事がすべて消えてしまいます。そして書き直して保存しようとすると、また消去。このときは正直、あせりました。だが、このときもフィッシングボートを持っていて、以前釣りに連れて行ってもらったFさんがサーバーの会社にいることを思いついて、電話。なんとか・・・。ふーっ。

9月 3, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

四国磯連の9月役員会

Mcimg8679昨日、四国磯連の常任理事会が徳島県の三好市であり、四国中から30人近い磯釣り師が集まりました。この会があるので、四国の多彩な磯釣り師と顔見知りになれます。
今回の議題で私が最も興味があるのが、今年の年間大物の中間発表です。この大物記録を見ているだけで、ワクワクしてきます。四国の磯の大物可能性に気持ちが高揚します。
イシダイの部は1位が先日クエを釣った香川磯連の小田さんが、75.8センチのイシダイを釣っています。65センチ以上が大物申請が出来ますが、現在申請が出ているのは7人。そのうち香川磯連から3人。香川は頑張っています。もちろん私とは関係ないが。

グレの部の1位は66.5センチで香川磯連の大河さん。マダイの部の1位は82.6センチで香川磯連の梶谷さん。イサキの部1位は46.1センチで香川磯連の多田さん。香川は頑張っています。
これらの記録はわくわくするが、私が申請魚を釣るのは難しい。四国磯連の申請最低サイズはでかい。イシダイは65センチ。グレは55センチ。マダイは80センチ。イサギ・アイゴは45センチ。チヌは50センチ。クエは100センチ。どぎゃんかしたいけど、どうにもなりそうにない。

9月 2, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

脈釣りの竿先を白く塗ってみました

Ncimg8623脈釣りは竿を持っている手に伝わる感触でアタリを取ります。そこが醍醐味ですが、ふと思いついて竿先を白く塗ってみました。竿先の動きが分かればもっと釣りが楽しくなるかも・・・。
さっそく試しに近くの海に行きました。ところが真っ暗だと竿先が全く見えません。完全に失敗。アクリル絵の具の白を塗ったのですが、蛍光色でないと見えないことが分かりました。
今度、DIYの店で蛍光色の絵の具を探してみることにしました。これがうまくいけば商品化も・・・。ところが・・・。

この日は2時間竿を出して数回弱いアタリがあっただけでボウズ。この時期はこういうことか、とあきらめて帰りました。翌日の朝になって気になったことがあります。
竿先に絵の具を塗ったために竿先へのアタリが鈍感になって、弱いアタリになってしまったかも知れないと気が付いたのです。早く絵の具を落としてもう一度試してみたいと思います。ふふ。

9月 1, 2013 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)