« クエを食う会に香川磯連のつわもの集合 | トップページ | 贅沢極みの朝食 »

2013年8月19日 (月)

クエ料理の数々

Ocimg8601香川磯連所属の小田さんが釣ったクエを18人が集まって貪り食いをしました。だが、食べても食べても量が減りません。おいしいのだが、最初に出てきた炙り切りのひとつでもでかい。

Ocimg8602_2そしてメインのクエ鍋。魚の身という感じがしません。文句無しに旨い。これを何杯もお変わりしていたら、お腹がいっぱいに・・・。
Ocimg8607Ocimg8609だが、その次に出てきたのが、アラの煮つけ。そのアラの一つ一つが大きい。私が取り皿に取ったのは胸ビレ。ゼラチンがいっぱいで最高においしい。だが、この大きさですから、ちょっと身が付いているだけの感じでも量が多い。

Ocimg8616その後に炙り寿司。これもおいしいので腹をさすりながら食いました。ふふ。もう食べられないと思っていたら、最後にうどん。鍋にぶち込んでクエ鍋うどん。香川県人の宴会のシメはさぬきうどんです。
Ocimg8618腹はいっぱいなのに、うどんならまだ入るのが不思議。これもお替りしてしまいました。体重がどうなってもええ。
写真はすべて4人分の量。とても食べられませんでしたわ。ふふ。これでお酒飲み放題で会費はたったの5000円。磯釣り愛好者でよかったと思います。

8月 19, 2013 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/58009240

この記事へのトラックバック一覧です: クエ料理の数々:

コメント

コメントを書く