« 高松黒潮クラブのメンバーが集合 | トップページ | 今年もコイの産卵を見た »

2013年5月 4日 (土)

ヒブダイのアラは・・・

Kcimg7686  宇和海でチヌを狙っていて釣れた3匹のヒブダイを、丁寧におろして冷凍庫に入れました。孫が今年の夏休みに帰ってきたらフライにして食べさせてあげる予定です。

フライ用の身のあとに残った中骨にもたくさんの身が付いています。腹骨にも身があります。これも捨てずに冷凍庫に入れておきました。なんたって、冷凍庫に朝食用の魚が全くなくなってしまった恐怖があります。

これを解凍してまず塩焼きにしてみました。あっさりしすぎて塩味しかしません。魚の旨みが伝わってきません。フライにするとあんなにおいしかったのに、不思議な気さえします。

つづく・・・。


Kcimg7707そこで翌日の朝食のときは、フライパンに油を引いて焼き、こしょうを振りかけてみました。これなら味があまりしない魚でもおいしいはずです。自信があります。

焦げ目を少しつけておいしそうに出来上がりました。楽しみにしてかぶりつきましたが、残念。こしょう味しかしません。身に旨みがないのです。フライがあんなにおいしいのになんででしょうか。それとも今回釣ったヒブダイはおいしくなくて、フライにしてもおいしくないのか。ちょっと心配になってきましたわ。

5月 4, 2013 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/57001376

この記事へのトラックバック一覧です: ヒブダイのアラは・・・:

コメント

コメントを書く