« まさか、まさかの釣行(3) | トップページ | 熊ちゃんと脈釣り »

2013年4月21日 (日)

まさか、まさかの釣行(4)

Dcimg7872_3 ヨッさんと高知県大月町でアオリイカ釣りです。私の強烈な合わせで竿が折れてしまった後、アタリが全くありません。空が雨雲で暗くなり、雨がパラパラと振ってきましたが、すぐに止みました。

その後、ヨッさんと私に一度ずつ、アジの背中が小さくかじられることがありましたが、ハリ掛かりしません。この日は午後9時までで釣りを止めました。釣り道具は釣り場に残して、車中泊です。

Dcimg7878_2Dcimg7877_3翌日、午前5時に目が覚めるとヨッさんはすでに釣りを開始しています。私も直ちに参戦です。ところが1時間もしないうちに雨が降り出しました。オジンは雨が嫌です。「たいしたことはないだろ」と思っていたら、「まさか」の本降りで雨粒も大きくなってきました。本格的な雨の中での釣りになりました。アタリは二人ともありません。

つづく・・・。

Dcimg7881_3 Dcimg7882_3 そのまま4時間。雨で体が冷えてきました。ヨッさんがいきなり「もう、釣れん」の「まさか」の宣言。私はボウズなので、もう少し釣りをしたいと思っていたら、「それなら10時まで、あと1時間するか」ということになりました。

ところが15分も経たないうちに、ヨッさんから再び「まさか」の「釣れん」宣言。釣ったイカのハラワタを出しています。もうやめる気満々です。私もあきらめることにしました。

その時、ヨッさんから「2キロのイカをやる」という「まさか」の申し出。「1キロのでいい」というが、「2キロをやる」と何度も言うので、ありがたくいただきました。ふふ。

Dcimg7884_2釣り場出発9時半。別々の車で帰るので、私は道の駅で「山の神」から頼まれていた柑橘類と塩だけで漬けた梅干を買った後、宿毛市でカラーマンホールを探すことにしました。「まさか」ないだろうと思っていたら、「まさか」の幸運で見つけることができました。ふふ。

今回の釣行は「まさか、まさか」の連続でした。

4月 21, 2013 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさか、まさかの釣行(4):

コメント

コメントを書く