« 鳴門市で豆アジ釣り | トップページ | 4キロのアナゴ »

2013年7月10日 (水)

料理は手間次第

Xcimg8387鳴門市で豆アジ釣りをした後、近くの波止で内臓を取りました。これをやっておくと、家に帰ってから楽です。この時期だと内臓を家のごみ入れに入れておくと腐って強烈な臭いになります。
以前にも書きましたが、豆アジの下ろし方は簡単です。胸ビレの後ろから腹に向かって斜めに包丁を入れ、切り離した部分を包丁で押さえつけながら引っ張ればエラ蓋と内臓が一緒に取れます。
ここまでするのに68匹で6分しか掛かりません。1分で11匹ということは、5秒で1匹。ふふ。だが・・・。

ここまでは6分ですが、内臓を取り出したあとの頭と腹をきれいに洗うのに15分以上掛かりました。ま、今回は量も少なかったので、特に丁寧にしたので時間が余計に掛かったこともあります。
これをしながら、料理は手間次第ということをつくづく思いました。これを丁寧にやってないと、臭みが残ります。釣ったばかりの新鮮な魚でさえこれですから、一盛り200円のアジをスーパーで買ってもおいしくなるはずがありませんわ。

7月 10, 2013 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/57761296

この記事へのトラックバック一覧です: 料理は手間次第:

コメント

コメントを書く